α6500 ILCE-6500 ボディ レビュー・評価

2016年12月 2日 発売

α6500 ILCE-6500 ボディ

  • 高画質・動画機能・操作性などのすべてを高いレベルで実現する、APS-Cセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラの最上位機種。
  • 俊敏な動きも逃さず捉え続け、高速応答性・追従性に優れた高精度なAF性能「4Dフォーカス」を搭載している。
  • 解像力が高く臨場感のある4K動画記録を行うことができ、プロの映像制作にも対応する多彩な動画機能を備える。
α6500 ILCE-6500 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

中古
最安価格(税込):
¥67,100 (26製品)


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン
付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:2500万画素(総画素)/2420万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.6mm/CMOS 重量:410g α6500 ILCE-6500 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • α6500 ILCE-6500 ボディの価格比較
  • α6500 ILCE-6500 ボディの中古価格比較
  • α6500 ILCE-6500 ボディの買取価格
  • α6500 ILCE-6500 ボディの店頭購入
  • α6500 ILCE-6500 ボディのスペック・仕様
  • α6500 ILCE-6500 ボディの純正オプション
  • α6500 ILCE-6500 ボディのレビュー
  • α6500 ILCE-6500 ボディのクチコミ
  • α6500 ILCE-6500 ボディの画像・動画
  • α6500 ILCE-6500 ボディのピックアップリスト
  • α6500 ILCE-6500 ボディのオークション

α6500 ILCE-6500 ボディSONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年12月 2日

  • α6500 ILCE-6500 ボディの価格比較
  • α6500 ILCE-6500 ボディの中古価格比較
  • α6500 ILCE-6500 ボディの買取価格
  • α6500 ILCE-6500 ボディの店頭購入
  • α6500 ILCE-6500 ボディのスペック・仕様
  • α6500 ILCE-6500 ボディの純正オプション
  • α6500 ILCE-6500 ボディのレビュー
  • α6500 ILCE-6500 ボディのクチコミ
  • α6500 ILCE-6500 ボディの画像・動画
  • α6500 ILCE-6500 ボディのピックアップリスト
  • α6500 ILCE-6500 ボディのオークション

α6500 ILCE-6500 ボディ のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.42
(カテゴリ平均:4.61
レビュー投稿数:85人 
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.55 4.52 -位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.50 4.54 -位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 4.15 4.29 -位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 2.99 4.15 -位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.46 4.26 -位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 4.37 4.41 -位
液晶 液晶画面は見やすいか 4.11 4.33 -位
ホールド感 しっかりホールドできるか 4.38 4.42 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

α6500 ILCE-6500 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「主な被写体:その他」で絞込んだ結果 (絞込み解除

(迫真さん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:227人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
8件
0件
デジタルカメラ
3件
0件
外付け ハードディスク
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4
当機種レイバンウェイファーラー。しっかりとBLの砂打ちが見えます
当機種亀の子束子本舗にて。こういう時のサブに使ってます
別機種見事にソニー沼に、、、しかし、この写真はiPhoneSEというねw

レイバンウェイファーラー。しっかりとBLの砂打ちが見えます

亀の子束子本舗にて。こういう時のサブに使ってます

見事にソニー沼に、、、しかし、この写真はiPhoneSEというねw

【デザイン】
カメラの定義を変えたデザイン。好き嫌いは分かれるのは当然ですし、僕も据え置きにするつもりで納得しての購入ですので、あまりとやかく言うつもりはありません。
ですが、現状使えるレンズがあり、収納性・可搬性に富んだサイズ、パソコン・スマホ両方で「使える」WiFi、そしてそこそこの画質であることを考えると、代わりのカメラは意外と見つかりません。
またオリンパスのO-MD E-5MarkVあたりを買い直そうか、と思っていますが、α6600も出ましたし、、、、

【画質】
くっきり、シャープなSONYの絵です。
遡ること19年前のサイバーショットの絵は、あまりの毒々しさにドン引きした思い出から、α7R3まで、SONY機とは遠ざかっていましたが、よくぞここまで、、、、色つけが少なく、Web向けに最適な絵が撮れるので、ライティングさえ気遣えば迷うことはあまり無いです。
ただ、試しに夜間の高感度帯を試してみるべくiso6400以上の領域でちょこちょこ試しましたが、やはり6400以上からは少しずつシンドくなります。
夜中や暗いライブハウス・クラブなどで撮ることは考えない方が良いと思いますが、リレーズを使うなど余裕を持っての夜景どりなどなら楽しめるのでは?
ただそう言うシチュエーションではα7M3を持ち出すので、僕が評価するのは難しいです。


