FS-EB70 レビュー・評価

2016年11月上旬 発売

FS-EB70

  • 天井からの反射音を利用し、オブジェクトオーディオ「Dolby Atmos」や「DTS:X」の三次元音場を再生する、バースピーカーシステム。
  • 独立したAVレシーバー部、専用ケーブル1本で接続可能なバースピーカー部など、テレビ周りをすっきり手軽に設置できる。
  • 高精度な音場補正を行う独自技術「MCACC」の搭載により、 高品位なサラウンド再生が楽しめる。また、インターネットラジオやワイドFMにも対応する。
FS-EB70 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥66,271

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥66,271

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥66,271¥90,386 (29店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥130,000

店頭参考価格帯:¥66,271 〜 ¥66,271 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:サウンドバー DolbyDigital:○ DTS:○ サラウンド最大出力:250W ウーハー最大出力:50W FS-EB70のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • FS-EB70の価格比較
  • FS-EB70の店頭購入
  • FS-EB70のスペック・仕様
  • FS-EB70のレビュー
  • FS-EB70のクチコミ
  • FS-EB70の画像・動画
  • FS-EB70のピックアップリスト
  • FS-EB70のオークション

FS-EB70パイオニア

最安価格(税込):¥66,271 (前週比:±0 ) 発売日:2016年11月上旬

  • FS-EB70の価格比較
  • FS-EB70の店頭購入
  • FS-EB70のスペック・仕様
  • FS-EB70のレビュー
  • FS-EB70のクチコミ
  • FS-EB70の画像・動画
  • FS-EB70のピックアップリスト
  • FS-EB70のオークション

満足度:4.14
(カテゴリ平均:4.29
レビュー投稿数:17人 (プロ:1人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.00 4.41 -位
高音の音質 高音部の音質の良さ 4.54 4.03 -位
低音の音質 低音部の音質の良さ 4.47 4.13 -位
機能性 機能が充実しているか 4.38 4.02 -位
入出力端子 端子の数 4.69 4.04 -位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 4.25 4.33 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

FS-EB70のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:157人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
1件
0件
三脚・一脚
1件
0件
バッテリーグリップ・ホルダー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
機能性4
入出力端子4
サイズ4

元々ONKYOの5.1chホームシアターシステムを使用しており、引越しに伴い設置場所の制約などもあり、省スペースがメリットのシアターバーの購入を検討しました。
YAMAHAのYSP-2700やSONYのHT-Z9F等を検討しましたが、どのレビューを見ても「シアターバーのサラウンド効果に過度の期待はしないほうがいい」という評判も多く、価格面でONKYO DIRECTショップで箱破損で価格.comの最安値よりも安い59400円(税込)が販売されていたため、この機種を購入しました。
ホームシアターシステムを使用するのはBlu-ray(DVD)の映像ソースがほとんどです。
【デザイン】
スピーカーネットは布ですが、特に安っぽさは感じません。
【音質】
映画を見る分には音質的に高音・低音ともに特に不満はありません。
ただ、ARC対応のHDMIを備えていない古いテレビで光デジタルで接続していますが、音が籠もった感じになるのでドラマや映画を見る時に時々このスピーカで聴くくらいです。
音楽は試していないので無評価です。
【機能性】
付属のマイクを利用して自動で音場設定を行うMCACC機能がありますが、これが便利なようでいて意外と帯に短し、です。
一旦設定した後は若干サラウンド感が乏しく感じられ、少しずつ最適と思われる設定値を自動設定の値から変更しています。さらにイネーブルドスピーカから天井までの距離が手動で実測値を入力、というところも難しいところで、なおかつ、実測値よりは10〜50センチほど数値を多めに設定すると上からの音は良くなるように思います。
機能というのか、3.1.2chということで心配していたサラウンド感ですが、手持ちのBlu-rayの映画ソフトをとりあえず何本か見てみました。
Dolby atmosやDTS:Xなどのソフトが少なく、試しにAtmos収録の『ファンタスティックビースト』を、スピーカーのモードをサラウンドエンハンサーに切り替えて見てみましたが、サラウンド感をさほど感じられず「やっぱり疑似サラウンドの限界か・・・」と感じました。
ある程度諦めつつ、PS4のAmazon Primeで『グランド・イリュージョン』を視聴しましたが、迫力ある音声とある程度のサラウンド感は感じました。
劇中で大勢の観客が歓声を上げているときの自分がその場にいるかのような臨場感を感じられ、また、音楽もほどよいサラウンド感で自分の周囲を音楽で包まれているような感じでした。
とはいえ、包まれているとは言っても、自分の後方にスピーカーがあるような感覚は少なく、自分の耳の横かもう少し後ろ辺りまでは音がしている、という感覚です。
擬似的にこれくらいのサラウンド感が得られるならまぁlいいかと、続けて見たのは『ジュラシックワールド 炎の王国』。
この作品はDTS:X収録で、このスピーカーではF.S.SORROUNDという擬似的にサラウンド感を作り出すモードで視聴しました。
この作品を見てから、商品に対するイメージが一変しました。
劇中に、硝子でできた球体の2人乗りの乗り物が出てきて、それが海の中に落ちるシーンがあります。
海中に落ちた後、水が乗り物内部に入ってきて、その外から仲間がナイフで叩いて救い出そうとするシーンがあります。
海中に落ちた直後は、視聴者は乗り物の中に乗っているという想定の音響で、ほぼ無音に近いような状態になります。
あたりには海に降り注ぐ火山の溶岩などの音がくぐもって小さく聞こえるのですが、それが視聴者のあちこちから聞こえます。
水が流れ込んできて視聴者の周りも水の音が溢れてくる中、乗り物の外から仲間がガラスを叩き割ろうとナイフの柄で叩くのですが、その叩く音が乗り物内部で響く、その反響音を聞くとまさに視聴者を中心に球体の乗り物の中に実際にいるかのような臨場感あふれる音です。
このシーンで完全にこの製品の評価は最高評価を与えても良いと感じたと共に、当たり前の話ではありますが、映像ソフトの音響収録状況次第で十分なサラウンド効果を実感することができることがわかりました。
『ジュラシックワールド炎の王国』では、冒頭のヘリコプターが登場するシーンでも明らかに自分の上から、また後ろから前からと音が移動する実感もあり、このソフトとスピーカーの相性は良いと思いました。

