『初心〜中級ながら、いきなり購入』 SONY α99 II ILCA-99M2 ボディ migsis1さんのレビュー・評価

2016年11月25日 発売

α99 II ILCA-99M2 ボディ

  • 35mmフルサイズ裏面照射型の有効約4240万画素CMOSセンサーを搭載した、Aマウントの最上位機種(※発売時点)。
  • 世界最多399点(※発売時点)像面位相差AFセンサーや新開発の「ハイブリッド位相差検出AFシステム」により、被写体を素早く正確に捉える。
  • 動画撮影時は高ビットレート100MbpsのXAVC S(4K)フォーマットに対応し、高精細かつ圧縮ノイズの影響を抑えた映像表現を実現する。
α99 II ILCA-99M2 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

他の画像も見る

プロダクトアワード2017

最安価格(税込):

¥348,210

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥348,210

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥202,800 (14製品)


価格帯:¥348,210〜¥430,389 (33店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥348,210 〜 ¥427,900 (全国3店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:一眼レフ 画素数:4360万画素(総画素)/4240万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:770g α99 II ILCA-99M2 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • α99 II ILCA-99M2 ボディの価格比較
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの中古価格比較
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの買取価格
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの店頭購入
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのスペック・仕様
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの純正オプション
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのレビュー
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのクチコミ
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの画像・動画
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのピックアップリスト
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのオークション

α99 II ILCA-99M2 ボディSONY

最安価格(税込):¥348,210 (前週比:±0 ) 発売日:2016年11月25日

  • α99 II ILCA-99M2 ボディの価格比較
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの中古価格比較
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの買取価格
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの店頭購入
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのスペック・仕様
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの純正オプション
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのレビュー
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのクチコミ
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの画像・動画
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのピックアップリスト
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのオークション

『初心〜中級ながら、いきなり購入』 migsis1さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α99 II ILCA-99M2 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:71件
  • 累計支持数:272人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイプレーヤー
3件
7件
デジタルカメラ
1件
8件
バイク(本体)
1件
7件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
初心〜中級ながら、いきなり購入
機種不明天板がボケてますが・・・
   

天板がボケてますが・・・

   

これまでオリンパスPENを使ってきましたが、いきなりα99 Uを購入。ずいぶん使い心地が良く、購入して一ヶ月ですが、満足しています。使用目的は商品撮影で、ほぼ毎日使います。使用頻度が高いので、いきなりここまで飛んで正解でした。


【購入動機】
用途がネットオークションの商品撮影メインなので、一眼までは不要かな、という気分で10年近くおりましたが、頻繁に使うので、

1. 撮影がつらくなくなる心地よさ
2. 愛玩品になり得る質感

そんな理由で、いきなりα99 Uを買いました。上記二点ともに満足がいく機種だと思います。

偶然かもしれませんが、このカメラで撮るようになってから売り上げが上がりました。買い手の方の心に響くものがあると信じたいです。

【感心した点】

撮像素子の感度が高いので、光が弱くても粒子が荒れにくく、大型で運びにくい品でも、室内で照明を強くするなど気を配らなくても撮れるのが、いちばん助かっています。これほど進歩していたのか・・・という感じですね。

【操作感】

シャッターボタンを押して、オートフォーカスして、シャッターが切れる。このリズムがとても良いカメラなので、撮影が楽しく、作業がはかどります。撮影の失敗も発生しづらく、後でPhotoshopやCamera Rawでムリな補正をしようということがほとんどなくなったのも、助かっています。三脚の出番がなくなりました。

【愛玩品として】
実はレンズ、APS-C用とフルサイズ用とに分かれていることを知りませんでした。
最初に買ったのはDT 16-105mm F3.5-5.6で、画角と焦点距離表示が合わないのに気づき、両者の違いにたどりつくというお粗末さ。後で28-75mm F2.8 SAMを買い足しましたが、こんどは商品撮影には、望遠側が短い(被写界深度を確保するため)。そこで70-300mm F4.5-5.6 G SSM IIを追加するという有様です。

