『とても優秀で安価でもあり実用性が十分あります』 パナソニック DY-SP1 @mikiさんのレビュー・評価

DY-SP1

  • ハイレゾや4Kに対応し、クリアで迫力のあるサウンドを出力するコンパクトな2.1chスピーカーシステム。
  • 「ディーガ」で再生される録画番組のジャンルに合わせて、5種類のサウンドモードが自動で切り換わる。
  • スマートフォン内の音楽を、Bluetooth接続でワイヤレスで再生することもできる。
DY-SP1 製品画像

拡大

プロダクトアワード2017

最安価格(税込):¥10,034 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2016年11月18日

店頭参考価格帯:¥10,034 〜 ¥10,034 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

チャンネル数:2.1ch サラウンド最大出力:20W ウーハー最大出力:20W DY-SP1のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • DY-SP1の価格比較
  • DY-SP1の店頭購入
  • DY-SP1のスペック・仕様
  • DY-SP1のレビュー
  • DY-SP1のクチコミ
  • DY-SP1の画像・動画
  • DY-SP1のピックアップリスト
  • DY-SP1のオークション

DY-SP1パナソニック

最安価格(税込):¥10,034 (前週比:±0 ) 発売日:2016年11月18日

  • DY-SP1の価格比較
  • DY-SP1の店頭購入
  • DY-SP1のスペック・仕様
  • DY-SP1のレビュー
  • DY-SP1のクチコミ
  • DY-SP1の画像・動画
  • DY-SP1のピックアップリスト
  • DY-SP1のオークション

『とても優秀で安価でもあり実用性が十分あります』 @mikiさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
0件
11件
ホームシアター スピーカー
1件
1件
エアコン・クーラー
0件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
機能性3
入出力端子4
サイズ5
とても優秀で安価でもあり実用性が十分あります

4KやHDMI2.0a対応でありHDMIリンクで電源オンオフを含めて基本的にテレビのリモコン操作だけで特別な操作や設定などが要らないので誰でも簡単に使えます。テレビは4K BRAVIA、ブルーレイはディーガを使用。イコライザーなどのチューニングや設定にもよるがBRAVIAの搭載スピーカーは時折、ひび割れた音がして低音が弱い。また特定周波数特性の音や声が聞こえにくい家族が居るので購入を検討しました。5.1,chや7.1,chなとやホームシアターまでの必要性はないが省スペースである程度は音質が良く(特に低音)低価格なものをさがしてました。4K対応の場合、他製品は最低でも税込みで三万以上して特にソニーの場合は全て満たす製品はとても高価で安価なものは売価価格に対して機能が中途半端でかえって高いものばかりです。ブルーレイが最新のディーガで色々調べて本製品にたどり着きました。
設定は本製品よりBRAVIA(テレビ)側で行う事が多くアンドロイドTVの為か設定した上でホームメニュにある端末情報から再起動させて完成です。
BRAVIAの場合はテレビ設定だけでは音がでなくHDMIやスピーカー、デジタル出力などの適切な設定をした上で必ずBRAVIAを再起動しないと正常にDY-SP1からは音がでませんでした。

※ 再起動後に一度コンセントから電源を抜く事を推奨します。

5.1chやホームシアターなどまでの音質や音空間を追及したり強いこだわりかなければ本製品は最高です。
もともとパナソニック製のテレビのスタンド下(中)におけるように設計してあるのですがBRAVIAでは置けませんでした。
テレビ台のブルーレイなどを置いているスペースに配置しました。ただパナソニックも強く警告してますがブルーレイやハードディスクなどと重ね置きはDY-SP1自体がスピーカーの磁気を防ぐシールド的な性能が無いのでHDDなどの重ね置きは厳禁です。

高音はさすがハイレゾ対応ツイータを使用してるので優秀で中音域はフルレンジスピーカーで普通にカバーされ低音はウーハーと低音部を助長する役目のラジエーターでかなりでてます。BRAVIA専用のワイヤレス サブウーハーまでは要らない方はちょうどいいかもしれません。

