『最初のスマホはコイツにしました♪』 HUAWEI honor 8 SIMフリー [サファイアブルー] きんちゃん。さんのレビュー・評価

honor 8 SIMフリー [サファイアブルー]

ダブルレンズ搭載の5.2型スマートフォン

最安価格(税込):価格情報の登録がありません

キャリア:SIMフリー OS種類:Android 7.0 販売時期:2016年秋モデル 画面サイズ:5.2インチ 内蔵メモリ:ROM 32GB RAM 4GB バッテリー容量:3000mAh honor 8 SIMフリー [サファイアブルー]のスペック・仕様

※ランキング順位・レビュー点数・クチコミ件数は機種単位の情報です

ご利用の前にお読みください

ユーザーレビュー > スマートフォン・携帯電話 > スマートフォン > HUAWEI > honor 8 SIMフリー > honor 8 SIMフリー [サファイアブルー]

『最初のスマホはコイツにしました♪』 きんちゃん。さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

honor 8 SIMフリー [サファイアブルー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

きんちゃん。さん

  • レビュー投稿数:211件
  • 累計支持数:498人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

アニメ(DVD・ブルーレイ)
33件
0件
映画(DVD・ブルーレイ)
29件
0件
ボールペン
11件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性4
レスポンス4
画面表示5
バッテリー4
カメラ無評価
最初のスマホはコイツにしました♪

再生する

製品紹介・使用例
「九寨溝」からのシャッ!

別機種第4世代iPod touch(画面サイズ3.5型)との比較
機種不明ノーマルで風景
機種不明手持ちでイルミ

第4世代iPod touch(画面サイズ3.5型)との比較

ノーマルで風景

手持ちでイルミ

機種不明ワイドアパーチャ使用
   

ワイドアパーチャ使用

   

HUAWEI『honor 8』のレビュー。
カラーはサファイアブルー。

『価格.COM』のレビューなので、まずは価格・金額の事から。
2016年11月、楽天モバイルより税込35,424円で購入(一括払い)。
別途「事務手数料」税込3,394円。合計38,818円が初期費用となる。
プランはデータSIM(SMSなし)の3.1GB。これが毎月税込972円(初月無料)。
音声通話に関しては、俺は20年以上契約しているdocomoのガラケーを使用。こちらの利用料は過去12か月の平均で1,650円(FOMAタイプSS_バリュー。iモード/メール、ケータイ補償お届けサービスあり)で収まっている。
『Moto G4 Plus』や『ZenFone 3』といった優れたDSDS機があることは承知しているが、熟慮した結果、当面はあえて2台持ちにする事とした。
したがって俺の場合、この体制・プランを続けた場合の初期費用・通話料も含めた2年間の維持費は、
38,818+(972×23)+(1,650×24)=100,774円となる。 1ヶ月平均だと4,199円(月2〜3円のユニバーサル料金は省略)。
ガラケー全盛時代の8年前に富士通の『F-01A』という機種を購入したが、そのときの機種代金(24回払い)を含んだ金額は月平均4,437円だった。
『F-01A』にあったワンセグ・防水・おサイフ機能は無いけれど、その他の機能や享受できるサービスで遥かに進化した機器を同程度の金額で持てることに、「ムーアの法則」というか、時の流れを感じる。

次に機器本体について。
筐体は評判通りの美しさと手触りを持つ。
丸みがあるアルミニウム合金のフレームを、2.5Dと呼ばれるこちらも縁に丸みを待たせたガラスがサンドイッチしている。
とりわけ「15層マイクロパターン」という仕様の背面は美しく、人気のサファイアブルーは、あたかも中国の世界遺産「九寨溝」を連想させ、値段以上の高級感を醸し出す。
カメラレンズ等の出っ張りが無い分、デザイン完成度は、似ていると言われる『iPhone 7 Plus』にも引けをとらないと思う。
ただ、“しっかり感”とのトレード・オフで、ズシリとした重さもやや感じる(質量は約153g)。
「スマート指紋認証キー」の位置は、本体を左手・右手のどちらで持っても最適の場所。指紋登録した指がそこに触れた瞬間に、シャッと画面が立ち上がる。

