『使用して1年』 SONY α99 II ILCA-99M2 ボディ OM->αさんのレビュー・評価

2016年11月25日 発売

α99 II ILCA-99M2 ボディ

  • 35mmフルサイズ裏面照射型の有効約4240万画素CMOSセンサーを搭載した、Aマウントの最上位機種(※発売時点)。
  • 世界最多399点(※発売時点)像面位相差AFセンサーや新開発の「ハイブリッド位相差検出AFシステム」により、被写体を素早く正確に捉える。
  • 動画撮影時は高ビットレート100MbpsのXAVC S(4K)フォーマットに対応し、高精細かつ圧縮ノイズの影響を抑えた映像表現を実現する。
α99 II ILCA-99M2 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

他の画像も見る

プロダクトアワード2017

最安価格(税込):

¥348,210

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥348,210

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥213,800 (12製品)


価格帯:¥348,210〜¥430,389 (31店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥348,210 〜 ¥427,900 (全国3店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:一眼レフ 画素数:4360万画素(総画素)/4240万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:770g α99 II ILCA-99M2 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • α99 II ILCA-99M2 ボディの価格比較
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの中古価格比較
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの買取価格
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの店頭購入
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのスペック・仕様
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの純正オプション
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのレビュー
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのクチコミ
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの画像・動画
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのピックアップリスト
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのオークション

α99 II ILCA-99M2 ボディSONY

最安価格(税込):¥348,210 (前週比:±0 ) 発売日:2016年11月25日

  • α99 II ILCA-99M2 ボディの価格比較
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの中古価格比較
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの買取価格
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの店頭購入
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのスペック・仕様
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの純正オプション
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのレビュー
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのクチコミ
  • α99 II ILCA-99M2 ボディの画像・動画
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのピックアップリスト
  • α99 II ILCA-99M2 ボディのオークション

『使用して1年』 OM->αさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α99 II ILCA-99M2 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:208人
  • ファン数:22人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
7件
1059件
デジタルカメラ
1件
41件
レンズ
0件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
使用して1年
当機種2月の梅
当機種3月の桜
当機種3月の桜(2)

2月の梅

3月の桜

3月の桜(2)

当機種8月の蓮
機種不明2秒間連写(左上→横→下段へ)
当機種連写の1枚目(全景)

8月の蓮

2秒間連写(左上→横→下段へ)

連写の1枚目(全景)

購入して1年経過しましたので再レビュー。

【デザイン】★★★★☆
α77そっくりさんですが、内蔵ストロボがないためすっきりしています。

【画質】★★★★☆
色々なシチュエーションで撮影しましたが、破綻無くきれいに撮れます。

高感度ノイズ耐性は今までのαAで一番良いと思います。
RAW+JPEGで撮影していますので、必要に応じてRAW現像で対応でき、大変使いやすい。

色味は、CSをニュートラル使用で自然な(落ち着いた)発色で使いやすい。

【操作性】★★★★☆
シャッター半押しから全押しで、クリック感を求める方もいるようですが、私は重さの変化が少なく大変使いやすい。
当初、半〜全押しのストロークが少し長いと感じたが、慣れました(短い方が良いけど)。

操作性とボタン類の多さは、少ないアクションで操作でき、かつ、背面ボタンに加え軍幹部、前面部のボタンもカスタム可能で、設定可能項目も多くなった。
なお、AF関連の割り当ては、シャッター半押し=AFオフ&AELオン、中央ボタン=AFオン、AELボタン=瞳AF、AF/MFボタン=再押しAF/MFとした。AFがうまく動かなければAF/MFボタンを押して、MFに切り替えにして継続使用中。

希望(不満)としては、自分好みに多くの項目でカスタマイズできるので、リセットなどを考慮して、設定内容をメモリーへのバックアップ&リストアできるようにして欲しい。
また、メニューの構成はごちゃごちゃしており、上記のAF設定を行う場合、メニューを色々動かす必要があり面倒。具体的には、カスタムキー設定、シャッター半押しAFとAELの設定はそれぞれ離れており、まとまって欲しい。設定項目を、複数配置すれば、設定しやすいと思う。

【バッテリー】★★★
予備バッテリー2個携行は必須。α77の時よりもさらに短くなったように感じるが、実用範囲。
従来モデルと共用のためだと思うが、常時ライブビューを考慮してバッテリー容量アップしてほしかった。

【携帯性】★★★★☆
α900より、小さく、背面液晶を裏返せることと、内蔵ストロボがないためバッグに入れやい。

APS-Cレンズ使用時は、α900はファインダーのフレーム表示だけだが、EVFは表示範囲が変わるので違和感なく使えるメリットを活かし、画素数18Mを許容すれば、APS-Cレンズでの総重量削減も選択しやすくなった。(価格以外は)ASP-Cモデルの必要は感じません。

