『モニターヘッドホンお勧めはこれ!』 ヤマハ HPH-MT8 ひろぽん0202さんのレビュー・評価

2016年11月中旬 発売

HPH-MT8

  • CCAWボイスコイル採用の45mmカスタムドライバーを搭載した高解像度・高分解能スタジオモニターヘッドホン(有線)。
  • 肌触りのよいプロテインスキンレザーと余計な振動を吸収するクッションを採用した大型イヤーパッドにより、快適な装着感と高い遮音性を両立。
  • 3次元のアームピボット構造と長さ調整が可能なスライダーを採用し、長時間の使用でも疲れにくい。可動イヤーカップにより片耳モニターも可能。
HPH-MT8 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥24,500

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥24,500¥34,210 (19店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥24,500 〜 ¥27,500 (全国40店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:15Hz〜28kHz HPH-MT8のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • HPH-MT8の価格比較
  • HPH-MT8の店頭購入
  • HPH-MT8のスペック・仕様
  • HPH-MT8のレビュー
  • HPH-MT8のクチコミ
  • HPH-MT8の画像・動画
  • HPH-MT8のピックアップリスト
  • HPH-MT8のオークション

HPH-MT8ヤマハ

最安価格(税込):¥24,500 (前週比:±0 ) 発売日:2016年11月中旬

  • HPH-MT8の価格比較
  • HPH-MT8の店頭購入
  • HPH-MT8のスペック・仕様
  • HPH-MT8のレビュー
  • HPH-MT8のクチコミ
  • HPH-MT8の画像・動画
  • HPH-MT8のピックアップリスト
  • HPH-MT8のオークション

『モニターヘッドホンお勧めはこれ!』 ひろぽん0202さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

HPH-MT8のレビューを書く

ひろぽん0202さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:43人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ゲーム周辺機器
0件
7件
イヤホン・ヘッドホン
2件
3件
アニメ(DVD・ブルーレイ)
0件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン3
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止3
携帯性3
モニターヘッドホンお勧めはこれ!

2週間ほど前、SONYのMDR-M1STを購入して見事に期待を裏切られたため、懲りずに、もう一つの気になっていた製品、YAMAHAのHPH-MT8をサウンドハウスで購入しましたので早速レビューしてみたいと思います。

パッケージを開けてみて、ヘッドホン本体はSONYのM1STより一回り大きく作りがしっかりしている分、重量はYAMAHAのMT8の方が重いです。
次に付属ケーブルが、カールとストレート両方入っているのですが、ケーブルやコネクターの作りはSONYが圧勝でMT8のケーブルは陳腐です。
ただ、実際にヘッドホンを装着すると、M1STは耳介のをイヤーパッドが押さえ込んでくるのに対し、MT8は耳介の外にイヤーパッドが囲う感じの為、長時間装着はMT8の方が耳が痛くならず楽でした。
音漏れも、このイヤーパッドの構造の関係で、若干MT8の方が少ないと思います。

さてここからは本題の音質です。

まず前提として、MDR-M1STのレビューで書きましたが、私のモニター環境は、スピーカーがYAMAHAのMSP5 Studio、インタフェースがsteinbergのUR22Cであり、普段からYAMAHA音になれている前提で聞いてください。

HPH-MT8の音を聞いた感想ですが、とにかく音一つ一つがはっきりしていることです。
楽器がいっぺんに重なって演奏していても各音がはっきりと聞き取れます。
MDR-M1STは、私的には、いっぺんに楽器演奏が重なった場合、輪郭がモヤッとしてくるように感じています。
おそらくこの2モデルは、振動板の堅さがだいぶ違うのではないかという感想です。
MT8の方が振動板が硬く、M1STの方が柔らかいのでは?と感じました。
そのためM1STは多音がが重なると、振動板が振動についていけなくて歪み音像がぼやけているんじゃないかなーって感じます。

確かに”スーパーロー”と言われるような極低音は、SONYのM1STの方が出ていますが、MT8は音像がはっきりしているため、低音でも音がはっきりしていてタイトでキレが良いのです。
そのためスーパーローでも総合的には負けていない感じです。
おそらく、ミックスする時にもMT8でスーパーローの調整ができないことは無いと思います。

低域、中域、高域の周波数バランスも絶妙で、楽器だけでなく、ボーカルの聞こえ方もM1STに勝っています。
特に女性ボーカルの聞こえ方は、艶めかしく、息継ぎすらも綺麗です。

M1STの弱点の、ハイハットシンバル等の高域のキレは、比べるべくも無くMT8の方が聞こえが良く、ミックス時のバランス取りしやすいと思います。

ということで、私見的な両モニターヘッドホン評価はMT8が★4、M1STが★2となりました。

あくまでアマチュアの私の感想なので、参考程度でよろしくです。

比較製品
SONY > MDR-M1ST
主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった22人(再レビュー後:21人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン3
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止3
携帯性3
モニターヘッドホンお勧めはこれ!