難聴ぎみの家族がいますが本製品設置後は一番本人が喜んでいます。普通に健常者の私にはわかりませんが声が設置前と比べ大音量にしなくても良く聞こるらしいのです。

一つ物言いを挙げれば音量の変化はインジケータで確認できるのですが現在の音量の実数値が不明な点だけです。

ARC機能搭載テレビで機能に準じたHDMIケーブルがあればかなりコストパフォーマンスも優秀な製品だと推挙します。


追加記事 2017-05

最近の薄型テレビのスピーカーはテレビの裏面に装備されて
一部の(比較的高価もしくは旧型式)薄型テレビ以外はほぼ
テレビの背面から聞こえています。

この為に、@聞こえにくい@音量が小さいと聞こえない
@(アパートなど集合住宅)隣からのテレビの音の苦情、
など多様な弊害みたいな事が多々あります。

本製品はテレビ前面に向けてテレビを視聴している人に
向けて音が出る事とかなり聞き取りやすい音質で再生される
事で前に述べた弊害問題の解決になります。

ソニーBRAVIAの場合、テレビ内蔵スピーカーで音量35〜40
必要だったのがDY-SP1をHDMI接続の場合、通常は25くらい
で概ね27〜35位で十分です。仮に少し大音量で35〜40位でも
多少は部屋や建物の環境にも依りますが隣人宅へは迷惑に
なる程でなく映画や音楽も楽しめます。

内蔵スピーカーはテレビ背面にあり壁に向かって音を
出して更に音も歪み気味なので、隣の壁にいる方は
とてもうるさく、テレビ視聴者本人も聞き取りにくい
のです。

パチンコをする方は最新の『花の慶次(ニューギン)』、
『海物語(三洋物産)』が2.1chで音に演出によっては
立体的に表現せれており低音部にラジエーターを搭載
するとDY-SP1の表現に近いのでは?と個人的に思います。
スピーカーとウーハーの大きさもはぼ同じくらい

左右スピーカーの物理的間隔は狭いのですが5.1chなど
には明らかに負けますが、通常のステレオよりはるかに
立体的な音が表現されており、左から右などの移動する
音や細かな音の表現もなかなかです。但しHDMIケーブル
はできるだけver.2.0aなど伝送速度が18Gのものを選んで
下さい。ver.1.4や10Gとは簡単に言えば音だけでも4倍程
違いがあり、実際に仕様や仕組などを知らない者が
「明らかに音が更に良くなった」と言ってます。

※ HDMIケーブルはソニーかパナソニックが優秀
だけど高価なので認証製品か信用ある製品なら可

※2.0bがTV用と良く言われますが1.4bの4K用も2.0と
名乗って良いルールなので2.0aを推奨します。

後日に判明した要注意点(HDMI信号の遅れや切断)

HDMIケーブルのグレードや接続機器に関係なく本機に
DVDやブルーレイのHDMI入力(右側)に接続した場合、
特に4,Kなどの場合はスタート時等にほんの少しですが
タイムラグや信号の切断があるようです。普通に動画や
音楽を視聴される分は問題ないと思いますが神経質な
方などは注意した方が良いかもしれません。入力を使用
しないでDVD機器等を直接、空きがあるテレビ側の
HDMI入力に接続する事で殆どの場合は回避可能。

設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった15人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
機能性3
入出力端子4
サイズ5
とても優秀で安価でもあり実用性が十分あります

4KやHDMI2.0a対応でありHDMIリンクで電源オンオフを含めて基本的にテレビのリモコン操作だけで特別な操作や設定などが要らないので誰でも簡単に使えます。テレビは4K BRAVIA、ブルーレイはディーガを使用。イコライザーなどのチューニングや設定にもよるがBRAVIAの搭載スピーカーは時折、ひび割れた音がして低音が弱い。また特定周波数特性の音や声が聞こえにくい家族が居るので購入を検討しました。5.1,chや7.1,chなとやホームシアターまでの必要性はないが省スペースである程度は音質が良く(特に低音)低価格なものをさがしてました。4K対応の場合、他製品は最低でも税込みで三万以上して特にソニーの場合は全て満たす製品はとても高価で安価なものは売価価格に対して機能が中途半端でかえって高いものばかりです。ブルーレイが最新のディーガで色々調べて本製品にたどり着きました。
設定は本製品よりBRAVIA(テレビ)側で行う事が多くアンドロイドTVの為か設定した上でホームメニュにある端末情報から再起動させて完成です。
BRAVIAの場合はテレビ設定だけでは音がでなくHDMIやスピーカー、デジタル出力などの適切な設定をした上で必ずBRAVIAを再起動しないと正常にDY-SP1からは音がでませんでした。

