『これは凄い。もうα6000には戻れません。』 SONY α6500 ILCE-6500 ボディ でぶねこ☆さんのレビュー・評価

α6500 ILCE-6500 ボディ

  • 高画質・動画機能・操作性などのすべてを高いレベルで実現する、APS-Cセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラの最上位機種。
  • 俊敏な動きも逃さず捉え続け、高速応答性・追従性に優れた高精度なAF性能「4Dフォーカス」を搭載している。
  • 解像力が高く臨場感のある4K動画記録を行うことができ、プロの映像制作にも対応する多彩な動画機能を備える。
α6500 ILCE-6500 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):¥96,480 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2016年12月 2日

店頭参考価格帯:¥96,480 〜 ¥152,928 (全国4店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:2500万画素(総画素)/2420万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.6mm/CMOS 重量:410g α6500 ILCE-6500 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • α6500 ILCE-6500 ボディの価格比較
  • α6500 ILCE-6500 ボディの中古価格比較
  • α6500 ILCE-6500 ボディの買取価格
  • α6500 ILCE-6500 ボディの店頭購入
  • α6500 ILCE-6500 ボディのスペック・仕様
  • α6500 ILCE-6500 ボディの純正オプション
  • α6500 ILCE-6500 ボディのレビュー
  • α6500 ILCE-6500 ボディのクチコミ
  • α6500 ILCE-6500 ボディの画像・動画
  • α6500 ILCE-6500 ボディのピックアップリスト
  • α6500 ILCE-6500 ボディのオークション

α6500 ILCE-6500 ボディSONY

最安価格(税込):¥96,480 (前週比:±0 ) 発売日:2016年12月 2日

  • α6500 ILCE-6500 ボディの価格比較
  • α6500 ILCE-6500 ボディの中古価格比較
  • α6500 ILCE-6500 ボディの買取価格
  • α6500 ILCE-6500 ボディの店頭購入
  • α6500 ILCE-6500 ボディのスペック・仕様
  • α6500 ILCE-6500 ボディの純正オプション
  • α6500 ILCE-6500 ボディのレビュー
  • α6500 ILCE-6500 ボディのクチコミ
  • α6500 ILCE-6500 ボディの画像・動画
  • α6500 ILCE-6500 ボディのピックアップリスト
  • α6500 ILCE-6500 ボディのオークション

『これは凄い。もうα6000には戻れません。』 でぶねこ☆さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:36件
  • 累計支持数:399人
  • ファン数:39人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
3556件
レンズ
13件
542件
デジタルカメラ
1件
177件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性4
液晶4
ホールド感5
これは凄い。もうα6000には戻れません。
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

今までα55、NEX-5R、α6000と買い替えていよいよα6500にたどり着きました。根っからの連写中毒患者です。
巷では、値段が高すぎるとか、α6300で充分だとかいう人がいますが、連写中毒の私としては、α6300からのバッファー増量も評価ポイントですね。大々的にうたわれているボディー内手ぶれ補正は、まぁ、有っても良いか程度にしか思ってません。(ソニーさんゴメンナサイ)
それ以外にも先代、先々代からの進歩点が幾つかありますが、ここでは省略します。

で、実際に使ってみての感想です。何時も行く猫カフェで記念すべき初撮影です。
使用感としては、バッファー増量の効果が絶大で、α6000ではここぞと言うときに連写が息切れしていた所がぜんぜん平気で一定のリズムでシャッター音を刻みます。また、AFエリアの設定が進化しているので、α6000よりも追いかけやすいと思います。
結局2時間半の滞在で4000枚以上撮りました。連写の継続時間が長い事と、バッファー解放完了前に連写を再開しても、最高速度で連写出来ると言うダブルの効果ですね。32GBのSD2枚を使い切ってしまったので、やむなくサブで持って行ったRX100M5のSDを差し替えてやり繰りしました。α6000の時は精々2000枚超がやっとだったので、シャッターチャンスを迎え撃つ能力が2倍に増えたと言えると思います。
あと、特筆する事は、ISO6400での写りが綺麗になったことですね。
α6000の時は、F4通しズームでは猫撮りには役不足(解放F値とAFの遅さ)を感じていたので、SEL24F18ZとSEL55F18Zを交換しながらF2前後で撮ってましたが、今回は敢えてSEL1670Z一本で絞り解放で撮りました。ISOが6400に達する場面が多々ありましたが、荒れた感じがあまりしませんし、ピント追従もα6000+単焦点レンズの時と似たような感覚です。ズームだとレンズ交換する事が無いので、とっさのイベント発生時にも即時対応できて素晴らしい。

