『α99からの大幅進化 万人向けのフラッグシップ機』 SONY α99 II ILCA-99M2 ボディ GKOMさんのレビュー・評価

2016年11月25日 発売

α99 II ILCA-99M2 ボディ

  • 35mmフルサイズ裏面照射型の有効約4240万画素CMOSセンサーを搭載した、Aマウントの最上位機種(※発売時点)。
  • 世界最多399点(※発売時点)像面位相差AFセンサーや新開発の「ハイブリッド位相差検出AFシステム」により、被写体を素早く正確に捉える。
  • 動画撮影時は高ビットレート100MbpsのXAVC S(4K)フォーマットに対応し、高精細かつ圧縮ノイズの影響を抑えた映像表現を実現する。
α99 II ILCA-99M2 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

他の画像も見る

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

中古
最安価格(税込):
¥210,500 (6製品)


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:一眼レフ 画素数:4360万画素(総画素)/4240万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:770g α99 II ILCA-99M2 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • α99 II ILCA-99M2 ボディの価格比較
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの中古価格比較
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの買取価格
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの店頭購入
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのスペック・仕様
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの純正オプション
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのレビュー
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのクチコミ
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの画像・動画
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのピックアップリスト
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのオークション

α99 II ILCA-99M2 ボディSONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年11月25日

  • α99 II ILCA-99M2 ボディの価格比較
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの中古価格比較
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの買取価格
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの店頭購入
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのスペック・仕様
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの純正オプション
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのレビュー
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのクチコミ
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの画像・動画
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのピックアップリスト
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのオークション

『α99からの大幅進化 万人向けのフラッグシップ機』 GKOMさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α99 II ILCA-99M2 ボディのレビューを書く

GKOMさん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:448人
  • ファン数:56人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
7件
1140件
デジタルカメラ
5件
260件
カメラその他
0件
15件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
α99からの大幅進化 万人向けのフラッグシップ機
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

【デザイン】
旧モデルが流線形でしたが今回はエッジが効いたデザインに変更されています体積比が小さいことも相まってかなり小型になった印象を受けます。 

前回は握りしめる気持ちよさがあったのに対し今回は包み込む気持ちよさに変わった感じ。

【画質】
4年の熟成期間を経てさらに磨きがかかりました、高感度ノイズは格段に減ったので三脚が使えない野外のパブリックスペースなどでは重宝します。

AFアルゴリズムやバッファ周りも強化されフルサイズ高画素機で連射は出来ないという概念を打ち破った本機はエポックメイキングだと思います。

【操作性】
メニューはα99から大幅に変更が入ってます、階層の深さは他社のデジカメとさほど変わらないのでソニーやフジ、キヤノンをそれなりに使いこなしている方であれば説明書なしで操作できます。

ジョイスティックはデザインが変わりメニューのレスポンスも速くなったのでストレスなく操作できるようになっています

【バッテリー】
Aマウント フラッグシップは共通バッテリーですので買い足しなくそのまま使えるのが良いです。

三脚撮影、タイムラプスや長時間露光、連射を主にするならば4個くらいはあったほうがいいと思いますがこれに関してはEVF機に限ったことではなくOVF機でも予備にたくさん用意するのは常識なので不便と感じたことはありません。

*旅行先のスナップ撮影程度であれば予備に一個持っておけば一日で使い切ることはまず無いです。

【携帯性】
ボディ全体は一回り小さくなっているのですが、重さは少し増えているので体積分の恩恵はあまり感じないかな。

ミニマムボディを求めるならEマウントのほうがしっくりくるかもしれません。

【機能性】
初代機でも特に不便を感じたことが無かったのですがカスタムボタンに充てられる機能が増えたのは地味にうれしいです。
ボタンの配置もほぼ変更がないのでファインダーから目を離さず操作できます。

【液晶】
文句無しの高精細液晶です、縦グリを使っても違和感なく画面を回転させてローアングルが撮れる三軸チルトは大変便利です。

【ホールド感】
初代は欧米のユーザーを意識してか少し大きめでしたが今回は手が小さな方でもしっかり握れるようになってます個人的には大きめのほうが好きなので多少窮屈かなと感じます。

【総評】
フルサイズ4,000万画素オーバーのカメラが手ぶれ補正レンズを使わなくても気軽に撮れるようになったことに時代を感じますファインダーを覗きながら紙のように薄いピント面を自在に操り大口径レンズを絞り開放で撮る楽しみはEVFならではかと。

連射やAFの機能も良いですがマニュアル露出MF派の人でも満足できるカメラに仕上がってると思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
室内
その他

参考になった119人(再レビュー後:19人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
α99からの大幅進化 万人向けのフラッグシップ機
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

