『α6500 写真・動画 十分に使えます!』 SONY α6500 ILCE-6500 ボディ Ryu8さんのレビュー・評価

2016年12月 2日 発売

α6500 ILCE-6500 ボディ

  • 高画質・動画機能・操作性などのすべてを高いレベルで実現する、APS-Cセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラの最上位機種。
  • 俊敏な動きも逃さず捉え続け、高速応答性・追従性に優れた高精度なAF性能「4Dフォーカス」を搭載している。
  • 解像力が高く臨場感のある4K動画記録を行うことができ、プロの映像制作にも対応する多彩な動画機能を備える。
α6500 ILCE-6500 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

中古
最安価格(税込):
¥67,100 (31製品)


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン
付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:2500万画素(総画素)/2420万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.6mm/CMOS 重量:410g α6500 ILCE-6500 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • α6500 ILCE-6500 ボディの価格比較
  • α6500 ILCE-6500 ボディの中古価格比較
  • α6500 ILCE-6500 ボディの買取価格
  • α6500 ILCE-6500 ボディの店頭購入
  • α6500 ILCE-6500 ボディのスペック・仕様
  • α6500 ILCE-6500 ボディの純正オプション
  • α6500 ILCE-6500 ボディのレビュー
  • α6500 ILCE-6500 ボディのクチコミ
  • α6500 ILCE-6500 ボディの画像・動画
  • α6500 ILCE-6500 ボディのピックアップリスト
  • α6500 ILCE-6500 ボディのオークション

α6500 ILCE-6500 ボディSONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年12月 2日

  • α6500 ILCE-6500 ボディの価格比較
  • α6500 ILCE-6500 ボディの中古価格比較
  • α6500 ILCE-6500 ボディの買取価格
  • α6500 ILCE-6500 ボディの店頭購入
  • α6500 ILCE-6500 ボディのスペック・仕様
  • α6500 ILCE-6500 ボディの純正オプション
  • α6500 ILCE-6500 ボディのレビュー
  • α6500 ILCE-6500 ボディのクチコミ
  • α6500 ILCE-6500 ボディの画像・動画
  • α6500 ILCE-6500 ボディのピックアップリスト
  • α6500 ILCE-6500 ボディのオークション

『α6500 写真・動画 十分に使えます!』 Ryu8さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α6500 ILCE-6500 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:51人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
ビデオカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー2
携帯性5
機能性4
液晶2
ホールド感5
α6500 写真・動画 十分に使えます!
機種不明E 10-18mm F4 OSS
機種不明なにわ淀川花火大会
機種不明FE 24-70mm F2.8 GM

E 10-18mm F4 OSS

なにわ淀川花火大会

FE 24-70mm F2.8 GM

機種不明FE 90mm F2.8 Macro G OSS
機種不明FE 70-200mm F4 G OSS
機種不明E 24mm F1.8 ZA

FE 90mm F2.8 Macro G OSS

FE 70-200mm F4 G OSS

E 24mm F1.8 ZA

【デザイン】

シンプルで良いです。

【画質】

まず、写真撮影は、AFの追従感度もよく飛行機のスピードある離着陸でも十分に解像度のある画が撮れます。
5本のレンズでそれぞれ画像も添付しました。どれも解像感が良いと思います。
実際の写真は、もっと解像しています。モデル撮影でも十分に使えます。
アメリカのスポーツカメラマンは、実際にα7シリーズではなく、α6500を使うことが多いとソニーの開発者がおっしゃってました。

●飛行機撮影

動画撮影でもα6500は、フォーカススピードが速く、木のフォカースから離陸する機体へとスムーズにピン送りがされます。
サンプル動画を作ってみました。 https://www.youtube.com/watch?v=8wDuenv6u1A

●2Kと4Kの違い

やはり、フルHD(2K)ではなく4K撮影の方が圧倒的に綺麗です。
フルHDのディスプレイで等倍では、違いがわかりづらいので、2.5倍に拡大したもので比較してみました。

