ホンダ フリード 2016年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ホンダ > フリード 2016年モデル

フリード 2016年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:フリード 2016年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
CROSSTAR ホンダ センシング 2019年10月18日 マイナーチェンジ 1人
CROSSTAR ホンダ センシング 4WD 2019年10月18日 マイナーチェンジ 1人
G ホンダ センシング (6人乗り) 2019年10月18日 マイナーチェンジ 3人
G ホンダ センシング (7人乗り) 2019年10月18日 マイナーチェンジ 1人
G ホンダ センシング 4WD (6人乗り) 2019年10月18日 マイナーチェンジ 1人
G (6人乗り) 2017年12月15日 マイナーチェンジ 1人
G 4WD 2017年12月15日 マイナーチェンジ 1人
G ホンダ センシング (6人乗り) 2017年12月15日 マイナーチェンジ 7人
G ホンダ センシング (7人乗り) 2017年12月15日 マイナーチェンジ 3人
Modulo X ホンダ センシング (6人乗り) 2017年12月15日 マイナーチェンジ 3人
Modulo X ホンダ センシング (7人乗り) 2017年12月15日 マイナーチェンジ 1人
G (6人乗り) 2016年9月16日 フルモデルチェンジ 2人
G (7人乗り) 2016年9月16日 フルモデルチェンジ 7人
G ホンダ センシング (6人乗り) 2016年9月16日 フルモデルチェンジ 26人
G ホンダ センシング (7人乗り) 2016年9月16日 フルモデルチェンジ 17人
G ホンダ センシング 4WD 2016年9月16日 フルモデルチェンジ 9人
満足度:4.20
(カテゴリ平均:4.29
レビュー投稿数:107人 (プロ:1人 試乗:24人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.03 4.33 129位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.95 3.93 103位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.02 4.12 122位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.17 4.20 110位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.10 4.04 124位
燃費 燃費の満足度 3.70 3.88 134位
価格 総合的な価格の妥当性 3.40 3.87 128位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

フリード 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェッショナルレビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「乗車人数:2人」で絞込んだ結果 (絞込み解除

mortlachさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度3
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地2
燃費3
価格3

2019年末のMCでLKASの味付けが変わったようです。
LKASをonにして走行すると、コーナリング中にステアリングを切り足したり、戻したりと不安定になりました。
ディーラーに確認したところ不具合等ではなく、「ステアリングをつねに握っていないといけないように、調整した」とのことでした。

ちょっと使い物にならないレベルです。これからお買いになる方はお気をつけて。

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年2月
購入地域
東京都

新車価格
213万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

フリードの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Ylnさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:87人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
8件
もっと見る
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格3

はじめてレビュー投稿します よろしくお願いいたします

2016年10月に現行シエンタ ガソリン G 4WDを購入し2年弱乗った上で乗り換えての感想です
通勤にそれなりの山道があり、一か月の走行距離は平均1500kmほどです


【外見】

シエンタは嫌いではありませんでしたが、惚れ込みもしませんでした
フリードはミニバンだなー以外の感想はありません
見た目で選ぶ車ではないというのが個人的な感想です
5ナンバー一杯枠のステップワゴンはすでに大きすぎて対象外でした

【内装】

  ・ダッシュ周り 

 シエンタは有機的でありながら、メーター類がアナログそのままなのが気に入ってました
ステッチ風の装飾は触ってみて成型だったのかと納得するくらい ダッシュボード内は色も相まって
スポーツバッグ風なのは面白かったです


 フリードは水平基調で取り立ててデザインが特徴的だとは思いませんし、特にタコメーターはこれだけ場所とるなら
アナログ針のほうがいいのにと思います これならインフォディスプレイをもう少し大きくするか、
ホンダセンシングの動作アイコンをタコメーター位置に大きく置いてほしかったです
 収納というかポケットはやたら多いですね 気に入ったのは格納式センターテーブルです

 ただ一つ ダッシュ天板が明るい色なのは最悪ですね フロントガラスへの映り込みがひどいです
フリード+は黒なのにどうして… メーターフードだけでもなんとかしたいです

  ・シート

 シエンタは運転席のホールド性が意外とよく、3時間休憩なしで走ってもあまり苦痛ではありませんでした
2列目 3列目も位置調整さえすれば、そこそこ座れました 3列目常用ならフリード推しという意見が多いですが、
座ることだけを見れば両者とも大差ないと思います 
 ただフリードは6人乗りだと、跳ね上げずに3列目に歩けるので、これが大きいでしょう
あとシエンタの運転席、ホールド性がいいシートの傾向ですが、リクライニング角度は浅く、前後スライド幅が狭いので、
結果的に車内で寝そべることはできません 
2−3列でフラットにできますが、前後長は短く3列目のバックは立ったままなのでしんどいです

 フリードは6人乗りでも1-2でフラットにでき、車内で休憩しやすいです 7人乗りはもっとしやすいでしょう
2列目キャプテンの個人的最大の利点、長物が車載できます スキースノボの床置きOK 
2列目の座面下にもモノによっては差し込んで積めそうです 丸めたトタン板なども積めるでしょうね
 しかしフリードは床と座面の高さが全席足りないですね
運転席までヒザが浮くので、座面を高くして運転席を下げると今度はハンドルが遠いです
座面をもう少しヒザ裏サポート上げるか、ペダル類を奥にしてほしかったです 
気になる時だけヒザ裏にタオルを敷いてます 2列目は運転席下につま先突っ込んだら気になりません


【動力性能】

 シエンタは買う前から思っていましたが、パワーは全然有りません
109馬力にトルク13.5kg、信号最初の転がり出しだけはピョンと飛び出て元気ですが、
60キロ以上は惰性でガーガーうなっている間に速度がのっていくだけという感じでした

 フリードはまだ1500qほどしか走っていませんが、1500で131馬力 トルクに至っては15.8kg
少し前のホットハッチのようなEgです
実際回してみると同じ排気量とはぜんぜん思えません
5000rpmくらいまでスパっと回って、さくっと引っ張って行ってくれます 
ただ逆に信号の出足は、シエンタよりわずかにですが鈍いです

 フリードは直噴なのでアイドル時のエンジン音がディーゼルと同じガラガラ音です 
とても回るキャラクターに思えませんし、正直この音は気になります


【走行性能】

 シエンタはハンドルが軽く、意外と左右の見切りも把握しやすかったので、狭い場所では楽でした
シフトにBレンジがあるので、エンジンブレーキ多用する場所では重宝します
街中ではエンジンパワーも過不足ありませんでしたが、高速やバイパスでは力不足を感じます
またブレーキが非常にカックンでした 

 フリードはエンジンパワーがあるし、ブレーキもシエンタほどカックンではないので運転は楽です
レーンチェンジも身のこなしはそれなりに軽いです
ボディはがっしりしている感はしますが、これからですね
しかしシフトにBレンジがないのだけは大きなマイナスです
下り坂の後はシエンタよりフロントホイールが明らかに熱くなっています


【乗り心地】

両者悪くはないと思います

【燃費】

ほぼ同等?