【デザイン】
旧モデルが流線形でしたが今回はエッジが効いたデザインに変更されています体積比が小さいことも相まってかなり小型になった印象を受けます。 

前回は握りしめる気持ちよさがあったのに対し今回は包み込む気持ちよさに変わった感じ。

【画質】
4年の熟成期間を経てさらに磨きがかかりました、高感度ノイズは格段に減ったので三脚が使えない野外のパブリックスペースなどでは重宝します。

AFアルゴリズムやバッファ周りも強化されフルサイズ高画素機で連射は出来ないという概念を打ち破った本機はエポックメイキングだと思います。

【操作性】
メニューはα99から大幅に変更が入ってます、階層の深さは他社のデジカメとさほど変わらないのでソニーやフジ、キヤノンをそれなりに使いこなしている方であれば説明書なしで操作できます。

ジョイスティックはデザインが変わりメニューのレスポンスも速くなったのでストレスなく操作できるようになっています

【バッテリー】
Aマウント フラッグシップは共通バッテリーですので買い足しなくそのまま使えるのが良いです。

三脚撮影、タイムラプスや長時間露光、連射を主にするならば4個くらいはあったほうがいいと思いますがこれに関してはEVF機に限ったことではなくOVF機でも予備にたくさん用意するのは常識なので不便と感じたことはありません。

*旅行先のスナップ撮影程度であれば予備に一個持っておけば一日で使い切ることはまず無いです。

【携帯性】
ボディ全体は一回り小さくなっているのですが、重さは少し増えているので体積分の恩恵はあまり感じないかな。

ミニマムボディを求めるならEマウントのほうがしっくりくるかもしれません。

【機能性】
初代機でも特に不便を感じたことが無かったのですがカスタムボタンに充てられる機能が増えたのは地味にうれしいです。
ボタンの配置もほぼ変更がないのでファインダーから目を離さず操作できます。

【液晶】
文句無しの高精細液晶です、縦グリを使っても違和感なく画面を回転させてローアングルが撮れる三軸チルトは大変便利です。

【ホールド感】
初代は欧米のユーザーを意識してか少し大きめでしたが今回は手が小さな方でもしっかり握れるようになってます個人的には大きめのほうが好きなので多少窮屈かなと感じます。

【総評】
フルサイズ4,000万画素オーバーのカメラが手ぶれ補正レンズを使わなくても気軽に撮れるようになったことに時代を感じますファインダーを覗きながら紙のように薄いピント面を自在に操り大口径レンズを絞り開放で撮る楽しみはEVFならではかと。

連射やAFの機能も良いですがマニュアル露出MF派の人でも満足できるカメラに仕上がってると思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
室内
その他

参考になった96

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
α99からの大幅進化、万人向けのフラッグシップ機

【デザイン】
旧モデルが流線形でしたが今回はエッジが効いたデザインに変更されています体積比が小さいことも相まってかなり小型になった印象を受けます。 

前回は握りしめる気持ちよさがあったのに対し今回は包み込む気持ちよさに変わった感じ。

【画質】
4年の熟成期間を経てさらに磨きがかかりました、高感度ノイズは格段に減ったので三脚が使えない野外のパブリックスペースなどでは重宝します。

AFアルゴリズムやバッファ周りも強化されフルサイズ高画素機で連射は出来ないという概念を打ち破った本機はエポックメイキングだと思います。

【操作性】
メニューはα99から大幅に変更が入ってます、階層の深さは他社のデジカメとさほど変わらないのでソニーやフジ、キヤノンをそれなりに使いこなしている方であれば説明書なしで操作できます。

ジョイスティックはデザインが変わりメニューのレスポンスも速くなったのでストレスなく操作できるようになっています

【バッテリー】
Aマウント フラッグシップは共通バッテリーですので買い足しなくそのまま使えるのが良いです。

三脚撮影、タイムラプスや長時間露光、連射を主にするならば4個くらいはあったほうがいいと思いますがこれに関してはEVF機に限ったことではなくOVF機でも予備にたくさん用意するのは常識なので不便と感じたことはありません。

*旅行先のスナップ撮影程度であれば予備に一個持っておけば一日で使い切ることはまず無いです。

【携帯性】
ボディ全体は一回り小さくなっているのですが、重さは少し増えているので体積分の恩恵はあまり感じないかな。

ミニマムボディを求めるならEマウントのほうがしっくりくるかもしれません。

【機能性】
初代機でも特に不便を感じたことが無かったのですがカスタムボタンに充てられる機能が増えたのは地味にうれしいです。
ボタンの配置もほぼ変更がないのでファインダーから目を離さず操作できます。