心臓部には、この価格帯では高水準の部品を実装。
CPUはHUAWEIの子会社Hisilicon社の「Kirin950」。これはHUAWEIのフラッグシップ『P9』の「Kirin955」にはわずかに及ばないもののハイエンド機に搭載されるもの。
メインメモリは『P9』の3GBを上回る4GB。RAM4GBを搭載する機種はキャリアの最新機でもまだ少ない。
バッテリー3000mAhという数値は今時のスマホでは標準的。「動画やゲームで使うと云々」以前に、高いメカ的スペックを支えるための必要最低限の容量だと思う。とはいえ俺の使用環境では、重い作業を長時間しない限り、残量を気にするような事態にはまずならない。

機器の足腰を支える「メカ的魅力」もさることながら、「カメラ機能の優秀さ」もコイツを選んだ大きな理由だ。
楽天モバイルの実店舗はまだ少なく、本機を触る機会はなかなか無いのが現状だと思うが、俺は運よく購入前に触ることができた。
その際(売り場内で)カメラをいじってみて「これは良く出来ている」と感心したものだ。
前機種の『Honor6 Plus』や兄貴格の『P9』でもカメラの性能は折り紙付き。撮影例もネットでたくさん見ることができる。
ウリのひとつ「ワイドアパーチャ写真」など、使いこなせないほどのモードも備えている上、美しく鮮やかなIPS液晶ともあいまって、写真を撮る・見るが楽しくなる♪

頻繁に手で触り、眺め、持ち運ぶスマホの評価は、部品個々のスペックよりもトータルバランスを重視すべき(iPhoneは良いお手本)だと思うが、コイツは、価格は抑えながら高い水準でそれを実現していると思う。
ただ懸念材料として、いわゆる「バックドア問題」がある。
この点はずいぶん調べたり悩んだりした。そして最終的には妥協した。
この妥協は「コイツでバックドア問題は気にしなくてよし」という意味ではない。
バックドア問題は、個々の機器やメーカーや生産国はあまり関係ない。
悪意のあるなし、故意・過失も関係ない。
様々な国・メーカーの部品が使われている世界中とつながる機器で、無料(有料でも同じだろうけど)のOSやアプリを利用している以上、「個人情報が外部に漏れたり監視・操作されるような事態になる事は一切ない」などと誰が言いきれるだろうか。
結局のところバックドア対策は、アンチ・ウィルスソフトの導入やOSのアップデート、そして、漏れたら困る情報はできるだけ持たない、という事になる。
個人情報の流出という点では、ロックのし忘れやSNSでの不用意な投稿や怪しげなサイトへのアクセスなど、むしろユーザー側のミスによる原因がかなり多い。こちらの方も気を付けるべきだろう。

長くなってしまいましたが最後にもう一つ“懸念材料”をば。
コイツの呼び名ですが、知人に「このスマホ良いねぇ! 何ていうの?」って聞かれた時に、みなさんは何と答えていますか?
「ふぁーうぇいのおーなーえいと」と答えても相手はピンときません。
たいてい「それってドコモ?」って返されます。
かと言って、クチコミ等で散見される「オナハチ」などは、恥ずかしくて言えましぇん(>_<)
「フッ。中華スマホさ・・・」と自虐的に答える気持ちもありません(だって、気に入っているマシンだから)。
俺は今のところ「ファーウェイっていうメーカーのオーナーエイト。楽天で買った」で通しております。

価格も含めた総合評価(満足度)は「4.5」。四捨五入して「5」とする。

参考になった28

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする

「honor 8 SIMフリー [サファイアブルー]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

honor 8 SIMフリー [サファイアブルー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の情報を見る

honor 8 SIMフリー [サファイアブルー]
HUAWEI

honor 8 SIMフリー [サファイアブルー]

登録日:2016年 9月14日

honor 8 SIMフリー [サファイアブルー]をお気に入り製品に追加する <267

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(スマートフォン)

ご注意