【操作性】メインで使っているα7とはまた違い、若干操作に慣れは必要です。
前ダイヤルが無いのは地味に痛いですね、、、これは6600でも同じようなので、このクラスはこういうものなのだな、と不満はあります。
シャッタースピード変更もかなりユニークなので、外での撮影ではかなり困惑しました、
そこで室内固定となった次第です。
少なくともソニーのカメラで唯一「定価で買うのは無理」と感じました。

【バッテリー】
ほとんど持ち出さないのですが、購入初日、そしてたまに持ち出すと、α7、RX100M6と比べて、あまり保たないな、と感じました。

【携帯性】スクエアな形状なので、本当に持ち運びしやすいです、この点においてはAPS-Cのカメラの中でも突出しています。
アウトドア用の大きめのウェストバッグにすんなり収まるサイズ感は
【機能性】
一長一短です。
【液晶】完全にソニーの液晶に慣れた部分もあり、必要にして充分かと。
というか、液晶にそこまでこだわる人は、パソコンに取り込んだりして見ないのでしょうか?
【ホールド感】
片手で使う・もしくは一脚・三脚を使うことを前提にした作りです。
フルサイズ用レンズを使った時のバランスは左手にかなり負担がかかります。

【総評】
都内某カメラ店で、6600が発表される直前に開封のみ未使用品を価格コム最安よりかなり安い価格で購入させていただきました。
というか、その価格で無ければ今後出る可能性の高い7S3への貯金、または7M3をもう一台買うべきか、と思っていたところ、破格値だったので即決した次第です。
使ってみて、かなり割り切りが必要なAPS-C機ですが、逆に言うと割り切ると真価を発揮するのが、αのAPS-Cラインナップなのでは、と思います。
ここまでスクエアな形状のレンズ交換式カメラは、あとはライカしか見当たらないわけですからw
今後、初めて手にしたカメラがαのAPS-C機で、これでしか撮れなくなる世代も増えてくるでしょう。
あとこのコンパクトさは他台持ちには、収納性の面で凄く助かります。
高級コンデジの代名詞となりポケットに入るサイズのRX100シリーズ、フルサイズの看板機種α7、プロユース(らしい?)α9の中で、1番立ち位置が微妙ですが、少なくとも常に情報収集するラインナップなので、今後に期待します。
しばらくは手放すつもりはありません。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
室内
その他

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Qキューさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:195人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
7件
63件
レンズ
3件
2件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性3
バッテリー3
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感4
当機種止まっているハトならば問題なく撮れます。
当機種迫力のあるネコ
当機種シグマのF1.4単焦点レンズで夜景を。手振れ補正もあり、良く撮れます。

止まっているハトならば問題なく撮れます。

迫力のあるネコ

シグマのF1.4単焦点レンズで夜景を。手振れ補正もあり、良く撮れます。

当機種ポートレートはまずまず。
当機種FE 70-300mm OSSのAFが遅いこともあり、飛翔する鳥は苦手。
当機種水族館では良く撮れました。

ポートレートはまずまず。

FE 70-300mm OSSのAFが遅いこともあり、飛翔する鳥は苦手。

水族館では良く撮れました。

1年半ほど前に、α6300から買い換えました。それ以前は、NEX-7、NEX-5R、NEX-3を使っていました。

【デザイン】
NEX-7の流れを汲むデザインで、気に入っています。ただ、NEXに比べると弁当箱風の真四角で、ややデザイン性に欠けます。
質感はプラボディのα6000より遥かに良く、スイッチ等がα6300よりも高級感があります。

【画質】
APS-Cの2400万画素と十分なスペックです。高感度もISO6400まで使っています。
ローパスフィルターありですが、精細感もあります。

【操作性】
静止画を撮る分には不満はありませんが、動体撮影時に、シャッター速度、ISO感度、AF-SとAF-Cの切り替え、AFポイントの切り替えなどをやりだすと不満が出ます。そのような用途で使うには、α9系の筐体が必要と感じます。

