『なんという期待外れ感・・ →追記:アップデートで少し実用的に』 ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia Ear XEA10 tetsu28jpさんのレビュー・評価

2016年11月18日 発売

Xperia Ear XEA10

  • 耳に装着してスマートフォンと連携させることで、通話やメッセージの送受信、スケジュールやニュース、道案内などの情報を音声で知らせる「スマートプロダクト」。
  • 「ヘッドジェスチャー」機能により、うなずく・首を横に振る・左に向く/右に向くなどの動作を行うことで、応答・拒否、曲のスキップなどの指示を出すことが可能。
  • 充電機能を搭載した専用ケースが付属。約12時間分の連続通話が行えるバッテリーを備えている(本体と合わせると合計約16時間の連続通話が可能)。
Xperia Ear XEA10 製品画像

プロダクトアワード2017

最安価格(税込):

¥14,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥14,800〜¥19,668 (3店舗) メーカー希望小売価格:オープン
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Xperia Ear XEA10の価格比較
  • Xperia Ear XEA10の店頭購入
  • Xperia Ear XEA10のスペック・仕様
  • Xperia Ear XEA10のレビュー
  • Xperia Ear XEA10のクチコミ
  • Xperia Ear XEA10の画像・動画
  • Xperia Ear XEA10のピックアップリスト
  • Xperia Ear XEA10のオークション

Xperia Ear XEA10ソニーモバイルコミュニケーションズ

最安価格(税込):¥14,800 (前週比:±0 ) 発売日:2016年11月18日

  • Xperia Ear XEA10の価格比較
  • Xperia Ear XEA10の店頭購入
  • Xperia Ear XEA10のスペック・仕様
  • Xperia Ear XEA10のレビュー
  • Xperia Ear XEA10のクチコミ
  • Xperia Ear XEA10の画像・動画
  • Xperia Ear XEA10のピックアップリスト
  • Xperia Ear XEA10のオークション

『なんという期待外れ感・・ →追記:アップデートで少し実用的に』 tetsu28jpさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Xperia Ear XEA10のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:197人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
2件
0件
ヘッドセット
2件
0件
ホームシアター スピーカー
2件
0件
もっと見る
満足度3
フィット感3
音質3
マイク性能1
なんという期待外れ感・・ →追記:アップデートで少し実用的に

Xperia系のアイテムはSW2、SWR10、
SBH20、SBH50を所有。
スマホとの連動性も高く概ね満足をしていたので
Xperia Earも発売開始前に、ためらわずに予約。

目的としては自転車や自動車運転時の
電話やメール着信時に
SW2だといちいち手元を見ないとならないし、
SBH50だと音声通知機能の充実度が低いことや
音声指示ができない点があったため、
この商品には期待をしていたが
ただただ残念な結果に終わってしまった。

【音声指示】
〜〜を聞く、など簡単な語句も
判別できないことが多い。
スマホ側アプリには「話しかけ方」なる
ガイドがあるが、それも20種類程度。
使用ガイドに記載された、
その20種類は代表的な話しかけ方なのか、
はたまた現時点で20種類しか
適用してないのかも不明。
少なくともSiriやGoogleのような
自由度の高さは現時点では無さそう。

【マイク感度】
ちょっと風が強かったりすると
音声指示を全然、聞き取らない。
周囲の雑音に比例して声量も上げないとならない。
静かな環境であれば問題ないが、
それでも、そこそこの声を出さないとならず恥ずかしい。
結局、スマホで操作したほうが楽だし早いというオチになる。

【アプリ操作】
一応、長押しで起動できるアプリや
アクションを任意設定できるが、
仮にアプリを立ち上げても、
その後どこまで音声でアプリを
コントロールできるの?っていうと
全く環境が整っていないため、
結局、スマホを取り出して立ち上げたアプリを
手動で操作するという
これまた間抜けな使い方になる。