民生用ビデオカメラ HDR-CX700V(2K) とα6500(4K) で紫陽花の映像の違いをご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=hGM_xQSetVw

●3軸ジンバル撮影

α6500には、手ブレ補正が付いていますが、ジンバルを使うと更にぬるぬる動画を撮影することができます。
画質や見やすさを出すには、特に横に動かすとき、ゆっくり動かす必要があります。
フォーカスも遠くから近く、近くから遠くなど、なんの問題もなく意図通りの映像が得られます。
https://youtu.be/EfoOmgjrJ0o

●花火撮影

高感度も良いです。なにわ淀川花火大会の4K動画をご覧下さい。
α6500でここまで撮れます。  https://youtu.be/GNdaCUGxt3w

●業務でクライアント様の動画制作

色々、使ってみて業務で使えることもわかったので、実際にクライアント様の映像制作をα6500のみで行いました。
外構工事業の施工事例と求人動画です。お庭のガーデニング、おしゃれなお庭、外構に興味ある方は、是非ご覧ください。撮影は、4Kで行い2K出力しています。
https://www.youtube.com/watch?v=bGSANEM4HuM

クリエイティブスタイルでスタンダード:彩度を+1 に設定しただけで、あとはホワイトバランスもオートのままの撮影です。
夕方に撮影したシーンは、昼間の光に見せるため編集で一部カラーグレーディングを行っています。

●花の撮影

コスモスの撮影は、FE 24-70mm F2.8 GM  F6.3 70mm 1/800 で撮影。
Gマスターは、ズーム全域で単焦点並みの解像感です。ボケ味も良いです。


【操作性】

このカメラは、写真撮影の機能も動画撮影の機能も十分な機能があります。もちろん、動画撮影においては、4K業務ビデオカメラには劣りますが・・・
使いこなせば、十分に業務に使えます。

【機能性】

ホワイトバランスは、ほとんどオートで使えます。S-log撮影もできるので輝度差がある場面では有効的です。
C1、C2、C3・・・などカスタムキー設定ができるので、自分の押しやすい場所によく使う機能を割り当てています。
特に動画撮影に効率的な設定を行っています。

【バッテリー】

バッテリーは、減りが速い。4個持ちしています。

【携帯性】

カメラが小さく、レンズもコンパクトで持ち運びが便利。18-105mmレンズは、軽くて、写真も動画もなかなかの万能レンズ。
24mm、50mm、90mm、10-18mm、70-200mmなどのレンズを撮影シーンによって使い分けています。

【液晶】

屋外で4K撮影時は、かなり暗くて見づらい。これは、かなり不便です。
クリップオンLCDモニター:CLM-FHD5 でカバーしています。

【音質】

内蔵マイクは、おまけ程度。通常は、外部マイクを撮影環境に合わせて使い分けています。

【総評】

ネット配信する動画ならα6500の4K映像は、十分綺麗です。
小型軽量で持ち運びも便利です。とはいっても、実際はバッテリー複数、クリップオンLCDモニター、レンズを4本以上持ち運びするので結構重くなります。
写真では大丈夫ですが動画での手振れ補正は、今一効きが悪いです。液晶も4K撮影では暗くなります。しかし、フォーカスの速さは、他のミラーレス機と比べてもピカ一です。この機は、4K撮影できるため5DMarkVより動画は、綺麗な映像が得られます。写真画質も全く大差ないです。
それらをわかって使用するならα6500は、ミラーレス一眼では、トップクラスではないでしょうか?