【バッテリー】
あまり持ちませんが、NEX時代からのバッテリーが何個かありますので、2個持参すればそれほど困りません。
USB給電にも対応しています。

【携帯性】
大きさはNEX-7より少し大きい程度ですが、ボディ内手振れ補正もあり、重く感じます(バッテリ込みで453g)。

【機能性】
α6300で不満のあった連写時のAF-C精度は、幾分改善されたと感じます。AFのアルゴリズムはα6300と同じとのことですが、α99M2譲りのフロントエンドLSIにより、処理が高速化したのかもしれません。
https://kakakumag.com/camera/?id=10040

なお、AF-Cの精度は改善されたものの、まだ十分ではないという意見もあります。
https://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1040433/101300016/?P=4

確かに、ZEISS16-70mmレンズをF4で使うと、ピントが前後で微妙にずれている場合もあります。
PZ16-50mmであれば、中望遠でF5以上になるため、前後のピンずれが目立たないのかもしれません。

OSS付きレンズではボディ内手振れ補正の効果があまり感じられませんが、OSSなしの単焦点やAマウントレンズを使うと、手振れ補正が何段か効くようです。
連写時のバッファー容量は非常に大きく、不足は感じません。α6300はすぐにバッファが詰まっていました。
ただ、SDカードがUHS-Tで、書き込みが終わるまで時間がかかります。連写を生かすため、UHS‐Uに対応して欲しいです。

また、F1.8以下のレンズを開放で使えるよう、シャッター速度1/4000以下にも対応して欲しいところです。
なお、α6300は連写時に発熱で止まることもありましたが、α6500ではそのような問題は生じません。

【液晶】
NEX時代とあまり変わらず、可もなく不可もなくといった感じです。
タッチパネルはあまり感度が良くありません。自分は左目でファインダーを覗くため鼻が液晶に当たり、タッチパネルはオフにしています。

ファインダーはα6000よりは数段見やすいですが、α7R3やα9には及びません。長時間見ていると目がチカチカします。
EVFが時々ブラックアウトしたり、カクカク止まったりすることもあります。動き物は結局、OVFのニコンD500やD850で撮影しています。

【ホールド感】
α6300よりもグリップが大きくなり、FE 70-300mm OSSレンズを付けた際も持ちやすくなりました。
だた、α7と同じく小指が余るので、これ以上重いレンズを付ける気はしません。

【総評】
フルサイズのα7系が人気ですが、フルサイズはレンズも重く、一眼レフと重さが200g位しか違わない場合もあります。
自分はミラーレスのメリットを生かせるのは、APS‐Cとm4/3と思い、ミラーレスでは軽量小型にこだわっています。

NEX時代からのユーザーですが、望遠や大口径などAPS-C用のレンズがなかなか登場せず、残念です。
なお、α6300は実質的なα6000後継機でNEX-6の系統、α6500は実質的なNEX-7後継機でしょう。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
夜景
室内
その他

参考になった17人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ガングリフォンさん

  • レビュー投稿数:430件
  • 累計支持数:3761人
  • ファン数:23人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
45件
180件
デジタル一眼カメラ
43件
146件
イヤホン・ヘッドホン
90件
58件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー3
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

【デザイン】
可も不可もなくソニーらしい個性的なデザイン。
とりあえず純正のケースを取り付けました。
思ったより大きくなりましたが、まあカッコいいかな。
【画質】
比較対象が既にフルサイズのそれなので、素晴らしく良いとは言えないが、他社製と比較し劣っているわけではない。
レンズが全てフルサイズ用なのでAPS-C専用だともっと良いのか??
【操作性】
特に悪い点はない。説明書を読まなくても特に困った点はないので、良いといえる。
【バッテリー】
減りはやや早いが、サブとして使うには十分。メインで使うなら予備が必要でしょう。
【携帯性】
上記にも書いたが、思ったより大きいなという印象。まあでもフルサイズよりはかなり軽量でハンドリングも良い。
【機能性】
特に無いものはない。最初6300が安価なのでそれにしようか検討したが、手振れ補正が決めて。
本体にこの機能があると本当にいい。1.5倍の値段の価値はある。
【液晶】
見やすいが、液晶保護フィルムを張るのに珍しく手間取った。
液晶の黒い枠部がちょっと出っ張っているのでエアを抜くのに大変だった。丁寧にやれば綺麗に貼れます。
【ホールド感】
純正ケース付きでの評価となってしまいますが、ホールド性に問題はなし。持ちやすいですよ。
【総評】
そろそろモデルチェンジの頃合いかとも思ったが、どうしても撮りたいものがあったのでハンドリングを考え、
これに35mmを付けることにした。
いえる事は既に発売2年も経つカメラとは思えない先進性。さすがのソニーといったところ。
今現在でも十分他社を引き離していると思う。
一点気に入らなかったのはSDカードの向き。
ツルツルの面が取り出し側にくるので取りにくいわ!どうして反対にしなかったのか?(これは購入者は一番先に気が付く点)
まあ、とにかく気に入りました(笑)なんだそりゃ(笑)