パソコンのディスプレイにはEIZOのEV3237(4K 31.5インチ)を使っています。目の解像度を超えているのがわかります。

DT 16-105mm F3.5-5.6でフルサイズを生かせていなくても、そんな画質なのですが、愛玩品としては、本体との重量・物理的口径のバランスが良くないのが気になるところです。28-75mm F2.8 SAMは、その点が解消されるような印象です。

動画撮影スタートの、オレンジ色でマーキングされた、シルバーのボタン。これが金属製だったら、なお良かったですね。Aマウント・フラグシップということで、細部にこだわったと書かれている記事を見るので、もしかしたらと期待したのですが、さすがにプラスチックにメッキ部品でした。

【ボケ味】

商品撮影では、撮影対象にボケた部分があっては具合が良くないので、ボケ味など考えたことがないのですが、ポートレート風の写真を試しに撮ってみて、みなさんがこだわるボケの味わいに気づかされました。カメラ本体には直接関係のない部分ではありますが。

【使い勝手】
商品撮影では、背景がごく薄いグレーにしているので、露出補正の操作が毎回必須です。
シャッターボタンの近くにボタンがあり、持ち替えることもなく手探りで操作できるのは、さすがにプロ用を意識した機種というところでしょうか。ありがたい部分です。

毎秒12コマの高速シャッターも、それ自体は必要ないのですが、BKT撮影で露出補正3カット撮るのも当然早くなるので、その点も撮影のリズム感の良さにつながっています。

【消費電力】

他の方レビューにもあるとおり、電池があっというまに空になりますね。このクラスのカメラを使う方は、プライド?ということで、互換バッテリーを使わないのでしょうか。
安価な互換バッテリーを2個買って、合計3個、ローテーションして使い倒しています。


レンズの選択では失敗しましたが、Aマウント系列と、Eマウント系列があることは、事前に知っていました。Eマウント最上級機という選択もあり得たのですが、ボディ容積がAマウントのα99Uの方が大きいようなので、手にしたときのボリューム感があるな、どうせ外出時に携行することはほとんどないのだし、なんて選択の仕方でした。ペンタプリズム方式になっていて、さらに重いほうが、愛玩品という視点では、良いくらい、という指向です。

愛玩品としても、買って正解だったと思います。手に取ったときの悦びは10日間くらい続きましたし、一ヶ月程度経ったいまでも、メモリーカードを入れないで操作して、遊んでいます。

いままで知人の何人かがデジタル一眼を持っていて多少は気にしていましたが、たいてい現物に触れなくてもわかるプラスチッキーな外見に、所有欲はわきませんでした。いまの一眼はそういう仕上げの品ばかりという思い込みがありました。そのあたりを解消するには、それなりの投資が必要ということですね。

かなり特殊なレビユーになってしまいました。

レベル
初心者
主な被写体
その他

参考になった13人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
初心〜中級ながら、いきなり購入

これまでオリンパスPENを使ってきましたが、いきなりα99 Uを購入。ずいぶん使い心地が良く、購入して一ヶ月ですが、満足しています。使用目的は商品撮影で、ほぼ毎日使います。使用頻度が高いので、いきなりここまで飛んで正解でした。


【購入動機】
用途がネットオークションの商品撮影メインなので、一眼までは不要かな、という気分で10年近くおりましたが、頻繁に使うので、

1. 撮影がつらくなくなる心地よさ
2. 愛玩品になり得る質感

そんな理由で、いきなりα99 Uを買いました。上記二点ともに満足がいく機種だと思います。

偶然かもしれませんが、このカメラで撮るようになってから売り上げが上がりました。買い手の方の心に響くものがあると信じたいです。

【感心した点】

撮像素子の感度が高いので、光が弱くても粒子が荒れにくく、大型で運びにくい品でも、室内で照明を強くするなど気を配らなくても撮れるのが、いちばん助かっています。これほど進歩していたのか・・・という感じですね。

【操作感】

シャッターボタンを押して、オートフォーカスして、シャッターが切れる。このリズムがとても良いカメラなので、撮影が楽しく、作業がはかどります。撮影の失敗も発生しづらく、後でPhotoshopやCamera Rawでムリな補正をしようということがほとんどなくなったのも、助かっています。三脚の出番がなくなりました。

