『【定番!?】ヘッドバンドの付け根が割れたら自分で直そう』 SONY MDR-1000X (B) [ブラック] 西川善司さんのレビュー・評価

2016年10月29日 発売

MDR-1000X (B) [ブラック]

  • ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質で楽しめる、高音質コーデック「LDAC」に対応した、ノイズキャンセリングステレオヘッドセット。
  • 装着時の個人差を検出して最適化する「パーソナルNCオプティマイザー」や騒音を気にせずに、音楽に浸れる「フルオートAIノイズキャンセリング」を搭載。
  • ハウジング部の「タッチセンサーコントロールパネル」で、音楽再生機の曲送り/戻し、音量調節などが行える。SiriやGoogle Now機能の起動・操作もできる。
MDR-1000X (B) [ブラック] 製品画像

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:4Hz〜40kHz ハイレゾ:○ MDR-1000X (B) [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • MDR-1000X (B) [ブラック]の価格比較
  • MDR-1000X (B) [ブラック]の店頭購入
  • MDR-1000X (B) [ブラック]のスペック・仕様
  • MDR-1000X (B) [ブラック]のレビュー
  • MDR-1000X (B) [ブラック]のクチコミ
  • MDR-1000X (B) [ブラック]の画像・動画
  • MDR-1000X (B) [ブラック]のピックアップリスト
  • MDR-1000X (B) [ブラック]のオークション

MDR-1000X (B) [ブラック]SONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年10月29日

  • MDR-1000X (B) [ブラック]の価格比較
  • MDR-1000X (B) [ブラック]の店頭購入
  • MDR-1000X (B) [ブラック]のスペック・仕様
  • MDR-1000X (B) [ブラック]のレビュー
  • MDR-1000X (B) [ブラック]のクチコミ
  • MDR-1000X (B) [ブラック]の画像・動画
  • MDR-1000X (B) [ブラック]のピックアップリスト
  • MDR-1000X (B) [ブラック]のオークション

『【定番!?】ヘッドバンドの付け根が割れたら自分で直そう』 西川善司さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

MDR-1000X (B) [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:27件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールテクニカルジャーナリストの西川善司です。
パソコン、IT全般、半導体技術、グラフィックス技術、ゲーム開発技術、ゲームそのもの、映像技術、映画コンテンツ、自動車とその関連技術、家電製品など、幅広く取材して各メディアに記事を寄稿しています。…続きを読む

満足度5
デザイン3
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

【定番!?】ヘッドバンドの付け根が割れたら自分で直そう

定番の故障箇所となっているヘッドバンド内壁パーツ

相談に乗っていただいた秋山電化(埼玉県さいたま市)はソニーの正規サポート店

新品のヘッドバンド内壁パーツは税込972円。

サウンドドライバー部を折りたたんで露出する付け根部分のネジを外す

サウンドドライバー部分を括り付けている2つのネジも外す

ヘッドバンド部のパーツ対応表図版

MDR-1000X、性能面では非常によくできたヘッドフォンなのだが、デザイン面というか耐久面で弱点がある。

それはサウンドドライバー(スピーカ部)を支えている付け根(ヒンジ)部が弱いというところ。

MDR-1000Xでは、サウンドドライバー部が折りたためる構造になっているが、この折りたたみを行うと、ヘッドバンドの内壁パーツに大きな応力が掛かる構造になっているのだ。

こうした構造はかつてのBOSEのQuietconmfort2以前の初期モデルでも見られた欠点なのだが、BOSEでは、この部分に肉厚のパーに改良するなどして対策してきた経緯がある。

ソニーのMDR-1000Xはこのあたりの配慮がいまひとつなようで、この部位の破損は定番のトラブルとなっているようだ。

筆者の場合は購入後1年、保証が切れた直後に破損したので、まさに「ソニータイマー」という都市伝説を身を持って体験したことになる。

サポートセンター問い合わせて電話で修理費見積もりを行うと、パーツ代と工賃で約80000円とのこと。
購入価格が2万円後半だったことを考えると割高に思えてしまう。ほとんどが人件費なのだろう。

筆者在住のさいたま市のソニーサポート窓口の秋山電化(写真)にダメ元で相談したところ、ご主人が「パーツ単体を900円でとることができる。精密ドライバーがあれば自分で直せるはず」とのことで、お言葉に甘えてソニーからパーツをとってもらうことに。

ちなみに、部品対応表(写真)によると、破損した左側のヘッドバンド内壁パーツ(写真図版の107)は

107 A-2195-012-A   (ブラック)

となっている。(グレーベージュモデルは別型番である点に注意されたし。詳細は図版参照のこと)

分解と取付は、たしかに精密ドライバーがあれば簡単であった。

(1)サウンドドライバー部を折りたたむとヘッドバンド内壁パーツを留めているプラスねじ2つが露出するので、これを2つとも外す(写真)

(2)サウンドドライバー部の折りたたみヒンジ部がヘッドバンド内壁パーツにこれまた2つのプラスねじで留められているでこれを外す(写真)

(3)新品のヘッドバンド内壁パーツにここまでとは逆手順でサウンドドライバー部を組み付け、ヘッドバンド部本体へと合体させる。

これだけだ。掛かった時間は十数分程度。

今後もMDR-1000Xは、サウンドドライバー部を折っては収納ケースにしまうポータブルユースを続ける限りは、おそらく、今後もこのヘッドバンド内壁パーツが壊れることだろう。

そして、こうした症状に遭遇するMDR-1000Xユーザーは今後も少なからず出てくるはずで、今回のレビュー(?)はそうした仲間達に参考になれば幸いである。

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「MDR-1000X (B) [ブラック]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

MDR-1000X (B) [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

MDR-1000X (B) [ブラック]
SONY

MDR-1000X (B) [ブラック]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年10月29日

MDR-1000X (B) [ブラック]をお気に入り製品に追加する <866

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意