【価格】

同じようなグレードだとフリードのほうが高いです

【総評】

・ヘッドライト
 シエンタはハイ・ローともにLEDで先進的ですが、ハイビームはあまり照射面積広がりません
また色温度が高すぎるため、視認性が明るさの割にはよくありません
ユニットの外見は先進的でかっこいいのですが
 フリードは「ハイビームがハロゲンなのが…」とよく書かれていますが、ハイビームとロービームで色温度が違う方が
視認性が良く(私観)、またフリードのハイビームは至近距離でも非常に照射範囲が広いです

それだけ使用には注意すべきですが

 またシエンタはライトをONにしていても、エンジンを切ると連動してライトも消えますが、フリードは警告が控えめに鳴るだけです
この点フリードは不親切です

修正 キーロックすると消える機能があるようです


・ホンダセンシング
これが買い換えた最大の理由です
まだ100キロ単位での使用はしていませんが、都市高速20km程度でもACCとLKASは非常に楽です
このクラスにここまでの装備を入れてくれたことに感謝しています
このサイズで3列で2列目キャプテンシートで板を積め、なおかつコンパクトでACCとLKASもあるのはこれだけです

シートとダッシュボードの色、シフトにBレンジが無いなどの不満はありますが、
他車にはない部分が多く満足しています

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年4月
購入地域
大阪府

新車価格
233万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
10万円

フリードの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった70人(再レビュー後:43人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ji-koayutaa285j2633さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:63人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格3

北海道の片田舎でくらしています。家内と山菜(20kg)と車中泊の用具(10kg)を積んで、孫のいる札幌市まで300kmを6回走りました。燃費は毎回21km/リットルを記録しています。1人で経済速度で走ったらどのくらいの燃費になるのでしょうか。ラゲッジルームも広くて、星の見えるカプセルホテルのようです。年齢的には最後の車と思っていますが、何はともあれ大満足です。

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
ファミリー
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年4月
購入地域
北海道

新車価格
233万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
0円

フリードの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった63

このレビューは参考になりましたか?参考になった

roo_kieさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:67人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
9件
CPU
0件
1件
カーナビ
0件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

納車後、もうじき二ヶ月の感想です。

<追記>
特に街灯の少ない夜間の高速道路では、車間・レーンポジションをホンダセンシングがアシストしてくれるので大変に運転が楽です。登山で夜間に高速道路で長距離を移動することも多いので。
あまり運転をしない娘も高速道路走行でホンダセンシングを使って疲れなかったと言っていました。シエンタも同様の機能があれば購入候補になっていたと思います。


【エクステリア】
目を引くデザインではないですが気に入っています。


【インテリア】
天井も高く、視界も良く明るい感じです。
Sパケの黒いシートは高級感があります。
ウォークスルーで、乗り降りで席を移動させなくてよいので便利です。


【エンジン性能】
まだ抑え気味に運転しているのでよく分かりませんが、国産GTカーも乗っていますがそのような性能を求める車ではないので、日常使用には充分です。
<追記>
このクラスのミニバンとして不満はありません。


【走行性能】
ロール感も少なく十分。
<追記>
高速時の安定性はフリードが悪いというわけではないですが、同じミニバンでもやはり同時に所有しているRC2の方が高いです。乗り心地のしなやかさと走行安定性のバランスの両立の難しさを感じます。比較しなければ、女性や家族に優しい走行性能と乗り心地だと思います。


【乗り心地】
良い。納車時は空気圧が高かったので、自分で調整しました。
ミニバンは座面が高いので当然ゆれも多くなりますが、ほどよく押さえられていると思います。
今乗っているRC2(2014購入)もこれに近いくらい押さえられていたらよかったです。
現行のオデッセイはかなり手直しされたと営業さんが言っていました。
<追記>
タイヤの空気圧の調整で乗り心地の印象がかなり変わります。
走行前の空気圧を規定値より、4輪とも−0.05kPaにしています。


【燃費】
高速半分、市街地半分の500km位の走行でメーター読み平均15.9km/l。ECO_ONだと出足が重いので、OFFにしています。
<追記>
市街地のみの走行だと、13〜14km/l


【価格】
装備が増えてありがたいですが、モデルが変わるたびに価格が上がっていき、このクラスの車に250万円以上出すと思うと躊躇します。ナビは楽しみながら社外ナビを自分で取り付けて価格を少し抑えられました。


【総評】
ハンドルも軽く女性に優しい車です。今のところ不具合もなく大変気に入っています。
<追記>
うちでは6人乗る必要がないので、構造変更届けを出して3列目のシートを片側取り外すと大変に便利そうです。1,2列目のフルフラットも簡単、また3列目シートを跳ね上げているときの2列目のリクライニングの制限もありません。


【購入した理由】
最初はフリード+のつもりでしたが、キャプテンシートの方が後ろに下げられ、足下が広くとれることが分かり、5人以上乗ることはまれなので6人乗りにしました。また、カタログには載っていませんが、6人乗りもシートをうまく動かすと1,2列目がフルフラットになり、車中泊マットを購入すれば2人で広々と車中泊が可能です。登山で車中泊をすることが多いのでありがたいです。

シエンタはフリードと比べると2列目が狭く、3列目シートが収納できてフラットな広い荷物室がとれますが、自分の利用では荷物室より、2列目の使用頻度が高いのでシエンタの値引きも魅力的でしたが、やはりフリードでした。ハンドルの音声スイッチを前車でも使うことはほとんど無く、ナビ操作にスイッチを割り当てて大変に便利です。