※ 再起動後に一度コンセントから電源を抜く事を推奨します。

5.1chやホームシアターなどまでの音質や音空間を追及したり強いこだわりかなければ本製品は最高です。
もともとパナソニック製のテレビのスタンド下(中)におけるように設計してあるのですがBRAVIAでは置けませんでした。
テレビ台のブルーレイなどを置いているスペースに配置しました。ただパナソニックも強く警告してますがブルーレイやハードディスクなどと重ね置きはDY-SP1自体がスピーカーの磁気を防ぐシールド的な性能が無いのでHDDなどの重ね置きは厳禁です。

高音はさすがハイレゾ対応ツイータを使用してるので優秀で中音域はフルレンジスピーカーで普通にカバーされ低音はウーハーと低音部を助長する役目のラジエーターでかなりでてます。BRAVIA専用のワイヤレス サブウーハーまでは要らない方はちょうどいいかもしれません。

難聴ぎみの家族がいますが本製品設置後は一番本人が喜んでいます。普通に健常者の私にはわかりませんが声が設置前と比べ大音量にしなくても良く聞こるらしいのです。

一つ物言いを挙げれば音量の変化はインジケータで確認できるのですが現在の音量の実数値が不明な点だけです。

ARC機能搭載テレビで機能に準じたHDMIケーブルがあればかなりコストパフォーマンスも優秀な製品だと推挙します。


追加記事 2017-05

最近の薄型テレビのスピーカーはテレビの裏面に装備されて
一部の(比較的高価もしくは旧型式)薄型テレビ以外はほぼ
テレビの背面から聞こえています。

この為に、@聞こえにくい@音量が小さいと聞こえない
@(アパートなど集合住宅)隣からのテレビの音の苦情、
など多様な弊害みたいな事が多々あります。

本製品はテレビ前面に向けてテレビを視聴している人に
向けて音が出る事とかなり聞き取りやすい音質で再生される
事で前に述べた弊害問題の解決になります。

ソニーBRAVIAの場合、テレビ内蔵スピーカーで音量35〜40
必要だったのがDY-SP1をHDMI接続の場合、通常は25くらい
で概ね27〜35位で十分です。仮に少し大音量で35〜40位でも
多少は部屋や建物の環境にも依りますが隣人宅へは迷惑に
なる程でなく映画や音楽も楽しめます。

内蔵スピーカーはテレビ背面にあり壁に向かって音を
出して更に音も歪み気味なので、隣の壁にいる方は
とてもうるさく、テレビ視聴者本人も聞き取りにくい
のです。

パチンコをする方は最新の『花の慶次(ニューギン)』、
『海物語(三洋物産)』が2.1chで音に演出によっては
立体的に表現せれており低音部にラジエーターを搭載
するとDY-SP1の表現に近いのでは?と個人的に思います。
スピーカーとウーハーの大きさもはぼ同じくらい

左右スピーカーの物理的間隔は狭いのですが5.1chなど
には明らかに負けますが、通常のステレオよりはるかに
立体的な音が表現されており、左から右などの移動する
音や細かな音の表現もなかなかです。但しHDMIケーブル
はできるだけver.2.0aなど伝送速度が18Gのものを選んで
下さい。ver.1.4や10Gとは簡単に言えば音だけでも4倍程
違いがあり、実際に仕様や仕組などを知らない者が
「明らかに音が更に良くなった」と言ってます。

※ HDMIケーブルはソニーかパナソニックが優秀
だけど高価なので認証製品か信用ある製品なら可

※2.0bがTV用と良く言われますが1.4bの4K用も2.0と
名乗って良いルールなので2.0aを推奨します。

後日に判明した要注意点(HDMI信号の遅れや切断)

