『身の危険を感じるほど、効く』 SONY MDR-1000X (B) [ブラック] タスクにいさんのレビュー・評価

2016年10月29日 発売

MDR-1000X (B) [ブラック]

  • ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質で楽しめる、高音質コーデック「LDAC」に対応した、ノイズキャンセリングステレオヘッドセット。
  • 装着時の個人差を検出して最適化する「パーソナルNCオプティマイザー」や騒音を気にせずに、音楽に浸れる「フルオートAIノイズキャンセリング」を搭載。
  • ハウジング部の「タッチセンサーコントロールパネル」で、音楽再生機の曲送り/戻し、音量調節などが行える。SiriやGoogle Now機能の起動・操作もできる。
MDR-1000X (B) [ブラック] 製品画像

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:4Hz〜40kHz ハイレゾ:○ MDR-1000X (B) [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • MDR-1000X (B) [ブラック]の価格比較
  • MDR-1000X (B) [ブラック]の店頭購入
  • MDR-1000X (B) [ブラック]のスペック・仕様
  • MDR-1000X (B) [ブラック]のレビュー
  • MDR-1000X (B) [ブラック]のクチコミ
  • MDR-1000X (B) [ブラック]の画像・動画
  • MDR-1000X (B) [ブラック]のピックアップリスト
  • MDR-1000X (B) [ブラック]のオークション

MDR-1000X (B) [ブラック]SONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年10月29日

  • MDR-1000X (B) [ブラック]の価格比較
  • MDR-1000X (B) [ブラック]の店頭購入
  • MDR-1000X (B) [ブラック]のスペック・仕様
  • MDR-1000X (B) [ブラック]のレビュー
  • MDR-1000X (B) [ブラック]のクチコミ
  • MDR-1000X (B) [ブラック]の画像・動画
  • MDR-1000X (B) [ブラック]のピックアップリスト
  • MDR-1000X (B) [ブラック]のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

MDR-1000X (B) [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:359人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
13件
41件
動画編集ソフト
0件
11件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
2件
7件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止4
携帯性4
身の危険を感じるほど、効く

※11/9 バッテリーについて追記
※11/10 Amazonのレビューにて「あっぷるぱい」という奴が私のレビュー初稿を丸パクリしているのを発見、ふざけるな!

これまでBOSEのQuietComfort35(以後QC35)を利用し満足していましたが、ヨドの先行展示品で視聴し「これはっ!」というインパクトを受け購入してしまいました。
利用環境は電車および徒歩での通勤時にiPhone7でAAC256kの音楽を視聴。
軽いドンシャリが好みでハイレゾには興味なし。

【デザイン】
他の方にお任せ

【音質全般】
軽いドンシャリ。QC35と比較しても弱いとはいえ不足を感じない低音もあり、全体的にカドのとれた鳴り方をする所など似ている。

大きな違いは印象的で独特な余韻。具体的にはオーケストラの弦楽器やブラスの鳴り終りの余韻が綺麗に残りライブ感が抜群。ボーカルも同様で余韻が綺麗に残り、これが「息づかいまで」みたいな表現がされそう。CMでJUJUさんを使うのは本機の特徴が出せて上手いな、と思う。
後述するNCの効きがかなり良いため屋外でもこういう余韻も十分に楽しめる。
一方で余韻が強いのでノリの良い曲では鋭さやキレッキレ感が出にくい印象。

またQC35はしっとり濃密な鳴り方と表現するなら、1000Xは明るく透明感のある鳴り方。曲によってはチョット軽い音に感じることもある。このあたりは個々人で好みの範疇なので良し悪しはわからない。

ホワイトノイズはBTのみなら皆無。NC ONにすると深夜の静まりかえった部屋で薄っすら聞こえる程度。その際はNC OFFにすれば良いので実用上問題無いと思う。


【フィット感】
私の頭には柔らかくフィットして良い感じで、連続使用しても痛みも無く優秀。QC35も非常に良かったが、1000X比較だと若干ガサツに感じてしまう。
気になる点はQC35比較で30数グラムだが重さをかなり感じる点。特別悪さはしないが街中でチョット首を振ったりしても「重いものが付いている」感覚が常に残る。