小さい車なので万能とはいきませんが、使用目的によってはフリードは大変に便利な車だと思います。
万能な車はないと思うので買われる方は充分に試乗してください。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
ファミリー
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年2月
購入地域
埼玉県

新車価格
210万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

フリードの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった67人(再レビュー後:32人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

10年寝たろうさん

  • レビュー投稿数:739件
  • 累計支持数:11995人
  • ファン数:31人
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費無評価
価格3

【エクステリア】
無難なキープコンセプトでフィット似のフロントは見飽きた退屈なデザインです。
初代と二代目フィットほど似ていませんが、全体的に似た雰囲気で新鮮味はありません。
あとは、ランプ類がほとんど電球で室内外共にLEDはグレードによりヘッドライトのみとLED化は遅れています。
今時はフルLEDも珍しくないのに、これも新型さが薄いですね。

【インテリア】
質感はかなり頑張っているとは感じます。
ただ上級グレードの木目風パネルはトヨタのオーリスあたりと同じく、かなり微妙なセンスです。

インテリアで相変わらず良くないと感じるのは、サードシートが相変わらず跳ね上げなこと。
サードシートがフルモデルチェンジにもかかわらず、この跳ね上げ式は先代同様にセカンドシート下に収まるシエンタの巧みさと比べると後方視界の邪魔になるし、積載性も悪くなり、何一つシエンタと比べて良いことがないです。
このクラスのサードシートは補助席なのに中途半端に座れるようにしたのが初代いフリードが売れたので、無反省にキープコンセプトはいただけません。

あとは新しいインターフェースのApplecarplayにはナビ無しでは対応しません。Applecarplayがナビ機能も持っている事を考えるとナビ機能が重複してしまう不思議な仕様です。
デミオは三年前の登場時から標準装備しているUSBオーディオ対応もメーカーオプションのナビ無しでは対応しませんし、しかもさらに2万円のオプションというのは驚きです。いつの時代の新型車なのか????とても不思議です。

この辺りにいち早く標準装備で対応してくるのがホンダスピリットだと考えますが、マツダや欧州車などはとっくにUSB対応していますし、Applecarplayでも標準装備する欧州車も出てきて、どんどん他社に先行されてしまいそうです。

【エンジン性能】
そこそこパワー感化のあるエンジンでべたふみしてもエンジン音は許容範囲です。
定員乗車ではキツそうですが、それは仕方ありません。

【走行性能】
曖昧な感じの地に足がつかない感じはフィットと同じです。これでは走りはシエンタのほうがよさそうです。

【乗り心地】
遮音も悪くないし、悪くないです。

【燃費】

【価格】
ホンダらしくシエンタより割高で出して来ました。
質感ではシエンタよりフリードが多少良いですが、ベースグレードに10万程度足しただけでシエンタの売れ筋グレードが買えるのではお買い得な感じはありません。

【総評】
先代がサイズ感の良さからベストセラーとなり、旧型シエンタは負けていました。
しかし、パワーアップした現行シエンタはあの個性的なルックスにもかかわらず、バカ売れしています。今度のシエンタは実用性の高さもあり、なおかつ走りも良く安いからです。

キープコンセプトで、目新しいものもなく、相変わらずのナビを中心とした旧態依然のもので、2015年発売ならともかく2016年秋の新型モデルにAppleCarplayとUSBオーディオが標準装備されないのは驚きですね。VWあたりはすでに両方に対応している車種がありますが、国産車で両方に対応すれば国産車初で大きなアピールポイントになったのに残念なとことです。

特に便利なUSBオーディオ対応はマツダの三年前のデミオから標準装備されてるのに、純正ナビを購入して、さらに二万円のオプションとはビックリですね。せめて、純正ナビとセットにすべきです。
クルマは最低5年は普通に乗るものなのに....ユーザーの視点が完全に欠如していますね。

そこには、センターディスプレイを標準装備して、ナビとオーディオをスマホにさせたら儲けがなくなる.....ディーラーとメーカーの大人の事情が隠されています。

そんな有様ですから、シエンタがナビに手をつけていないから、一年も後発なのにウチも追従では、圧倒的な営業力のシエンタに勝てるはずないです。

半年経って新型フリードを目にする事が少ないのは、当然ですね。

シエンタに走りで負け、実用性で負け、価格で負けています。
フリードが良いのはわずかに質感くらいで最後の砦は外観の好みでしょうが、涙目ではない、間違いなく別の外観をシエンタをトヨタは用意してきてこれもそのうち確実にヤラレます。

トヨタに倣えでは、もはや全てにおいてトヨタに遅れをとることになりかねません。

走りで負け、価格で負け、そしてホンダが得意だったはずの、ユーザーのためにワクワクするようなクルマを作る、その視点でさえトヨタに負けそうなこの有様を見て、創業者の本田宗一郎さんが泣いているような気がしますね。


レビュー対象車
試乗

参考になった155人(再レビュー後:65人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

さぬきのハイカーさん

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:201人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

タブレットPC
2件
38件
スマートフォン
3件
37件
自動車(本体)
1件
38件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

【エクステリア】
今のホンダの典型的なデザインです。

ステップワゴンとフィットを足し、前モデルのフリードの面影を反映したようだ。
個人的には前と横からのデザインはGood。
後方のデザインは前のフリードよりはましですが、今一つです。


【インテリア】
良くなった。
前のモデルのインテリアは好きでなく、購入意欲が湧かなかった。

アルミホイールにしたかったので、Sパケ選択しかなかった。 そのため、黒が基調の室内色は、明るさという面からは満足できなかったが、実車で確認すると、Sパケが最も高級感があり、これに決めた。

インパネの表示は10年前の車に比べ、各段の進歩がある。

車のサイズに比較して、窓が大きく、視界が広い。


【エンジン性能】
直噴のエンジンは1500CCながら、子気味よいパワーを発揮してくれる。

【走行性能】
ファミリーカーとして、十分。 パワー不足は感じません。

【乗り心地】
とても良い。
前車がセレナだった。 この車の運転席は高い位置にあり、見通しはよいが、後席に乗った人からは揺れがひどいと評判がよくなかった。
フリードは運転席に入るのに、グリップなしで乗り込めるので乗り降りが楽。
揺れも感じず、よい乗り心地。