【入出力端子】
特に可もなく不可もなくです。

【サイズ】
レシーバーがスピーカーと別ということで設置スペースが気になっていましたが、よくある家庭用の録画デッキと同じようなサイズなので普通のテレビラックであればすんなり入るのではないかと思います。
サブウーファーは結構大きいので、テレビ脇に置くのは部屋全体の印象的に避けたかったのでテレビから離したところに置いています。
なお、サブウーハーの設置位置は、テレビに正対して右真横の方向に約4メートル前後離した場所に置いていますが、映像視聴時には特に不自然さは感じず、部屋全体から低音が聞こえてくるような感じです(厳密に聞くとある程度は方向は感じますが、映像に見入っていると音の出所が気になることはさほど無いのではないかと個人的には思います)

【総評】
全体的には6万円という金額で、3.1.2chながらもソフト次第ではDolby AtmosやDTS;Xなどのイネーブルドスピーカを必要とする音響を擬似的に再現できるということで、この機種単体でいうとなかなか魅力的ではないかと思います。
同等の機能を他メーカーで、となると、YAMAHAの場合はYSP-2700で設置環境次第では十分な効果を得られないケースも有り得る、ということと、SONYの場合はHT-Z9Fでどのレビューも別途購入するサラウンドスピーカ込みの評判が多く、単独での音響はどうなのかというところが見えなかったため、ある程度消去法での選択となりましたが、後悔はしていません。
ただ、やはり「サウンドバーとしては」という前置きが必要では有る評価ではありますが・・・
しかし、繰り返しになりますが『ジュラシックワールド』の海中からの脱出シーンは感動を覚えるほどの臨場感でした。
あの音を聞いた瞬間、ある程度の諦めから一変、この製品を選んでおいて良かった、と思いました。

設置場所
リビング
広さ
16〜19畳

参考になった136

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ハ@ルさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:108人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ホームシアター スピーカー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
機能性5
入出力端子5
サイズ4

4万円の時に買えたので大満足!