HDMIケーブルのグレードや接続機器に関係なく本機に
DVDやブルーレイのHDMI入力(右側)に接続した場合、
特に4,Kなどの場合はスタート時等にほんの少しですが
タイムラグや信号の切断があるようです。普通に動画や
音楽を視聴される分は問題ないと思いますが神経質な
方などは注意した方が良いかもしれません。入力を使用
しないでDVD機器等を直接、空きがあるテレビ側の
HDMI入力に接続する事で殆どの場合は回避可能。

設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった0

満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
機能性3
入出力端子4
サイズ5
とても優秀で安価でもあり実用性が十分あります

4KやHDMI2.0a対応でありHDMIリンクで電源オンオフを含めて基本的にテレビのリモコン操作だけで特別な操作や設定などが要らないので誰でも簡単に使えます。テレビは4K BRAVIA、ブルーレイはディーガを使用。イコライザーなどのチューニングや設定にもよるがBRAVIAの搭載スピーカーは時折、ひび割れた音がして低音が弱い。また特定周波数特性の音や声が聞こえにくい家族が居るので購入を検討しました。5.1,chや7.1,chなとやホームシアターまでの必要性はないが省スペースである程度は音質が良く(特に低音)低価格なものをさがしてました?4K対応の場合、他製品は最低でも税込みで三万以上して特にソニーの場合は全て満たす製品はとても高価で安価なものは売価価格に対して機能が中途半端でかえって高いものばかりです。ブルーレイが最新のディーガで色々調べて本製品にたどり着きました。
設定は本製品よりBRAVIA(テレビ)側で行う事が多くアンドロイドTVの為か設定した上でホームメニュにある端末情報から再起動させて完成です。
BRAVIAの場合はテレビ設定だけでは音がでなくHDMIやスピーカー、デジタル出力などの適切な設定をした上で必ずBRAVIAを再起動しないと正常にDY-SP1からは音がでませんでした。

5.1chやホームシアターなどまでの音質や音空間を追及したり強いこだわりかなければ本製品は最高です。
もともとパナソニック製のテレビのスタンド下(中)におけるように設計してあるのですがBRAVIAでは置けませんでした。
テレビ台のブルーレイなどを置いているスペースに配置しました。ただパナソニックも強く警告してますがブルーレイやハードディスクなどと重ね置きはDY-SP1自体がスピーカーの磁気を防ぐシールド的な性能が無いのでHDDなどの重ね置きは厳禁です。

高音はさすがハイレゾ対応ツイータを使用してるので優秀で中音域はフルレンジスピーカーで普通にカバーされ低音はウーハーと低音部を助長する役目のラジエーターでかなりでてます。BRAVIA専用のワイヤレス サブウーハーまでは要らない方はちょうどいいかもしれません。

難聴ぎみの家族がいますが本製品設置後は一番本人が喜んでいます。普通に健常者の私にはわかりませんが声が設置前と比べ大音量にしなくても良く聞こるらしいのです。

一つ物言いを挙げれば音量の変化はインジケータで確認できるのですが現在の音量の実数値が不明な点だけです。

ARC機能搭載テレビで機能に準じたHDMIケーブルがあればかなりコストパフォーマンスも優秀な製品だと推挙します。


追加記事 2017-05

最近の薄型テレビのスピーカーはテレビの裏面に装備されて
一部の(比較的高価もしくは旧型式)薄型テレビ以外はほぼ
テレビの背面から聞こえています。

この為に、@聞こえにくい@音量が小さいと聞こえない
@(アパートなど集合住宅)隣からのテレビの音の苦情、
など多様な弊害みたいな事が多々あります。

本製品はテレビ前面に向けてテレビを視聴している人に
向けて音が出る事とかなり聞き取りやすい音質で再生される
事で前に述べた弊害問題の解決になります。

ソニーBRAVIAの場合、テレビ内蔵スピーカーで音量35〜40
必要だったのがDY-SP1をHDMI接続の場合、通常は25くらい
で概ね27〜35位で十分です。仮に少し大音量で35〜40位でも
多少は部屋や建物の環境にも依りますが隣人宅へは迷惑に
なる程でなく映画や音楽も楽しめます。

