『不満もあるが大変素晴らしい製品』 DJI OSMO+ Yuya.JPさんのレビュー・評価

> > > > > レビュー・評価
2016年 8月26日 登録

OSMO+

  • 光学3.5倍ズームとロスレスデジタル2倍ズームを組み合わせた7倍ズーム撮影が可能な「手持ち型ジンバルカメラ」。
  • アプリ画面上でカメラ移動の始点と終点をマークし、スタートする操作で撮影可能な「モーションタイムラプス」に対応する。
  • 4K/30fpsと1080p/100fpsのスローモーション動画を撮影可能。1200万画素の静止画をAdobe DNG RAW形式で撮影できる。
OSMO+ 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

タイプ:ハンディカメラ 画質:4K 撮影時間:100分 撮像素子:CMOS 1/2.3型 OSMO+のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • OSMO+の価格比較
  • OSMO+の店頭購入
  • OSMO+のスペック・仕様
  • OSMO+のレビュー
  • OSMO+のクチコミ
  • OSMO+の画像・動画
  • OSMO+のピックアップリスト
  • OSMO+のオークション

OSMO+DJI

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2016年 8月26日

  • OSMO+の価格比較
  • OSMO+の店頭購入
  • OSMO+のスペック・仕様
  • OSMO+のレビュー
  • OSMO+のクチコミ
  • OSMO+の画像・動画
  • OSMO+のピックアップリスト
  • OSMO+のオークション

『不満もあるが大変素晴らしい製品』 Yuya.JPさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

OSMO+のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:171人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
5件
0件
デジタル一眼カメラ
3件
1件
フラッシュ・ストロボ
0件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質4
操作性3
機能性4
バッテリー3
携帯性3
液晶無評価
音質3
不満もあるが大変素晴らしい製品

【購入に至る経緯】
保育園のお遊戯会や運動会の撮影のためにいわゆる普通のズーム付きビデオカメラを検討していたのですが、デジカメ対応ジンバルの存在を知り衝撃を受け、そちらがずっと気になっていました。しかしカメラと組み合わせるとかなり仰々しい代物なので、購入を決意するには至らず。そんなときOsmoの存在を知りました。コンパクトながら本格的なカメラ一体型ジンバルで、事前調節いらずという素晴らしいコンセプトのその製品に一瞬で魅了されました。
しかし、私の撮影目的からすると、ズーム機能がないのは大きな問題でした。Osmoを諦めてズーム付きビデオカメラにすべきか、それとも2台とも買ってしまおうかと迷っていたところ、実にタイミングよくズーム付きのOsmo+が発売されましたので、即決しました。

【デザイン】
未来的なデザインです。コンパクトですが従来のビデオカメラと異なる縦長なフォルムはそれなりにインパクトがあります。この性能を発揮するために必要な形がこれだったのでしょう。

【画質】
最初の試し撮りは室内でしたが高感度(特にISO1600-3200)では、不良品ではないかと思ったほどノイジーでした(※)。フルサイズ一眼の低ノイズな描写に馴染んでいることもあり、これはショックでした。一方、低感度(ISO100-200)で撮影したらくっきりはっきり。しっかり解像しますし、発色も良いです。晴天や明るい時間帯の曇天ではNDフィルタがないと露出オーバーとなります。季節にもよりますが、目安として、1/120sではND4、8を、1/60s以下の撮影が多い方はND8、16あたりを揃えたいところです。

※明らかに高感度ノイズですので、本製品のクチコミにある製品不良とは異なります。

【操作性】
モニター画面が欲しいときはスマートフォンを使います。設定変更にもスマートフォンが必須ですが、本体側のボタンでもある程度の設定ができるようになればもっと便利なのにと思いました。
急ぎの場合は本体の録画ボタンで即撮影開始できます。

