『オーディオの奥深さ』 パイオニア SX-S30 太陽水さんのレビュー・評価

2016年11月中旬 発売

SX-S30

  • 高効率と低ノイズを実現する「クラスDアンプ」技術により、単品コンポならではの高音質・ハイレゾ音源の再生を実現した、ネットワークステレオレシーバー。
  • スピーカーサイズ、音量、距離、クロスオーバーを判定し、異なるスピーカーサウンドを調整できる音場補正機能、「MCACC」を搭載している。
  • 混信の少ないWi-FiとBluetoothにより、スマートフォンなどから、手軽なワイヤレス再生を楽しめる。また、Google Castやradiko.jpプレミアムなどにも対応。
SX-S30 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥65,000

定格出力:85W/4Ω 対応インピーダンス:4Ω〜8Ω アナログ入力:2系統 SX-S30のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • SX-S30の価格比較
  • SX-S30の店頭購入
  • SX-S30のスペック・仕様
  • SX-S30のレビュー
  • SX-S30のクチコミ
  • SX-S30の画像・動画
  • SX-S30のピックアップリスト
  • SX-S30のオークション

SX-S30パイオニア

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年11月中旬

  • SX-S30の価格比較
  • SX-S30の店頭購入
  • SX-S30のスペック・仕様
  • SX-S30のレビュー
  • SX-S30のクチコミ
  • SX-S30の画像・動画
  • SX-S30のピックアップリスト
  • SX-S30のオークション

『オーディオの奥深さ』 太陽水さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

SX-S30のレビューを書く

太陽水さん

  • レビュー投稿数:93件
  • 累計支持数:516人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
19件
73件
au携帯電話
10件
40件
ノートパソコン
6件
25件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子5
サイズ5
オーディオの奥深さ

追記 2
購入してから数回のアップデートがあり、chromecastの対応や
ネットラジオは、再生局がいったん電源を落としてもレジューム再生ができたりと
使い勝手も向上してます。
特にネット関連は tunein fireconnect play-fi spotify chromecast airplay playqueue radiko.jp
と、これでもかといわんばかりの至れり尽くせりです。
ホントに買ってよかったです。

追記 1
いろいろ設定を変更してだんだんとこの機種の
特徴がわかってきました。
感覚的にはカロのカーオーディオと同じような
感覚でさわっていくと音作りの迷宮に入り込まずに
すみます(笑)
私の感覚ではサウンドレトリバーはオンの方が
高音の明瞭感がまるで違うのでオンがオススメ。
逆にMCACCのEQ(イコライザー)はオンにすると
音が歪みぐるんぐるん回るような違和感を感じたのでオフにしました。
いずれにしても、ピュアオーディオならば
およそ機種を変えなければならない様な音作り
が自然な音色で実現出来るのは素晴らしいと思います。
6月25日





オーディオが趣味の方は沢山いらっしゃると思います。
そんな中で、いつも議論になるのはピュアオーディオか否かということです。
高いものは当然、部品も良質で、開発技術人も惜しみなく技術を注ぎますから
良い物ができて当然と言えるでしょう。
また、BOSEやDENON、マランツ等の一部機種の音作りを嫌う方もいらっしゃるでしょう。
また、逆にそれが良いんだという方もいるでしょう。
私思うに、本人が楽しくて、うれしくて満足ならばすべて正解だと思います。
この機種は、2.1チャンネルということで今までありそうでなかったジャンルです。
個人的には大満足の出来でした。


【デザイン】 
ボリュームやセレクターなどのノブがかなり出っ張っています。
材質がアルミかプラスチックか分かりませんが、表示も見やすくシンプルでいいデザインだと思います。