【機能性】★★★★☆
フルサイズ42MでのAF追従12コマ/秒の連写に正直驚いた。AF追従性を確認してみたが、一般道を60km/h(以上?)で走行中の乗用車のナンバーに合わせて2秒(以上)連写して、それなりに追従した。

AFは、レンズによる制約があるが、広範囲の象面位相差やハイブリッド位相差で良く合う。AFを使う機会が増えそう。特に瞳AFは、左右を選べないのは残念だが、想像以上に合う。
瞳AFやEVFでの拡大表示は、老眼の目に優しい。α99Uには、クリアで合わせやすいα900のOVFとは違う使いやすさがある。α77は長時間使うと目が疲れたが、α99Uは疲れにくくなった。

さらに高精細、ブラックアウトフリーになれば、さらに使いやすい。
次期モデルがでるなら、是非そうしてもらいたい。

MS-DUO互換のメモリーカードスロット1は大きなサイズのSDでエラー出たら嫌なので、スロット1はJPEG、スロット2はRAWに振分け保存で使用。
(実使用でエラーが出たことはないけど、そんな書込をあったので念のため)
手ぶれ補正は、α900より数段良くα77の24M APS-Cと同等に効く。
ファイル名先頭3文字を変更でき、ファイル名管理しやすくなった。
GPSロガーを使用してるので問題は無いが、GPS機能は残してほしかった。

【液晶】★★★★☆
液晶そのものには不満なし。
EVF使用時にオートビュー表示されない方がリズムが崩れないので、ポストビュー表示は未使用。必要により再生ボタンで表示する。でも撮影直後にパッと確認したいな、という時もあり、α900等のOVF機は、ファインダーを覗いていれば当然ビューは表示されず、目を外せばセンサーが働いて背面液晶に表示される。α99Uでも同様の動作にさせるため、EVFと背面液晶で違う設定にできるようにしてもらいたい。

【ホールド感】★★★★★
個人差あると思いますが、α99Uが過去のαAの中で一番持ちやすい。
グリップした状態で各ボタン操作もしやい。

【満足度】★★★★☆
メニューのバックアップ&リストア、バッテリーライフ、ブラックアウトフリー無しを除き満足です。Aレンズを所有している方には良い機種です。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
その他

参考になった51人(再レビュー後:30人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー2
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
使用して4ヶ月
当機種斜めのワイヤにモアレ
当機種手持ちマクロ
当機種手持ちマクロ2

斜めのワイヤにモアレ

手持ちマクロ

手持ちマクロ2

当機種古いレンズでも解像してくれました
当機種ISO1000
 

古いレンズでも解像してくれました

ISO1000

 

αAはKMα7D、ソニーα900、700、200、300、77を使いました。主にこれらとの比較レビュー。

【デザイン】★★★★
α77とほぼ同じで、最近(でもないか)のαAトレンド流線型。α77と同じ、と思っていたが、内蔵ストロボがなく、α77よりもすっきり。

【画質】★★★★☆
RAWから弄ればなんとでもなるので、カメラ内JPEGに限定して。
42M画素は高精細。遠景の橋にかかった短い間隔のケーブル等でモアレが発生したが、実用鑑賞サイズ(四切り、A3サイズ位)なら気になりません。

α77やα900と比較すると高感度ノイズはかなり向上し、RAW+JPEGで撮影しておけば、JPEGでそのままきれいな写真が多く、使いやすい。

色味は、普段クリエイティブスタイルがニュートラルなので当然ながら、赤や青などを強調するようなクセのない発色だった。

【操作性】★★★★☆
シャッター半押しから全押しは、クリック感がなく、重さの変化が少なくお気に入り。反対の意見もあるが、好みの問題なんでしょう。
ただ、半〜全押しのストロークが少し長い。シャッターのカスタム調整をやってみようかと思ってが、縦位置グリップとの整合をとるだけなので見送った。

操作性とボタン類の多さは、少ないアクションで操作できるので私は好き。
α77はカスタム設定できるボタン数が少なく、設定可能な項目もかなり限定的だったが、α99Uは背面ボタンに加え軍幹部、前面部のボタンもカスタム可能で、設定可能項目も多くなった。
ちなみにAF関連の割り当ては、シャッター半押し=AFオフ&AELオン、中央ボタン=AFオン、AELボタン=瞳AF、AF/MFボタン=再押しAF/MFとした。AFがうまく動かなければAF/MFボタンを押して、MFに切り替え。

メニューの構成はごちゃごちゃしており、上記のAF設定を行う場合、メニューを色々動かす必要があり面倒。具体的には、カスタムキー設定、シャッター半押しAFとAELの設定はそれぞれ離れており、まとまって欲しい。
設定項目を、複数のカテゴリーに配置すれば、設定しやすいと思うけど、、