【機能性】
ジンバル性能もOsmoより更に向上したとのことですが、立ち止まっているときはまるで三脚を使って固定しているかのような安定感に驚きました。また、歩きながら撮るときは多少縦揺れを意識しながら歩いたり、上下左右、流れるように腕を動かしながら撮ることが多いせいか、縦揺れもあまり気になりません。
また、ズームイン/アウトしながら上下左右に振るのも楽しいです。但し、ズームの操作とチルトパン操作は同時にはおこなえません。また、光学ズームからデジタルズームへ切り替わるタイミングがわからずいきなりデジタルズームに切り替わります。私はズームの過程は編集でバッサリ切り落とすことが多いので個人的にはあまり大きな問題ではありませんが。
また、モーションタイムラプスも試してみましたが撮影準備は本当に簡単で、始点と(経由点)と終点を指定するだけ。こんな簡単な操作で撮影できるのは本当に凄いです。
あと、ほぼ同時期に発売されたOsmo Mobileにあるような自動追尾機能はぜひ欲しい機能ですので、次期モデルで対応というケチくさいことを言わず、ぜひファームアップ(もしくはアプリのアップデート)で対応してくれると非常にありがたいのですが。

【バッテリー】
Osmoより標準バッテリの容量が上がっているようです。(1225mAh)
しかし最低1本は予備を用意したほうが安心出来ると思います。ただ、1本約5,000円と、容量からすると結構割高だと思います。

【携帯性】
Osmo+単体では比較的コンパクトですが、スマートフォンを取り付けることで一気にかさばります。Osmo+自体がわりと軽量設計であるため、スマートフォンの追加重量は気になります。

【液晶】
これはスマホ側ですので無評価ですが、今後こういった機能があればほしいという妄想を書かせていただくと、小型液晶モニターをグリップに搭載してくれたらいいのにな、と思います。Osmoお得意の「追加オプション」ではなくいずれ発売されるであろう第3世代以降のOsmoにスマートに内蔵してほしいです。(イメージとしてはデジカメにある可動式の一体型液晶を小さくしたようなもの。)

【音質】
まず、映像と音声のズレがあります。Webで情報を確認したところOsmoでも同様の問題があるようで、本体側のマイクボリュームを60に変更することで改善するとのこと。実際試したところ確かに改善はされましたが、いまいち釈然としません。バグであればファームアップで改善していただきたいところです。
RodeのVideoMicroをセット購入したので、実は内蔵マイクも付属のフレキシブルマイクも試していませんのでVideoMicro使用時の評価のみとさせていただきます。
少し離れていても音を拾ってくれ、よく出来たマイクだと思います。Osmo+やデジ一眼の本体マイクと比較すると、少し離れた小さめの声もよく拾ってくれ、低音もキャッチしてくれます。
ただ、付属の風防は毛がモフモフしてるので小型ながらかなり目立つのでなかなか外で使う勇気が湧きません。
私はこちらの動画(https://www.youtube.com/watch?v=NUj1nTzUBPw&feature=youtu.be)を参考にして、風防スポンジを別途購入して取り付けたところ一気に小さくなりましたが、風防効果はモフモフには負けると思います。

【アプリ】
チルト、パン、ズーム、各種設定、撮影済み動画の再生など、いろいろなことができますし、離れた場所から遠隔操作もできます。ただ、古いスマホ(Android4.x)で試したところ、途中で強制終了したり、画面が暗いままなにも表示されなかったりと不安定でした。新しいスマホ(Android7.x)でも画面が暗いまま何も表示されないことがあり信頼性が低いです。今後のアップデートでしっかり改良して頂きたいです。

【総評】
改善が望まれる点も多く、まだまだ発展途上の製品だと思います。しかし、この画期的で素晴らしい映像体験を安価に提供してくださったDJIさんには心の底から感謝せざるを得ません。ありがとうございます。

参考になった4人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
画質4
操作性3
機能性4
バッテリー3
携帯性3
液晶無評価
音質3
不満もあるが大変素晴らしい製品