【操作性】
ARC対応のテレビにHDMLで接続すると、テレビの画面で詳細な機能設定が確認しながら出来、インターフェイスも
分かりやすく素晴らしいと思います。

【音質】
サブウーファーはSONYのSA-W900、スピーカーはSONYのSS-CS5です。
パイオニアのカーオーディオにあるようなタイムアライメント設定MCACCがとても優秀です。
虚空をにらんで「定位が・・・、セッティングが・・・」などと悩む必要はありません。
このMCACCでセッティングをしたらサブウーファーの存在感がなくなりとても自然な音になりました。
また、フロントサラウンドも「風呂場で聴いているような」不自然な感じはありません。
まるでアンプを買い替えたような奥行き感と臨場感に驚きました。

【パワー】
ボリュームを絞った時ほどパワーは必要とされると私は思っています。
実際に非力なアンプではある程度音量を出さないと
音がやせて聞くに堪えない音質になりますが、当機は音量を絞っても音痩せはあまり感じません。
今まで聞こえなかった音が聞こえます。

【機能性】
FMラジオやネットラジオ等も搭載されてます。十分ですね。

【入出力端子】
HDMLも4系統。RCAは2系統、PHONOもあり光1系統、デジタル同軸1系統。他に何が必要ですか?

【サイズ】
高さがなくて助かります。これからはD級ですね。

【総評】
ウン十万、ウン百万円のオーディオを否定するつもりも2万円台のオーディオを否定する
つもりもありません。
この値段で十分満足できるどころかサブウーファーの存在が消えるようなセッティングが容易にできる
ことにとても驚きを覚えました。
似たようなオーディオ製品の中で異色な存在ですが、はまる人にはばっちりはまる。そんな製品だと思います。
テレビの音がようやくまともになったのが最大の収穫かもしれませんが・・・笑

レベル
中級者

参考になった33人(再レビュー後:15人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
操作性4
音質4
パワー4
機能性5
入出力端子5
サイズ5
オーディオの奥深さ

追記
いろいろ設定を変更してだんだんとこの機種の
特徴がわかってきました。
感覚的にはカロのカーオーディオと同じような
感覚でさわっていくと音作りの迷宮に入り込まずに
すみます(笑)
私の感覚ではサウンドレトリバーはオンの方が
高音の明瞭感がまるで違うのでオンがオススメ。
逆にMCACCのEQ(イコライザー)はオンにすると
音が歪みぐるんぐるん回るような違和感を感じたのでオフにしました。
いずれにしても、ピュアオーディオならば
およそ機種を変えなければならない様な音作り
が自然な音色で実現出来るのは素晴らしいと思います。
6月25日





オーディオが趣味の方は沢山いらっしゃると思います。
そんな中で、いつも議論になるのはピュアオーディオか否かということです。
高いものは当然、部品も良質で、開発技術人も惜しみなく技術を注ぎますから
良い物ができて当然と言えるでしょう。
また、BOSEやDENON、マランツ等の一部機種の音作りを嫌う方もいらっしゃるでしょう。
また、逆にそれが良いんだという方もいるでしょう。
私思うに、本人が楽しくて、うれしくて満足ならばすべて正解だと思います。
この機種は、2.1チャンネルということで今までありそうでなかったジャンルです。
個人的には大満足の出来でした。


【デザイン】 
ボリュームやセレクターなどのノブがかなり出っ張っています。
材質がアルミかプラスチックか分かりませんが、表示も見やすくシンプルでいいデザインだと思います。

【操作性】
ARC対応のテレビにHDMLで接続すると、テレビの画面で詳細な機能設定が確認しながら出来、インターフェイスも
分かりやすく素晴らしいと思います。

【音質】
サブウーファーはSONYのSA-W900、スピーカーはSONYのSS-CS5です。
パイオニアのカーオーディオにあるようなタイムアライメント設定MCACCがとても優秀です。
虚空をにらんで「定位が・・・、セッティングが・・・」などと悩む必要はありません。
このMCACCでセッティングをしたらサブウーファーの存在感がなくなりとても自然な音になりました。
また、フロントサラウンドも「風呂場で聴いているような」不自然な感じはありません。
まるでアンプを買い替えたような奥行き感と臨場感に驚きました。

【パワー】
ボリュームを絞った時ほどパワーは必要とされると私は思っています。
実際に非力なアンプではある程度音量を出さないと
音がやせて聞くに堪えない音質になりますが、当機は音量を絞っても音痩せはあまり感じません。
今まで聞こえなかった音が聞こえます。

【機能性】
FMラジオやネットラジオ等も搭載されてます。十分ですね。

【入出力端子】
HDMLも4系統。RCAは2系統、PHONOもあり光1系統、デジタル同軸1系統。他に何が必要ですか?