例えば音楽アプリを立ち上げたとしても
曲名やアーティスト名は
判別するものとしないものの差が激しいし、
仮に判別したとしても、
その曲を延々とリピートしてしまう。
演奏を止めることも、一曲先送りすることも、
音量の上げ下げですら
いまのところ音声指示ではできない。

【通知機能】
メールやLINEの通知内容を読み上げてくれるため、
知りたかった内容であれば重宝するが、
ご丁寧に本文まですべて読み上げていくので
どうでも良い内容だった場合はかなり苦痛となる。

そこで「次のメール」などの
音声コマンドで飛ばせればよいが、
どうやら、それも出来ないようで
ボタン操作で読み上げを解除するしかない。
同時に複数メールを受け取った場合は特に不便。

【説明書】
商品には簡単な説明書しかついていない。
セッティングに関することがメインで、
使い方が広がる、という内容のガイドは一切ない。

セッティング時にインストールする
スマホアプリ内のガイドも
前述のように驚くほど簡潔。

現時点で、どういう使い方ができるのか
全く把握できない。

直観的に操作できる(クオリティを持った)機器なら
流行りの簡素なパッケージで構わないだろうけど
これは完全に不親切の領域。

【充電】
専用のケースに収めると自動で充電が始まる。
これだけは便利だし、カッコいい。
この商品で感動したのはホントにここだけ。

---------------------
結局、2万円近く払って、
数千円のBluetoothイヤホンで
出来ることしかしていない事実に気づく。

いやいや世界のソニーの商品だから、
もっと何かできるはずと試すには
ユーザー自ら恥ずかしさを忘れて
聞き取りやすいように声を張ってあれこれと試し、
XEA10からの「〜〜は解かりません」という
冷たい返答を受けるという
羞恥プレイを繰り返すしかない。。

今後、アップデートで改善していくのだろうけど、
かなり急いで大幅な改善をしないと、
ソニー的にもマズイと思う。
イヤホンマイクに2万円はいくらデジタルモノ好きでも
「失敗しても、まぁいいや」で済む価格帯じゃないですから。

【2017/3/15追記】
大幅なソフトウエアアップデートが行われたので、
このレビュー以来、眠っていた当機を久々に引っ張り出してみた。
通知読み上げがスマホ内の全アプリから選択できるようになったり、
ヘッドジェスチャーで音楽の送り戻しができるようになったり、
話しかけや設定の幅も拡大した。

実際に自転車通勤の際に使ってみたが、
以前より実用できるレベルまでになっており、
基本操作程度ならば、謳い文句通りにスマホを取り出さずに済むようになった。

ただ自転車だと風切り音でボイス操作が認識されず一度、停車しないとならない。
これは安全面からも仕方ないか。
徒歩で音楽を聞いていると、振り向くだけで音楽が送り戻しされてしまうので
ヘッドジェスチャーは切って使っているが、全アプリでジェスチャーoffになるので
アプリごとに切り替えられると良かった。

今更の話かもしれないけど物理ボタンをもう一つ付けておくだけで
拡張性は格段に上がったかもしれない。

購入時の期待外れ感が大きかったため、
今回のアップデートでかなり後悔がやわらいだ気がする。

使用目的
その他

参考になった80人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度1
フィット感3
音質2
マイク性能1
なんという期待外れ感。。。

Xperia系のアイテムはSW2、SWR10、
SBH20、SBH50を所有。
スマホとの連動性も高く概ね満足をしていたので
Xperia Earも発売開始前に、ためらわずに予約。

目的としては自転車や自動車運転時の
電話やメール着信時に
SW2だといちいち手元を見ないとならないし、
SBH50だと音声通知機能の充実度が低いことや
音声指示ができない点があったため、
この商品には期待をしていたが
ただただ残念な結果に終わってしまった。

【音声指示】
〜〜を聞く、など簡単な語句も
判別できないことが多い。
スマホ側アプリには「話しかけ方」なる
ガイドがあるが、それも20種類程度。
使用ガイドに記載された、
その20種類は代表的な話しかけ方なのか、
はたまた現時点で20種類しか
適用してないのかも不明。
少なくともSiriやGoogleのような
自由度の高さは現時点では無さそう。

