『高画質K2インク 「Colorio V-edition」 A4複合機』 EPSON カラリオ EP-30VA Tersolさんのレビュー・評価

2016年10月13日 発売

カラリオ EP-30VA

  • 6色染料インク「Epson ClearChrome K2インク」を搭載し、豊かな階調表現を実現したA4対応複合機。
  • 「作品印刷機能」を標準装備。「撮影情報付き印刷」により、「プリンター名」「印刷設定」の撮影情報が付加される。
  • 色かぶりや逆光の補正・暗部の階調補正を自動で行い、より自然な仕上がりにプリントする「オートフォトファイン!EX」にも対応する。
カラリオ EP-30VA 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥37,645

(前週比:-3,353円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥37,645

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥37,645〜¥72,727 (49店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥48,690 〜 ¥48,690 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:インクジェット 最大用紙サイズ:A4 解像度:5760x1440dpi 機能:コピー/スキャナ カラリオ EP-30VAのスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • カラリオ EP-30VAの価格比較
  • カラリオ EP-30VAの店頭購入
  • カラリオ EP-30VAのスペック・仕様
  • カラリオ EP-30VAの純正オプション
  • カラリオ EP-30VAのレビュー
  • カラリオ EP-30VAのクチコミ
  • カラリオ EP-30VAの画像・動画
  • カラリオ EP-30VAのピックアップリスト
  • カラリオ EP-30VAのオークション

カラリオ EP-30VAEPSON

最安価格(税込):¥37,645 (前週比:-3,353円↓) 発売日:2016年10月13日

  • カラリオ EP-30VAの価格比較
  • カラリオ EP-30VAの店頭購入
  • カラリオ EP-30VAのスペック・仕様
  • カラリオ EP-30VAの純正オプション
  • カラリオ EP-30VAのレビュー
  • カラリオ EP-30VAのクチコミ
  • カラリオ EP-30VAの画像・動画
  • カラリオ EP-30VAのピックアップリスト
  • カラリオ EP-30VAのオークション

『高画質K2インク 「Colorio V-edition」 A4複合機』 Tersolさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

カラリオ EP-30VAのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:114件
  • 累計支持数:1075人
  • ファン数:22人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
276件
ビデオカメラ
2件
223件
ヘッドホンアンプ・DAC
8件
202件
もっと見る
満足度4
デザイン4
印刷速度4
解像度4
静音性4
ドライバ3
付属ソフト3
印刷コスト3
サイズ3
高画質K2インク 「Colorio V-edition」 A4複合機

【初回レビュー: 平成29年8月7日】

これまでプリンターもスキャナーも単機能機を使ってきて、
このたび初めて複合機というものを買いました。

複合機が欲しくなったわけではなく、高画質を謳うK2インクを採用した
「V-edition」シリーズには複合機二種のラインナップしか無いので、
仕方なく複合機を買う羽目になったまでのことです。

現在使っているプリンターは写真用に6色インクのEP-301と
文書用に顔料インクのPX-105ですが、EP-301の方は
残りのインクが終了したら本機と交代する予定です。

スキャナーは写真用にGT-X820と文書用にGT-S650です。
CCD方式のGT-X820は画質に歴然とした優位性がありますし、
透過原稿ユニットが付いており、フィルムのスキャンも出来ます。
一方、GT-S650は本機のスキャナーに対して画質面での優位性は
無いと思いますが、軽量・コンパクト、USBケーブルだけで電源要らず、
移動・持ち運びも容易という利点があり、どちらも手放す予定はありません。

EP-10VAと30VA、どちらにしようかと一応は考えました。
EP-10VAのA3へのプリントに魅力を感じるよりも、30VAは
背面給紙が一枚ずつの手差しなのが面倒と思えたからです。
結局は設置スペースの制約から本機、EP-30VAを選びました。

実際、30VAの背面給紙は想像以上に面倒な仕様となっています。
一枚ずつ、しかも先に差し込んでおくことは出来ず、プリントを開始して、
紙を差し込むようにという指示が出てから紙を5cmだけ差し込む
という、正直「なんじゃ、こりゃ?」と思えてしまうような仕様です。

結局、上トレイにA6(A4を四分割したもの)の写真用紙を、下トレイに
A4の普通紙を入れておき、A4の写真用紙は手差しで落ち着きました。

タッチパネル式の操作部は自動で斜め45度ぐらいまでせり出してきます。
この状態では例えばプリントされて出てきたハガキは取り出しにくいですし、
またCD/DVDなどのレーベル印刷の際にトレイを差し込みにくいので、
どういうつもりの設計なのかと思ったら、タッチパネル
操作部は手動で水平まで上げることが出来ます。

操作部の角度を手動で変更するのは無理矢理な感触がありますが、
以降、電源を入れる際、自動でその角度までせり上がるようになります。

色々と便利な機能が備わっているようですが、自分の場合、
メモリーカードから直接プリントということは有り得ないので、
明るさ、色調などの一覧のプリント機能など意味はありません。