【購入に至る経緯】
保育園のお遊戯会や運動会の撮影のためにいわゆる普通のズーム付きビデオカメラを検討していたのですが、デジカメ対応ジンバルの存在を知り衝撃を受け、そちらがずっと気になっていました。しかしカメラと組み合わせるとかなり仰々しい代物なので、購入を決意するには至らず。そんなときOsmoの存在を知りました。コンパクトながら本格的なカメラ一体型ジンバルで、事前調節いらずという素晴らしいコンセプトのその製品に一瞬で魅了されました。
しかし、私の撮影目的からすると、ズーム機能がないのは大きな問題でした。Osmoを諦めてズーム付きビデオカメラにすべきか、それとも2台とも買ってしまおうかと迷っていたところ、実にタイミングよくズーム付きのOsmo+が発売されましたので、即決しました。

【デザイン】
未来的なデザインです。コンパクトですが従来のビデオカメラと異なる縦長なフォルムはそれなりにインパクトがあります。この性能を発揮するために必要な形がこれだったのでしょう。

【画質】
最初の試し撮りは室内でしたが高感度(特にISO1600-3200)では、不良品ではないかと思ったほどノイジーでした(※)。フルサイズ一眼の低ノイズな描写に馴染んでいることもあり、これはショックでした。一方、低感度(ISO100-200)で撮影したらくっきりはっきり。しっかり解像しますし、発色も良いです。晴天や明るい時間帯の曇天ではNDフィルタがないと露出オーバーとなります。季節にもよりますが、目安として、1/120sではND4、8を、1/60s以下の撮影が多い方はND8、16あたりを揃えたいところです。

※明らかに高感度ノイズですので、本製品のクチコミにある製品不良とは異なります。

【操作性】
モニター画面が欲しいときはスマートフォンを使います。設定変更にもスマートフォンが必須ですが、本体側のボタンでもある程度の設定ができるようになればもっと便利なのにと思いました。
急ぎの場合は本体の録画ボタンで即撮影開始できます。

【機能性】
ジンバル性能もOsmoより更に向上したとのことですが、立ち止まっているときはまるで三脚を使って固定しているかのような安定感に驚きました。また、歩きながら撮るときは多少縦揺れを意識しながら歩いたり、上下左右、流れるように腕を動かしながら撮ることが多いせいか、縦揺れもあまり気になりません。
また、ズームイン/アウトしながら上下左右に振るのも楽しいです。但し、ズームの操作とチルトパン操作は同時にはおこなえません。また、光学ズームからデジタルズームへ切り替わるタイミングがわからずいきなりデジタルズームに切り替わります。私はズームの過程は編集でバッサリ切り落とすことが多いので個人的にはあまり大きな問題ではありませんが。
また、モーションタイムラプスも試してみましたが撮影準備は本当に簡単で、始点と(経由点)と終点を指定するだけ。こんな簡単な操作で撮影できるのは本当に凄いです。
あと、たOsmo Mobileにあるような自動追尾機能はぜひ欲しい機能ですので、次期モデルで対応というケチくさいことを言わず、ぜひファームアップ(もしくはアプリのアップデート)で対応してくれると非常にありがたいのですが。

【バッテリー】
Osmoより標準バッテリの容量が上がっているようです。(1225mAh)
しかし最低1本は予備を用意したほうが安心出来ると思います。ただ、1本約5,000円と、容量からすると結構割高だと思います。

【携帯性】
Osmo+単体では比較的コンパクトですが、スマートフォンを取り付けることで一気にかさばります。Osmo+自体がわりと軽量設計であるため、スマートフォンの追加重量は気になります。

【液晶】
これはスマホ側ですので無評価ですが、今後こういった機能があればほしいという妄想を書かせていただくと、小型液晶モニターをグリップに搭載してくれたらいいのにな、と思います。Osmoお得意の「追加オプション」ではなくいずれ発売されるであろう第3世代以降のOsmoにスマートに内蔵してほしいです。(イメージとしてはデジカメにある可動式の一体型液晶を小さくしたようなもの。)

