『LDAC接続ONLYなら、未だに購入価値充分』 SONY MDR-1000X (C) [グレーベージュ] び〜こむさんのレビュー・評価

2016年10月29日 発売

MDR-1000X (C) [グレーベージュ]

  • ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質で楽しめる、高音質コーデック「LDAC」に対応した、ノイズキャンセリングステレオヘッドセット。
  • 装着時の個人差を検出して最適化する「パーソナルNCオプティマイザー」や騒音を気にせずに、音楽に浸れる「フルオートAIノイズキャンセリング」を搭載。
  • ハウジング部の「タッチセンサーコントロールパネル」で、音楽再生機の曲送り/戻し、音量調節などが行える。SiriやGoogle Now機能の起動・操作もできる。
MDR-1000X (C) [グレーベージュ] 製品画像

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:4Hz〜40kHz ハイレゾ:○ MDR-1000X (C) [グレーベージュ]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • MDR-1000X (C) [グレーベージュ]の価格比較
  • MDR-1000X (C) [グレーベージュ]の店頭購入
  • MDR-1000X (C) [グレーベージュ]のスペック・仕様
  • MDR-1000X (C) [グレーベージュ]のレビュー
  • MDR-1000X (C) [グレーベージュ]のクチコミ
  • MDR-1000X (C) [グレーベージュ]の画像・動画
  • MDR-1000X (C) [グレーベージュ]のピックアップリスト
  • MDR-1000X (C) [グレーベージュ]のオークション

MDR-1000X (C) [グレーベージュ]SONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年10月29日

  • MDR-1000X (C) [グレーベージュ]の価格比較
  • MDR-1000X (C) [グレーベージュ]の店頭購入
  • MDR-1000X (C) [グレーベージュ]のスペック・仕様
  • MDR-1000X (C) [グレーベージュ]のレビュー
  • MDR-1000X (C) [グレーベージュ]のクチコミ
  • MDR-1000X (C) [グレーベージュ]の画像・動画
  • MDR-1000X (C) [グレーベージュ]のピックアップリスト
  • MDR-1000X (C) [グレーベージュ]のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

MDR-1000X (C) [グレーベージュ]のレビューを書く

び〜こむさん

  • レビュー投稿数:70件
  • 累計支持数:174人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
5件
1件
ゲーム機本体
0件
6件
ブルーレイプレーヤー
3件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性3
LDAC接続ONLYなら、未だに購入価値充分

1000XM3の登場ですっかり影が薄くなった感のある本機ですが、
それゆえ、新品価格・中古価格ともに値崩れしており、
その性能を考えるとNCヘッドホンの中で
現状、一番のお買い得商品かもしれません。

マーク3は本機の進化版ですが、
本機よりM3が優れている主なポイントは、

apt-xHDにも対応(高音質接続の幅が広がった)、
アプリでオートパワーOFF機能を解除できる、
装着感が若干向上、
NC性能が若干向上、

このあたりになると思われます。

本機はLDACに対応していますので、
LDAC接続環境ONLYの方にとっては
「apt-xHDにも対応」はあまり意味が無いのですが、
M3では、
Amazon等で販売されている、
apt-xHD対応光デジタルトランスミッター
を使うことで光出力端子のあるTV・PC・ゲーム機
との高音質BT接続が可能になります。
要は「SONY機以外との高音質接続も可能になった」
ということです。

また、M3では、
イヤーパッドの改善で装着感は向上しましたが
同時に筐体の軽量化も図られており、
筐体自体が本機・M2に比べて小ぶりになっています。
それによって本機やM2にあった
「ゆとりある装着感」が失われた感があります。

NC性能は向上していますが、
「更に向上」しただけで、
本機のNC性能もかなり強力、充分静かです。

唯一、大きな違いを感じるのが、
「オートパワーOFF機能を解除できる」
という点です。

この機能解除により、M3は、音無しでの、
高性能遮音耳栓的使い方もできるようになりました。

本機はNCオンにしてから5分間BT接続無しだと
強制的にNCオフ(パワーオフ)となり、
これが本機の唯一ともいえる厄介な点です。

ですので、
遮音用耳栓としての使用も考えられてる方には、
本機は向いておらず、
購入は、M3(もしくはQC35)一択となるでしょう。

逆に、
1000Xシリーズの購入を検討されてる方で
一番重要視するのが「装着感」という方は、
価格差がかなりありますので、
購入前に、量販店等で両機を試着・試用して
比較されたほうがいいかと思います。

実際、私は両機を所有していますが、
使用頻度はいまだに本機のほうが高いです。

LDAC接続ONLY環境の方には
M3との価格差(特に中古市場)を考えると
いまだに購入を検討する価値が充分にある
製品かと思います。

主な用途
音楽
接続対象
その他

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

MDR-1000X (C) [グレーベージュ]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

MDR-1000X (C) [グレーベージュ]
SONY

MDR-1000X (C) [グレーベージュ]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年10月29日

MDR-1000X (C) [グレーベージュ]をお気に入り製品に追加する <338

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意