設定が飛ぶ事を配慮して、設定内容の保存、復元機能を追加してほしい。

【バッテリー】★★
予備バッテリー2個携行は必須。α77の時よりもさらに短くなったように感じる。
従来モデルと共用のためだと思うが、常時ライブビュー状態の持病であり、バッテリー容量アップしてほしかった。αAの今後を考えると難しいかな。縦位置グリップは、本体バッテリー抜きが必要なモデルなので買う予定はなし。

【携帯性】★★★★
α900より小さく、内蔵ストロボがないためα77よりもバッグに入れやい。

背面液晶を裏返せるので、α77以降はパネルへの負担が小さい。

APS-Cレンズ使用時は、α900はファインダーのフレーム表示だけだが、EVFは表示範囲が変わるので違和感なく使えるメリットを活かし、画素数18Mを許容すれば、APS-Cレンズでの総重量削減も選択しやすくなった。18Mでもα700、α200、300より多く、私には十分許容範囲。

【機能性】★★★★☆
フルサイズ42MでのAF追従12コマ/秒の連写に正直驚いた。(が、高速連写は手持ちでのオートHRD位でしか使わないのが宝の持ち腐れ)

AFは、レンズによる制約があるが、広範囲の象面位相差やハイブリッド位相差で良く合う。AFを使う機会が増えそう。特に瞳AFは、左右を選べないのは残念だが、想像以上に合う。
瞳AFやEVFでの拡大表示は、老眼の目に優しい。α99Uには、クリアで合わせやすいα900のOVFとは違う使いやすさがある。α77は長時間使うと目が疲れたが、α99Uは疲れにくくなった。表示アルゴリズム進化の効用か?(確証なし)

とはいえ、α9に搭載したブラックアウトフリーやサイレントシャッターが搭載されていればもっと良かった。
αE重視の中で、
 αAユーザーへの配慮でα99Uは販売する。
 数は出ないので既存技術を積み上げて安く作りたい。
 どっちにしても、高画素版積層型CMOSはまだ時間がかかる。
という状況での選択だったのだろうと思うが、残念。
私はα9発売後に購入したので良いが、発売時に購入され、失望した方は多いのでは。この機能があればα99Uでの満足度、信頼度はさらに高くなったろう。
(α9は、TLM(αA)を否定するスペックなので、発売タイミングはあれしか無かったとは思うけど)

メモリーカードスロット1でMSも使えるのは良いが、容量や速度面で有用性は疑問。XQDか、SD UHS-U対応の方が良かった。
手ぶれ補正は、α900より数段良くα77の24M APS-Cと同等に効く。
ファイル名先頭3文字を変更でき、ファイル名管理しやすくなった。
GPSが削除されたが残してほしかった。スマホ連携やバッテリーライフなどから削除されたのかな?

【液晶】★★★★☆
α77時点で十分なレベルで問題なし。

EVF使用時にオートビュー表示されない方がリズムが崩れないので、ポストビュー表示は未使用。必要により再生ボタンで表示する。でも撮影直後にパッと確認したいな、という時もあり、α900等のOVF機は、ファインダーを覗いていれば当然ビューは表示されず、目を外せばセンサーが働いて背面液晶に表示される。α99Uでも同様の動作にさせるため、EVFと背面液晶で違う設定にできるようにしてもらいたい。

【ホールド感】★★★★★
グリップ形状は自分の手にあっている。以前はα900がベストと思っていたが、α77以降の形状になれたのか、今ではα99Uの方が持ちやすい。グリップした状態で各ボタン操作もしやすく、一貫してαAのホールド性は良い。

【満足度】★★★★☆
バッテリーライフとブラックアウトフリー無しを除き満足です。APS-Cモデルは処分しました。αAレンズを所有している方には良い機種です。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
その他

参考になった21

 
 
 
 
 
 

「α99 II ILCA-99M2 ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
Aマウント、TLMの理想型  5 2019年9月24日 06:08
遅ればせながらユーザーとなり、更に使ってみてのレビュー  5 2019年9月3日 20:38
900から99Uへ.  5 2019年4月26日 14:38
残念なファインダー以外は100点  4 2019年2月28日 14:59
ソニーAマウントの到達点はここなのかな…  4 2019年2月19日 22:43
使用歴3年目の感想  5 2019年2月14日 18:29
夢の続きへ・・・再起動編  5 2018年11月21日 18:21
最後のAマウント機なのかな?  4 2018年11月14日 06:34
初心〜中級ながら、いきなり購入  5 2018年11月2日 01:20
使用して1年  5 2018年9月9日 07:27

α99 II ILCA-99M2 ボディのレビューを見る(レビュアー数:80人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

α99 II ILCA-99M2 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α99 II ILCA-99M2 ボディ
SONY

α99 II ILCA-99M2 ボディ

最安価格(税込):¥348,210発売日:2016年11月25日 価格.comの安さの理由は?

α99 II ILCA-99M2 ボディをお気に入り製品に追加する <593

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意