【燃費】
納車翌日に100km位一般道を走ったときの平均燃費はメーター読みで16km/lだった。
1週間後に高速道路と一般道半々の道を走った燃費は19〜20.5km/lとノンハイブリッド車としてはとてもよい数値だった。
これなら燃料タンクが36lでも500km以上無給油で走ることができる。

セレナが同じ道を走ったら、10〜11km/lというところだったので、大満足です。
フリードのハイブリッドでも20km/l程度らしいので、ガソリン車でこの燃費なら十分満足です。

【価格】
新しい車なので、値引きは少なかったが、ホンダセンシング・Sパケでのこの価格は納得しています。
購入時、値引きのごり押しはしなかった。

ホンダカーズは自宅近くで、車で行くより歩いた方が早いところにあり、購入後でのサポートも考えました。
フリードはシエンタより、高いと受け止められているようですが、車を総合的に比較すると高くても納得できました。

【総評】
この車の前はセレナに乗っていました。
フリードにしたことで長さが短くなりました。 たまに車中泊もしてきたので、この車でも工夫し長く乗ってゆきたい。


乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年2月
購入地域
香川県

新車価格
212万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
0円

フリードの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった32人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Boys Bikerさん

  • レビュー投稿数:83件
  • 累計支持数:1859人
  • ファン数:2人
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費無評価
価格4

トヨタ シエンタと乗り比べました。以下、レビューです。

【エクステリア】シエンタに比べ、いかにもファミリーカーという印象です。但し、個人的には、モデューロのフロントグリルへ変更すれば、精悍さが漂い5つ星です!

【インテリア】シエンタに比べ、2列目、3列目シートに厚みがあります。但し、3列目シートを格納する場合、女性では大変かもしれません。

【エンジン性能】シエンタ同様、車重があるためか余裕は感じません。但し、ドライブフィールは愉しめます。

【走行性能】登坂ではアクセルの踏み増しが必要となりますが、日常生活で走るには必要十分な性能です。

【乗り心地】ホンダらしく硬めです。そのため、見た目に関わらず、スポーティーです。

【燃費】試乗のため評価なしです。

【価格】現在の一般的な自動車価格を基準にするならば、良心的な価格設定だと感じます。

【総評】ライバルのシエンタとは、甲乙つけがたい印象です。購入するならば、2列目、3列目シートをどのように使用するかで判断したいです。
人間を乗せる機会が多いのなら、2列目、3列目シートが充実したフリードを選びたいところです。但し、3列目シートは、跳ね上げ式のためラゲッジスペースに制限があることをお忘れなく!
見た目に関わらず、意外とスポーティーです。巷のお父さんたちにとっては、運転する愉しさも忘れさせない魅力があります。

レビュー対象車
試乗

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

woo2000さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:134人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
0件
13件
自動車(本体)
1件
2件
カーナビ
0件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

8月末フリード+(フリードプラス)Gホンダセンシング ガソリン車を契約

11月中旬納車後の週末、紅葉見物を兼ねて遠出、約650q走行しましたので、
その感想をご報告します(乗車人数2人+荷物)
(あくまで私的意見ですし、あまり車にこだわりのない者ですのでその点をご了承ください。)
 
【エクステリア】
FITベースの車ですが、背が高いからか結構大きく見えます(実際FITよりは長いですが)
奇抜なデザインではありませんので、長く乗れそうな感じがします
スポイラー未装着ですが、ノーマルバンパーでもフォグを組み合わせればより格好良く高級に見えます

【インテリア】
Sパッケージを選択したので、それなりに豪華? に見えます
ルーフが高いせいか、中はとても広く見えます。と言うか広いです。
収納は結構あり便利だと思いますが、底がザラザラのプラスチックの凹凸で、パネル周りの
収納は滑りやすいです
ドリンクホルダはドリンクの中身が少ないと振動で揺れるとカタカタ鳴ります(笑)

【エンジン性能】
走りを求め、カッ飛び走行する車ではありませんが、1500CCでも充分パワフルだと思います
高速道・一般道ずっとエコオン・エアコンオンで走行しましたが、そんなにもっさり感も感じず
私的には全然問題なく行けてました! 
一度もエコオフにはしませんでしたが、オフだと燃費に影響すると思いますが、もっとパワフルに
走れると思います

【走行性能】
ボディーが若干 重たいですが、それを感じさせない走りだと思います
窓も大きく取り回しもしやすいです 特に前席三 角窓がとても大きく死角が少なく安心です
車内もとても静かですし、(直噴特有のカラカラ音?が小さく聞こえはしますが・・・(^^;))
アイドリング音も小さめです


【乗り心地】
サスペンションは堅めだと思いますが、段差のいなしも上手く仕上げてあると思います
突き上げ感もそこまで感じなかったです
シートも堅めで疲れにくいかなと思います
座面を少し高い位置にセットすれば見下ろす感じで運転もしやすいです

【燃費】
トリップセット後、高速道・一般道の走行で、約17〜18qとちょっと(カタログ表記は19q)
エアコンは常時オン、飛ばしはしませんが、ACCとの組み合わせでの走行も含んでいるので
充分満足です ただ燃料タンクが36リットルと大きくな いので、気になる方は気になるかなと思います
(スタンドでガソリン満タンで走行可能距離が560kmくらい?の表示だったかな・・・)
HVにはかないませんが、私的には充分だと思います

【価格】
1500CCの車にして はちょっと高いかな?と思います
オプションであれこれ付けるとガソリン車でもあっという間に300に届きます(^^;)

【ホンダセンシング】
今回この機能を付けて購入したので、じっくりと試してみました
車線のラインがあまり見えないくらいの雨に見舞われていたので、試すには絶好のチャンス?
でした(笑)

LKAS(レーンキープアシストシステム)
スイッチオンの状態からラインを認識するとすぐにコントロールが始まります
カーブでは車線からはみ出さないようにグイグイとハンドルを自動で切ります
これにはほんとビックリ、ほんとうに自動で走っています
テストで恐る恐る一瞬手をハンドルから離してみましたが勝手に舵を切っています
(危険ですから絶対に真似し ないでくださいね)