【マイク感度】
ちょっと風が強かったりすると
音声指示を全然、聞き取らない。
周囲の雑音に比例して声量も上げないとならない。
静かな環境であれば問題ないが、
それでも、そこそこの声を出さないとならず恥ずかしい。
結局、スマホで操作したほうが楽だし早いというオチになる。

【アプリ操作】
一応、長押しで起動できるアプリや
アクションを任意設定できるが、
仮にアプリを立ち上げても、
その後どこまで音声でアプリを
コントロールできるの?っていうと
全く環境が整っていないため、
結局、スマホを取り出して立ち上げたアプリを
手動で操作するという
これまた間抜けな使い方になる。

例えば音楽アプリを立ち上げたとしても
曲名やアーティスト名は
判別するものとしないものの差が激しいし、
仮に判別したとしても、
その曲を延々とリピートしてしまう。
演奏を止めることも、一曲先送りすることも、
音量の上げ下げですら
いまのところ音声指示ではできない。

【通知機能】
メールやLINEの通知内容を読み上げてくれるため、
知りたかった内容であれば重宝するが、
ご丁寧に本文まですべて読み上げていくので
どうでも良い内容だった場合はかなり苦痛となる。

そこで「次のメール」などの
音声コマンドで飛ばせればよいが、
どうやら、それも出来ないようで
ボタン操作で読み上げを解除するしかない。
同時に複数メールを受け取った場合は特に不便。

【説明書】
商品には簡単な説明書しかついていない。
セッティングに関することがメインで、
使い方が広がる、という内容のガイドは一切ない。

セッティング時にインストールする
スマホアプリ内のガイドも
前述のように驚くほど簡潔。

現時点で、どういう使い方ができるのか
全く把握できない。

直観的に操作できる(クオリティを持った)機器なら
流行りの簡素なパッケージで構わないだろうけど
これは完全に不親切の領域。

【充電】
専用のケースに収めると自動で充電が始まる。
これだけは便利だし、カッコいい。
この商品で感動したのはホントにここだけ。

---------------------
結局、2万円近く払って、
数千円のBluetoothイヤホンで
出来ることしかしていない事実に気づく。

いやいや世界のソニーの商品だから、
もっと何かできるはずと試すには
ユーザー自ら恥ずかしさを忘れて
聞き取りやすいように声を張ってあれこれと試し、
XEA10からの「〜〜は解かりません」という
冷たい返答を受けるという
羞恥プレイを繰り返すしかない。。

今後、アップデートで改善していくのだろうけど、
かなり急いで大幅な改善をしないと、
ソニー的にもマズイと思う。
イヤホンマイクに2万円はいくらデジタルモノ好きでも
「失敗しても、まぁいいや」で済む価格帯じゃないですから。

【2017/3/15追記】
大幅なソフトウエアアップデートが行われたので、
このレビュー以来、眠っていた当機を久々に引っ張り出してみた。
通知読み上げがスマホ内の全アプリから選択できるようになったり、
ヘッドジェスチャーで音楽の送り戻しができるようになったり、
話しかけや設定の幅も拡大した。

実際に自転車通勤の際に使ってみたが、
以前より実用できるレベルまでになっており、
基本操作程度ならば、謳い文句通りにスマホを取り出さずに済むようになった。

ただ自転車だと風切り音でボイス操作が認識されず一度、停車しないとならない。
これは安全面からも仕方ないか。
徒歩で音楽を聞いていると、振り向くだけで音楽が送り戻しされてしまうので
ヘッドジェスチャーは切って使っているが、全アプリでジェスチャーoffになるので
アプリごとに切り替えられると良かった。