レベル
プロ
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
スポーツ
その他

参考になった40人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー2
携帯性5
機能性4
液晶2
ホールド感5
α6500 写真、動画 十分に使えます!
機種不明FE 24-70mm F2.8 GM
   

FE 24-70mm F2.8 GM

   

【デザイン】

シンプルで良いです。

【画質】

まず、写真撮影は、AFの追従感度もよく飛行機のスピードある離着陸でも十分に解像度のある画が撮れます。
5本のレンズでそれぞれ画像も添付しました。どれも解像感が良いと思います。
実際の写真は、もっと解像しています。モデル撮影でも十分に使えます。
アメリカのスポーツカメラマンは、実際にα7シリーズではなく、α6500を使うことが多いとソニーの開発者がおっしゃってました。

●飛行機撮影

動画撮影でもα6500は、フォーカススピードが速く、木のフォカースから離陸する機体へとスムーズにピン送りがされます。
サンプル動画を作ってみました。 https://www.youtube.com/watch?v=8wDuenv6u1A

●2Kと4Kの違い

やはり、フルHD(2K)ではなく4K撮影の方が圧倒的に綺麗です。
フルHDのディスプレイで等倍では、違いがわかりづらいので、2.5倍に拡大したもので比較してみました。

民生用ビデオカメラ HDR-CX700V(2K) とα6500(4K) で紫陽花の映像の違いをご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=hGM_xQSetVw

●3軸ジンバル撮影

α6500には、手ブレ補正が付いていますが、ジンバルを使うと更にぬるぬる動画を撮影することができます。
画質や見やすさを出すには、特に横に動かすとき、ゆっくり動かす必要があります。
フォーカスも遠くから近く、近くから遠くなど、なんの問題もなく意図通りの映像が得られます。
https://youtu.be/EfoOmgjrJ0o

●花火撮影

高感度も良いです。なにわ淀川花火大会の4K動画をご覧下さい。
α6500でここまで撮れます。  https://youtu.be/GNdaCUGxt3w

●業務でクライアント様の動画制作

色々、使ってみて業務で使えることもわかったので、実際にクライアント様の映像制作をα6500のみで行いました。
外構工事業の施工事例と求人動画です。お庭のガーデニング、おしゃれなお庭、外構に興味ある方は、是非ご覧ください。撮影は、4Kで行い2K出力しています。
https://www.youtube.com/watch?v=bGSANEM4HuM

クリエイティブスタイルでスタンダード:彩度を+1 に設定しただけで、あとはホワイトバランスもオートのままの撮影です。
夕方に撮影したシーンは、昼間の光に見せるため編集で一部カラーグレーディングを行っています。

●花の撮影

コスモスの撮影は、FE 24-70mm F2.8 GM  F6.3 70mm 1/800 で撮影。
Gマスターは、ズーム全域で単焦点並みの解像感です。ボケ味も良いです。


【操作性】

このカメラは、写真撮影の機能も動画撮影の機能も十分な機能があります。もちろん、動画撮影においては、4K業務ビデオカメラには劣りますが・・・
使いこなせば、十分に業務に使えます。

【機能性】

ホワイトバランスは、ほとんどオートで使えます。S-log撮影もできるので輝度差がある場面では有効的です。
C1、C2、C3・・・などカスタムキー設定ができるので、自分の押しやすい場所によく使う機能を割り当てています。
特に動画撮影に効率的な設定を行っています。

【バッテリー】

バッテリーは、減りが速い。4個持ちしています。

【携帯性】

カメラが小さく、レンズもコンパクトで持ち運びが便利。18-105mmレンズは、軽くて、写真も動画もなかなかの万能レンズ。
24mm、50mm、90mm、10-18mm、70-200mmなどのレンズを撮影シーンによって使い分けています。

【液晶】

屋外で4K撮影時は、かなり暗くて見づらい。これは、かなり不便です。
クリップオンLCDモニター:CLM-FHD5 でカバーしています。

【音質】

内蔵マイクは、おまけ程度。通常は、外部マイクを撮影環境に合わせて使い分けています。

【総評】

ネット配信する動画ならα6500の4K映像は、十分綺麗です。
小型軽量で持ち運びも便利です。とはいっても、実際はバッテリー複数、クリップオンLCDモニター、レンズを4本以上持ち運びするので結構重くなります。
写真では大丈夫ですが動画での手振れ補正は、今一効きが悪いです。液晶も4K撮影では暗くなります。しかし、フォーカスの速さは、他のミラーレス機と比べてもピカ一です。この機は、4K撮影できるため5DMarkVより動画は、綺麗な映像が得られます。写真画質も全く大差ないです。
それらをわかって使用するならα6500は、ミラーレス一眼では、トップクラスではないでしょうか?

