『動画機・写真機も両方いける、まさにコスパ最強ミラーレス。』 SONY α6500 ILCE-6500 ボディ ryuya@videographerさんのレビュー・評価

2016年12月 2日 発売

α6500 ILCE-6500 ボディ

  • 高画質・動画機能・操作性などのすべてを高いレベルで実現する、APS-Cセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラの最上位機種。
  • 俊敏な動きも逃さず捉え続け、高速応答性・追従性に優れた高精度なAF性能「4Dフォーカス」を搭載している。
  • 解像力が高く臨場感のある4K動画記録を行うことができ、プロの映像制作にも対応する多彩な動画機能を備える。
α6500 ILCE-6500 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

中古
最安価格(税込):
¥67,100 (24製品)


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン
付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:2500万画素(総画素)/2420万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.6mm/CMOS 重量:410g α6500 ILCE-6500 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • α6500 ILCE-6500 ボディの価格比較
  • α6500 ILCE-6500 ボディの中古価格比較
  • α6500 ILCE-6500 ボディの買取価格
  • α6500 ILCE-6500 ボディの店頭購入
  • α6500 ILCE-6500 ボディのスペック・仕様
  • α6500 ILCE-6500 ボディの純正オプション
  • α6500 ILCE-6500 ボディのレビュー
  • α6500 ILCE-6500 ボディのクチコミ
  • α6500 ILCE-6500 ボディの画像・動画
  • α6500 ILCE-6500 ボディのピックアップリスト
  • α6500 ILCE-6500 ボディのオークション

α6500 ILCE-6500 ボディSONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年12月 2日

  • α6500 ILCE-6500 ボディの価格比較
  • α6500 ILCE-6500 ボディの中古価格比較
  • α6500 ILCE-6500 ボディの買取価格
  • α6500 ILCE-6500 ボディの店頭購入
  • α6500 ILCE-6500 ボディのスペック・仕様
  • α6500 ILCE-6500 ボディの純正オプション
  • α6500 ILCE-6500 ボディのレビュー
  • α6500 ILCE-6500 ボディのクチコミ
  • α6500 ILCE-6500 ボディの画像・動画
  • α6500 ILCE-6500 ボディのピックアップリスト
  • α6500 ILCE-6500 ボディのオークション

『動画機・写真機も両方いける、まさにコスパ最強ミラーレス。』 ryuya@videographerさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α6500 ILCE-6500 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー2
携帯性5
機能性4
液晶3
ホールド感4
動画機・写真機も両方いける、まさにコスパ最強ミラーレス。

【デザイン】
良くも悪くもないソニーらしいデザインだと思います。
マグネシウム合金ボディ採用で高級感があります。
【画質】
写真は普通にキレイです。さすがはAPS-Cセンサー。
動画面のレビューをします。
4K動画は6Kからのダウンコンバートなので物凄くキレイです。30pと24pともにキレイです。GH4よりもキレイだと思います。10bit撮影はできないが情報量が多いので8bitでもカラーグレーディングはしやすいと思います。
FullHD動画については、センサーのせいなのか少し粗さを感じます。(画素ピッチが足りてないのかほんのりのっぺりしてる感じがします。)
FullHDでのカラーグレーディングはオススメしません。情報量も少なく、少しでも色をいじると色崩れします。Logで撮るよりもCine2などのピクチャープロファイル(PP6,5)をオススメします。
【操作性】
ずっとαをメインに使っているので、特に不満はありません。
欲を言えばメニュー画面でのタッチ操作に対応して欲しかったです。
それでも、カスタムボタンも豊富で10ボタンもカスタムできて使いたい項目を自分好みに割り当てることができるのでそこはありがたいです。
(ちなみにα6500の操作面で最もデメリットである録画ボタンの位置。これは自分はAF/MFボタンに割当、親指でRECできるようにカスタムしてます。)
【バッテリー】
α6500の最大のデメリット。
4K動画だと45分〜50分しか持ちません。
予備バッテリーは必須です。(NEX-5Rでさえ一日持たなかった)
3〜4本くらいは常に常備していたほうがいいです。
ただ、モバイルバッテリー(MicroUSB)からの充電・給電に対応しているので連続で撮影する場合は給電しながらのほうが楽です。
【携帯性】
コンパクトで軽くて特に問題ないです。
(GH4から乗り換えたのもこれが理由だったり。)
【機能性】
目玉機能の一つ、ボディ内5軸手ブレ補正について。
動画では歩き撮りよりも止まった状態での撮影で効いているなと感じました。
正直なところ、大きな振動には弱いですが、細かい・微細な振動はしっかりと抑えてくれてます。
GH5よりは効きは悪いですが、単焦点レンズや手ブレ補正のないレンズを使ったときが一番恩恵が大きいです。
動画性能に関しては4K30pまで撮影できます。10bitで撮影できないのが難点。
FullHDは120pまで。ハイフレームレート撮影(スローモーション撮影)はソニーが強いです。
HLG(Hybrid Log Gamma)での撮影はできませんが、S-log2,3での撮影ができるのでそこまで困らないと思います。
熱暴走については、4Kで1時間半連続でRECしましたが特に問題はありません。ただバッテリーOnlyの場合、バッテリー室がめちゃくちゃ熱くなりたまに温度警告マークがでますが、モバイルバッテリーから給電しつつ撮影する場合は特に問題はありませんでした。
(※設定で「自動電源OFF温度」を「高」にする必要あり)
AF性能は個人的には問題ないです。ただ、動画中の瞳AFやリアルタイムトラッキングAFは興味あります。
【液晶】
特に問題ないですが、動画をメインに使うなら外部モニターは必須。
4K撮影時は特に夏の昼間、カメラモニターでは確認できません。(明るさ変更不可)
【ホールド感】
特に問題はない。
専用ゲージを装着すればされにホールド感がアップ。
【総評】
APS-Cのミラーレスカメラの中で特にコスパに優れたモデル。
後継機が出た今が買い時。
サブカメラでもメインカメラでも後2年は使えるかと。
カメラ本体に直接アプリが入れられるモデルで、非公式ツールを使えば長時間の連続撮影もできる。
そんなカメラでスチル・ムービーもいけるオールマイティーカメラ。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
室内

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

α6500 ILCE-6500 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α6500 ILCE-6500 ボディ
SONY

α6500 ILCE-6500 ボディ

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年12月 2日

α6500 ILCE-6500 ボディをお気に入り製品に追加する <1536

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

qoo10
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意