豪雨の中でも認識率は高く、安心して走行出来ました
ただし60q以下、またはワイパーの使用状況など条件によりこの機能が使えないことがあります

ACC(アダプティブクルーズコントロール)
希望の速度でセット、その後はその速度をキープします
(条件により一時解除、自動復帰等を行います)
前者との車間が詰まるとちゃんとスピードダウンして車間距離を保とうとします
前車との間に割り込みの車が自車に近い部分に入ると、けっこうな勢い?でブレーキを
かけるときがありましたが(笑) あと前の車が居なくなると設定した速度まで強めの
アクセルでその設定値までもって行こうとしますので、エンジンが唸ることも・・・・
そんな時はスピー ド設定の上下ボタンを上手く使えばスムースな加速が出来ます

その他にもいくつか機能がありますが、この2つの機能があるだけで高速道路の運転が
めちゃ楽になります
実際疲れも少なかったです。この機能があればお父さん方も高速での遠出も苦でなくなるのでは?(笑)
ホンダは自動運転と言っていませんが、これはもう「自動運転」と言っても過言ではないと思います
一度使っただけでその凄さ・便利さがわかりました!! 

安全運転の為にも多少割高になってしまいますが、この「ホンダセンシング」あると無しでは
全然違います。付いている方が断然便利・安全でお得です。(ホンダさんの回し者ではありませんよ(^^))

【総評】
1500CCの車で、この乗り心地、この走り 、こ の安全性・・・申し分ありません
ほんとうに買って良かった、長く付き合いたいと思う素晴らしい車でした!!


購入のご参考になれば幸いです。

ただし、あくまでも私的レビューです、ご了承くださいませ。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車

参考になった134

このレビューは参考になりましたか?参考になった

のの3世さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:53人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
8件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格4

旧型フリード(ガソリン)から新型フリード(ハイブリッド)への乗り換えです。
ベンチシート(7人乗り)、Cパッケージ、Sパッケージ付き車です。

【エクステリア】
旧型と比べるとボンネットが高くなり、正面から見ると太った FIT に見えたりしますが、公式写真より実車の方が精悍で数段格好良いです。
また、リアを含めたデザインの一体感は旧型から良くなっています。

【インテリア】
旧型でもフロントの開放感は大きい車でしたが、新型ではフロントウィンドウが大きくなり、更に開放感が増えました。
一方で昼間にナビがはっきりと見えないという問題が改善しており、インパネも含めて非常に見やすいです。

木目調やピアノブラックの内装は安っぽさがなく、旧型と比較して内装の質感は良くなりました。
操作ボタンがまとめられており操作性も問題ありません。特にサイドミラー操作ボタンがフロントドアに移動したため、自然な体制でミラー調整ができるようになりました。

個人的な印象ですが、運転姿勢が現行ステップワゴンに近くなり、ワンボック感を運転している感じが強くなった気がします。
視線が高いため、運転しやすく疲れにくいです。

賛否両論ある跳ね上げ式の3列目ですが、2列目を操作せずに出し入れでるのは便利ですし、濡れた傘などを置いてもシートに影響がないのが良いです。
格納する際は男性でも少し重く感じるため、女性が操作することを考えるともう少し軽くなると嬉しいですね。

【エンジン性能】
常にECONを有効にして都内および近郊で信号や渋滞による停止/加速がそれなりにある状況で走行しましたが、i-DCDでよく言われているギクシャク感はなく、発進や加速もスムーズです。
旧型ガソリン車との比較になりますが、発進時のトルク不足感も減り、十分な性能だと思います。

【走行性能】
ハイブリット特有のブレーキ感覚に最初違和感を感じましたが、少し運転すれば慣れるレベルです。
ハンドルが少し重くなった印象ですが、アクセス、ブレーキ、ハンドル共に操作した分だけリニアに反応するため、コントールはし易いと思います。
直進性も良く、特にコーナリングの安定性は旧型と比べて相当良くなっているため、車高の高さを意識することなく運転することができます。

流れが順調なところで HONDA SENSING も少し試しましたが、ハンドルが戻される感覚は面白いです。
ACC は車線変更で前の車がいなくなる、前に車が入ってくるケースが何度かありましたが、特に問題なく加減速してくれました。
ただ、加速は少し弱めのため、流れに完全に乗る必要がある場合にはアクセルを踏む必要がある印象です。


【乗り心地】
ロードノイズが低減されており、特にEVモードで走行中は非常に静かです。アクセルを強く踏んだ際のエンジン音を大きく感じますが、問題のない範囲です。
旧型と比べて段差ショックに対する処理も上手くなっており、乗り心地は良くなっています。

【燃費】
都内および近郊で信号や渋滞による停止/加速がそれなりにある状況で走行し、燃費は20km/L前後でした。
ECONは常にオン、エアコンは24.5度の設定で常にオンでした。旧型ガソリンが10km弱でしたので2倍以上となっており満足です。
なお、走行距離はガソリン満タン時で780kmと表示されました。

【価格】
質感や装備を考えると妥当なところかと思います。

【総評】
車内の広さやフロントの開放感も更に良くなっており、旧型フリードで不満点だったナビの見づらさやトルク不足などがきちんと解決されており、気軽に使えるファミリーカーとして満足です。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年10月
購入地域
埼玉県

新車価格
212万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
20万円

フリードの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった53

このレビューは参考になりましたか?参考になった

NaCl2940さん

  • レビュー投稿数:44件
  • 累計支持数:828人
  • ファン数:1人
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格3

【エクステリア】
基本的には先代とあまり変わりませんが、先代ではほぼ垂直だったリアデザインは若干傾斜が付けられ、改善されています。ステップワゴン似とよく言われますが、箱型っぽさは少なく、想像以上にフィット似です。フィット同様、写真より実物の方が数段格好良く見えます。