レベル
プロ
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
スポーツ
その他

参考になった0

満足度4
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー2
携帯性4
機能性4
液晶2
ホールド感5
α6500 ミラーレス一眼 写真と動画撮影について
当機種E 50mm F1.8 OSS  F8で撮影
当機種E 24mm F1.8 ZA F8で撮影
当機種FE 90mm F2.8 Macro G OSS  F5で撮影

E 50mm F1.8 OSS  F8で撮影

E 24mm F1.8 ZA F8で撮影

FE 90mm F2.8 Macro G OSS  F5で撮影

当機種E 10-18mm F4 OSS   F6.3で撮影
機種不明なにわ淀川花火大会
 

E 10-18mm F4 OSS   F6.3で撮影

なにわ淀川花火大会

 

【デザイン】

シンプルで良いです。

【画質】

まず、写真撮影は、AFの追従感度もよく飛行機のスピードある離着陸でも十分に解像度のある画が撮れます。
4本のレンズでそれぞれ画像も添付しました。どれも解像感が良いと思います。
実際の写真は、もっと解像しています。モデル撮影でも十分に使えます。

また、動画撮影でもα6500は、フォーカススピードが速く、木のフォカースから離陸する機体へとスムーズにピン送りがされます。
サンプル動画を作ってみました。 https://www.youtube.com/watch?v=8wDuenv6u1A

高感度も良いです。なにわ淀川花火大会の4K動画をご覧下さい。
★★★α6500でここまで撮れます。  https://youtu.be/GNdaCUGxt3w

色々、使ってみて業務で使えることもわかったので、実際にクライアント様の映像制作をα6500のみで行いました。
外構工事業の施工事例と求人動画です。お庭のガーデニング、おしゃれなお庭、外構に興味ある方は、是非ご覧ください。撮影は、4Kで行い2K出力しています。
https://www.youtube.com/watch?v=bGSANEM4HuM

クリエイティブスタイルでスタンダード:彩度を+1 に設定しただけで、あとはホワイトバランスもオートのままの撮影です。
夕方に撮影したシーンは、昼間の光に見せるため編集で一部カラーグレーディングを行っています。

やはり、フルHD(2K)ではなく4K撮影の方が圧倒的に綺麗です。
フルHDのディスプレイで等倍では、違いがわかりづらいので、2.5倍に拡大したもので比較してみました。

民生用ビデオカメラ HDR-CX700V(2K) とα6500(4K) で紫陽花の映像の違いをご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=hGM_xQSetVw


【操作性】

このカメラは、写真撮影の機能も動画撮影の機能も十分な機能があります。もちろん、動画撮影においては、4K業務ビデオカメラには劣りますが・・・
使いこなせば、十分に業務に使えます。

【機能性】

ホワイトバランスは、ほとんどオートで使えます。S-log撮影もできるので輝度差がある場面では有効的です。
C1、C2、C3・・・などカスタムキー設定ができるので、自分の押しやすい場所によく使う機能を割り当てています。
特に動画撮影に効率的な設定を行っています。

【バッテリー】

バッテリーは、減りが速い。3個持ちしています。

【携帯性】

カメラが小さく、レンズもコンパクトで持ち運びが便利。18-105mmレンズは、軽くて、写真も動画もなかなかの万能レンズ。
50mm、90mm、10-18mmなどのレンズを撮影シーンによって使い分けています。

【液晶】

屋外で4K撮影時は、かなり暗くて見づらい。これは、かなり不便です。
クリップオンLCDモニター:CLM-FHD5 でカバーしています。

【音質】

内蔵マイクは、おまけ程度。通常は、外部マイクを撮影環境に合わせて使い分けています。

【総評】

ネット配信する動画ならα6500の4K映像は、十分綺麗です。
小型軽量で持ち運びも便利です。とはいっても、実際はバッテリー複数、クリップオンLCDモニター、レンズを4本以上持ち運びするので結構重くなります。
写真では大丈夫ですが動画での手振れ補正は、今一効きが悪いです。液晶も4K撮影では暗くなります。しかし、フォーカスの速さは、他のミラーレス機と比べてもピカ一です。
それらをわかって使用するならα6500は、ミラーレス一眼では、トップクラスではないでしょうか?