[デザイン]
高級感は無いけど、悪くないです。

[音質]
同じ価格帯のステレオスピーカーには負けますが、それでも十分いい音を出してくれます。

[入力端子]
4つもあるので、PC、BD、PS4pro、Switchを繋ごうかなぁと思ってます。
十分過ぎるくらいありますね。

[機能性]
リモコンにはやや不満がありますが、Pioneerのスマホアプリを使えば快適です。

サイズは49v型以上のテレビを使用している人には違和感なく収まると思います。

参考になった108

このレビューは参考になりましたか?参考になった

none6835さん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:323人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
6件
0件
ブルーレイプレーヤー
2件
0件
ホームシアター スピーカー
1件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
機能性5
入出力端子5
サイズ4

【デザイン】
パイオニアらしい質実剛健な直線的デザインです。
【高音の音質】
ハイレゾには未対応ですが、高、中音もこれで十分です。

【低音の音質】
ロスレスのアトモス収録ソフトを視聴すると、狭い部屋が重低音に包まれます。

【機能性】
音場測定機能や、4K/60P、HDCP2.2対応の他、
最新サラウンドフォーマット等に対応しており、
シアタ−バ−にしては十分すぎる機能です。

【入出力端子】
HDMI入力端が4入力、光デジタル入力、アナログ入力、USB端子と
単品AVセンタ−顔負けの端子数です。

【サイズ】
センタ−部は、奥行きも有り最近のスリムAVセンタ−位に大きいです。
サウンドバ−本体も、横幅は有りますが、高さと、奥行きは無いため、
TV本体の足の高さが5cm以上ある機種なら、TV画面が隠れることはありません。
(ちなみに当方はPanasonicのTH-49EX750のTV前に設置)

【総評】
発売されてから、約1年半が経過している機種の為か、
非常に安価に購入できました。
この値段でこのサラウンド感は最高としか言えません。
ほんとに、部屋の上方から音が聞こえてきます。
別の部屋に組んでる7.1.2cHシステム顔負けです。
シアタ−バ−はSONYや、YAMAHAや、Panasonicが有名みたいですが、
この機種はパイオニアの本気が感じ取れました。

追記
設置画像を投稿しました。

広さ
6畳未満

参考になった174人(再レビュー後:174人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

チームグレーさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:163人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ホームシアター スピーカー
1件
0件
自動車(本体)
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
機能性4
入出力端子4
サイズ5

【デザイン】
シンプルで他を邪魔せず良い。

【高音の音質】
上級なミニコンポといった感じ。

【低音の音質】
音と認識できないレベルの振動まで出て、身体で感じるところが気に入っている。

【機能性】
スマホとの接続やネットワークラジオ/ミュージックのアプリが組み込まれている点、便利。

【入出力端子】
過不足ない。

【サイズ】
テレビのリモコンIR受信部(デレビ設置台より5センチの高さ)を邪魔せず良い。

【総評】
酷評されていたが、アトモスの別機種(実売価格が倍以上の機種)に引けを取らない音質。アトモスの上下の臨場感も素晴らしく、購入して大満足でした。ああいった酷評がなければもっと売れていたかと思うと、開発の方々が気の毒です。でも、そのおかげで安く買えたのかも。とにかく価格を大きく上回る満足度。

設置場所
リビング
広さ
20〜23畳

参考になった163

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Ski Freakさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:178人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
102件
ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
3件
薄型テレビ・液晶テレビ
2件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
機能性5
入出力端子5
サイズ5

レクザの58Z810Xの前に置いています

スピーカー保護カバー部分

別体のアンプ部は、表示部もあり実は便利です。

 

サブウーハーです。たしかに天板はてかてかで、傷つきやすそうです。

梱包時の箱

 

当機種にするまで、当サイトの情報を隅から隅まで確認しました。(苦笑)
テレビは、東芝の58Z810Xです。

当機種にするまでの検討経過です。(苦笑)

最初、予算最優先でSONYのCT380、あるいは予算を積み増しして、ワイヤレスにあこがれてSONYのRT5のどちらかにしようかと悩む。
しかし、HDRなどの入力対応の重要性や、ドルビーアトモスなどの音響タイプがあることがわかる。
その後、SONYのCT790、MT500、最終的には、ST5000まで候補に考えるまでに。(苦笑)
もう一度、冷静に考え直して、予算6〜7万円までで購入しようと思い直す。

当サイトだけでなく、某掲示板での書き込みを参考に、最終的には、拡張性の高さ(対応力の高さ)と、SONYのNT5よりも参考価格が高いのに、実売価格がほとんど変わらない点を考慮して、当機種に決定。