【インテリア】
先代にあった安っぽさは無くなり、価格なりの質感になったという印象です。全体的なダッシュボードの雰囲気はステップワゴンに似ています。
三列シートも跳ね上げ式としたおかげかかなりまともな作りになっています。若干膝が浮く体勢になるので長時間の移動は辛いですが、短時間ならば十分です。
また最近の車では珍しく視界が良いのも高評価です。フロントガラスの面積が広く、大きめの三角窓のおかげで前方の死角も少なく、後方もCピラーがやや太めなものの比較的見やすいです。ただし、三列シート収納時には後方視界が悪くなります、

【エンジン性能】【走行性能】
シエンタと異なり、ファミリーカーとしては十分な動力性能です。さすがにフィットと比べると重いですが、飛ばす車ではないので十分でしょう。
ホンダ車らしくコーナリング時にロールする感覚は少なく、安心して曲がれます。

【乗り心地】
ゴツゴツ感は少なく、かなり良好です。シエンタがクラスの割に非常に乗り心地が良いので、それに比べれば落ちますが十分満足できるレベルです。
回転数上がる場面ではそれなりにエンジン音はしますが、静粛性はこのクラスのガソリン車にしてはかなり高いです。

【価格】
スライドドアがあるためか、決して安くはありません。概ねシエンタに近い価格設定ですが、全体的に装備は充実しています。

【総評】
シエンタのような派手さはありませんが、あらゆる面で平均以上の水準に達しています。
全般的には正常進化と言えますが、シエンタのフルモデルチェンジに対抗するためなのか、二段階ぐらいレベルアップしています。
さらに高性能なホンダセンシングが搭載できる点も高評価です。
あえて欠点を言うとシエンタほど低床ではないと言うところと、三列シート収納時に後方視界が悪くなる点でしょうか。

レビュー対象車
試乗

参考になった40人(再レビュー後:39人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

honor6plusさん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:366人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
249件
スマートフォン
6件
76件
腕時計
2件
9件
もっと見る
満足度3
エクステリア2
インテリア3
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地3
燃費2
価格1

【エクステリア】シエンタの個性的な曲線多様のデザインに負けるところ

【インテリア】メーター視認性デザイン含めるとフリードダサいです。

【エンジン性能】フリードのがいいが、実用パッケージでトヨタに負けてる。

【走行性能】低床性能優れるシエンタに圧倒されそう。シエンタのほうがスポーティー

【乗り心地】イーブン

【燃費】シエンタ圧勝

【価格】シエンタ圧勝

【総評】追従クルコンと車中泊ないならフリード完敗や。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
仕事用
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年9月
購入地域
栃木県

新車価格
198万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

フリードの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった39

このレビューは参考になりましたか?参考になった

FREEDマンさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:170人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
8件
バイク(本体)
1件
1件
三脚・一脚
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格4

8/6に先行予約し 総支払い総額268万円にて9/30に納車されました。 2代目プリウス(13年と9.2万km使用=下取り15万円)からの乗り換えです。

【エクステリア】
・中高年世代には抵抗感のない好ましいデザインで、サイドにも2本のラインを入れ躍動感があります。
・フロント周りをステップワゴンやフィットと統一感をもたせたため新鮮味やアイデンティがない。(どのメーカーも同じ風潮」)
・約7万円プラスのLEDヘッド+コーナリングライトは、LEDはそれなりの明るさ、コーナリングライトは、横でなくもう少し斜め前方を照らしてほしい。
・フロントバンパーは、マイナーチェンジありきの中途半端なデザイン。

【インテリア】
・20系プリウスよりも上質感があり、先代フリードの質感やデザインと比較しても値段相当のレベルに向上していると思う、より質感を上げるためSパッケージを追加。
・フロントガラス上方が広く、Aピラー斜め前方の視認性も比較的良好であるが、右コーナー進入時の視認性が良くない。
・座面は少し硬め、運転席は高さを5p程度調整できるため、女性にも良好なポジションが確保できメーター視認性も良好である。
・小物収納スペースはそこそこ便利に配置されているが、三角表示板やバッテリーコード等を収容できる床下スペースが無く不便である。(リア床下にフレームと燃料タンクがあるため)
・スマートキー所持での、ドア解錠とドアボタン施錠は便利であり、スライドドアもキーボタン又はノブを軽く引くと開け閉めできます。
・内装周りからのビビリ音はなし。
・普段は2列シートを最後方にリムジン的な使用をするには最適であり、また、1列シート背面と2列シート座面前端が約40pありラゲッジ的な使用もでき、普段はテールゲートを開けず電動スライドドアから荷物を楽に出入れできる。
・3列目シートは、大人(175pまで)が乗れなくはないが、座面が低く長距離乗車には無理があるが、1.2.3列シートを前後調整すれば、膝前に拳1個のスペースあり。
・3列目シートは、バックレストとリアガラスの空間が約3pしかなく、室内長をより稼ぐためとはいえ、3列目乗車の後方安全性をもう少し考慮すべきである。(シエンタも同レベル)
・クラクションの音色が安っぽい。また、メーター内の装飾照明的なものも目障り、カラー選択にOFFモードが欲しい。

【エンジン性能】
・パワーウエイトレシオが約10kg/phと、1.5Lクラスのミニバンとしては良好であり、VTECの効果もあり低回転トルクと高回転馬力をうまく両立している。
・通常はECOモード(2000回転前後でシフトアップ)で事足りており、ECOモードをOFFにすると20系プリウスよりもエンジン回転を上げずに力強く加速する。
・アイドリングストップ装置には、ON/OFFモードがあります。(パワースイッチ稼働毎にONモードに復帰)

【走行性能】
・車高が高い割にはステアリングが思いのほかシャープであり、直進安定性も良くコーナーリングもスムーズな操縦性です。
・20系プリウスよりもリアの落ち着きも良く、ミニバンとしてはスポーティーな印象である。
・CVTの機構及び燃費優先の制御のためか、下り坂でのエンジンブレーキの効きが甘い。(トルコンAT等との比較)

