『6300か6500か』 SONY α6500 ILCE-6500 ボディ みのぷうさんのレビュー・評価

2016年12月 2日 発売

α6500 ILCE-6500 ボディ

  • 高画質・動画機能・操作性などのすべてを高いレベルで実現する、APS-Cセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラの最上位機種。
  • 俊敏な動きも逃さず捉え続け、高速応答性・追従性に優れた高精度なAF性能「4Dフォーカス」を搭載している。
  • 解像力が高く臨場感のある4K動画記録を行うことができ、プロの映像制作にも対応する多彩な動画機能を備える。
α6500 ILCE-6500 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

中古
最安価格(税込):
¥67,100 (24製品)


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン
付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:2500万画素(総画素)/2420万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.6mm/CMOS 重量:410g α6500 ILCE-6500 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • α6500 ILCE-6500 ボディの価格比較
  • α6500 ILCE-6500 ボディの中古価格比較
  • α6500 ILCE-6500 ボディの買取価格
  • α6500 ILCE-6500 ボディの店頭購入
  • α6500 ILCE-6500 ボディのスペック・仕様
  • α6500 ILCE-6500 ボディの純正オプション
  • α6500 ILCE-6500 ボディのレビュー
  • α6500 ILCE-6500 ボディのクチコミ
  • α6500 ILCE-6500 ボディの画像・動画
  • α6500 ILCE-6500 ボディのピックアップリスト
  • α6500 ILCE-6500 ボディのオークション

α6500 ILCE-6500 ボディSONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年12月 2日

  • α6500 ILCE-6500 ボディの価格比較
  • α6500 ILCE-6500 ボディの中古価格比較
  • α6500 ILCE-6500 ボディの買取価格
  • α6500 ILCE-6500 ボディの店頭購入
  • α6500 ILCE-6500 ボディのスペック・仕様
  • α6500 ILCE-6500 ボディの純正オプション
  • α6500 ILCE-6500 ボディのレビュー
  • α6500 ILCE-6500 ボディのクチコミ
  • α6500 ILCE-6500 ボディの画像・動画
  • α6500 ILCE-6500 ボディのピックアップリスト
  • α6500 ILCE-6500 ボディのオークション

『6300か6500か』 みのぷうさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α6500 ILCE-6500 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:37件
  • 累計支持数:676人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
14件
27件
レンズ
4件
23件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
6300か6500か

「α6500」にはボディ内手ブレ補正が
搭載されているにもかかわらず、
ボディ内手ブレ補正が非搭載の「α6300」と
同じサイズを実現しており、
マグネシウム合金製の小型なボディは
キープされています。総重量は49gだけ増えました。
グリップ部が厚くなったことで
しっかりホールドすることができます。
純正のボディジャケットに小指が
しっかりかかり手に吸い付きます。
シャッターボタン横のカスタムボタン
「C1」の位置が変更されて、
「C1」に加えて「C2」ボタンも
追加されています。
背面右下の「C3」と合わせて、
カスタムボタンは合計で1つ増えました。
モードダイヤルとコントロール
ダイヤルのローレット部分が
変更されて操作感質感が向上しています。
背面ボタンの印字は刻印に変更されて
高品質なデザインになりました。
シャッター後幕の走行完了前に
ブレーキ機構を追加して
メカ構造の工夫を行うことで、
低振動でブレを低減し、
シャッター音の静音化も実現しています。
シャッターボタンは少し大きくなりました。
チルト液晶を可動した状態では
アイセンサーが無効になり
ファインダーには切り替わらなくなっています。
チルト液晶は上90°・下45°で同じ可動域です。
「α6300」より柔らかいアイピースカップに
なり使用感が向上しています。
新開発のフロントエンドLSIにより、
中感度から高感度域での
解像感や質感の描写力が向上しています。
センサーは新開発されたものが搭載されています。
「α6500」は「α6300」よりAFの
追従性が倍以上に向上しています。
「α6500」は大容量のバッファメモリと
新フロントエンドLSIを搭載して、
秒間8コマで jpeg エクストラ fineで
約250枚の連続撮影が可能です。
連写撮影後の即時再生にも対応しています。
書き込み残り枚数も表示可能になりました。
新インターフェースにより、
メニューの分類方法が変更されて
グループ表記が画面上部に追加されています。
タブごとに色分けがされ、
設定したい項目に簡単アクセスが可能です。
また、新たにplaymemories mobile
アプリを使って、ブルートゥースで接続している
スマートフォンから位置情報を取得し、
画像撮影時に位置情報を
記録できるようになりました。

α6300からα6500に買い替えて
シグマのEmaunt30ミリf1.4をつけて
お花の接写で比べてみましたが、
解像感が全く違いました。
手振れ補正の効果かセンサーの進化か、
新フロントエンドLSIの効果かわかりませんが、
APSCセンサーの最高の結果が得られます。
6300と6500で迷う必要はありません。

比較製品
SONY > α6300 ILCE-6300 ボディ
レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
その他

参考になった43人(再レビュー後:22人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
6300か6500か