一つ惜しい点は、無音シャッターが高速連写で使えないことです。RX100M5のように全ての連写速度で無音シャッター解禁にして欲しかった。この辺のスペックは、センサーを積層タイプに更新しないと無理なんですかね。子猫ちゃんを寄って撮ると、シャッター音で驚いて後退りするんですよ。

作例ですが、猫ちゃんの動きの面白さを追求しているので、必ずしもバチピンではありません。今まで撮っていたのよりも一段と攻めに入った動きの多い写真が撮れました。
なお、Rawで撮影してOpticsPro11で現像しています。全てトリミング無しです。

追記です。
BluetoothでスマホとつないでGPS情報を埋め込む機能が付きました。
元々、α55で内蔵GPSを使っていたので、形を変えてやっと復活してくれたとの思いです。
私はiPhoneSEを使っていますが、一度設定すると、iPhoneの画面は閉じたままでも、カメラの電源を入れると自動でiPhoneから位置データを所得してくれるので、とても便利です。iPhoneのバッテリーが減るんじゃないかとしんぱいしていましたが、普通にネットサーフィンしているよりも電池の減りは少なかったので一安心です。
GPSはカメラ内蔵だと、電源入れてから数分間は古い位置情報を持ったままなので、例えば、海外に行ったときの最初の数コマは日本の位置情報を埋め込まれてしまうことがありました。
スマホから位置情報を貰う形式だと、スマホは常に電源onなので、誤った位置情報を写真に埋め込む事がありません。これは進歩ですね。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった22人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性4
液晶4
ホールド感5
これは凄い。もうα6000には戻れません。
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

今までα55、NEX-5R、α6000と買い替えていよいよα6500にたどり着きました。根っからの連写中毒患者です。
巷では、値段が高すぎるとか、α6300で充分だとかいう人がいますが、連写中毒の私としては、α6300からのバッファー増量も評価ポイントですね。大々的にうたわれているボディー内手ぶれ補正は、まぁ、有っても良いか程度にしか思ってません。(ソニーさんゴメンナサイ)
それ以外にも先代、先々代からの進歩点が幾つかありますが、ここでは省略します。

で、実際に使ってみての感想です。何時も行く猫カフェで記念すべき初撮影です。
使用感としては、バッファー増量の効果が絶大で、α6000ではここぞと言うときに連写が息切れしていた所がぜんぜん平気で一定のリズムでシャッター音を刻みます。また、AFエリアの設定が進化しているので、α6000よりも追いかけやすいと思います。
結局2時間半の滞在で4000枚以上撮りました。連写の継続時間が長い事と、バッファー解放完了前に連写を再開しても、最高速度で連写出来ると言うダブルの効果ですね。32GBのSD2枚を使い切ってしまったので、やむなくサブで持って行ったRX100M5のSDを差し替えてやり繰りしました。α6000の時は精々2000枚超がやっとだったので、シャッターチャンスを迎え撃つ能力が2倍に増えたと言えると思います。
あと、特筆する事は、ISO6400での写りが綺麗になったことですね。
α6000の時は、F4通しズームでは猫撮りには役不足(解放F値とAFの遅さ)を感じていたので、SEL24F18ZとSEL55F18Zを交換しながらF2前後で撮ってましたが、今回は敢えてSEL1670Z一本で絞り解放で撮りました。ISOが6400に達する場面が多々ありましたが、荒れた感じがあまりしませんし、ピント追従もα6000+単焦点レンズの時と似たような感覚です。ズームだとレンズ交換する事が無いので、とっさのイベント発生時にも即時対応できて素晴らしい。

一つ惜しい点は、無音シャッターが高速連写で使えないことです。RX100M5のように全ての連写速度で無音シャッター解禁にして欲しかった。この辺のスペックは、センサーを積層タイプに更新しないと無理なんですかね。子猫ちゃんを寄って撮ると、シャッター音で驚いて後退りするんですよ。

作例ですが、猫ちゃんの動きの面白さを追求しているので、必ずしもバチピンではありません。今まで撮っていたのよりも一段と攻めに入った動きの多い写真が撮れました。
なお、Rawで撮影してOpticsPro11で現像しています。全てトリミング無しです。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった8

 
 
 
 
 
 

「α6500 ILCE-6500 ボディ」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

α6500 ILCE-6500 ボディ
SONY

α6500 ILCE-6500 ボディ

最安価格(税込):¥96,480発売日:2016年12月 2日 価格.comの安さの理由は?

α6500 ILCE-6500 ボディをお気に入り製品に追加する <1683

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意