【デザイン】
 安っぽいという悪評があったので、相当心配していました。
 確かに、高級感はないのですが、画面の光が映り込まないようにするためには、地味なネットの方がいいと思います。
 なお、サブウーハーの天板は傷つきやすいとのことだったので、購入時についている保護カバーはつけたままです。(笑)

【高音の音質】
 私の場合、映画が最優先なので十分高音質です。
 音楽も重視する方だと、アンプとスピーカーの別体で構築した方がいいと思います。

【低音の音質】
 近所迷惑にならない程度にしか鳴らしていないので、的確に評価しがたいところです。
 ただし、音量を上げるとそれなりの鳴り方をするので、十分です。

【機能性】
 ドルビーアトモスは、再生機、ソフトとも持っていないので、評価できません。
 しかし、疑似サラウンドモードで地デジの番組を見ても違和感がないので、普段から音質の良さを実感できるのはとてもいいと思います。
 また、自動音場設定(視聴場所からの距離計測等)は、地味ですが便利です。
 さらに、ARCでテレビ側でボリューム調整が行え、電源OFFも連動します。

【入出力端子】
 HDMIは4つあるので、私には十分です。
 以外に、アンプ部とスピーカーが分かれていることで、すっきりとした配線ができるのはポイント高いです。

【サイズ】
 写真のとおり、テレビ(レグザ58Z810X)の脚部の間に入ります。
 また、リモコン受光部との干渉を心配していましたが、全く問題ありません。
 なお、梱包時の箱はかなり大きいです。(幅110cm×奥行52cm×高さ35cm位)

【総評】
 いろんな方が書いていますが、これだけの価格帯の機種なのだから、説明書くらい添付してもいいと思います。
 セッティングは結構手間取りました。
 また、HDMIのコードは付属していないので、用意しておいた方がいいです。
 ただ、価格面ではポイント還元を考慮し、66,000円程度で購入できたので満足です。
 本当は、リアル5.1サラウンドを構築したかったのですが、いい気になってアンプ等を個別に機種選定したら20万円以上になってしまいました。深みにはまらないためにも、サウンドバータイプの方でよかったと思います。(苦笑)

設置場所
寝室・自室
広さ
8〜11畳

参考になった118

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ROCAWEARさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:242人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
21件
プレイステーション4(PS4) ソフト
1件
10件
デジタルカメラ
0件
6件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
機能性5
入出力端子5
サイズ5

【デザイン】
悪くないと思います。
スピーカーも安物には見えませんし。

【高音の音質】
高音・低音とも調整可能ですべてマックスにしてあります。

【低音の音質】
高音・低音とも調整可能ですべてマックスにしてあります。

【機能性】
PS4Proしか持ってないのでなんとも言えませんが
色んな設定ができて良いと思います。

【入出力端子】
入力端子もHDMIが4個あるので不満はないですね。

【サイズ】
これが問題でして・・・
スピーカーをTVの前に置くと リモコン受信ボタンがスピーカーで隠れてしまって
明るさセンサーが使えなくなり 無理やりTVの受信ボタンの近くまで
リモコンを持っていって使ってます。
それが誤算でした。
後は問題ないですね。

【総評】
昔はオーディオアンプを買ってリアル5.1chにしてまして
今は小さい部屋で本格的な5.1chはむりなので
この機種を買いました。

使用テレビはREGZAのBZ710Xで
オンキヨーと共同開発した「重低音バズーカウーファー」
でしたがやはりリアル5.1chをしてた時の音には
及びませんでしたので
サウンドバーを色々探してました。
他のメーカーは横にスピーカーを向けて臨場感を出してますが
こちらは上の壁を使って臨場感をだしています。
ソニーのHT-ST5000も上に向けてます。

はじめは 疑似5.1chだしあまり期待はしませんでしたが
本当に後ろにスピーカーがあるように聞こえて
PS4ProでFPSゲームをしたら

びっくり 今までテレビの音では聞こえなかった音までハッキリ聞こえて
大満足!!
部屋全体に音が広がってまるで音に包まれてる感じがしました。
集合マンションなので夜は大音量は無理でスピーカーの
ボリュームは数字の12が限界でしたが
お昼は18位に音量を上げたら凄い音で
重低音がさらに響いて 凄かったです。
背後に壁がある方のみこの臨場感を
味わえるので背後に壁がないお家の方は
きちんとした5.1chのシステムにした方が
良いと思います。