【安全性能】
・値引きの多いシエンタと比較した際の決定要因は、ホンダセンシングの運転支援システムです。セレナ(プロパイロット)やアイサイトに少し劣りますが、シエンタ(セフティセンスC)より数段優れたシステムであり、今年還暦を迎えた私には一番の決め手となりましたが、欲を言えば後方誤発進や斜め後方車両感知の機能も欲しかったですね。
・各種安全支援装置には、ON/OFFスイッチがあります。ただし、車線逸脱や路外逸脱機能には、60km/h以上やワイパーOFFとかの条件があります。
・信号情報支援機能は、メーカーナビにしか設定がなく約3.5万円の電波ビーコンをオプション追加しました。※注:メーカーとディラーナビには、信号情報支援機能・2.0ETC・CD録音・iphon連携等の設定可否が違うため、何を優先するのか見極めが必要であり、メーカーナビに2.0ETCが設定できないのはメーカーの怠慢である。

【乗り心地】
・サスはロールを押さえている割にバタツキ感がなく路面に追従して乗り心地も良好。
・小さめの凹凸通過は、ショックの収め方がソフトな印象。
・ロードノイズやエンジンの遮音性は、セールスビデオのトークをあまり期待しない方がよい。(20系プリウスより少しまし程度)
・車高が高くボディの開口が大きいいため、大きな凹凸通過時に少し捩れ(ワナワナ)を感じる。

【燃費】
・都心部(大阪)=約10km/L 市街地=約12km/L 郊外=約15km/L 高速約17km/L (20系プリウスの6割程度)
・燃料タンク容量36Lでは、満タンの航続距離が短すぎる、ガソリン車は4WD仕様と同じく最低40Lの容量が欲しい。

【価格】
・標準仕様で購入するとそれなりに値頃感があるが、インターナビ・LEDヘッド・S&Cパッケージ・サイドエアバック・コーナーセンサ等を追加すると、新型のため値引きも渋く値頃感がなくなる。
・車検切れ等で購入を急ぐ必要がなければ、値引きが20万円以上になるのを待ちましょう。

【総評】私的5段階比較
・室内空間やシートアレンジの自由度 フリード:5 > シエンタ:4
・走行性能及び室内遮音性       フリード:5 > シエンタ:4
・乗り心地                  フリード:4 > シエンタ:4
・安全運転支援装置            フリード:4 > シエンタ:3
・エクステリア(好みの問題)       フリード:4 > シエンタ:3
・価格(値引き含む)            フリード:3 > シエンタ:5
・コストパフォーマンス           フリード:4 = シエンタ:4
 合   計                 フリード:29 >シエンタ:27

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年9月
購入地域
大阪府

新車価格
210万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

フリードの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった116人(再レビュー後:56人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

琢パパさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:79人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地3
燃費無評価
価格2

買い替え目的で試乗してきました。

クルマのサイズからしたら
室内は広く感じますが・・・

実際の普段使いを考えると

椅子が小さめで座面が低すぎます

フロントガラスの上端が低く、
座面を下げても視線が収まらず、
男性なら椅子を寝かせ気味で
運転する必要があります

いちばん困ったのが、
足踏み式のパーキングブレーキです
ペダルの位置が高く、座面が低いので
踏み込む際に足を大きく持ち上げる必要があり
私には苦痛でした。

奥さんが近所の買い物程度に使うなら良いでしょうが
男性が運転するなら考えものです。

結果、値引が大きく、購入価格が変わらなかったので、

私はステップワゴンスパーダを購入しました。




レビュー対象車
試乗

参考になった27

このレビューは参考になりましたか?参考になった

とぅれさん

  • レビュー投稿数:32件
  • 累計支持数:627人
  • ファン数:1人
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費無評価
価格2

試乗してきました。
グレードはG・Honda SENSING(FF、6人乗り)です。
横にレンタカーのシエンタを並べてあり、「さぁ、比べてみろ」と言わんばかりの状態でしたので、遠慮なく比較します。

【エクステリア】
引き分け

無難です。ものすごく無難。
「フィットとステップワゴンを足して2で割った」という感想以外何も出てきません。
ただ、カタログで見るよりもスマートに見えました。
先代は包丁でスパッと切ったようなリア形状でしたが、今回はリアのガラスが前に傾斜しています。
このクラスでデザインを重視するあまり中が狭くなってしまうのはどうなんでしょうかね?

一方、シエンタのデザインは好みがはっきり分かれますが、
唯一無二の個性を作り出すという意味では成功していると思います。
今回のフリードは素人が遠目に見たらフィットにもステップワゴンにも見えてしまいそう。

あとエアログレードがないのはどうなのか、ガソリン、ハイブリッドに外見上の差異がほとんどないのはどうなのか。
新型のデザインにかなり自信があるからこその1デザイン展開なのでしょうがこのあたりは気になります。

【インテリア】
質感:引き分け(ややシエンタ)
パッケージング:引き分け(利用目的による)

先代登場時のプラスチック全開状態の内装はかなりマシになりました。
質感は先代ステップワゴンくらいの水準(価格相応)にまとまっていると思います。

一つ気になったのがメーター。先代同様ハンドルの上から見る視線移動の少ないタイプなのですが、
上下幅薄くて文字が小さめ、なおかつダッシュボード奥になるのでちょっと遠い感じ。
運転中は、それなりに「さぁ、見るぞ」という心構えがないと前方からの一瞬では情報が読み取りにくかったです。
先代で大不評だったナビ画面の謎傾斜は抑えられていて、晴天時でもナビ画面がちゃんと見えました(笑)

試乗車は6人乗りで2列目はキャプテンシートでしたが左右シートの間隔が広くなっているようで
3列目へのウォークスルーがかなり楽になっていました。

3列目の収納は相変わらずの左右跳ね上げです。
機構自体は先代のままですが、シート自体は軽量化が図られたようで若干軽くなっていました。
ただし、ダンパーがあるわけでもないため、
椅子の重量をまるまる人力で持ち上げる必要があり、畳むのはそこそこ大変です。
力が必要ない、という点ではシエンタが楽ですが、
あちらはあちらで2列目をタンブルしないと3列目が収納できない、収納時に荷室に段差ができるという欠点がありますので、
両車よく確認した方がいいです。

3列目は不要。荷物をたくさん積みたい→フリード+>シエンタ
3列目はあまり使わないがたまに6人乗る。荷物もそこそこ積む→シエンタ≧フリード
3列目を使う頻度が高め→フリード>>>シエンタ