【音質】
まず、映像と音声のズレがあります。Webで情報を確認したところOsmoでも同様の問題があるようで、本体側のマイクボリュームを60に変更することで改善するとのこと。実際試したところ確かに改善はされましたが、いまいち釈然としません。バグであればファームアップで改善していただきたいところです。
RodeのVideoMicroをセット購入したので、実は内蔵マイクも付属のフレキシブルマイクも試していませんのでVideoMicro使用時の評価のみとさせていただきます。
少し離れていても音を拾ってくれ、よく出来たマイクだと思います。Osmo+やデジ一眼の本体マイクと比較すると、少し離れた小さめの声もよく拾ってくれ、低音もキャッチしてくれます。
ただ、付属の風防は毛がモフモフしてるので小型ながらかなり目立つのでなかなか外で使う勇気が湧きません。
私はこちらの動画(https://www.youtube.com/watch?v=NUj1nTzUBPw&feature=youtu.be)を参考にして、風防スポンジを別途購入して取り付けたところ一気に小さくなりましたが、風防効果はモフモフには負けると思います。

【アプリ】
チルト、パン、ズーム、各種設定、撮影済み動画の再生など、いろいろなことができますし、離れた場所から遠隔操作もできます。ただ、古いスマホ(Android4.x)で試したところ、途中で強制終了したり、画面が暗いままなにも表示されなかったりと不安定でした。新しいスマホ(Android7.x)でも画面が暗いまま何も表示されないことがあり信頼性が低いです。今後のアップデートでしっかり改良して頂きたいです。

【総評】
改善が望まれる点も多く、まだまだ発展途上の製品だと思います。しかし、この画期的で素晴らしい映像体験を安価に提供してくださったDJIさんには心の底から感謝せざるを得ません。ありがとうございます。

参考になった0

満足度5
デザイン4
画質4
操作性3
機能性4
バッテリー3
携帯性3
液晶無評価
音質3
不満もあるが大変素晴らしい製品

【購入に至る経緯】
保育園のお遊戯会や運動会の撮影のためにいわゆる普通のズーム付きビデオカメラを検討していたのですが、デジカメ対応ジンバルの存在を知り衝撃を受け、そちらがずっと気になっていました。しかしカメラと組み合わせるとかなり仰々しい代物なので、購入を決意するには至らず。そんなときOsmoの存在を知りました。コンパクトながら本格的なカメラ一体型ジンバルで、事前調節いらずという素晴らしいコンセプトのその製品に一瞬で魅了されました。
しかし、私の撮影目的からすると、ズーム機能がないのは大きな問題でした。Osmoを諦めてズーム付きビデオカメラにすべきか、それとも2台とも買ってしまおうかと迷っていたところ、実にタイミングよくズーム付きのOsmo+が発売されましたので、即決しました。

【デザイン】
未来的なデザインです。コンパクトですが従来のビデオカメラと異なる縦長なフォルムはそれなりにインパクトがあります。この性能を発揮するために必要な形がこれだったのでしょう。

【画質】
最初の試し撮りは室内でしたが高感度(特にISO1600-3200)では、不良品ではないかと思ったほどノイジーでした。フルサイズ一眼の低ノイズな描写に馴染んでいることもあり、これはショックでした。一方、低感度(ISO100-200)で撮影したらくっきりはっきり。しっかり解像しますし、発色も良いです。晴天や明るい時間帯の曇天ではNDフィルタがないと露出オーバーとなります。季節にもよりますが、目安として、1/120sではND4、8を、1/60s以下の撮影が多い方はND8、16あたりを揃えたいところです。

【操作性】
モニター画面が欲しいときはスマートフォンを使います。設定変更にもスマートフォンが必須ですが、本体側のボタンでもある程度の設定ができるようになればもっと便利なのにと思いました。
急ぎの場合は本体の録画ボタンで即撮影開始できます。