今まではONKYOのコンポにYAMAHAのウーハを付けて
聞いてましたが・・・
もう臨場感が凄いです。
スピーカー1個でこれ程の音だとは思ってみませんでした。

PS4Proを購入して接続しようと考えてる方がいましたら
4KHDRの接続がややこしいので事前にネットで
調べた方が良いと思います。
商品の中には詳しい説明書は入ってません。
ダウンロードと言う形になります。

人気はないようですが一応周波数はハイレゾ対応の
周波数みたいなのでハイレゾとは記載はしてませんが
そう言った書き込みのあるHPを見ました。

買って良かったです。

設置場所
リビング
広さ
6〜7畳

参考になった160人(再レビュー後:157人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

yoshimihiさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:151人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ホームシアター スピーカー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質4
低音の音質5
機能性5
入出力端子5
サイズ5
   

スピーカーバー設置

   

マンションのリビング15畳で半年前まではソニーのHT-ST3を使用しており、パワー、臨場感に少々物足りなく感じておりました。
当製品を選択した理由はバースピーカーがスマートで60インチのテレビ台の上に綺麗に収まったこととアンプ出力が300Wでサブウーハーがワイヤレスであったことが大きな理由です。
現在、リスニングモードはAutoSurroundでSurroundEnhancerで使用しています。

半年使用して良かった点はネットテレビの映画5.1サラウンドでは前のスピーカーからも聞こえますが、部屋全体が包み込まれた感じで音が聞こえ、車、飛行機、爆撃等の音は特に臨場感があり60インチのテレビ(アクオス)画面に引き込まれるような感じになりとても気にいっております。

テレビ放送の音も部屋全体に広がり、好きな演歌もテレビスピーカーのみでは聞こえなかった低音領域は特にクリアに再現されている感じで体全体に伝わってきます。
テレビの歌番組はブルーレイ/DVDレコーダーに録画し好きな曲のみ編集しブルーレイディスクから連続演奏で流しておりますが、隣の台所まで綺麗に聞こえ料理中も楽しめます。

最近、パーソナルカラオケPK-NE01Wを設置しましたがアンプ出力が高いせいかカラオケの伴奏音、音質には十分満足できております。
しかしカラオケマイクの音量、音質の方は弱くて負けている感じがします。
カラオケマイク音の方は当アンプではコントロールできないのかもしれません?
なお、一部クレームが出ているカラオケマイク音が遅れて出てくることは当システムでは全くありません。

欠点は夜間使用時は映画5.1サラウンド等では低音が効きすぎるせいで隣の部屋で寝ている妻からクレームがきますので低音はトーン調整します。
最後にテレビ(アクオス)を4Kの画像、音質の良いものに買い替えようと考えておりましたが当製品を使用し古いテレビが蘇った感じで良かったです。

設置場所
リビング
広さ
12〜15畳

参考になった151人(再レビュー後:150人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

七分咲きさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:298人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ホームシアター スピーカー
1件
21件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
18件
掃除機
1件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
機能性5
入出力端子5
サイズ4

この度SONYのシアターラックから買い替えました。
昔は5.1ch環境を構成していたこともありましたが、現在はインテリア、掃除の観点からそれは許されず、此度はサウンドバーを中心に模索。
ネット上でのレビューや口コミは決して多くはありませんが、軒並み高評価な点。
そして時間を掛けて色々な機種と聞き比べた結果この機種の購入に到りました。

事前に取説をダウンロードし、読み込んでおりましたので設置、設定は簡単でした(ファームアップにはコンプリートまで15分ほどかかります)。
設置環境や配置等に伴う音場設定は付属のマイクを用いて自動設定してくれますが、これがなかなか優秀で、自分でも色々と微調整して試してみましたが、結局落ち着いたのはほぼ自動設定通り。高音だけ+1にしただけです。
但し天井までの実測値は手入力になります。

さて肝心の音質ですが、クリアで落ち着いた音質です。
廉価な機種では、特にサラウンドにした際に、機械的な音質に変わり耳障りなものもありますが、そういったこともありません。
低音は非常に豊か。高音とのバランスもパイオニアのフェイズコントロールという技術がよく効いているのか良好です。

まだドルビーアトモスや、DTS:Xのソフトは視聴しておりませんが、よくあるドルビーサラウンドやdtsのものでも、3.1.2chで拡張再生するリスニングモードがありますので、そちらで立体的な臨場感が楽しめます。