内蔵スピーカーはテレビ背面にあり壁に向かって音を
出して更に音も歪み気味なので、隣の壁にいる方は
とてもうるさく、テレビ視聴者本人も聞き取りにくい
のです。

パチンコをする方は最新の『花の慶次(ニューギン)』、
『海物語(三洋物産)』が2.1chで音に演出によっては
立体的に表現せれており低音部にラジエーターを搭載
するとDY-SP1の表現に近いのでは?と個人的に思います。
スピーカーとウーハーの大きさもはぼ同じくらい

左右スピーカーの物理的間隔は狭いのですが5.1chなど
には明らかに負けますが、通常のステレオよりはるかに
立体的な音が表現されており、左から右などの移動する
音や細かな音の表現もなかなかです。但しHDMIケーブル
はできるだけver.2.0aなど伝送速度が18Gのものを選んで
下さい。ver.1.4や10Gとは簡単に言えば音だけでも4倍程
違いがあり、実際に仕様や仕組などを知らない者が
「明らかに音が更に良くなった」と言ってます。

※ HDMIケーブルはソニーかパナソニックが優秀
だけど高価なので認証製品か信用ある製品なら可

後日に判明した要注意点(HDMI信号の遅れや切断)

HDMIケーブルのグレードや接続機器に関係なく本機に
DVDやブルーレイのHDMI入力(右側)に接続した場合、
特に4,Kなどの場合はスタート時等にほんの少しですが
タイムラグや信号の切断があるようです。普通に動画や
音楽を視聴される分は問題ないと思いますが神経質な
方などは注意した方が良いかもしれません。入力を使用
しないでDVD機器等を直接、空きがあるテレビ側の
HDMI入力に接続する事で殆どの場合は回避可能。

設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった0

満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
機能性3
入出力端子4
サイズ5
とても優秀で安価でもあり実用性が十分あります

4KやHDMI2.0a対応でありHDMIリンクで電源オンオフを含めて基本的にテレビのリモコン操作だけで特別な操作や設定などが要らないので誰でも簡単に使えます。テレビは4K BRAVIA、ブルーレイはディーガを使用。イコライザーなどのチューニングや設定にもよるがBRAVIAの搭載スピーカーは時折、ひび割れた音がして低音が弱い。また特定周波数特性の音や声が聞こえにくい家族が居るので購入を検討しました。5.1,chや7.1,chなとやホームシアターまでの必要性はないが省スペースである程度は音質が良く(特に低音)低価格なものをさがしてました?4K対応の場合、他製品は最低でも税込みで三万以上して特にソニーの場合は全て満たす製品はとても高価で安価なものは売価価格に対して機能が中途半端でかえって高いものばかりです。ブルーレイが最新のディーガで色々調べて本製品にたどり着きました。
設定は本製品よりBRAVIA(テレビ)側で行う事が多くアンドロイドTVの為か設定した上でホームメニュにある端末情報から再起動させて完成です。
BRAVIAの場合はテレビ設定だけでは音がでなくHDMIやスピーカー、デジタル出力などの適切な設定をした上で必ずBRAVIAを再起動しないと正常にDY-SP1からは音がでませんでした。

5.1chやホームシアターなどまでの音質や音空間を追及したり強いこだわりかなければ本製品は最高です。
もともとパナソニック製のテレビのスタンド下(中)におけるように設計してあるのですがBRAVIAでは置けませんでした。
テレビ台のブルーレイなどを置いているスペースに配置しました。ただパナソニックも強く警告してますがブルーレイやハードディスクなどと重ね置きはDY-SP1自体がスピーカーの磁気を防ぐシールド的な性能が無いのでHDDなどの重ね置きは厳禁です。

高音はさすがハイレゾ対応ツイータを使用してるので優秀で中音域はフルレンジスピーカーで普通にカバーされ低音はウーハーと低音部を助長する役目のラジエーターでかなりでてます。BRAVIA専用のワイヤレス サブウーハーまでは要らない方はちょうどいいかもしれません。