今更の話かもしれないけど物理ボタンをもう一つ付けておくだけで
拡張性は格段に上がったかもしれない。

購入時の期待外れ感が大きかったため、
今回のアップデートでかなり後悔がやわらいだ気がする。

参考になった0

満足度1
フィット感3
音質2
マイク性能1
なんという期待外れ感。。。

Xperia系のアイテムはSW2、SWR10、
SBH20、SBH50を所有。
スマホとの連動性も高く概ね満足をしていたので
Xperia Earも発売開始前に、ためらわずに予約。

目的としては自転車や自動車運転時の
電話やメール着信時に
SW2だといちいち手元を見ないとならないし、
SBH50だと音声通知機能の充実度が低いことや
音声指示ができない点があったため、
この商品には期待をしていたが
ただただ残念な結果に終わってしまった。

【音声指示】
〜〜を聞く、など簡単な語句も
判別できないことが多い。
スマホ側アプリには「話しかけ方」なる
ガイドがあるが、それも20種類程度。
使用ガイドに記載された、
その20種類は代表的な話しかけ方なのか、
はたまた現時点で20種類しか
適用してないのかも不明。
少なくともSiriやGoogleのような
自由度の高さは現時点では無さそう。

【マイク感度】
ちょっと風が強かったりすると
音声指示を全然、聞き取らない。
周囲の雑音に比例して声量も上げないとならない。
静かな環境であれば問題ないが、
それでも、そこそこの声を出さないとならず恥ずかしい。
結局、スマホで操作したほうが楽だし早いというオチになる。

【アプリ操作】
一応、長押しで起動できるアプリや
アクションを任意設定できるが、
仮にアプリを立ち上げても、
その後どこまで音声でアプリを
コントロールできるの?っていうと
全く環境が整っていないため、
結局、スマホを取り出して立ち上げたアプリを
手動で操作するという
これまた間抜けな使い方になる。

例えば音楽アプリを立ち上げたとしても
曲名やアーティスト名は
判別するものとしないものの差が激しいし、
仮に判別したとしても、
その曲を延々とリピートしてしまう。
演奏を止めることも、一曲先送りすることも、
音量の上げ下げですら
いまのところ音声指示ではできない。

【通知機能】
メールやLINEの通知内容を読み上げてくれるため、
知りたかった内容であれば重宝するが、
ご丁寧に本文まですべて読み上げていくので
どうでも良い内容だった場合はかなり苦痛となる。

そこで「次のメール」などの
音声コマンドで飛ばせればよいが、
どうやら、それも出来ないようで
ボタン操作で読み上げを解除するしかない。
同時に複数メールを受け取った場合は特に不便。

【説明書】
商品には簡単な説明書しかついていない。
セッティングに関することがメインで、
使い方が広がる、という内容のガイドは一切ない。

セッティング時にインストールする
スマホアプリ内のガイドも
前述のように驚くほど簡潔。

現時点で、どういう使い方ができるのか
全く把握できない。

直観的に操作できる(クオリティを持った)機器なら
流行りの簡素なパッケージで構わないだろうけど
これは完全に不親切の領域。

【充電】
専用のケースに収めると自動で充電が始まる。
これだけは便利だし、カッコいい。
この商品で感動したのはホントにここだけ。

---------------------
結局、2万円近く払って、
数千円のBluetoothイヤホンで
出来ることしかしていない事実に気づく。

いやいや世界のソニーの商品だから、
もっと何かできるはずと試すには
ユーザー自ら恥ずかしさを忘れて
聞き取りやすいように声を張ってあれこれと試し、
XEA10からの「〜〜は解かりません」という
冷たい返答を受けるという
羞恥プレイを繰り返すしかない。。

今後、アップデートで改善していくのだろうけど、
かなり急いで大幅な改善をしないと、
ソニー的にもマズイと思う。
イヤホンマイクに2万円はいくらデジタルモノ好きでも
「失敗しても、まぁいいや」で済む価格帯じゃないですから。