レベル
プロ
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
スポーツ
その他

参考になった10

満足度4
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー2
携帯性4
機能性4
液晶2
ホールド感5
α6500 ミラーレス一眼 動画撮影について


【デザイン】

シンプルで良いです。

【画質】

まず、写真撮影は、AFの追従感度もよく飛行機のスピードある離着陸でも十分に解像度のある画が撮れます。
また、動画撮影でもα6500は、フォーカススピードが速く、木のフォカースから離陸する機体へとスムーズにピン送りがされます。

サンプル動画を作ってみました。 https://www.youtube.com/watch?v=8wDuenv6u1A

色々、使ってみて業務で使えることもわかったので、実際にクライアント様の映像制作をα6500のみで行いました。
外構工事業の施工事例と求人動画です。お庭のガーデニング、おしゃれなお庭、外構に興味ある方は、是非ご覧ください。撮影は、4Kで行い2K出力しています。
https://www.youtube.com/watch?v=bGSANEM4HuM

クリエイティブスタイルでスタンダード:彩度を+1 に設定しただけで、あとはホワイトバランスもオートのままの撮影です。
夕方に撮影したシーンは、昼間の光に見せるため編集で一部カラーグレーディングを行っています。

やはり、フルHD(2K)ではなく4K撮影の方が圧倒的に綺麗です。
フルHDのディスプレイで等倍では、違いがわかりづらいので、2.5倍に拡大したもので比較してみました。

民生用ビデオカメラ HDR-CX700V(2K) とα6500(4K) で紫陽花の映像の違いをご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=hGM_xQSetVw


【操作性】

このカメラは、写真撮影の機能も動画撮影の機能も十分な機能があります。もちろん、動画撮影においては、4K業務ビデオカメラには劣りますが・・・
使いこなせば、十分に業務に使えます。

【機能性】

ホワイトバランスは、ほとんどオートで使えます。S-log撮影もできるので輝度差がある場面では有効的です。
C1、C2、C3・・・などカスタムキー設定ができるので、自分の押しやすい場所によく使う機能を割り当てています。
特に動画撮影に効率的な設定を行っています。

【バッテリー】

バッテリーは、減りが速い。3個持ちしています。

【携帯性】

カメラが小さく、レンズもコンパクトで持ち運びが便利。18-105mmレンズは、軽くて、写真も動画もなかなかの万能レンズ。
50mm、90mm、10-18mmなどのレンズを撮影シーンによって使い分けています。

【液晶】

屋外で4K撮影時は、かなり暗くて見づらい。これは、かなり不便です。
クリップオンLCDモニター:CLM-FHD5 でカバーしています。

【音質】

内蔵マイクは、おまけ程度。通常は、外部マイクを撮影環境に合わせて使い分けています。

【総評】

ネット配信する動画ならα6500の4K映像は、十分綺麗です。
小型軽量で持ち運びも便利です。とはいっても、実際はバッテリー複数、クリップオンLCDモニター、レンズを4本以上持ち運びするので結構重くなります。
写真では大丈夫ですが動画での手振れ補正は、今一効きが悪いです。液晶も4K撮影では暗くなります。しかし、フォーカスの速さは、他のミラーレス機と比べてもピカ一です。
それらをわかって使用するならα6500は、ミラーレス一眼では、トップクラスではないでしょうか?

レベル
プロ
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
スポーツ
その他

参考になった13

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

α6500 ILCE-6500 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α6500 ILCE-6500 ボディ
SONY

α6500 ILCE-6500 ボディ

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年12月 2日

α6500 ILCE-6500 ボディをお気に入り製品に追加する <1547

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意