『写真を撮るための優れた道具』 CANON EOS 5D Mark IV ボディ fophさんのレビュー・評価

2016年 9月 8日 発売

EOS 5D Mark IV ボディ

  • 有効画素数約3040万画素35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載したハイエンドモデル。
  • 映像エンジン「DIGIC 6+(プラス)」、「61点高密度レティクルAF II」など、プロ向けモデル「EOS-1D X Mark II」と同等の性能を誇る。
  • 新開発ミラー振動制御システムの採用により、最高約7コマ/秒の高速連写を実現している。
EOS 5D Mark IV ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥211,990

(前週比:-375円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥211,990

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥165,000 (70製品)


価格帯:¥211,990〜¥473,742 (74店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥212,480 〜 ¥292,050 (全国710店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ : 一眼レフ 画素数:3170万画素(総画素)/3040万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/36mm×24mm/CMOS 重量:800g EOS 5D Mark IV ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品において、PTP通信とファームウエアアップデートに関する脆弱性が発表されました。詳しくはメーカーページをご覧下さい。

 
  • EOS 5D Mark IV ボディの価格比較
  • EOS 5D Mark IV ボディの中古価格比較
  • EOS 5D Mark IV ボディの買取価格
  • EOS 5D Mark IV ボディの店頭購入
  • EOS 5D Mark IV ボディのスペック・仕様
  • EOS 5D Mark IV ボディの純正オプション
  • EOS 5D Mark IV ボディのレビュー
  • EOS 5D Mark IV ボディのクチコミ
  • EOS 5D Mark IV ボディの画像・動画
  • EOS 5D Mark IV ボディのピックアップリスト
  • EOS 5D Mark IV ボディのオークション

EOS 5D Mark IV ボディCANON

最安価格(税込):¥211,990 (前週比:-375円↓) 発売日:2016年 9月 8日

  • EOS 5D Mark IV ボディの価格比較
  • EOS 5D Mark IV ボディの中古価格比較
  • EOS 5D Mark IV ボディの買取価格
  • EOS 5D Mark IV ボディの店頭購入
  • EOS 5D Mark IV ボディのスペック・仕様
  • EOS 5D Mark IV ボディの純正オプション
  • EOS 5D Mark IV ボディのレビュー
  • EOS 5D Mark IV ボディのクチコミ
  • EOS 5D Mark IV ボディの画像・動画
  • EOS 5D Mark IV ボディのピックアップリスト
  • EOS 5D Mark IV ボディのオークション

『写真を撮るための優れた道具』 fophさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

EOS 5D Mark IV ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー3
携帯性5
機能性4
液晶5
ホールド感5
写真を撮るための優れた道具

【デザイン】
人間工学の部分以外でデザインを求めるなら、かつてのT90でのコラーニのように大胆な造形でとは思っているが、丸みのあるフォルムは引っかかりも少なく概ね良好。
ただし左肩のモードダイヤルは旧態依然と言いたくもなるもので、良いアイディアで刷新されたらと思っている。

【画質】
3000万画素は最新型ではないレンズの使用時でもトーンの滑らかさに寄与しているように感じる。
引きの画では2000万画素では解像に不安を感じて判断に迷うところでも、安心して周囲の情報を取り込んだ広い画を作ろうと思えるのが心理的に大きい。
ブレの原因になるミラーショックもよく抑えられている。
ノイズに関しては多少のレタッチを前提とすればISO6400まで仕事に使える印象で、厳しい条件での撮影では大いに助かる。
いまのところISO12800までは実用レベルと思っているが超高感度域では色むらが目立つこともあるので、大きく引き伸ばす場合はテストで確認すべきだろう。
(なお現像ソフトはPhaseOne社製でノイズリダクションもかなりの向上を見せた新バージョンCaptureOne20を使用しての感想)

【操作性】
EOS 5Dシリーズとして違和感は一切なく、ざっくりと使うだけならマニュアルを読む必要を感じない。
特に大きなメイン電子ダイヤルとAF系のボタンカスタマイズはEOSの素晴らしい伝統だ。
しかし新たに追加された測距エリア選択ボタンには慣れない。縦位置用にバッテリーグリップに付いた位置がまた違っているので意識して覚える必要がある。そもそもホールド中に親指を下げるとボディを右手だけで支えられなくなるので、マルチコントローラの真横くらいが良かったような気がしている。
AFの測距点表示についてはMark II以前のようなはっきりと明るい常時点灯が見易いと思っている。
(さらに遡るなら実はEOS-3の視線入力AFを使っていた日々が自分にとっては今も最高だ)
変わっていない点で再考を望むのはアイカップの構造で、遮光性が悪くアングルファインダーの使用時などに外すのもスムーズでない。
またアイピースシャッターの代わりに付属するアイピースキャップも剛性を持たせて再設計してほしい。
なお、インターフェイスケーブルのケーブルプロテクターはややゴツいが非常にしっかりしており、撮影中の思わぬ事態でコネクタを破損することはなくなりそう。
あと、これは個体差かと思っているが、AEロックとAFフレーム選択ボタンが接触不良のようで、メーカーが初期不良認定するほどのものではないようだが撮影には支障があり修理してみることになった。これが解決すれば素晴らしい撮影マシーン。

【バッテリー】
カメラ全体の基本性能とGPSやWi-Fiの恩恵を考えれば止むを得ないとも思うが、消耗は早め。
個人的にはバッテリーグリップを一体化して電池交換の回数を減らし、ついでにスリムになって剛性も上がるといいと思っている。