【機能性】
ジンバル性能もOsmoより更に向上したとのことですが、立ち止まっているときはまるで三脚を使って固定しているかのような安定感に驚きました。また、歩きながら撮るときは多少縦揺れを意識しながら歩いたり、上下左右、流れるように腕を動かしながら撮ることが多いせいか、縦揺れもあまり気になりません。
また、ズームイン/アウトしながら上下左右に振るのも楽しいです。但し、ズームの操作とチルトパン操作は同時にはおこなえません。また、光学ズームからデジタルズームへ切り替わるタイミングがわからずいきなりデジタルズームに切り替わります。私はズームの過程は編集でバッサリ切り落とすことが多いので個人的にはあまり大きな問題ではありませんが。
また、モーションタイムラプスも試してみましたが撮影準備は本当に簡単で、始点と(経由点)と終点を指定するだけ。こんな簡単な操作で撮影できるのは本当に凄いです。
あと、たOsmo Mobileにあるような自動追尾機能はぜひ欲しい機能ですので、次期モデルで対応というケチくさいことを言わず、ぜひファームアップ(もしくはアプリのアップデート)で対応してくれると非常にありがたいのですが。

【バッテリー】
Osmoより標準バッテリの容量が上がっているようです。(1225mAh)
しかし最低1本は予備を用意したほうが安心出来ると思います。ただ、1本約5,000円と、容量からすると結構割高だと思います。

【携帯性】
Osmo+単体では比較的コンパクトですが、スマートフォンを取り付けることで一気にかさばります。Osmo+自体がわりと軽量設計であるため、スマートフォンの追加重量は気になります。

【液晶】
これはスマホ側ですので無評価ですが、今後こういった機能があればほしいという妄想を書かせていただくと、小型液晶モニターをグリップに搭載してくれたらいいのにな、と思います。Osmoお得意の「追加オプション」ではなくいずれ発売されるであろう第3世代以降のOsmoにスマートに内蔵してほしいです。(イメージとしてはデジカメにある可動式の一体型液晶を小さくしたようなもの。)

【音質】
まず、映像と音声のズレがあります。Webで情報を確認したところOsmoでも同様の問題があるようで、本体側のマイクボリュームを60に変更することで改善するとのこと。実際試したところ確かに改善はされましたが、いまいち釈然としません。バグであればファームアップで改善していただきたいところです。
RodeのVideoMicroをセット購入したので、実は内蔵マイクも付属のフレキシブルマイクも試していませんのでVideoMicro使用時の評価のみとさせていただきます。
少し離れていても音を拾ってくれ、よく出来たマイクだと思います。Osmo+やデジ一眼の本体マイクと比較すると、少し離れた小さめの声もよく拾ってくれ、低音もキャッチしてくれます。
ただ、付属の風防は毛がモフモフしてるので小型ながらかなり目立つのでなかなか外で使う勇気が湧きません。
私はこちらの動画(https://www.youtube.com/watch?v=NUj1nTzUBPw&feature=youtu.be)を参考にして、風防スポンジを別途購入して取り付けたところ一気に小さくなりましたが、風防効果はモフモフには負けると思います。

【アプリ】
チルト、パン、ズーム、各種設定、撮影済み動画の再生など、いろいろなことができますし、離れた場所から遠隔操作もできます。ただ、古いスマホ(Android4.x)で試したところ、途中で強制終了したり、画面が暗いままなにも表示されなかったりと不安定でした。新しいスマホ(Android7.x)でも画面が暗いまま何も表示されないことがあり信頼性が低いです。今後のアップデートでしっかり改良して頂きたいです。

【総評】
改善が望まれる点も多く、まだまだ発展途上の製品だと思います。しかし、この画期的で素晴らしい映像体験を安価に提供してくださったDJIさんには心の底から感謝せざるを得ません。ありがとうございます。

参考になった1

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

OSMO+のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

OSMO+
DJI

OSMO+

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2016年 8月26日

OSMO+をお気に入り製品に追加する <42

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

qoo10
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

ユーザーレビューランキング

(ビデオカメラ)

ご注意