2週間ほど前、SONYのMDR-M1STを購入して見事に期待を裏切られたため、懲りずに、もう一つの気になっていた製品、YAMAHAのHPH-MT8をサウンドハウスで購入しましたので早速レビューしてみたいと思います。

パッケージを開けてみて、ヘッドホン本体はSONYのM1STより一回り大きく作りがしっかりしている分、重量はYAMAHAのMT8の方が重いです。
次に付属ケーブルが、カールとストレート両方入っているのですが、ケーブルやコネクターの作りはSONYが圧勝でMT8のケーブルは陳腐です。
ただ、実際にヘッドホンを装着すると、M1STは耳介のをイヤーパッドが押さえ込んでくるのに対し、MT8は耳介の外にイヤーパッドが囲う感じの為、長時間装着はMT8の方が耳が痛くならず楽でした。
音漏れも、このイヤーパッドの構造の関係で、若干MT8の方が少ないと思います。

さてここからは本題の音質です。

まず前提として、MDR-M1STのレビューで書きましたが、私のモニター環境は、スピーカーがYAMAHAのMSP5 Studio、インタフェースがsteinbergのUR22Cであり、普段からYAMAHA音になれている前提で聞いてください。

HPH-MT8の音を聞いた感想ですが、とにかく音一つ一つがはっきりしていることです。
楽器がいっぺんに重なって演奏していても各音がはっきりと聞き取れます。
MDR-M1STは、私的には、いっぺんに楽器演奏が重なった場合、輪郭がモヤッとしてくるように感じています。
おそらくこの2モデルは、振動板の堅さがだいぶ違うのではないかという感想です。
MT8の方が振動板が硬く、M1STの方が柔らかいのでは?と感じました。
そのためM1STは多音がが重なると、振動板が振動についていけなくて歪み音像がぼやけているんじゃないかなーって感じます。

確かに”スーパーロー”と言われるような極低音は、SONYのM1STの方が出ていますが、MT8は音像がはっきりしているため、低音でも音がはっきりしていてタイトでキレが良いのです。
そのためスーパーローでも総合的には負けていない感じです。
おそらく、ミックスする時にもMT8でスーパーローの調整ができないことは無いと思います。

低域、中域、高域の周波数バランスも絶妙で、楽器だけでなく、ボーカルの聞こえ方もM1STに勝っています。
特に女性ボーカルの聞こえ方は、艶めかしく、息継ぎすらも綺麗です。

M1STの弱点の、ハイハットシンバル等の高域のキレは、比べるべくも無くMT8の方が聞こえが良く、ミックス時のバランス取りしやすいと思います。

ということで、私見的な両モニターヘッドホン評価はMT8が★4、M1STが★2となりました。

あくまでアマチュアの私の感想なので、参考程度でよろしくです。

比較製品
SONY > MDR-M1ST
主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった1

満足度4
デザイン3
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止3
携帯性3
モニターヘッドホンお勧めはこれ!

2週間ほど前、SONYのMDR-M1STを購入して見事に期待を裏切られたため、懲りずに、もう一つの気になっていた製品、YAMAHAのHPH-MT8をサウンドハウスで購入しましたので早速レビューしてみたいと思います。

パッケージを開けてみて、ヘッドホン本体はSONYのM1STより一回り大きく作りがしっかりしている分、重量はYAMAHAのMT8の方が重いです。
次に付属ケーブルが、カールとストレート両方入っているのですが、ケーブルやコネクターの作りはSONYが圧勝でMT8のケーブルは陳腐です。
ただ、実際にヘッドホンを装着すると、M1STは耳介のをイヤーパッドが押さえ込んでくるのに対し、MT8は耳介の外にイヤーパッドが囲う感じの為、長時間装着はMT8の方が耳が痛くならず楽でした。
音漏れも、このイヤーパッドの構造の関係で、若干MT8の方が少ないと思います。

さてここからは本題の音質です。

まず前提として、MDR-M1STのレビューで書きましたが、私のモニター環境は、スピーカーがYAMAHAのMSP5 Studio、インタフェースがsteinbergのUR22Cであり、普段からYAMAHA音になれている前提で聞いてください。

HPH-MT8の音を聞いた感想ですが、とにかく音一つ一つがはっきりしていることです。
楽器がいっぺんに重なって演奏していても各音がはっきりと聞き取れます。
MDR-M1STは、私的には、いっぺんに楽器演奏が重なった場合、輪郭がモヤッとしてくるように感じています。
おそらくこの2モデルは、振動板の堅さがだいぶ違うのではないかという感想です。
おそらくMT8の方が振動板が硬く、M1STの方が柔らかいのでは?と感じました。
そのためM1STは多音がが重なると、振動板が振動についていけなくて歪み音像がぼやけているんじゃないかなーって感じます。

確かに”スーパーロー”と言われるような極低音は、SONYのM1STの方が出ていますが、MT8は音像がはっきりしているため、低音でも音がはっきりしていてタイトでキレが良いのです。
そのためスーパーローでも総合的には負けていない感じです。
おそらく、ミックスする時にもMT8でスーパーローの調整ができないことは無いと思います。

低域、中域、高域の周波数バランスも絶妙で、楽器だけでなく、ボーカルの聞こえ方もM1STに勝っています。
特に女性ボーカルの聞こえ方は、艶めかしく、息継ぎすらも綺麗です。

M1STの弱点の、ハイハットシンバル等の高域のキレは、比べるべくも無くMT8の方が聞こえが良く、ミックス時のバランス取りしやすいと思います。

ということで、私見的な両モニターヘッドホン評価はMT8が★4、M1STが★2となりました。

あくまでアマチュアの私の感想なので、参考程度でよろしくです。

比較製品
SONY > MDR-M1ST
主な用途
音楽
接続対象
PC

参考になった0

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

HPH-MT8のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

HPH-MT8
ヤマハ

HPH-MT8

最安価格(税込):¥24,500発売日:2016年11月中旬 価格.comの安さの理由は?

HPH-MT8をお気に入り製品に追加する <184

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

イヤホン・ヘッドホン
(最近5年以内の発売・登録)






ランキングを詳しく見る


新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意