参考になった60

満足度1
フィット感3
音質2
マイク性能1
なんという期待外れ感。。。

Xperia系のアイテムはSW2、SWR10、SBH20、SBH50を所有。
スマホとの連動性も高く概ね満足をしていたので
Xperia Earも発売開始前に、ためらわずに予約。

目的としては自転車や自動車運転時の電話やメール着信時に
SW2だといちいち手元を見ないとならないし、
SBH50だと音声通知機能の充実度が低いことや
音声指示ができない点があったため、この商品には期待をしていたが
ただただ残念な結果に終わってしまった。

【音声指示】
〜〜を聞く、など簡単な語句も判別できないことが多い。
スマホ側アプリには「話しかけ方」なるガイドがあるが、
それも20種類程度。
使用ガイドに記載された、その20種類は代表的な話しかけ方なのか、
はたまた現時点で20種類しか適用してないのかも不明。
少なくともSiriやGoogleのような自由度の高さは現時点では無さそう。

【マイク感度】
ちょっと風が強かったりすると音声指示を全然、聞き取らない。
周囲の雑音に比例して声量も上げないとならない。
静かな環境であれば問題ないが、逆にそんなところで声を張るのも恥ずかしい。
結局、スマホで操作したほうが楽だし早いというオチになる。

【アプリ操作】
一応、長押しで起動できるアプリやアクションを任意設定できるが、
仮にアプリを立ち上げても、その後どこまで音声でアプリをコントロールできるの?っていうと
全く環境が整っていないため、スマホを取り出して立ち上げたアプリを操作するという
これまた間抜けな使い方になる。

例えば音楽アプリを立ち上げたとしても
曲名やアーティスト名は判別するものとしないものの差が激しいし、
仮に判別したとしても、その曲を延々とリピートしてしまう。
演奏を止めることも、一曲先送りすることも、音量の上げ下げですら
いまのところ音声指示ではできない。

【通知機能】
メールやLINEの通知内容を読み上げてくれるため、
知りたかった内容であれば重宝するが、
ご丁寧に本文まですべて読み上げていくので
どうでも良い内容だった場合はかなり苦痛となる。

そこで「次のメール」などの音声コマンドで飛ばせればよいが、
どうやら、それも出来ないようで
ボタン操作で読み上げを解除するしかない。
同時に複数メールを受け取った場合は特に不便。

【説明書】
商品には簡単な説明書しかついていない。
セッティングに関することがメインで、
使い方が広がる、という内容のガイドは一切ない。

セッティング時にインストールするスマホアプリも
前述のように驚くほど簡潔。

現時点で、どういう使い方ができるのか
全く把握できない。

直観的に操作できる(クオリティを持った)機器なら
最近流行りの簡素なパッケージで構わないだろうけど
これは完全に不親切の領域。

【充電】
専用のケースに収めると自動で充電が始まる。
これだけは便利だし、カッコいい。
この商品で感動したのはホントにここだけ。

---------------------
結局、2万円近く払って、
数千円のBluetoothイヤホンで出来ることしかしていない事実に気づく。

いやいや世界のソニーの商品だから、もっと何かできるはずと試すには
ユーザー自ら恥ずかしさを忘れて
聞き取りやすいように声を張ってあれこれと試して、
XEA10からの「〜〜は解かりません」という冷たい返答を受けるという
羞恥プレイを繰り返すしかない。。

今後、アップデートで改善していくのだろうけど、
かなり急いで大幅な改善をしないと、ソニー的にもマズイと思う。
イヤホンマイクに2万円は「失敗しても、まぁいいや」で済む価格帯じゃないですから。



参考になった8

 
 
 
 
 
 

「Xperia Ear XEA10」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Xperia Ear XEA10のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Xperia Ear XEA10
ソニーモバイルコミュニケーションズ

Xperia Ear XEA10

最安価格(税込):¥14,800発売日:2016年11月18日 価格.comの安さの理由は?

Xperia Ear XEA10をお気に入り製品に追加する <94

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[ヘッドセット]

ヘッドセットの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ヘッドセット)

ご注意