「α6500」にはボディ内手ブレ補正が搭載されているにもかかわらず、
ボディ内手ブレ補正が非搭載の「α6300」と同じサイズを実現しており、
マグネシウム合金製の小型なボディはキープされています。
総重量は49gだけ増えました。
グリップ部が厚くなったことでしっかりホールドすることができます。
純正のボディジャケットに小指がしっかりかかり手に吸い付きます。
シャッターボタン横のカスタムボタン「C1」の位置が変更されて、
「C1」に加えて「C2」ボタンも追加されています。
背面右下の「C3」と合わせて、カスタムボタンは合計で1つ増えました。
モードダイヤルとコントロールダイヤルのローレット部分が
変更されて操作感質感が向上しています。
背面ボタンの印字は刻印に変更されて高品質なデザインになりました。
シャッター後幕の走行完了前にブレーキ機構を追加して
メカ構造の工夫を行うことで、低振動でブレを低減し、
シャッター音の静音化も実現しています。
シャッターボタンは少し大きくなりました。
チルト液晶を可動した状態ではアイセンサーが無効になり
ファインダーには切り替わらなくなっています。
チルト液晶は上90°・下45°で同じ可動域です。
「α6300」より柔らかいアイピースカップになり使用感が向上しています。
新開発のフロントエンドLSIにより、中感度から高感度域での
解像感や質感の描写力が向上しています。
センサーは新開発されたものが搭載されています。
「α6500」は「α6300」よりAFの追従性が倍以上に向上しています。
「α6500」は大容量のバッファメモリと新フロントエンドLSIを搭載して、
秒間8コマで jpeg エクストラ fineで約270枚の連続撮影が可能です。
連写撮影後の即時再生にも対応しています。
書き込み残り枚数も表示可能になりました。
新インターフェースにより、メニューの分類方法が変更されて
グループ表記が画面上部に追加されています。
タブごとに色分けがされ、設定したい項目に簡単アクセスが可能です。
また、新たに playmemories mobile アプリを使って、
ブルートゥースで接続しているスマートフォンから位置情報を取得し、
画像撮影時に位置情報を記録できるようになりました。

α6300からα6500に買い替えてシグマのEmaunt30ミリf1.4をつけて
お花の接写で比べてみましたが、解像感が全く違いました。
手振れ補正の効果かセンサーの進化か、
新フロントエンドLSIの効果かわかりませんが、
APSCセンサーの最高の結果が得られます。
6300と6500で迷う必要はありません。

比較製品
SONY > α6300 ILCE-6300 ボディ
レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
その他

参考になった0

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
6300か6500か

「α6500」には新しくボディ内手ブレ補正が搭載されているにもかかわらず、
ボディ内手ブレ補正が非搭載の「α6300」とほぼ同じサイズを実現しており、
マグネシウム合金製の小型なボディはキープされています。
総重量は49gだけ増えました。
グリップ部が厚くなったことでよりしっかりホールドすることが可能になりました。
純正のボディジャケットに小指がしっかりかかり手に吸い付きます。
シャッターボタン横のカスタムボタン「C1」の位置が変更されて、
「C1」に加えて「C2」ボタンも追加されています。
背面右下の「C3」と合わせて、カスタムボタンは合計で2つから3つに増えました。
モードダイヤルとコントロールダイヤルのローレット部分が
変更されて操作感質感が向上しています。
背面ボタンの印字は刻印に変更されて高品質なデザインになりました。
シャッター後幕の走行完了前にブレーキ機構を追加して
メカ構造の工夫を行うことで、低振動でブレを低減し、
シャッター音の静音化も実現しています。
シャッターボタンは少し大きくなりました。
チルト液晶を可動した状態ではアイセンサーが無効になり
ファインダーには切り替わらなくなっています。
チルト液晶は上90°・下45°で同じ可動域です。
「α6300」より柔らかいアイピースカップに変更されて使用感が向上しています。
新開発のフロントエンドLSIにより、中感度から高感度域での
解像感や質感の描写力が向上しています。
センサーは新開発されたものが搭載されています。
「α6500」は「α6300」よりAFの追従性が倍以上に向上しています。
「α6500」は大容量のバッファメモリと新フロントエンドLSIを搭載したことで、
秒間8コマで jpeg エクストラ fineで約270枚の連続撮影が可能です。
連写撮影後の即時再生にも対応しています。
書き込み残り枚数も表示可能になりました。
新インターフェースにより、メニューの分類方法が変更されて
グループ表記が画面上部に追加されています。
タブごとに色分けがされ、設定したい項目に簡単アクセスが可能です。
また、新たに playmemories mobile アプリを使って、
ブルートゥース通信で接続しているスマートフォンから位置情報を取得して、
画像撮影時に位置情報を記録できるようになりました。

α6300からα6500に買い替えてシグマのEmaunt30ミリつけて
お花の接写で比べてみましたが、解像感が全く違いました。
手振れ補正の効果かセンサーの進化か、フロントLSIの効果かわかりませんが、
APSCセンサーの最高の結果が得られます。6300と6500で迷う必要はありません。

比較製品
SONY > α6300 ILCE-6300 ボディ
レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
その他

参考になった21

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

α6500 ILCE-6500 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α6500 ILCE-6500 ボディ
SONY

α6500 ILCE-6500 ボディ

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年12月 2日

α6500 ILCE-6500 ボディをお気に入り製品に追加する <1536

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

qoo10
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意