また、Wi-Fi接続もルーター要らずとなっていますが、
相変わらず2.4GHz帯のみなので使わないと思います。
確実なUSBケーブルでの接続にて使っています。

複合機が初めてなので両面印刷機能も初めてで、これは便利です。
(電動でハードトップの開け閉めが出来る車を見るような面白さです)

肝腎の写真プリントの印刷品質は、EP-301と比べて格段に向上した
ようには見受けられず、むしろ若干落ちたのではないかとすら思えます。
特に淡い色の部分をルーペでよく見ると分かりやすいのですが、
EP-301でプリントしたものよりもインクのドットが粗く見えます。

肉眼で見比べてもEP-301でプリントした方が高精細な印象だったので
ルーペを使って見比べてみたら、やはりEP-30VAでプリントした方が
ドットが粗いのが確認出来てしまったという次第です。

EP-301と交代させようと思っていたのに、困ってしまいました。

印刷結果にスジやムラが見られた場合、EP-301ではノズルチェック、
そしてヘッドクリーニングしかありませんでしたが、本機では更に
細かいプリントヘッドの位置調整機能が備わっています。

購入して八年半となるEP-301では何度ヘッドクリーニングを繰り返しても
スジが消えなくなったので、今回の買い替えを決意したわけですが、
まさかインクのドットが粗くなっているとは、まさに「まさか」です。

ところで、スタートガイドに従って設置からソフトウェアのインストール、
設定を行ったはずですが、使い始め当初、どうもパソコン側の設定と
プリンター側の認識が噛み合っていないようでした。(当方はMac環境です)

ユーザーズガイド175ページにもあります通り、ドライバーの設定画面で
「印刷設定」メニューが表示されない状態でしたので、「システム環境設定」、
「プリンタとスキャナ」で一旦、EP-30VAを削除してから追加し直しました。

それでも「印刷設定」が表示されなかったので、もう一度、今度は
「プリンタ」だけでなく「スキャナ」の方もやり直したら「印刷設定」が
表示されるようになり、用紙設定も正しくやり取り出来るようになりました。

初期設定では本体のタッチパネルでの操作ごとに「ピッ」という音がしますが、
「プリンター設定」、「音の設定」で音を小さくしたり鳴らなくしたり出来ます。

A4複合機としてはコンパクトになったようですが、そもそも
複合機を求めていなかった自分には大きな図体と思えます。
広い天板に、プリント後、A4を二枚載せておくことが出来ます。(乾燥目的)

【追記: 平成30年11月4日】

一年以上使ってきて、今は納得できるプリンターだと思えています。

EP-301は印刷直後、マゼンタの強い発色で出てきます。
それは数分で一旦は収まるのですが、また何日、何週間と
時を経るにつれ、今度はマゼンタが周囲に滲み出るようになります。
ハッキリ言って長期保存には堪えない印刷品質でした。

EPSON純正の写真用紙(光沢)、またはCRISPIAを使っていますので、
紙質の問題という理由は有り得ないと考えて間違いないでしょう。

このEP-30VAの場合は印刷直後から色味が安定しており、
何ヶ月経ってもEP-301でのプリントのような変化は起きません。

印刷の精細感や鮮やかさでは、つぶさに見比べればEP-301の方が
優っているようにも思えますが、絶対的にはEP-30VAでの印刷も
充分以上に高品質で、上記の安定性を含め、総合的には
EP-30VAの方が信頼できるプリンターだと言えます。

比較製品
EPSON > カラリオ EP-301
印刷目的
写真
文書
ラベル

参考になった18人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度3
デザイン4
印刷速度4
解像度3
静音性4
ドライバ3
付属ソフト3
印刷コスト3
サイズ3
EP-301(2008年)よりもインクのドットが粗いように見受けられる

これまでプリンターもスキャナーも単機能機を使ってきて、
このたび初めて複合機というものを買いました。

複合機が欲しくなったわけではなく、高画質を謳うK2インクを採用した
「V-edition」シリーズには複合機二種のラインナップしか無いので、
仕方なく複合機を買う羽目になったまでのことです。

現在使っているプリンターは写真用に6色インクのEP-301と
文書用に顔料インクのPX-105ですが、EP-301の方は
残りのインクが終了したら本機と交代する予定です。

スキャナーは写真用にGT-X820と文書用にGT-S650です。
CCD方式のGT-X820は画質に歴然とした優位性がありますし、
透過原稿ユニットが付いており、フィルムのスキャンも出来ます。
一方、GT-S650は本機のスキャナーに対して画質面での優位性は
無いと思いますが、軽量・コンパクト、USBケーブルだけで電源要らず、
移動・持ち運びも容易という利点があり、どちらも手放す予定はありません。

EP-10VAと30VA、どちらにしようかと一応は考えました。
EP-10VAのA3へのプリントに魅力を感じるよりも、30VAは
背面給紙が一枚ずつの手差しなのが面倒と思えたからです。
結局は設置スペースの制約から本機、EP-30VAを選びました。