【NC性能】
これまで幾つかのNC機を所有しQC35も発売日から毎日使ってきたが、1000Xは大きく違いを体感する。
一言で言うなら「身の危険を感じるほど、効く」
もちろん環境音がゼロになるわけではないが、大きく聞こえる音を列挙したほうが表現しやすいくらい。警告系の電子音/トラックの発進音/電車内の定型アナウンスが大きめに聞こえる程度。
特に電車内や道路など屋外でのNCの効きがQCと異なる印象。

音量もiPhoneボリュームで20%程度で快適に視聴できる。またNCの結果が安定しているので、静かなところでも騒がしい屋外でもボリューム20%のままで不自由しないのも驚き。

<具体的な印象:上記ボリュームでノラジョーンズなど流しながら>
・電車内での走行音はよく消る。QC35でも消しきれなかった地下トンネルの騒音も気にならなくなる。
・車内アナウンスは駅名等の定型のものは聞こえるが、遅延等の緊急アナウンスは無理。「周りの人がキョロキョロしてる?」という気配でクイックアテンションさせると振り替え案内していた、などそんなレベルでアナウンスがわからず困ることもあり。
・スタバで聞こえるのはうっすらと店内音楽のみ。隣に座った女性陣の会話は全くわからない。快適です。
・チャイム等の警告音は聞こえるがかなり抑制されている。エスカレータの存在を示す「ポーン」という警告が聞こえなくなったのはこの機種が初めて。
・街中はトラックやバスの発進時の音が目立つが通常の走行音はほとんど消える。歩行時に車に突然追い越されヒヤッとする事があり身の危険を初めて感じる。
・鼓膜への圧迫感は無し。次のレビューからはもう書かない。
・革靴での歩行ノイズ(ドンドンという低い音)は全く無し。これは優秀!


【音漏れ防止】
太ももに装着してQC35と同程度。問題無さそう。


【携帯性】
ヘッドホンとしては携帯性は良い。9cmマチのビジネスバックで綺麗に収納可能。
QC35をかなり意識しているのか全く同じギミックとフットプリント。厚みは少し異なるが、恐らくQCのケースにきれいに入るかと。飛行機では使い勝手が便利なQCのケース利用がオススメ。


【操作性】
タッチ操作は他機種をよく研究し対策されている印象。これなら物理スイッチでなくてもいい感じ。
再生/停止がダブルタップになっており装着時等で誤動作なし。
スワイプで頭だしですが、そのまま指を残しことで早送り/巻き戻し可能。ZikやBeoplay H8では出来なかったので嬉しい。ボリュームも同様の操作で連続変更可能。
クイックアテンションも電車遅延時などのアナウンスがサッと聞けて、予想以上に実用性が高い。


【その他】
・動画の音声遅延はiPhone7で体感不能。
・コネクション速度も速い。が、A2DPのマルチポイントは不可のためiPadやPCなどNFCの無い機器と併用するとき切替がとても面倒くさい。
・ボリュームはSONYには珍しくiPhone連動。
・ハウジング長押しでsiriも問題なく対応。
・信号等での音切れは皆無。優秀です。
・風切り音はビル風や電車内エアコンが直撃すると若干聞こえるが、他機種より遥かに小さいので問題無いかと。
・ハンズフリー通話の音がとても良くクリアーな音質で快適。
・バッテリーは初回充電で1日に約3時間利用ペースで24.1時間、日数にして8日稼動とスペック以上。週末のみ充電というサイクルで利用できそう
・バッテリー残量確認が本体でもiPhoneでも3段階(100/70/20%)のみ。能動的な通知は残量0で電源OFFとなる際「Please recharge headset」のみ。20%時にアナウンスしてくれると充電忘れがなくなってうれしいのだが。



【総評】
ざっくり言うと音の傾向も含めてQC35にとてもよく似ている。なのでQCが合う人は1000Xも合う、苦手な人は1000Xも苦手なのではないかと思う。
それでもNCは他社既存製品と比較しても一つ世代が上がった印象で、NCだけを求めるなら1000Xをお勧めする。
ただしヘッドホンの快適さはNCだけではないので、装着感/鳴りっぷりを実機で試してみるとよいかと思う。
私的には1000Xに乗り換えて大満足です。

比較製品
Bose > QuietComfort 35 wireless headphones [ブラック]
主な用途
音楽
テレビ
接続対象
オーディオ

参考になった53人(再レビュー後:40人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止4
携帯性4
身の危険を感じるほど、効く