*試写はトリミングもせず、何も考えずあえて撮った。ご参考に。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
室内
その他

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Ryu8さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:51人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
ビデオカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー2
携帯性5
機能性4
液晶2
ホールド感5
機種不明E 10-18mm F4 OSS
機種不明なにわ淀川花火大会
機種不明FE 24-70mm F2.8 GM

E 10-18mm F4 OSS

なにわ淀川花火大会

FE 24-70mm F2.8 GM

機種不明FE 90mm F2.8 Macro G OSS
機種不明FE 70-200mm F4 G OSS
機種不明E 24mm F1.8 ZA

FE 90mm F2.8 Macro G OSS

FE 70-200mm F4 G OSS

E 24mm F1.8 ZA

【デザイン】

シンプルで良いです。

【画質】

まず、写真撮影は、AFの追従感度もよく飛行機のスピードある離着陸でも十分に解像度のある画が撮れます。
5本のレンズでそれぞれ画像も添付しました。どれも解像感が良いと思います。
実際の写真は、もっと解像しています。モデル撮影でも十分に使えます。
アメリカのスポーツカメラマンは、実際にα7シリーズではなく、α6500を使うことが多いとソニーの開発者がおっしゃってました。

●飛行機撮影

動画撮影でもα6500は、フォーカススピードが速く、木のフォカースから離陸する機体へとスムーズにピン送りがされます。
サンプル動画を作ってみました。 https://www.youtube.com/watch?v=8wDuenv6u1A

●2Kと4Kの違い

やはり、フルHD(2K)ではなく4K撮影の方が圧倒的に綺麗です。
フルHDのディスプレイで等倍では、違いがわかりづらいので、2.5倍に拡大したもので比較してみました。

民生用ビデオカメラ HDR-CX700V(2K) とα6500(4K) で紫陽花の映像の違いをご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=hGM_xQSetVw

●3軸ジンバル撮影

α6500には、手ブレ補正が付いていますが、ジンバルを使うと更にぬるぬる動画を撮影することができます。
画質や見やすさを出すには、特に横に動かすとき、ゆっくり動かす必要があります。
フォーカスも遠くから近く、近くから遠くなど、なんの問題もなく意図通りの映像が得られます。
https://youtu.be/EfoOmgjrJ0o

●花火撮影

高感度も良いです。なにわ淀川花火大会の4K動画をご覧下さい。
α6500でここまで撮れます。  https://youtu.be/GNdaCUGxt3w

●業務でクライアント様の動画制作

色々、使ってみて業務で使えることもわかったので、実際にクライアント様の映像制作をα6500のみで行いました。
外構工事業の施工事例と求人動画です。お庭のガーデニング、おしゃれなお庭、外構に興味ある方は、是非ご覧ください。撮影は、4Kで行い2K出力しています。
https://www.youtube.com/watch?v=bGSANEM4HuM

クリエイティブスタイルでスタンダード:彩度を+1 に設定しただけで、あとはホワイトバランスもオートのままの撮影です。
夕方に撮影したシーンは、昼間の光に見せるため編集で一部カラーグレーディングを行っています。

●花の撮影

コスモスの撮影は、FE 24-70mm F2.8 GM  F6.3 70mm 1/800 で撮影。
Gマスターは、ズーム全域で単焦点並みの解像感です。ボケ味も良いです。


【操作性】

このカメラは、写真撮影の機能も動画撮影の機能も十分な機能があります。もちろん、動画撮影においては、4K業務ビデオカメラには劣りますが・・・
使いこなせば、十分に業務に使えます。

【機能性】

ホワイトバランスは、ほとんどオートで使えます。S-log撮影もできるので輝度差がある場面では有効的です。
C1、C2、C3・・・などカスタムキー設定ができるので、自分の押しやすい場所によく使う機能を割り当てています。
特に動画撮影に効率的な設定を行っています。