【エンジン性能】
完全にフリード

これはシエンタに対して明確なアドバンテージがあります。
燃費重視でパワーを押さえたセッティングにするとこの車重には物足りないことが実感できました。
多少燃費が劣ってもストレスなく運転できるのは確実にフリードの方です。
ECOモードでもシエンタより走りますし、エンジン音も静かです。

【走行性能】
フリード

先代より確実に良くなっています。ハンドルを切ると脳内に浮かんだルートをきちんとトレースできている感覚がありました。
ハンドルの遊びはちょっと少なめかも。小回りも利いて先代の美点は損なわれていません。

【乗り心地】
ややフリード

段差のいなし方やロールについては双方大差ない印象でした。

フリードは先代比較でシートの造りがかなり良くなっています。
2列目のスライド量も増え、足元も広く取れますし、何より3列目の乗り心地が段違い。
リヤに液封サスを採用したようですが、うまく嵌っていると思います。

シエンタは3列目に座った際、足は2列目の下に突っ込むしかない拘束感あふれる感じでしたが、
フリードは足元に余裕があります。シートの造り自体もフリードの方が1ランク上で、
シエンタの3列目は30分が限界、フリードなら1〜2時間耐えられそう。

【燃費】
ややシエンタ

試乗のみなので評価はしませんが、実燃費は12〜13km/L程度に落ち着くのではないでしょうか。
気になるのはガソリンタンク容量。モード燃費を稼ぎたかったのはわかりますが、
36Lではさすがに心許ないです。19km/Lで走っても航続可能距離が700kmを切ります。

【価格】
シエンタ

実質の売れ筋グレードはこのG・Honda SENSINGになるかと思いますが、
ちょっとオプションを足していくとすぐに250万円近い価格になってしまいます。
どうせ納期は来年以降ですので、待てるなら決算期を待ってもいいかなぁといった感じです。
逆にシエンタは値引きが期待できるタイミングですし、価格面ではシエンタが有利でしょう。
装備の差こそあれどエントリーグレードの価格が20万違うのも大きいです。

【総評】
ややフリード

車としての出来はいいです。★4.5くらいつけられます。
ただし、今回は先代登場時にはいなかったガチンコライバルがいます。
トヨタの販売チャネルを考慮すると多少のアドバンテージではフリードは勝てないでしょう。
そして実際引き離せるほどの差は感じませんでした。
直接比較してもフリードが「やや優勢」もしくは「互角」の項目が多いです。

最後に安全装備について。
世の中の人がどれほど重視しているかわかりませんが、シエンタのSafety Sense Cはかなり簡素な装備です。
自動ブレーキシステムが歩行者検知非対応というのが最たる違いでしょうか。
システム価格だけを見ればSENSINGはTSS-Cに比べて高いですが価格に見合った価値があると思います。

比較製品
トヨタ > シエンタ 2015年モデル
レビュー対象車
試乗

参考になった76

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あおべえさん

  • レビュー投稿数:27件
  • 累計支持数:160人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費無評価
価格無評価

 現在、『フリードスパイク』を所有(まる3年)。軽くですが新型を試乗させてもらいました。

【エクステリア】
 まとまっていると思いますが、『フリードスパイク』顔の方が好みです(というかスパイク顔に寄せてきてる?)。
 リアは新型の方が良いというか普通というか個性的では無いですね。
 『ステップワゴン』や『フィット』のイメージが被りすぎて「新型感!」があまり感じられないところが難点でしょうか。
 好みではありませんが、トヨタの『シエンタ』は「新型感バリバリ!」ですからね。

【インテリア】
 これはもう各段に向上というか値段なりにはなりました。前モデルがコストダウンしすぎでしたね(酷いのですよ・・・)。
 フロントウインドウがそり込というかM字ハゲのような形状ですが、上方の視界が開け開放感が高いです。
 メーターパネル等は今時の感じでかっこよいですね。

【エンジン性能】
 エアコンON、エコモードOFFにて、文句ございません。
 『シエンンタ』のガソリンエンジンなんて・・・・

【走行性能】
 試乗だけでは評価し辛いところですが、静粛性も高めと感じましたし、車体の剛性感・バランス感が良く、ミニバンとしては運転しやすくフィーリングが良かったです。
 アイドリングストップからのエンジン再スタートは悪くない感触ですかね。アイドリングストップ機能のON/OFFは可能です。

【乗り心地】
 各段に向上しています。走り出しから滑らかさを感じました。
 舗装の良くない道路も走行してみましたが、上手くいなし極端に不快な突き上げは感じませんでした。
 旧型フリード(14インチ)星3 ⇒ 新型フリード星4.5

 帰りに自分の車で同じコースを回りましたが、「あー違うなぁ〜(泣)」。そりゃそうですよね。多少調整しているのでマシにはなっているのですが・・・・。
 http://review.kakaku.com/review/K0000287099/ReviewCD=864144/?lid=myp_notice_comm#tab

【燃費】
 未評価

【価格】
 旧モデルと比較するならば、価格上昇に対して向上部分は大きいと感じました。
 フリード+ G HONDA SENSING 見積シュミレーションしてみましたが、250万オバーですね。
 お安いとは言えませんし、値引きは5〜6万と聞いています。まーなんとも。

【総評】
 流石に全体的に向上しており完成度は高いです。ただ、新鮮味が薄いのが気になりますが・・・。
 トヨタ『シエンタ』とガチンコ勝負ですが、ガソリン車に限定すれば、『新型フリード』優位の印象でした。「シエンタ かっこいーーー!」な方でなければ躊躇なく『新型フリード』をお奨めします(後部座席のレイアウト等は未評価です)。
 このサイズがちょうど良い家族構成・用途で価格に納得できれば、お奨めできる車だと思います。
 ワンサイズ小型も選択肢に入るならば、スズキの『ソリオ』推しですが(苦笑)。

 『3代目フィット』の初期クレームによって、『フリード』のフルモデルチェンジが1年以上遅れた感は否めません。あの失敗がなければトヨタ様にここまで水を開けられることもなかったでしょう。

レビュー対象車
試乗

参考になった40

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

フリード 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

フリード
ホンダ

フリード

新車価格:199〜297万円

中古車価格:107〜299万円

フリード 2016年モデルをお気に入り製品に追加する <809

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

フリードの中古車 (全2モデル/3,055物件)

ユーザー満足度ランキング

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意