『遊び追及カメラ』 SONY サイバーショット DSC-RX100M5 一杯のコーヒーさんのレビュー・評価

2016年10月21日 発売

サイバーショット DSC-RX100M5

  • 有効約2010万画素のイメージセンサーに世界最多(※発売時点)となる315点の像面位相差AFセンサーを配置した、デジタルカメラ。
  • AF・AE追従最高約24コマ/秒の高速連写を実現し、バッファーメモリーの大容量化などにより、150枚までの連続撮影が可能。決定的瞬間を逃さず捉える。
  • 最大960fps(40倍)のスーパースローモーション撮影を実現。撮影可能時間が従来製品のDSC-RX100M4(※2015年発売)と比べて2倍に進化している。
サイバーショット DSC-RX100M5 製品画像

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

中古
最安価格(税込):
¥49,800 (111製品)


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

画素数:2100万画素(総画素)/2010万画素(有効画素) 光学ズーム:2.9倍 撮影枚数:220枚 サイバーショット DSC-RX100M5のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

サイバーショット DSC-RX100M5 の後に発売された製品サイバーショット DSC-RX100M5とサイバーショット DSC-RX100M5Aを比較する

サイバーショット DSC-RX100M5A

サイバーショット DSC-RX100M5A

最安価格(税込): ¥82,800 発売日:2018年 7月13日

画素数:2100万画素(総画素)/2010万画素(有効画素) 光学ズーム:2.9倍 撮影枚数:220枚
  • サイバーショット DSC-RX100M5の価格比較
  • サイバーショット DSC-RX100M5の中古価格比較
  • サイバーショット DSC-RX100M5の買取価格
  • サイバーショット DSC-RX100M5の店頭購入
  • サイバーショット DSC-RX100M5のスペック・仕様
  • サイバーショット DSC-RX100M5の純正オプション
  • サイバーショット DSC-RX100M5のレビュー
  • サイバーショット DSC-RX100M5のクチコミ
  • サイバーショット DSC-RX100M5の画像・動画
  • サイバーショット DSC-RX100M5のピックアップリスト
  • サイバーショット DSC-RX100M5のオークション

サイバーショット DSC-RX100M5SONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年10月21日

  • サイバーショット DSC-RX100M5の価格比較
  • サイバーショット DSC-RX100M5の中古価格比較
  • サイバーショット DSC-RX100M5の買取価格
  • サイバーショット DSC-RX100M5の店頭購入
  • サイバーショット DSC-RX100M5のスペック・仕様
  • サイバーショット DSC-RX100M5の純正オプション
  • サイバーショット DSC-RX100M5のレビュー
  • サイバーショット DSC-RX100M5のクチコミ
  • サイバーショット DSC-RX100M5の画像・動画
  • サイバーショット DSC-RX100M5のピックアップリスト
  • サイバーショット DSC-RX100M5のオークション
ユーザーレビュー > カメラ > デジタルカメラ > SONY > サイバーショット DSC-RX100M5

『遊び追及カメラ』 一杯のコーヒーさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

サイバーショット DSC-RX100M5のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:34件
  • 累計支持数:170人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

ICレコーダー
9件
53件
デジタルカメラ
4件
46件
ビデオカメラ
5件
28件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質4
操作性4
バッテリー2
携帯性4
機能性5
液晶4
ホールド感3
遊び追及カメラ
当機種シャッター速度を上げたい場面
当機種窓際の席
当機種SONYらしさを感じる青

シャッター速度を上げたい場面

窓際の席

SONYらしさを感じる青

当機種露出は少しでも+補正すると空が…+0.3の例
当機種連写
機種不明大きめのジンバルも一応使用可

露出は少しでも+補正すると空が…+0.3の例

連写

大きめのジンバルも一応使用可

購入から2ヵ月あまり経ち、動画中心ですが、静止画も2万ショットを超えたところでレビューします。

■動画
コンパクトながらXAVC Sの50MbpsでフルHDの撮影が出来、120pでの音声付記録も出来る。動画時のAFの迷いも少なく充分に実用範囲。明るいレンズで比較的暗い被写体にも対応出来るなど優れた動画機でもあります。
ローリングシャッターも目立たないほうで、動きものでも安心して(あまり気を遣わず)撮れます。動画については、現状、ミラーレスのエントリー機よりもバランスの点でお薦めできそうです。

スーパースローは業務用の安物ビデオカメラを超える出来、撮影時間も前機種RX100M4の2倍になりなんとか実用的範疇にはなった。なお、スペック上は前機種以上の画質にはなった部分もあるものの、時間優先モードでは相変わらずジャギーが出る。安心して使えるのは、画質優先モードの240pくらいかと感じられます。

小さい割に重いので車載動画に使う人はあまりないと思いますが、小型のビデオカメラと比較するとシャープでコントラストの高い画が撮れます。ネットに車載動画の手ぶれ補正がだめみたいな情報がありますが、使っている三脚または保持する部分の問題ではないかと推測します。重さがあるので、それなりにしっかりした物を使う必要があります。さらに、転倒や落下防止のため十分な対策が必要です。なお、上下の激しい微振動に対しては手振れ補正の効きがあまりよくないとは感じます。通常の舗装路なら実用範囲と感じられます。温度上昇に弱いため、基本的に車載動画環境には向きませんが、飛び道具的にいいカットが撮りたいときなんかには使ってみる手もあるかもしれません。