【バッテリー】

バッテリーは、減りが速い。4個持ちしています。

【携帯性】

カメラが小さく、レンズもコンパクトで持ち運びが便利。18-105mmレンズは、軽くて、写真も動画もなかなかの万能レンズ。
24mm、50mm、90mm、10-18mm、70-200mmなどのレンズを撮影シーンによって使い分けています。

【液晶】

屋外で4K撮影時は、かなり暗くて見づらい。これは、かなり不便です。
クリップオンLCDモニター:CLM-FHD5 でカバーしています。

【音質】

内蔵マイクは、おまけ程度。通常は、外部マイクを撮影環境に合わせて使い分けています。

【総評】

ネット配信する動画ならα6500の4K映像は、十分綺麗です。
小型軽量で持ち運びも便利です。とはいっても、実際はバッテリー複数、クリップオンLCDモニター、レンズを4本以上持ち運びするので結構重くなります。
写真では大丈夫ですが動画での手振れ補正は、今一効きが悪いです。液晶も4K撮影では暗くなります。しかし、フォーカスの速さは、他のミラーレス機と比べてもピカ一です。この機は、4K撮影できるため5DMarkVより動画は、綺麗な映像が得られます。写真画質も全く大差ないです。
それらをわかって使用するならα6500は、ミラーレス一眼では、トップクラスではないでしょうか?

レベル
プロ
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
スポーツ
その他

参考になった40人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドメル中将さん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:124人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
10件
3件
デジタル一眼カメラ
5件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー1
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感4

α6300から乗り換え

ひょんなことから、α6500 の保証期間中のを安く買えたので買い換えた。

【外観】
C1 , C2 のボタンの位置が変更した以外、ほぼ同じ

それ以外の使い勝手も α6300 とほぼ同じ

【オートホワイトバランス】
オートホワイトバランスに白優先と雰囲気優先の2種が追加され、初期設定では雰囲気優先になっている。
雰囲気優先のままだと、アンバー被りになる事が多いので、白優先にしている。

【手振れ補正の効き具合】
普段は SIGMA 30mm F1.4 DC DN Contemporary を使ってて
シャッタースピード1/15秒なら肘を浮かせた状態でも手ぶれせず撮れる。
勿論、しっかり構えないといけないので、
シャッターと切った後、すぐボディを動かせば、ぶれます。
手すりなど肘を付けるならシャッタースピード1/8秒でもぶれずに撮れます。
シャッタースピード1/4秒では試してません。

機能が追加されたので、fnキーで登録できる項目数が増えるとなお良いですね。

【画質】
手持ち夜景の際、ISO1600辺りまでなら問題ないかな。(ノイズは乗るけども)
ISO3200辺りになるとノイズが増えてディテールが失われてくる。

電子水準器がいまいちあてにならない、精度がいまいちなのは、 α6300 の時から変わらず
あと電池の減りが早いのも、 α6300 の時から変わらず

【総評】
手振れ補正が着いたおかげで、末永く使える一台となったと思う。
これ以上何を望むかというと
・さらなる高感度での画質向上
・電子水準器の精度向上
・電力消費の低減

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
その他

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

2石レフレックスさん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:341人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
199件
ビデオカメラ
3件
172件
レンズ
4件
23件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性3
バッテリー2
携帯性5
機能性4
液晶3
ホールド感4
別機種
   

   

当初6300をFS7のサブとして、主としては趣味のロードバイクサイクリングで使おうとして買ったのですが、
徐々に6300で仕事ができると思えてきて、実際に運用し始めました。
すると、6500も欲しくなり結局追加で買うことになりました。

現在、動く人の撮影や絶対的な感度S/N比が欲しい場合を除いて、大半の仕事を6300と6500で撮影する事になりつつあります。

ブラシレスを使う事も増えてきており、そっちには6300を付けっぱなしで、6500は三脚や手持ち運用の現場2台体制。
身軽だし画質も良いしで助かってます。

仕事としてはフルHDが多いのですが、フルHD画質も満足しています。フルHDはラインスキップかな?
ちょっと甘いという意見がありますが、私としてはそう感じません。
逆にこのカメラの4kは一見、解像度が非常に高くて一般的な人には高画質に見えるかもですが、
オーバーサンプリング効果が高すぎてギンギンしている感じがあります。
フルHDは絵が適度に落ち着いており、滑らかで艶があります。4kのような限界までやってる感がなく自然な絵です。
プロはこっちの絵のほうが安心して見れるんじゃないでしょうか?
私は実に感動しております。

