『4K環境へ移行のついでに9.1ch化しました』 DENON AVR-X4300H ももたんたんさんのレビュー・評価

> > > > > レビュー・評価
2016年10月中旬 発売

AVR-X4300H

  • Dolby Atmos、DTS:X、4K Ultra HD、HDCP 2.2に対応した最大出力250Wの9.2chAVレシーバー。4Ωスピーカーのドライブが可能。
  • パワーアンプ回路をチャンネルごとに個別の基板に独立させたモノリス・コンストラクション構成により、チャンネル間の振動による影響やクロストークを排除。
  • システム構成に応じた柔軟なアンプアサインが可能。5.6MHz DSD、ハイレゾ、Amazon Alexa、AirPlay 2、インターネットラジオ、Wi-Fi、Bluetoothに対応。
AVR-X4300H 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥160,000

サラウンドチャンネル:9.2ch HDMI端子入力:8系統 オーディオ入力:6系統 AVR-X4300Hのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • AVR-X4300Hの価格比較
  • AVR-X4300Hの店頭購入
  • AVR-X4300Hのスペック・仕様
  • AVR-X4300Hのレビュー
  • AVR-X4300Hのクチコミ
  • AVR-X4300Hの画像・動画
  • AVR-X4300Hのピックアップリスト
  • AVR-X4300Hのオークション

AVR-X4300HDENON

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年10月中旬

  • AVR-X4300Hの価格比較
  • AVR-X4300Hの店頭購入
  • AVR-X4300Hのスペック・仕様
  • AVR-X4300Hのレビュー
  • AVR-X4300Hのクチコミ
  • AVR-X4300Hの画像・動画
  • AVR-X4300Hのピックアップリスト
  • AVR-X4300Hのオークション
ユーザーレビュー > 家電 > AVアンプ > DENON > AVR-X4300H

『4K環境へ移行のついでに9.1ch化しました』 ももたんたんさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

AVR-X4300Hのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:103件
  • 累計支持数:377人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
6件
15件
タブレットPC
4件
11件
PCモニター・液晶ディスプレイ
9件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性4
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子5
サイズ4
4K環境へ移行のついでに9.1ch化しました

4Kへの移行に伴い、アンプも変更が必要になったので購入しました。
将来も考え Atomos&DTS:Xの11.2ch出力ができるこの機種を選びました。
たぶん秋〜冬には後継機種が出るんじゃないかと思われます。値段がズンドコさがってお買い得?
YAMAHA RX-A1020からの切替となります。
現状、スピーカー構成は一切変更せずに9.1chで利用しています。

検討候補としては YAMAHA RX-A2070  Pioneer SC-LX701  でした

納品から1週間、あれこれいじってみての感想です。


【デザイン】
一般的AVアンプのデザインです
無骨ですが、シンプルで私は好きです


【操作性】
GUI操作はけっこうきびきび動く気がします
リモコンのサラウンド切替のボタンが結構下になるので少し使いにくい


【音質】
今までがサラウンドバックとプレゼンスの切替7.1chだったためか、ヤマハの音作りの問題なのかわからないのですが、
そこまで顕著な効果感がありませんでした
こちらのアンプに変更してサラウンドはものすごくよくなり、サテライトスピーカー群が存在感が薄かったのがすごく改善しました
全体的に音のつながりや広がりも改善したと思います(主観ですが)
将来は天井スピーカーに切り替えてAtomosやDTS:Xにしたいなぁと思います

音楽に関してはダイレクトモードで聞く分には全く問題なく、今までのアンプと比べてもしっかりした音になったと思います
ただ、サラウンドモードで聞くと若干センターが強めに出る気がしますので、こちらに関してはパラメーターの調整が必要かな?
慣れてくるとこれはこれでOKな気がしてきています。(クラッシックとかだとどうなんだろう・・・?)

【パワー】
十分すぎです


【機能性】
ストリーミングの機能が充実しています
スマホ(タブレット)からのBT接続ができるのであんまり力を入れなくても・・・とは思います
ハイレゾ関連の再生で生きてくるのかもしれません

【入出力端子】
HDMIの入力8・出力3・全端子4KおよびHDCP2.2対応は非常に高ポイント
エントリー機種だとこの辺に変な制限があったりするのでありがたい
アナログ系も充実していますが、個人的には必要ないです

【サイズ】
このクラスの製品にしては非常にコンパクト(特に奥行)かつ軽量
他候補             奥行(mm)   高さ(mm)   重量(kg)
YAMAHA RX-A2070    474       191       17.0
Pioneer SC-LX701      441       185       15.0
DENON AVR-X4300H    389       167       13.5 
上2点は現在使っているラックに収まらず、裏がはみ出るのが確定でした。
てかYAMAHAさん・・・(白目

【総評】
9.2ch対応のAVアンプが10万切る価格で手にはいるというのは非常にうれしいです。
比較した2機種と比べても圧倒的な安さですし、機能的にも劣るところがないどころか優れている部分があったりします
(HDMIのHDCP2.2対応やプリアウト11.2ch対応など)