ただ最初はイネーブルドスピーカーと天井までの距離を取説通り実測値で入力したのですが、今一つその効果が感じられなかった為、実測値より15cm程長めに設定したところ、いい感じに上方向への広がりや天井方向からの音を感じられるようになりました。

またサラウンドエンハンサーまたF.S.サラウンドといったバーチャルサラウンドにすると、爆破シーンや、ガラスが割れるシーン、雨のシーンなど包み込まれる様な臨場感を味わえるとともに、斜め後方からの音も時に感じられます。

因みに地デジやBS、CSはドルビーサラウンド+サラウンドエンハンサーで3.1.2chに拡張再生して聞いております。
随時臨場感を味わえるわけではありませんが、音質の良い番組やCMでは臨場感を楽しめます。

さて悪い点ですが、敢えて挙げるならデザインですかね。
個人的には可もなく不可もなく思いますし、コンパクトで設置してもかえって主張しないところが気に入っていますが、サウンドバーとしては安くないためもう少し高級感を求める声があるのは理解出来ます。

前機のシアターラックは3.1chのバーチャルサラウンドでサブウーファーの低音も豊かでしたので、それなりに気に入っていましたが、録画保存してある映画やよく見る番組などで比べると音質、臨場感、音の情報量等でその違いがよく判りました。

ysp2700などビームで7.1chや5.1chを再現する機種もありますが、この機種より更に高価になる上に、設置する部屋の環境によってはコストに見合った臨場感を得られないとの口コミやレビューが散見される為、最初から候補外にしておりました。

それに比べこの機種は吹き抜け天井でもない限りその効果は得やすいと思いますし、自動調整の結果が好みでなくともマニュアルでの調整幅もあります。
よってフロントのサウンドバーだけで豊かな臨場感を、しかもそれを高確率で得たいとお考えの方にはお勧めです。

それからこの機種を購入候補とお考えの方はまずパイオニアのホームページから取説をダウンロードし、ある程度読み込んでおくことをお勧め致します。
その方が店舗で試聴する際に自ら色々試せますし、実際購入した際も設置、設定がスムーズに進みますので。

最後に私が非常に参考になったレビューのリンクを2つ貼っておきます。
こちらも参考にしてみて下さい。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/torii/1040338.html

http://www.stereosound.co.jp/review/article/2017/05/19/56790.html

【追記】
先週末、録画してあった映画を観た際、音のバランスに「?」と思ったので再度音場調整を行ってみたところ、左右フロントスピーカー、左右ハイトスピーカー、センタースピーカー、サブウーファー、全ての数値が微妙に変わりました。

エージングした訳ではありませんが、ある程度聞き込んだためそれぞれの固さが取れて数値が変わったのでしょうね。
結果バランスを取り直したこともありますが、それぞれの音域の伸びが増し臨場感アップとなりました。

それから私は最近のTVドラマは殆ど観なかったのですが、日曜日から始まった「陸王」は興味があったので観てみました。
話しの内容も面白かったのですが、天井方向に広がる歓声やシューズの繊細な接地音。そして時に来る重低音等々、臨場感もたっぷり楽しめました。

よく機種によってはある程度音量を上げないと臨場感を感じられないとの口コミやレビューも見受けられますが、この機種は通常の音量でも十分臨場感を感じられます。

これからは映画のみならずTV番組を観るのもますます楽しみになりました。

設置場所
リビング
広さ
16〜19畳

参考になった258人(再レビュー後:253人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度5
デザイン5
高音の音質4
低音の音質5
機能性5
入出力端子5
サイズ5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

バー部分。テレビ前のちょっとしたスペースで設置可能

アンプ部。スリムで奥行きも短い省スペース設計

付属リモコン

専門誌で執筆時の試聴評価などを通してのレビューです。
(写真は、ショールームで撮影したものです。この記事の試聴とは異なる環境です。)

本製品は発売当初、音切れなどの現象がありましたが、現在は改善されています。
このレビューは、改善適用後の製品に基づいて行っています。


【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、写真などを参考にご判断頂ければと思います。
バー、アンプ、サブウーファーの3体型ですが、どれも黒を基調とした大人しいデザインで目立ちません。