業務用のFS7と違って撮影中に変更できない項目が多かったり、操作性が悪かったり、ローリングが多かったりしますが、
それらに問題が無く影響がない仕事で使えば、軽いし、画質も良いしで最高です。

尚、6300も6500もハックファームで撮影時間制限は解除しています。

お陰様で、、、笑。。。FS7の運用頻度がドンドン低下してきてます。ISO1600、MAX2000までで運用できる現場なら、
FS7との画質の差は無視していい範囲です。この点も満足しています。
これだけ小型でこれだけ画質の良いカメラで仕事ができる時代になったんだなぁと目が遠くなります。

追記。

以上、概略というか大雑把な感想を書きましたが、もう少し突っ込んだ話を書きたいと思って、少し追記します。
上記に6500/6300とFS7の使える、ちょっと厳しいという現場の条件の色々を書きましたが、
厳密に比べると画質の差は低感度の状態でも確かに存在します。
(ISO2000以上はもう完全に勝負になれないほどFS7のほうが良い。これはしょうがないが、
かと言って、使う使わないも、その現場では何を優先すべきかで機材の答えは違ってきます)

FS7の絵はあくまでもナチュラルで6500/6300の絵は少しノイズっぽい(比べればです)
センサーの1画素あたりの大きさに差があるため、S/Nが違うのだろうとは思いますが、
それ以外に素子の全面に採用された位相差センサーの影響も少しながらあるのだろうとは思います。
α7S/7s2は従来のコントラストAFであって7R2に採用された位相差は搭載していません。
この辺りにも動画優先の7s/7s2の理由があると推測しています。

ただし、FS7のAFは本当にアホで全く使えないですが、6500/6300の動画AFは非常に優れており、
仕事にも使える時は多々あったりしますし、それで私は助かったりしている部分もあり、
なかなか全てをひっくるめての評価となると、優劣の判断が難しいとも思ったりしてます。

便利になる事もあれば、それで失うこともある。機材は選択して使ってこそカメラマンでしょう。

総括。
6500、良いカメラである事は間違いありませんし、
ローリング等が出ない撮影操作環境、被写体であればISO2000までで撮れればFS7との画質差はほとんどの人が判らないと思います。F4くらいのレンズを使っていると室内でISO4000とか8000とかが必要になってしまうので、f1.4などの明るい単レンズを使うといいです。
FS7には10ビット422があり、どんなもんかと私も何度か使ってますが、どうもそんなに巷で騒ぐほどの差はない感じです。
違うのは確かに違うんですが、本当に微々たる差であって、この差に拘るっていうのは本当にマニアのマニアだと思います。
10ビット422と8ビット420は映像を後から弄り倒すくらいをしないと普通の人には差は判らないと思います。
logで撮影してカット編と一発グレーディングとディゾルフ程度で完パケするならば、その差はほぼ殆どの人の目では判別不能だと思います。

私はそのほとんどを仕事としてやっているので、依頼者の一般の人に納品した時点での依頼者目線での画質で考える癖というか、そういう価値観なので、自分自身のマスター所有の画質がどうこうというのはあまり重視しない人間です。
ですので、一般人の方が認識できない僅かな画質の差に固執して考えるタイプの価値観ではない事を
前提とさせて頂きますのでご了承願います。

FS7と同じLOGが使えますが基本感度のISOが800に対してFS7は2000ですが、この状態でもFS7よりもノイズ感(特に暗部)
が少しあるので、グレーディングのコツとしては6300/6500の素材の方をちょっと多めに黒を締めるほうがいいですね。
ノイズが消えます。
それでコントラストと輝度をモニタで合わせて行けばFS7と画質差を殆ど感じない位まではイケると思います。

FS7にズーム vs 6500に単焦点ならば単焦点の良いレンズを買われた方が画質も逆転するし、
小型である6500/6300の利点を生かし、機材は安く済ませて、
積極的に海外や国内などの渡航費に使って実際のアナログ的な行動をおこなって
数多くの現場で撮影しまくったほうが撮影の趣味として幸せになれると思います。 
コレ、本当の本当に正直な感想です。笑

レベル
プロ
主な被写体
人物
その他

参考になった69人(再レビュー後:40人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

α6500 ILCE-6500 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α6500 ILCE-6500 ボディ
SONY

α6500 ILCE-6500 ボディ

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年12月 2日

α6500 ILCE-6500 ボディをお気に入り製品に追加する <1540

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

qoo10
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意