※11/9 バッテリーについて追記

これまでBOSEのQuietComfort35(以後QC35)を利用し満足していましたが、ヨドの先行展示品で視聴し「これはっ!」というインパクトを受け購入してしまいました。
利用環境は電車および徒歩での通勤時にiPhone7でAAC256kの音楽を視聴。
軽いドンシャリが好みでハイレゾには興味なし。
ワイヤレスの快適さに慣れ、もうワイヤーには戻れないタイプです。

【デザイン】
他の方にお任せ

【音質全般】
軽いドンシャリ。QC35と比較しても弱いとはいえ不足を感じない低音もあり、全体的にカドのとれた鳴り方をする所など似ている。

大きな違いは印象的で独特な余韻。具体的にはオーケストラの弦楽器やブラスの鳴り終りの余韻が綺麗に残りライブ感が抜群。ボーカルも同様で余韻が綺麗に残り、これが「息づかいまで」みたいな表現がされそう。CMでJUJUさんを使うのは本機の特徴が出せて上手いな、と思う。
後述するNCの効きがかなり良いため屋外でもこういう余韻も十分に楽しめる。
一方で余韻が強いのでノリの良い曲では鋭さやキレッキレ感が出にくい印象。

またQC35はしっとり濃密な鳴り方と表現するなら、1000Xは明るく透明感のある鳴り方。曲によってはチョット軽い音に感じることもある。このあたりは個々人で好みの範疇なので良し悪しはわからない。

ホワイトノイズはBTのみなら皆無。NC ONにすると深夜の静まりかえった部屋で薄っすら聞こえる程度。その際はNC OFFにすれば良いので実用上問題無いと思う。


【フィット感】
私の頭には柔らかくフィットして良い感じで、連続使用しても痛みも無く優秀。QC35も非常に良かったが、1000X比較だと若干ガサツに感じてしまう。
気になる点はQC35比較で30数グラムだが重さをかなり感じる点。特別悪さはしないが街中でチョット首を振ったりしても「重いものが付いている」感覚が常に残る。


【NC性能】
これまで幾つかのNC機を所有しQC35も発売日から毎日使ってきたが、1000Xは大きく違いを体感する。
一言で言うなら「身の危険を感じるほど、効く」
もちろん環境音がゼロになるわけではないが、大きく聞こえる音を列挙したほうが表現しやすいくらい。警告系の電子音/トラックの発進音/電車内の定型アナウンスが大きめに聞こえる程度。
特に電車内や道路など屋外でのNCの効きがQCと異なる印象。

音量もiPhoneボリュームで20%程度で快適に視聴できる。またNCの結果が安定しているので、静かなところでも騒がしい屋外でもボリューム20%のままで不自由しないのも驚き。

<具体的な印象:上記ボリュームでノラジョーンズなど流しながら>
・電車内での走行音はよく消る。QC35でも消しきれなかった地下トンネルの騒音も気にならなくなる。
・車内アナウンスは駅名等の定型のものは聞こえるが、遅延等の緊急アナウンスは無理。「周りの人がキョロキョロしてる?」という気配でクイックアテンションさせると振り替え案内していた、などそんなレベルでアナウンスがわからず困ることもあり。
・スタバで聞こえるのはうっすらと店内音楽のみ。隣に座った女性陣の会話は全くわからない。快適です。
・チャイム等の警告音は聞こえるがかなり抑制されている。エスカレータの存在を示す「ポーン」という警告が聞こえなくなったのはこの機種が初めて。
・街中はトラックやバスの発進時の音が目立つが通常の走行音はほとんど消える。歩行時に車に突然追い越されヒヤッとする事があり身の危険を初めて感じる。
・鼓膜への圧迫感は無し。次のレビューからはもう書かない。
・革靴での歩行ノイズ(ドンドンという低い音)は全く無し。これは優秀!