【携帯性】
バッテリーグリップをつけなければ、多少厚みはあるがコンパクト。

【機能性】
画素数とスピードのバランスがいい高性能機。
高速高精度の61点AF、露出や色の正確さも進化して、3000万画素をこれだけのスピードでテンポよく撮影できる機動性は素晴らしい。
さまざまなシチュエーションに対処できる。

【液晶】
応答性もよくクリアで見やすい。
色味に選択肢が与えられたが、それらにはあまり感心しなかった。(D50より色温度の低そうな暖色やD65以上の寒色に必要を感じない)
タップ入力でボタン操作の手間が軽減されたのもメリット。
ピントやブレのシビアな確認にはもう少しが拡大率があればと感じたが、とは言ってもMark II以前のモデルとは隔世の感がある。
バリアングル液晶でないので、ローアングルではアングルファインダーを使っている。

【ホールド感】
ある程度の大きさと重さはあったほうが安定するため、バッテリーグリップを装着した状態を好ましく思っている。
縦横に指のかかるところが多く持ちやすいボディ。

【総評】
発売当初は高すぎると思っていたが、ここまで価格が下がったいま、5D Mark IVはデジタル一眼レフとしてもっともコストパフォーマンスの高いカメラになったのでは。
ボディ内手振れ補正、瞳AF、AFの対暗部性能など、最新機種には次々と新技術が投入されるものの、撮り手が習熟すればこのカメラの写真を写す能力はいまだ非常に高いレベルにあると感じる。

レベル
プロ
主な被写体
人物
風景
夜景
室内
その他

参考になった19人(再レビュー後:18人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー3
携帯性5
機能性4
液晶5
ホールド感5
じゅうぶんな性能

【デザイン】
人間工学の部分以外でデザインを求めるなら、かつてのT90でのコラーニのように大胆な造形でとは思っているが、丸みのあるフォルムは引っかかりも少なく概ね良好。
ただあえて言うなら、旧1Ds系ユーザーにとっては5Dシリーズはその代替機でもあるので、特に工夫もない左肩のモードダイヤルの継承に違和感はある。

【画質】
3000万画素は最新型ではないレンズの使用時でもトーンの滑らかさに寄与しているように感じる。
ノイズに関しては多少のレタッチを前提とすればISO6400まで仕事に使える印象で、厳しい条件での撮影では大いに助かる。
いまのところISO12800までは実用レベルと思っているが超高感度域では色むらが目立つこともあるので、大きく引き伸ばす場合はテストで確認すべきだろう。
(なお現像ソフトはPhaseOne社製でノイズリダクションもかなりの向上を見せた新バージョンCaptureOne20を使用しての感想)

【操作性】
EOS 5Dシリーズとして違和感は一切なく、ざっくりと使うだけならマニュアルを読む必要を感じない。
特に大きなメイン電子ダイヤルとAF系のボタンカスタマイズはEOSの素晴らしい伝統だ。
しかし新たに追加された測距エリア選択ボタンには慣れない。縦位置用にバッテリーグリップに付いた位置がまた違っているので意識して覚える必要がある。そもそもホールド中に親指を下げるとボディを右手だけで支えられなくなるので、マルチコントローラの真横くらいが良かったような気がしている。
AFの測距点表示についてはMark II以前のようなはっきりと明るい常時点灯が見易いと思っている。
(さらに遡るなら実はEOS-3の視線入力AFを使っていた日々が自分にとっては今も最高だ)
変わっていない点で再考を望むのはアイカップの構造で、遮光性が悪くアングルファインダーの使用時などに外すのもスムーズでない。
またアイピースシャッターの代わりに付属するアイピースキャップも剛性を持たせて再設計してほしい。
なお、インターフェイスケーブルのケーブルプロテクターはややゴツいが非常にしっかりしており、撮影中の思わぬ事態でコネクタを破損することはなくなりそう。
あと、これは個体差かと思っているが、AEロックとAFフレーム選択ボタンが接触不良のようで、メーカーが初期不良認定するほどのものではないようだが撮影には支障があり修理してみることになった。これが解決すれば素晴らしい撮影マシーン。

【バッテリー】
カメラ全体の基本性能とGPSやWi-Fiの恩恵を考えれば止むを得ないとも思うが、消耗は早め。
バッテリーグリップを一体化して電池交換の回数を減らし、ついでにスリムになって剛性も上がるといい。

【携帯性】
問題なし。

【機能性】
画素数とスピードのバランスがいい高性能機。

ボディ内手振れ補正が採用されればさらに素晴らしい。

【液晶】
見やすい。
色味に選択肢が与えられたが、それらにはあまり感心しなかった。
D50より色温度の低そうな暖色やD65以上の寒色は無意味であろう。
タッチパネルの動作には多少カクカク感があり、ピントやブレのシビアな確認にはもう少しが拡大率があればと感じたが、Mark II以前のモデルとは隔世の感がある。

【ホールド感】
ほどほどの厚さと長さがあったほうがホールディングが安定するので、バッテリーグリップを装着した状態を好ましく思っている。
ラバー厚さや質、細部の造形はやはり1D系が勝るが、良い方では。

【総評】
発売当初は高すぎると思っていたが、ここまで価格が下がったいまはデジタル一眼レフとしてもっともコストパフォーマンスが高いのでは。
写真を撮る機械としてよくまとまっている。

レベル
プロ
主な被写体
人物
風景
夜景
室内
その他

参考になった1

 
 
 
 
 
 

「EOS 5D Mark IV ボディ」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

EOS 5D Mark IV ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

EOS 5D Mark IV ボディ
CANON

EOS 5D Mark IV ボディ

最安価格(税込):¥211,990発売日:2016年 9月 8日 価格.comの安さの理由は?

EOS 5D Mark IV ボディをお気に入り製品に追加する <3478

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意