【サイズ】
高さがなくて助かります。これからはD級ですね。

【総評】
ウン十万、ウン百万円のオーディオを否定するつもりも2万円台のオーディオを否定する
つもりもありません。
この値段で十分満足できるどころかサブウーファーの存在が消えるようなセッティングが容易にできる
ことにとても驚きを覚えました。
似たようなオーディオ製品の中で異色な存在ですが、はまる人にはばっちりはまる。そんな製品だと思います。
テレビの音がようやくまともになったのが最大の収穫かもしれませんが・・・笑

レベル
中級者

参考になった10

満足度5
デザイン4
操作性4
音質4
パワー4
機能性5
入出力端子5
サイズ5
オーディオの奥深さ

オーディオが趣味の方は沢山いらっしゃると思います。
そんな中で、いつも議論になるのはピュアオーディオか否かということです。
高いものは当然、部品も良質で、開発技術人も惜しみなく技術を注ぎますから
良い物ができて当然と言えるでしょう。
また、BOSEやDENON、マランツ等の一部機種の音作りを嫌う方もいらっしゃるでしょう。
また、逆にそれが良いんだという方もいるでしょう。
私思うに、本人が楽しくて、うれしくて満足ならばすべて正解だと思います。
この機種は、2.1チャンネルということで今までありそうでなかったジャンルです。
個人的には大満足の出来でした。


【デザイン】 
ボリュームやセレクターなどのノブがかなり出っ張っています。
材質がアルミかプラスチックか分かりませんが、表示も見やすくシンプルでいいデザインだと思います。

【操作性】
ARC対応のテレビにHDMLで接続すると、テレビの画面で詳細な機能設定が確認しながら出来、インターフェイスも
分かりやすく素晴らしいと思います。

【音質】
サブウーファーはSONYのSA-W900、スピーカーはSONYのSS-CS5です。
パイオニアのカーオーディオにあるようなタイムアライメント設定のMCACCがとても優秀です。
虚空をにらんで「定位が・・・、セッティングが・・・」などと悩む必要はありません。
このMCACCでセッティングをしたらサブウーファーの存在感がなくなりとても自然な音になりました。
また、フロントサラウンドも「風呂場で聴いているような」不自然な感じはありません。
まるでアンプを買い替えたような奥行き感と臨場感に驚きました。

【パワー】
ボリュームを絞った時ほどパワーは必要とされると私は思っています。
実際に非力なアンプではある程度音量を出さないと
音がやせて聞くに堪えない音質になりますが、当機は音量を絞っても音痩せはあまり感じません。
今まで聞こえなかった音が聞こえます。

【機能性】
FMラジオやネットラジオ等も搭載されてます。十分ですね。

【入出力端子】
HDMLも4系統。RCAは2系統、PHONOもあり光1系統、デジタル同軸1系統。他に何が必要ですか?

【サイズ】
高さがなくて助かります。これからはD級ですね。

【総評】
ウン十万、ウン百万円のオーディオを否定するつもりも2万円台のオーディオを否定する
つもりもありません。
この値段で十分満足できるどころかサブウーファーの存在が消えるようなセッティングが容易にできる
ことにとても驚きを覚えました。
似たようなオーディオ製品の中で異色な存在ですが、はまる人にはばっちりはまる。そんな製品だと思います。
テレビの音がようやくまともになったのが最大の収穫かもしれませんが・・・笑

レベル
中級者

参考になった8

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

SX-S30のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

SX-S30
パイオニア

SX-S30

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年11月中旬

SX-S30をお気に入り製品に追加する <257

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[プリメインアンプ]

プリメインアンプの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プリメインアンプ)

ご注意