【音漏れ防止】
太ももに装着してQC35と同程度。問題無さそう。


【携帯性】
ヘッドホンとしては携帯性は良い。9cmマチのビジネスバックで綺麗に収納可能。
QC35をかなり意識しているのか全く同じギミックとフットプリント。厚みは少し異なるが、恐らくQCのケースにきれいに入るかと。飛行機では使い勝手が便利なQCのケース利用がオススメ。


【操作性】
タッチ操作は他機種をよく研究し対策されている印象。これなら物理スイッチでなくてもいい感じ。
再生/停止がダブルタップになっており装着時等で誤動作なし。
スワイプで頭だしですが、そのまま指を残しことで早送り/巻き戻し可能。ZikやBeoplay H8では出来なかったので嬉しい。ボリュームも同様の操作で連続変更可能。
クイックアテンションも電車遅延時などのアナウンスがサッと聞けて、予想以上に実用性が高い。


【その他】
・動画の音声遅延はiPhone7で体感不能。
・コネクション速度も速い。が、A2DPのマルチポイントは不可のためiPadやPCなどNFCの無い機器と併用するとき切替がとても面倒くさい。
・ボリュームはSONYには珍しくiPhone連動。
・ハウジング長押しでsiriも問題なく対応。
・信号等での音切れは皆無。優秀です。
・風切り音はビル風や電車内エアコンが直撃すると若干聞こえるが、他機種より遥かに小さいので問題無いかと。
・ハンズフリー通話の音がとても良くクリアーな音質で快適。
・バッテリーは初回充電で1日に約3時間利用ペースで24.1時間、日数にして8日稼動とスペック以上。週末のみ充電というサイクルで利用できそう
・バッテリー残量確認が本体でもiPhoneでも3段階(100/70/20%)のみ。能動的な通知は残量0で電源OFFとなる際「Please recharge headset」のみ。20%時にアナウンスしてくれると充電忘れがなくなってうれしいのだが。



【総評】
ざっくり言うと音の傾向も含めてQC35にとてもよく似ている。なのでQCが合う人は1000Xも合う、苦手な人は1000Xも苦手なのではないかと思う。
それでもNCは他社既存製品と比較しても一つ世代が上がった印象で、NCだけを求めるなら1000Xをお勧めする。
ただしヘッドホンの快適さはNCだけではないので、装着感/鳴りっぷりを実機で試してみるとよいかと思う。
私的には1000Xに乗り換えて大満足です。

比較製品
Bose > QuietComfort 35 wireless headphones [ブラック]
主な用途
音楽
テレビ
接続対象
オーディオ

参考になった4

満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止4
携帯性4
身の危険を感じるほど、効く

これまでBOSEのQuietComfort35(以後QC35)を利用し満足していましたが、ヨドの先行展示品で視聴し「これはっ!」というインパクトを受け購入してしまいました。
利用環境は電車および徒歩での通勤時にiPhone7でAAC256kの音楽を視聴。
軽いドンシャリが好みでハイレゾには興味なし。
ワイヤレスの快適さに慣れ、もうワイヤーには戻れないタイプです。

【デザイン】
他の方にお任せ

【音質全般】
軽いドンシャリ。QC35と比較しても弱いとはいえ不足を感じない低音もあり、全体的にカドのとれた鳴り方をする所など似ている。

大きな違いは印象的で独特な余韻。具体的にはオーケストラの弦楽器やブラスの鳴り終りの余韻が綺麗に残りライブ感が抜群。ボーカルも同様で余韻が綺麗に残り、これが「息づかいまで」みたいな表現がされそう。CMでJUJUさんを使うのは本機の特徴が出せて上手いな、と思う。
後述するNCの効きがかなり良いため屋外でもこういう余韻も十分に楽しめる。
一方で余韻が強いのでノリの良い曲では鋭さやキレッキレ感が出にくい印象。

またQC35はしっとり濃密な鳴り方と表現するなら、1000Xは明るく透明感のある鳴り方。曲によってはチョット軽い音に感じることもある。このあたりは個々人で好みの範疇なので良し悪しはわからない。

ホワイトノイズはBTのみなら皆無。NC ONにすると深夜の静まりかえった部屋で薄っすら聞こえる程度。その際はNC OFFにすれば良いので実用上問題無いと思う。


【フィット感】
私の頭には柔らかくフィットして良い感じで、連続使用しても痛みも無く優秀。QC35も非常に良かったが、1000X比較だと若干ガサツに感じてしまう。
気になる点はQC35比較で30数グラムだが重さをかなり感じる点。特別悪さはしないが街中でチョット首を振ったりしても「重いものが付いている」感覚が常に残る。