■静止画
もともと連写はあまりしないほうでしたが、せっかくAF追従の24コマ連写があるのだからと、このカメラをきっかけに連写を使う機会も増えました。
電子シャッターが使えるので、消耗など気にせず撮ります。気になるのは、高画素で撮るとデータがそこそこ大きいので後でデータの保管や整理が大変になるあたりです。

AFは高速連写では当たらずと言えども遠からずといった範疇にはまとめてくれていると感じます。横方向の予測しやすい動きの場合はジャスピンも出ます。斜め方向の速い動きなんかの場合はあまり得意じゃないようで、24コマ連写だと3コマ程度連続でピンボケになることもあります。全体としては個人ユースでは許容範囲内と感じています。
RX100M4では高速連写時にAF非追従の仕様だったので、進化している部分なのでしょう(RX100M4は短期間で手放したので、あれこれ試す機会がありませんでした)。

動きものについては、飛行機や列車などの撮影ではけっこう楽しめると感じます。

AFで合わせた後にマニュアルで調整できる機能があるのはいいです(この場合、リングが強制的にフォーカス機能用になります)。全てのモードでできないこともあり、このあたりもう少し柔軟な対応だとさらにいいのですが。

食べ歩きで普通の客としてさりげなく店内で撮影できるぎりぎりのサイズ感。小さなフラッシュが可動式なので、小物撮りにも意外と力を発揮します。

いろいろ使ってみた感想として、いずれ改善されるとよいなと思えるような点を列挙すると、
動画30分制限を解除してもらいたい。4kの5分制限はいくらなんでも短い。
スーパースローは画質優先の240pで4秒撮影可能になったが、まだその2倍は欲しい。相変わらず書き込み時間が長い。
AF精度はほどほど。まだまだ伸びしろがあると感じられます。
連写中にズーム操作出来ない。変わった操作をするとブラックアウトする。
連写の書き込みはそれなりに待たされます。より高速のカードも使えるようだともっといい。
露出計はある意味非常に正確。ただしjpegだとちょっとの無理でも白飛びしやすい。
バッテリーもちはいいとは言えません。モバイルバッテリーで使用できるのは便利。しかし動きながら使っているとコードの端子は傷みやすい
温度上昇に弱い点。個人的には許容範囲です。
ファインダーは前機種でも見難いと感じていましたが理由がわかりました。両眼視がし難いです。無理をすれば眼が疲れます。片目でも隙間からある程度見えるので、まあいいかといったところでしょうか。ファインダーは炎天下などではあると助かります。
レンズ収納前にズーム状態にある場合、電源を切るといったんギューンとレンズが伸びてから縮まる。伸びたときにうっかりレンズに触れてしまうこともあるし、素早くケース等に収納できないので意外とストレス。

今後への期待としては、リングをタブルリングにするか物理ダイヤルやボタンを増やしてより素早い設定ができるようになるとうれしいですね。

■その他
ジンバル使用でのコメントが言葉不足でしたので、こちらで補足します。
通常はカメラに合わせた中小型のジンバルを使われると思いますが、このカメラだけのために小型の物を買うのは負担なので、大きめのZHIYUN Crane 2 というジンバルを使っています。
デフォルトの設定だと微振動が出ると思うので、ジンバル側の設定でモーターを一番弱いモードにします。それでも振動が出る場合は、ダミーのオモリなどで調整する必要があるでしょう。
安定度については、前後(上下)はいいのですが、左右のバランスに対してやや鈍感です。やはり大きめのジンバルに対してカメラが軽すぎるのでしょう。
カメラと連動させる場合は、ジンバル側のカメラメーカーの設定をSONYに設定する必要があります。専用ケーブルでカメラと繋ぎます。
出来ることとしては、ジンバルの基本機能以外に撮影開始・停止、ズーム操作、電源供給です。
なおジンバルから電源供給できますが、カメラ側にけっこう喰われるため、長時間の撮影の場合はカメラに対してはモバイルバッテリーから供給するなどした場合がよいこともあると思われます。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「サイバーショット DSC-RX100M5」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
7台目  4 2019年12月1日 04:47
割と完璧じゃないでしょうか?  5 2019年5月27日 00:29
さらなる高速性をまとった、最高級コンパクト  5 2019年4月15日 23:05
PlayMemories Camera Apps 使えるコンテジはこれだけ。  5 2019年4月13日 11:11
満足できる機種  5 2019年2月23日 14:52
多機能、高性能なカメラですが  5 2019年1月3日 09:05
α6500のコンデジ版かと  5 2018年8月18日 14:44
遊び追及カメラ  4 2018年8月15日 23:57
シンプルで高性能なコンデジ  4 2018年8月11日 15:28
もっと早く買えばよかった。  5 2018年8月8日 22:02

サイバーショット DSC-RX100M5のレビューを見る(レビュアー数:61人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

サイバーショット DSC-RX100M5のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

サイバーショット DSC-RX100M5
SONY

サイバーショット DSC-RX100M5

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年10月21日

サイバーショット DSC-RX100M5をお気に入り製品に追加する <1415

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルカメラ]

デジタルカメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルカメラ)

ご注意