【愛玩品として】

実はレンズ、APS-C用とフルサイズ用とに分かれていることを知りませんでした。
最初に買ったのはDT 16-105mm F3.5-5.6で、画角と焦点距離表示が合わないのに気づき、両者の違いにたどりつくというお粗末さ。後で28-75mm F2.8 SAMを買い足しましたが、こんどは商品撮影には、望遠側が短い(被写界深度を確保するため)。そこで70-300mm F4.5-5.6 G SSM IIを追加するという有様です。

パソコンのディスプレイにはEIZOのEV3237(4K 31.5インチ)を使っています。目の解像度を超えているのがわかります。

DT 16-105mm F3.5-5.6でフルサイズを生かせていなくても、そんな画質なのですが、愛玩品としては、本体との重量・物理的口径のバランスが良くないのが気になるところです。28-75mm F2.8 SAMは、その点が解消されるような印象です。

動画撮影スタートの、オレンジ色でマーキングされた、シルバーのボタン。これが金属製だったら、なお良かったですね。Aマウント・フラグシップということで、細部にこだわったと書かれている記事を見るので、もしかしたらと期待したのですが、さすがにプラスチックにメッキ部品でした。

【ボケ味】

商品撮影では、撮影対象にボケた部分があっては具合が良くないので、ボケ味など考えたことがないのですが、ポートレート風の写真を試しに撮ってみて、みなさんがこだわるボケの味わいに気づかされました。カメラ本体には直接関係のない部分ではありますが。

【使い勝手】
商品撮影では、背景がごく薄いグレーにしているので、露出補正の操作が毎回必須です。
シャッターボタンの近くにボタンがあり、持ち替えることもなく手探りで操作できるのは、さすがにプロ用を意識した機種というところでしょうか。ありがたい部分です。

毎秒12コマの高速シャッターも、それ自体は必要ないのですが、BKT撮影で露出補正3カット撮るのも当然早くなるので、その点も撮影のリズム感の良さにつながっています。

【消費電力】

他の方レビューにもあるとおり、電池があっというまに空になりますね。このクラスのカメラを使う方は、プライド?ということで、互換バッテリーを使わないのでしょうか。
安価な互換バッテリーを2個買って、合計3個、ローテーションして使い倒しています。


レンズの選択では失敗しましたが、Aマウント系列と、Eマウント系列があることは、事前に知っていました。Eマウント最上級機という選択もあり得たのですが、ボディ容積がAマウントのα99Uの方が大きいようなので、手にしたときのボリューム感があるな、どうせ外出時に携行することはほとんどないのだし、なんて選択の仕方でした。ペンタプリズム方式になっていて、さらに重いほうが、愛玩品という視点では、良いくらい、という指向です。

愛玩品としても、買って正解だったと思います。手に取ったときの悦びは10日間くらい続きましたし、一ヶ月程度経ったいまでも、メモリーカードを入れないで操作して、遊んでいます。

いままで知人の何人かがデジタル一眼を持っていて多少は気にしていましたが、たいてい現物に触れなくてもわかるプラスチッキーな外見に、所有欲はわきませんでした。そのあたりを解消するには、それなりの投資が必要ということですね。

かなり特殊なレビユーになってしまいました。

レベル
初心者
主な被写体
その他

参考になった0

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
初心〜中級ながら、いきなり購入

これまでオリンパスPENを使ってきましたが、いきなりα99 Uを購入。ずいぶん使い心地が良く、購入して一ヶ月ですが、満足しています。


【購入動機】
用途がネットオークションの商品撮影メインなので、一眼までは不要かな、という気分で10年近くおりましたが、頻繁に使うので、

1. 撮影がつらくなくなる心地よさ
2. 愛玩品になり得る質感

そんな理由で、いきなりα99 Uを買いました。上記二点ともに満足がいく機種だと思います。

【感心した点】

受光素子の感度が高いので、光が弱くても粒子が荒れにくく、大型で運びにくい品でも、室内で照明を強くするなど気を配らなくても撮れるのが、いちばん助かっています。これほど進歩していたのか・・・という感じですね。