Atomos&DTS:X対応・プリアウトながら11.2chにも対応可能・HDMI全端子HDCP2.2対応と長く使える要素も十分
さらにクラスの割にコンパクトと悪いところがあまり見えてこない機種になっています

音作りに関してYAMAHAと明瞭な思想の差があるというか、迫力のあるサラウンドとを!という設計なんだと思います
個人的には好きな傾向なので問題なし

製品サイクル的に秋〜冬に新しいのが出てきそうですが、X2400Hとか見ているとそこまで大きな違いがなさそうなので
ある意味買い時なのではないかと思います。

設置場所
寝室・自室

参考になった3人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
操作性4
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子5
サイズ4
4K環境へ移行のついでに9.1ch化しました

4Kへの移行に伴い、アンプも変更が必要になったので購入しました。
将来も考え Atomos&STS:Xの11.2ch出力ができるこの機種を選びました。
たぶん秋〜冬には後継機種が出るんじゃないかと思われます。値段がズンドコさがってお買い得?
YAMAHA RX-A1020からの切替となります。
現状、スピーカー構成は一切変更せずに9.1chで利用しています。

検討候補としては YAMAHA RX-A2070  Pioneer SC-LX701  でした

納品から1週間、あれこれいじってみての感想です。


【デザイン】
一般的AVアンプのデザインです
無骨ですが、シンプルで私は好きです


【操作性】
GUI操作はけっこうきびきび動く気がします
リモコンのサラウンド切替のボタンが結構下になるので少し使いにくい


【音質】
今までがサラウンドバックとプレゼンスの切替7.1chだったためか、ヤマハの音作りの問題なのかわからないのですが、
そこまで顕著な効果感がありませんでした
こちらのアンプに変更してサラウンドはものすごくよくなり、サテライトスピーカー群が存在感が薄かったのがすごく改善しました
全体的に音のつながりや広がりも改善したと思います(主観ですが)
将来は天井スピーカーに切り替えてAtomosやDTS:Xにしたいなぁと思います

音楽に関してはダイレクトモードで聞く分には全く問題なく、今までのアンプと比べてもしっかりした音になったと思います
ただ、サラウンドモードで聞くと若干センターが強めに出る気がしますので、こちらに関してはパラメーターの調整が必要かな?
慣れてくるとこれはこれでOKな気がしてきています。(クラッシックとかだとどうなんだろう・・・?)

【パワー】
十分すぎです


【機能性】
ストリーミングの機能が充実しています
スマホ(タブレット)からのBT接続ができるのであんまり力を入れなくても・・・とは思います
ハイレゾ関連の再生で生きてくるのかもしれません

【入出力端子】
HDIMの入力8・出力3・全端子4KおよびHDCP2.2対応は非常に高ポイント
エントリー機種だとこの辺に変な制限があったりするのでありがたい
アナログ系も充実していますが、個人的には必要ないです

【サイズ】
このクラスの製品にしては非常にコンパクト(特に奥行)かつ軽量
他候補             奥行(mm)   高さ(mm)   重量(kg)
YAMAHA RX-A2070    474       191       17.0
Pioneer SC-LX701      441       185       15.0
DENON AVR-X4300H    389       167       13.5 
上2点は現在使っているラックに収まらず、裏がはみ出るのが確定でした。
てかYAMAHAさん・・・(白目

【総評】
9.2ch対応のAVアンプが10万切る価格で手にはいるというのは非常にうれしいです。
比較した2機種と比べても圧倒的な安さですし、機能的にも劣るところがないどころか優れている部分があったりします
(HDMIのHDCP2.2対応やプリアウト11.2ch対応など)

Atomos&DTS:X対応・プリアウトながら11.2chにも対応可能・HDMI全端子HDCP2.2対応と長く使える要素も十分
さらにクラスの割にコンパクトと悪いところがあまり見えてこない機種になっています

音作りに関してYAMAHAと明瞭な思想の差があるというか、迫力のあるサラウンドとを!という設計なんだと思います
個人的には好きな傾向なので問題なし

製品サイクル的に秋〜冬に新しいのが出てきそうですが、X2400Hとか見ているとそこまで大きな違いがなさそうなので
ある意味買い時なのではないかと思います。

設置場所
寝室・自室

参考になった1

 
 
 
 
 
 

「AVR-X4300H」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
初DENON製AVアンプです。  5 2017年10月16日 14:51
比較、ONKYOのTX-RZ810とYAMAHAのRX-A2060とで  5 2017年10月1日 21:24
再レビュー 初めてのAVアンプです  5 2017年8月31日 23:34
4K環境へ移行のついでに9.1ch化しました  5 2017年8月25日 08:55
アトモス5.1.4についての感想。  5 2017年1月28日 21:08

AVR-X4300Hのレビューを見る(レビュアー数:5人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

AVR-X4300Hのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

AVR-X4300H
DENON

AVR-X4300H

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年10月中旬

AVR-X4300Hをお気に入り製品に追加する <118

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

qoo10
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[AVアンプ]

AVアンプの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

ユーザーレビューランキング

(AVアンプ)

ご注意