難聴ぎみの家族がいますが本製品設置後は一番本人が喜んでいます。普通に健常者の私にはわかりませんが声が設置前と比べ大音量にしなくても良く聞こるらしいのです。

一つ物言いを挙げれば音量の変化はインジケータで確認できるのですが現在の音量の実数値が不明な点だけです。

ARC機能搭載テレビで機能に準じたHDMIケーブルがあればかなりコストパフォーマンスも優秀な製品だと推挙します。

設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった6

満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
機能性3
入出力端子4
サイズ5
とても優秀で安価でもあり実用性が十分あります

4KやHDMI2.0a対応でありHDMIリンクで電源オンオフを含めて基本的にテレビのリモコン操作だけで特別な操作や設定などが要らないので誰でも簡単に使えます。テレビは4K BRAVIA、ブルーレイはディーガを使用。イコライザーなどのチューニングや設定にもよるがBRAVIAの搭載スピーカーは時折、ひび割れた音がして低音が弱い。また特定周波数特性の音や声が聞こえにくい家族が居るので購入を検討しました。5.1,chや7.1,chなとやホームシアターまでの必要性はないが省スペースである程度は音質が良く(特に低音)低価格なものをさがしてました?4K対応の場合、他製品は最低でも税込みで三万以上して特にソニーの場合は全て満たす製品はとても高価で安価なものは売価価格に対して機能が中途半端でかえって高いものばかりです。ブルーレイが最新のディーガで色々調べて本製品にたどり着きました。
設定は本製品よりBRAVIA(テレビ)側で行う事が多くアンドロイドTVの為か設定した上でホームメニュにある端末情報から再起動させて完成です。
BRAVIAの場合はテレビ設定だけでは音がでなくHDMIやスピーカー、デジタル出力などの適切な設定をした上で必ずBRAVIAを再起動しないと正常にDY-SP1からは音がでませんでした。

5.1chやホームシアターなどまでの音質や音空間を追及したり強いこだわりかなければ本製品は最高です。
もともとパナソニック製のテレビのスタンド下(中)におけるように設計してあるのですがBRAVIAでは置けませんでした。
テレビ台のブルーレイなどを置いているスペースに配置しました。ただパナソニックも強く警告してますがブルーレイやハードディスクなどと重ね置きはDY-SP1自体がスピーカーの磁気を防ぐシールド的な性能が無いのでHDDなどの重ね置きは厳禁です。

高音はさすがハイレゾ対応ツイータを使用してるので優秀で中音域はフルレンジスピーカーで普通にカバーされ低音はウーハーと低音部を助長する役目のラジエーターでかなりでてます。BRAVIA専用のワイヤレス サブウーハーまでは要らない方はちょうどいいかもしれません。

難聴ぎみの家族がいますが本製品設置後は一番本人が喜んでいます。普通に健常者の私にはわかりませんが声が設置前と比べ大音量にしなくても良く聞こるらしいのです。

一つ物言いを挙げれば音量の変化はインジケータで確認できるのですが現在の音量の実数値が不明な点だけです。

ARC機能搭載テレビで機能に準じたHDMIケーブルがあればかなりコストパフォーマンスも優秀な製品だと推挙します。

設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「DY-SP1」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
能率が良くてコンパクト  4 2019年1月16日 21:21
値段の割には  3 2018年10月21日 18:19
音質に+  3 2017年12月21日 07:14
テレビスピーカのグレードアップには十分  5 2017年12月2日 22:33
あんまり目立つ広告していない?でもよい商品。  5 2017年9月13日 02:33
ごくたまに制御不能になる。  4 2017年8月20日 17:07
コスパも含め、頑張ってるねぇ〜!  5 2017年5月11日 14:31
とても優秀で安価でもあり実用性が十分あります  5 2017年5月5日 04:20
DY-SP1  4 2017年4月3日 21:39
省スペース、安価、実感できる効果あり  4 2017年2月27日 14:21

DY-SP1のレビューを見る(レビュアー数:15人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

DY-SP1
パナソニック

DY-SP1

最安価格(税込):¥10,034発売日:2016年11月18日 価格.comの安さの理由は?

DY-SP1をお気に入り製品に追加する <283

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ホームシアター スピーカー]

ホームシアター スピーカーの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ホームシアター スピーカー)

ご注意