【高音の音質】(サラウンド効果を中心に)
本機はシアターバー製品として唯一「ドルビーアトモス」および「DTS:X」に対応しています。
「ドルビーアトモス」および「DTS:X」はイマーシブサラウンドと呼ばれ、従来のサラウンドに加えて、上方からも音で包みこむ3D音場が特徴です。
本機の場合、バー部分に上向きのスピーカー(イネーブルドスピーカー)を内蔵し、天井の反射を利用して、音がリスナーに降り注ぐ仕組みです。
このイネーブルドスピーカー効果は充分に体感でき、効果音が頭上から聞こえるだけでなく、天井方向へも音場が広がって、圧迫感が軽減してくれるのが魅力です。
また本機はフロントサラウンドですが、バーチャル機能が優秀で、真横から後方まで音に包み込まれる感が得られます。
総じて、サウンドバーとしては、最高峰の音場が楽しめます。
音質も価格に見合う上質なものです。

【低音の音質】
独立したパワフルなサブウーファーで、本格ホームシアターなみの重低音が楽しめます。
パイオニア独自の自動音場補正技術「MCACC」や「フェイズコントロール」が利用でき、バー部と繋がりが良く、空間の広がり表現もハイレベルです。

【機能性】
ドルビーアトモスやDTS:Xといったイマーシブサラウンドへ対応ほか、WiFi内蔵で、AirPlayやGoogle Castが利用できるなど、機能性の高さも魅力です。

【入出力端子】
HDMIは、入力4系統、出力1系統。AVアンプのように充実しています。
HDMIは4K映像(4K/60p)とHDR対応の最新仕様で、将来も安心して利用できます。

【サイズ】
バー部は高さが5.3cmで、テレビ画面を遮りません。
アンプは別筐体ですが、高さ7cm、奥行き30cmで、薄型テレビ用のラックにも収まるよう配慮されています。
サブウーファーはワイヤレスなので、置き場所を選びません。(電源ケーブルがコンセントに届けばOK)

【総評】
機能性も音質も、他社の一般的なシアターバーに比べると、AVアンプを中心とした本格的なホームシアターに近い印象です。
イネーブルドスピーカー(頭上からの音)によるサラウンド効果は、包み込まれ感や没入感の点で、リアル5.1chシステムを凌ぐ部分もあり、こうしたサウンドがフロントで完結し、手軽に利用できるのは魅力的です。
本格的なホームシアターを目指しつつも、設置の手軽さを重視する方にオススメしたい好モデルです。

参考になった230

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tomo396さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:142人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ホームシアター スピーカー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン2
高音の音質5
低音の音質5
機能性5
入出力端子5
サイズ5

4kやHDR対応、Dolby Atmos・DTS:Xのサウンドバーはないかと調べていたらパイオニアのサウンドバーがあり、購入を決めました。

初期設定は電源ケーブル等を接続して起動すると初期設定画面に切り替わり、テレビ画面の通りに進めていけば簡単に設定できます。


【デザイン】
サウンドバーが安っぽく、とても12万の製品とは思えない。サブウーファー天板部分は光沢があり傷が付きやすい。私に届いた商品の天板に傷があり、交換してもらった。

【高音の音質】
とても良い

【低音の音質】
とても良い

【機能性】
AirPlayやラジオ、Spotifiなども対応しているので、よく利用します。

【入出力端子】
充分です

【サイズ】
BRAVIA(9300d)の邪魔にならないように置けるので便利

【総評】
音質はとても良く、パイオニア公式ホームページの説明通り、臨場感溢れる音を実感できます。
高音や低音等、細かい設定も可能なので、自分好みの音に設定できます。
以前はYSP-2200を使用していましたが、FS-EB70の方が音質や臨場感を上回っています。(音に身体が包まれているような感覚です)
正直、ここまで良い製品なのにチープなデザインはなんとかならないのかと考えてしまいます。
Dolby Atmos・DTS:X・4k・HDR対応のサウンドバーが欲しければ現時点ではFS-EB70一択でしょう。



設置場所
寝室・自室
広さ
8〜11畳

参考になった142

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

FS-EB70のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

FS-EB70
パイオニア

FS-EB70

最安価格(税込):¥66,271発売日:2016年11月上旬 価格.comの安さの理由は?

FS-EB70をお気に入り製品に追加する <226

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ホームシアター スピーカー]

ホームシアター スピーカーの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ホームシアター スピーカー)

ご注意