実際、30VAの背面給紙は想像以上に面倒な仕様となっています。
一枚ずつ、しかも先に差し込んでおくことは出来ず、プリントを開始して、
紙を差し込むようにという指示が出てから紙を5cmだけ差し込む
という、正直「なんじゃ、こりゃ?」と思えてしまうような仕様です。

結局、上トレイにA6(A4を四分割したもの)の写真用紙を、下トレイに
A4の普通紙を入れておき、A4の写真用紙は手差しで落ち着きました。

タッチパネル式の操作部は自動で斜め45度ぐらいまでせり出してきます。
この状態では例えばプリントされて出てきたハガキは取り出しにくいですし、
またCD/DVDなどのレーベル印刷の際にトレイを差し込みにくいので、
どういうつもりの設計なのかと思ったら、タッチパネル
操作部は手動で水平まで上げることが出来ます。

操作部の角度を手動で変更するのは無理矢理な感触がありますが、
以降、電源を入れると自動でその角度までせり上がるようになります。

色々と便利な機能が備わっているようですが、自分の場合、
メモリーカードから直接プリントするということは有り得ないので、
明るさ、色調などの一覧のプリント機能など意味はありません。

また、Wi-Fi接続もルーター要らずとなっていますが、
相変わらず2.4GHz帯のみなので使わないと思います。
確実なUSBケーブルでの接続にて使っています。

複合機が初めてなので両面印刷機能も初めてで、これは便利です。

肝腎の写真プリントの印刷品質は、EP-301と比べて格段に向上した
ようには見受けられず、むしろ若干落ちたのではないかとすら思えます。
特に淡い色の部分をルーペでよく見ると分かりやすいのですが、
EP-301でプリントしたものよりもインクのドットが粗く見えます。

肉眼で見比べてもEP-301でプリントした方が高精細な印象だったので
ルーペを使って見比べてみたら、やはりEP-30VAでプリントした方が
ドットが粗いのが確認出来てしまったという次第です。

EP-301と交代させようと思っていたのに、困ってしまいました。

印刷結果にスジやムラが見られた場合、EP-301ではノズルチェック、
そしてヘッドクリーニングしかありませんでしたが、本機では更に
細かいプリントヘッドの位置調整機能が備わっています。

購入して八年半となるEP-301では何度ヘッドクリーニングを繰り返しても
スジが消えなくなったので、今回の買い替えを決意したわけですが、
まさかインクのドットが粗くなっているとは、まさに「まさか」です。

ところで、スタートガイドに従って設置からソフトウェアのインストール、
設定を行ったはずですが、使い始め当初、どうもパソコン側の設定と
プリンター側の認識が噛み合っていないようでした。(当方はMac環境です)

ユーザーズガイド175ページにもあります通り、ドライバーの設定画面で
「印刷設定」メニューが表示されない状態でしたので、「システム環境設定」、
「プリンタとスキャナ」で一旦、EP-30VAを削除してから追加し直しました。

それでも「印刷設定」が表示されなかったので、もう一度、今度は
「プリンタ」だけでなく「スキャナ」の方もやり直したら「印刷設定」が
表示されるようになり、用紙設定も正しくやり取り出来るようになりました。

初期設定では本体のタッチパネルでの操作ごとに「ピッ」という音がしますが、
「プリンター設定」、「音の設定」で音を小さくしたり鳴らなくしたり出来ます。

A4複合機としてはコンパクトになったようですが、そもそも
複合機を求めていなかった自分には大きな図体と思えます。
広い天板に、プリント後、A4を二枚載せておくことが出来ます。(乾燥目的)

これまで写真用プリンターとしてはPM-750C、PM-900C、そして
EP-301と使ってきて、印刷品質は確実に向上してきたものですが、
今回のEP-30VAは、まさかのグレードダウンとなってしまったようです。

比較製品
EPSON > カラリオ EP-301
印刷目的
写真
文書
ラベル

参考になった10

 
 
 
 
 
 

「カラリオ EP-30VA」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
買い替え  4 2019年2月3日 08:17
キヤノンep-7000からの買い替え  5 2018年11月23日 18:19
高画質K2インク 「Colorio V-edition」 A4複合機  4 2018年11月4日 20:30
写真用プリンター  5 2018年10月27日 19:30
良いと物だと思います。  4 2018年7月11日 13:48
さすがの高性能  4 2018年2月10日 12:03
PIXUS 990i(2003年)からの乗り換え  4 2017年12月6日 02:27
EP-803Aからの買い替え  3 2017年9月27日 11:22
立体感のあるプリントです  5 2017年9月4日 15:23
12年ぶりのエプソン  4 2017年7月31日 08:12

カラリオ EP-30VAのレビューを見る(レビュアー数:15人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

カラリオ EP-30VAのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

カラリオ EP-30VA
EPSON

カラリオ EP-30VA

最安価格(税込):¥37,645発売日:2016年10月13日 価格.comの安さの理由は?

カラリオ EP-30VAをお気に入り製品に追加する <330

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[プリンタ]

プリンタの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プリンタ)

ご注意