【操作感】

シャッターボタンを押して、オートフォーカスして、シャッターが切れる。このリズムがとても良いカメラなので、撮影が楽しく、作業がはかどります。撮影の失敗も発生しづらく、後でPhotoshopやCamera Rawでムリな補正をしようということがほとんどなくなったのも、助かっています。三脚の出番がなくなりました。

【愛玩品として】

実はレンズ、APS-C用とフルサイズ用とに分かれていることを知りませんでした。
最初に買ったのはDT 16-105mm F3.5-5.6で、画角と焦点距離表示が合わないのを見て、両者の違いに気づくというお粗末さ。後で28-75mm F2.8 SAMを買い足しましたが、こんどは商品撮影には、望遠側が短い。そこで70-300mm F4.5-5.6 G SSM IIを追加するという有様です。

パソコンのディスプレイにはEIZOの4K 30.5インチを使っています。DT 16-105mm F3.5-5.6でフルサイズを生かせていなくても不足のない画質なのですが、愛玩品としては、本体との重量・物理的口径のバランスが良くないのが気になるところです。28-75mm F2.8 SAMは、その点が解消されるような印象です。

動画撮影スタートの、オレンジ色でマーキングされた、シルバーのボタン。これが金属製だったら、なお良かったですね。Aマウント・フラグシップということで、細部にこだわったと書かれている記事を見るので、もしかしたらと期待したのですが、さすがにプラスチックにメッキ部品でした。

【ボケ味】

商品撮影では、撮影対象にボケた部分があっては具合が良くないので、ボケ味など考えたことがないのですが、ポートレート風の写真を試しに撮ってみて、みなさんがこだわるボケの味わいに気づかされました。カメラ本体には直接関係のない部分ではありますが。

【使い勝手】
商品撮影では、背景がごく薄いグレーにしているので、露出補正の操作が毎回必須です。
シャッターボタンの近くにボタンがあり、持ち替えることなく操作できるのは、さすがにプロ用を意識した機種というところでしょうか。ありがたい部分です。

毎秒12コマの高速シャッターも、それ自体は必要ないのですが、BKT撮影で3カット撮るのも当然早くなるので、その点も撮影のリズム感の良さにつながっています。


レンズの選択では失敗しましたが、Aマウント系列と、Eマウント系列があることは、事前に知っていました。Eマウント最上級機という選択もあり得たのですが、ボディ容積がAマウントのα99Uの方が大きいようなので、手にしたときのボリューム感があるな、どうせ外出時に携行することはほとんどないのだし、なんて選択の仕方でした。また、ペンタプリズム方式になっていて、さらに重いほうが、愛玩品という視点では、良いくらいでした。

かなり特殊なレビユーになってしまいました。

レベル
初心者
主な被写体
その他

参考になった6

 
 
 
 
 
 

「α99 II ILCA-99M2 ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
Aマウント、TLMの理想型  5 2019年9月24日 06:08
遅ればせながらユーザーとなり、更に使ってみてのレビュー  5 2019年9月3日 20:38
900から99Uへ.  5 2019年4月26日 14:38
残念なファインダー以外は100点  4 2019年2月28日 14:59
ソニーAマウントの到達点はここなのかな…  4 2019年2月19日 22:43
使用歴3年目の感想  5 2019年2月14日 18:29
夢の続きへ・・・再起動編  5 2018年11月21日 18:21
最後のAマウント機なのかな?  4 2018年11月14日 06:34
初心〜中級ながら、いきなり購入  5 2018年11月2日 01:20
使用して1年  5 2018年9月9日 07:27

α99 II ILCA-99M2 ボディのレビューを見る(レビュアー数:80人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

α99 II ILCA-99M2 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α99 II ILCA-99M2 ボディ
SONY

α99 II ILCA-99M2 ボディ

最安価格(税込):¥348,210発売日:2016年11月25日 価格.comの安さの理由は?

α99 II ILCA-99M2 ボディをお気に入り製品に追加する <590

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意