【NC性能】
これまで幾つかのNC機を所有しQC35も発売日から毎日使ってきたが、1000Xは大きく違いを体感する。
一言で言うなら「身の危険を感じるほど、効く」
もちろん環境音がゼロになるわけではないが、大きく聞こえる音を列挙したほうが表現しやすいくらい。警告系の電子音/トラックの発進音/電車内の定型アナウンスが大きめに聞こえる程度。
特に電車内や道路など屋外でのNCの効きがQCと異なる印象。

音量もiPhoneボリュームで20%程度で快適に視聴できる。またNCの結果が安定しているので、静かなところでも騒がしい屋外でもボリューム20%のままで不自由しないのも驚き。

<具体的な印象:上記ボリュームでノラジョーンズなど流しながら>
・電車内での走行音はよく消る。QC35でも消しきれなかった地下トンネルの騒音も気にならなくなる。
・車内アナウンスは駅名等の定型のものは聞こえるが、遅延等の緊急アナウンスは無理。「周りの人がキョロキョロしてる?」という気配でクイックアテンションさせると振り替え案内していた、などそんなレベルでアナウンスがわからず困ることもあり。
・スタバで聞こえるのはうっすらと店内音楽のみ。隣に座った女性陣の会話は全くわからない。快適です。
・チャイム等の警告音は聞こえるがかなり抑制されている。エスカレータの存在を示す「ポーン」という警告が聞こえなくなったのはこの機種が初めて。
・街中はトラックやバスの発進時の音が目立つが通常の走行音はほとんど消える。歩行時に車に突然追い越されヒヤッとする事があり身の危険を初めて感じる。
・鼓膜への圧迫感は無し。次のレビューからはもう書かない。
・革靴での歩行ノイズ(ドンドンという低い音)は全く無し。これは優秀!


【音漏れ防止】
太ももに装着してQC35と同程度。問題無さそう。


【携帯性】
ヘッドホンとしては携帯性は良い。9cmマチのビジネスバックで綺麗に収納可能。
QC35をかなり意識しているのか全く同じギミックとフットプリント。厚みは少し異なるが、恐らくQCのケースにきれいに入るかと。飛行機では使い勝手が便利なQCのケース利用がオススメ。


【操作性】
タッチ操作は他機種をよく研究し対策されている印象。これなら物理スイッチでなくてもいい感じ。
再生/停止がダブルタップになっており装着時等で誤動作なし。
スワイプで頭だしですが、そのまま指を残しことで早送り/巻き戻し可能。ZikやBeoplay H8では出来なかったので嬉しい。ボリュームも同様の操作で連続変更可能。
クイックアテンションも電車遅延時などのアナウンスがサッと聞けて、予想以上に実用性が高い。


【その他】
・動画の音声遅延はiPhone7で体感不能。
・コネクション速度も速い。が、A2DPのマルチポイントは不可のためiPadやPCなどNFCの無い機器と併用するとき切替がとても面倒くさい。
・ボリュームはSONYには珍しくiPhone連動。
・ハウジング長押しでsiriも問題なく対応。
・信号等での音切れは皆無。優秀です。
・風切り音はビル風や電車内エアコンが直撃すると若干聞こえるが、他機種より遥かに小さいので問題無いかと。
・ハンズフリー通話の音がとても良くクリアーな音質で快適。
・バッテリー残量確認が本体でもiPhoneでも3段階でしかわからない。実用上問題ないがちょっと不安。(残量段階が荒いこともあり、バッテリーの持ちについては実測確認中!後日報告予定)


【総評】
ざっくり言うと音の傾向も含めてQC35にとてもよく似ている。なのでQCが合う人は1000Xも合う、苦手な人は1000Xも苦手なのではないかと思う。
それでもNCは他社既存製品と比較しても一つ世代が上がった印象で、NCだけを求めるなら1000Xをお勧めする。
ただしヘッドホンの快適さはNCだけではないので、装着感/鳴りっぷりを実機で試してみるとよいかと思う。
私的には1000Xに乗り換えて大満足です。

比較製品
Bose > QuietComfort 35 wireless headphones [ブラック]
主な用途
音楽
テレビ
接続対象
オーディオ

参考になった9

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

MDR-1000X (B) [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

MDR-1000X (B) [ブラック]
SONY

MDR-1000X (B) [ブラック]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年10月29日

MDR-1000X (B) [ブラック]をお気に入り製品に追加する <840

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意