【液晶】
文句無しの高精細液晶です、縦グリを使っても違和感なく画面を回転させてローアングルが撮れる三軸チルトは大変便利です。

【ホールド感】
初代は欧米のユーザーを意識してか少し大きめでしたが今回は手が小さな方でもしっかり握れるようになってます個人的には大きめのほうが好きなので多少窮屈かなと感じます。

【総評】
フルサイズ4,000万画素オーバーのカメラが手ぶれ補正レンズを使わなくても気軽に撮れるようになったことに時代を感じますファインダーを覗きながら紙のように薄いピント面を自在に操り大口径レンズを絞り開放で撮る楽しみはEVFならではかと。

連射やAFの機能も良いですがマニュアル露出MF派の人でも満足できるカメラに仕上がってると思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
室内
その他

参考になった0

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
α99からの大幅進化、万人向けののフラッグシップ機
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

【デザイン】
旧モデルが流線形でしたが今回はエッジが効いたデザインに変更されています体積比が小さいことも相まってかなり小型になった印象を受けます。 

前回は握りしめる気持ちよさがあったのに対し今回は包み込む気持ちよさに変わった感じ。

【画質】
4年の熟成期間を経てさらに磨きがかかりました、高感度ノイズは格段に減ったので三脚が使えない野外のパブリックスペースなどでは重宝します。

AFアルゴリズムやバッファ周りも強化されフルサイズ高画素機で連射は出来ないという概念を打ち破った本機はエポックメイキングだと思います。

【操作性】
メニューはα99から大幅に変更が入ってます、階層の深さは他社のデジカメとさほど変わらないのでソニーやフジ、キヤノンをそれなりに使いこなしている方であれば説明書なしで操作できます。

ジョイスティックはデザインが変わりメニューのレスポンスも速くなったのでストレスなく操作できるようになっています

【バッテリー】
Aマウント フラッグシップは共通バッテリーですので買い足しなくそのまま使えるのが良いです。

三脚撮影、タイムラプスや長時間露光、連射を主にするならば4個くらいはあったほうがいいと思いますがこれに関してはEVF機に限ったことではなくOVF機でも予備にたくさん用意するのは常識なので不便と感じたことはありません。

*旅行先のスナップ撮影程度であれば予備に一個持っておけば一日で使い切ることはまず無いです。

【携帯性】
ボディ全体は一回り小さくなっているのですが、重さは少し増えているので体積分の恩恵はあまり感じないかな。

ミニマムボディを求めるならEマウントのほうがしっくりくるかもしれません。

【機能性】
初代機でも特に不便を感じたことが無かったのですがカスタムボタンに充てられる機能が増えたのは地味にうれしいです。
ボタンの配置もほぼ変更がないのでファインダーから目を離さず操作できます。

【液晶】
文句無しの高精細液晶です、縦グリを使っても違和感なく画面を回転させてローアングルが撮れる三軸チルトは大変便利です。

【ホールド感】
初代は欧米のユーザーを意識してか少し大きめでしたが今回は手が小さな方でもしっかり握れるようになってます個人的には大きめのほうが好きなので多少窮屈かなと感じます。

【総評】
フルサイズ4,000万画素オーバーのカメラが手ぶれ補正レンズを使わなくても気軽に撮れるようになったことに時代を感じますファインダーを覗きながら紙のように薄いピント面を自在に操り大口径レンズを絞り開放で撮る楽しみはEVFならではかと。

連射やAFの機能も良いですがマニュアル露出MF派の人でも満足できるカメラに仕上がってると思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
室内
その他

参考になった4

 
 
 
 
 
 

「α99 II ILCA-99M2 ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
Aマウント、最後にありがとう!  5 2022年6月27日 17:20
最後の最後に他社を抜き去ったカメラ  4 2022年3月30日 19:07
α99からの大幅進化 万人向けのフラッグシップ機  5 2021年5月24日 00:46
まだAマウントを諦めない貴方に  5 2020年5月22日 04:21
Aマウントの最終形(かも)  5 2020年1月4日 00:03
発売から3年。  5 2019年12月14日 01:49
Aマウント、TLMの理想型  5 2019年9月24日 06:08
遅ればせながらユーザーとなり、更に使ってみてのレビュー  5 2019年9月3日 20:38
900から99Uへ.  5 2019年4月26日 14:38
残念なファインダー以外は100点  4 2019年2月28日 14:59

α99 II ILCA-99M2 ボディのレビューを見る(レビュアー数:84人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

α99 II ILCA-99M2 ボディのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

α99 II ILCA-99M2 ボディ
SONY

α99 II ILCA-99M2 ボディ

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年11月25日

α99 II ILCA-99M2 ボディをお気に入り製品に追加する <560

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意