『いいハンドリング。いいサスペンション。いい加速性能?』 トヨタ C-HR 2016年モデル Shinagawa3213さんのレビュー・評価

> > > > > レビュー・評価
このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > C-HR 2016年モデル

『いいハンドリング。いいサスペンション。いい加速性能?』 Shinagawa3213さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

C-HR 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:55件
  • 累計支持数:1905人
  • ファン数:1人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能2
走行性能3
乗り心地5
燃費3
価格4
いいハンドリング。いいサスペンション。いい加速性能?

【エクステリア】
流れるようなクーペスタイルで見ているだけでいい走りを予感させるデザインだと思う。
ただ、リアドアのハンドルはホンダのパクリのようで好きではない。走行中ハンドルの凹み部分に汚れが堆積しやすく、手を汚すことが多々ある。
流れるウィンカーは流行りだが、昔のデコトラのようでやはり私の世代は違和感を感じる。
【インテリア】
トヨタには珍しくデザインの統一感があり、好印象。
メーターパネル上の本革調のダッシュボードはハリアーからの流行りか高級感が出ていてよかった。
ただナビ周りは後付けされたような安っぽい素材感で一体感はない。エアコン吹き出し口とナビ収容部分が被っていてなんでこのデザインにしたのか疑問。
シフトノブとカップホルダーの位置もおかしく、手前のカップホルダーにペットボトルを置くとシフト操作が困難になるなど詰めの甘い部分が見受けられた。電子パーキングブレーキは使いづらく、ボタンの感触も安っぽさが感じられた。
後席はかなり狭く2プラス2くらいに考えたほうがいいと思う。
大人4人での長距離移動は難しい。
【エンジン性能】
一言で言えば、過不足なく。だが、モアパワーが欲しくても伸び代がないため追い越しを諦めたり、合流で譲る譲らないの選択肢がないように感じた
またエコに振りすぎたセッティングのため、ターボラグを感じることが多い。
【走行性能】
スポーティな走行をしても破綻することなく思い描いたラインを走ることができる。
サスペンションも秀逸でBMWのような、いなしをしているように感じる。
フワフワでもなく固すぎることもなく、この点はトヨタにしては絶妙だと思った。
【燃費】
そこそこハイスペースの高速走行で15km。 エコモードでおとなしく走れば17から20kmほどの燃費になる。
【価格】
値段なり。
【総評】
トヨタにしてはかなり珍しいいい車を作ったなと感じる。
走りは楽しいし、乗り心地も高級車に通ずる部分が多々ある。
ただ、CVTのセッティングが省燃費に振りすぎていて、加速中でも頻繁に回転数を落としてしまうことがあった。
スポーツモード、ノーマルモード、エコモードどのモードでも発進は2千回転まで上がり元気な加速になるが、20キロを超えるといきなり回転数が1500回転以下に落ち気怠い加速になってしまう。
マニュアルモードで誤魔化しは効くが、CVT特有の疑似変速で違和感凄くストレスを感じる。

今回レンタカーで一週間乗ってのレビューだが、2リッターターボでブレーキ性能もあげた高性能版が出たら買ってしまうかもしれないと感じるくらいできのいい車だった。
シートもホールド性が高いし、ドライビングポジションを簡単に最適な位置に調整できた日本車は初めてかもしれない。
トヨタのこれからの車造りに未来を感じた車種だった。

レビュー対象車
試乗

参考になった25人(再レビュー後:25人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度1
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能2
走行性能3
乗り心地5
燃費3
価格4
いいハンドリング。いいサスペンション。いい加速性能?

【エクステリア】
流れるようなクーペスタイルで見ているだけでいい走りを予感させるデザインだと思う。
ただ、リアドアのハンドルはホンダのパクリのようで好きではない。走行中ハンドルの凹み部分に汚れが堆積しやすく、手を汚すことが多々ある。
流れるウィンカーは流行りだが、昔のデコトラのようでやはり私の世代は違和感を感じる。
【インテリア】
トヨタには珍しくデザインの統一感があり、好印象。
メーターパネル上の本革調のダッシュボードはハリアーからの流行りか高級感が出ていてよかった。
ただナビ周りは後付けされたような安っぽい素材感で一体感はない。エアコン吹き出し口とナビ収容部分が被っていてなんでこのデザインにしたのか疑問。
シフトノブとカップホルダーの位置もおかしく、手前のカップホルダーにペットボトルを置くとシフト操作が困難になるなど詰めの甘い部分が見受けられた。電子パーキングブレーキは使いづらく、ボタンの感触も安っぽさが感じられた。
後席はかなり狭く2プラス2くらいに考えたほうがいいと思う。
大人4人での長距離移動は難しい。
【エンジン性能】
一言で言えば、過不足なく。だが、モアパワーが欲しくても伸び代がないため追い越しを諦めたり、合流で譲る譲らないの選択肢がないように感じた
またエコに振りすぎたセッティングのため、ターボラグを感じることが多い。
【走行性能】
スポーティな走行をしても破綻することなく思い描いたラインを走ることができる。
サスペンションも秀逸でBMWのような、いなしをしているように感じる。
フワフワでもなく固すぎることもなく、この点はトヨタにしては絶妙だと思った。
【燃費】
そこそこハイスペースの高速走行で15km。 エコモードでおとなしく走れば17から20kmほどの燃費になる。
【価格】
値段なり。
【総評】
トヨタにしてはかなり珍しいいい車を作ったなと感じる。
走りは楽しいし、乗り心地も高級車に通ずる部分が多々ある。
ただ、CVTのセッティングが省燃費に振りすぎていて、加速中でも頻繁に回転数を落としてしまうことがあった。
スポーツモード、ノーマルモード、エコモードどのモードでも発進は2千回転まで上がり元気な加速になるが、20キロを超えるといきなり回転数が1500回転以下に落ち気怠い加速になってしまう。
マニュアルモードで誤魔化しは効くが、CVT特有の疑似変速で違和感凄くストレスを感じる。

今回レンタカーで一週間乗ってのレビューだが、2リッターターボでブレーキ性能もあげた高性能版が出たら買ってしまうかもしれないと感じるくらいできのいい車だった。
シートもホールド性が高いし、ドライビングポジションを簡単に最適な位置に調整できた日本車は初めてかもしれない。
トヨタのこれからの車造りに未来を感じた車種だった。

レビュー対象車
試乗

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「C-HR 2016年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
試乗したGRって、、、  4 2020年2月2日 19:07
昨年試乗してから・・・  4 2020年1月17日 21:20
優越感と遊び心を適度に満たしてくれるマイルドスポーツSUV!!  5 2019年12月26日 18:16
C-HRのハンドリングと安定性 GOOD  4 2019年8月16日 09:15
3500km走行後の再レビューです  5 2019年7月21日 14:39
ラブ4に飲み込まれますね  1 2019年5月25日 13:02
やっぱり飽きた  1 2019年5月25日 11:32
全然悪くない。  4 2019年4月23日 23:51
びっくりしました。  5 2019年4月7日 22:30
一年半乗ってみて…  5 2019年2月28日 02:28

C-HR 2016年モデルのレビューを見る(レビュアー数:105人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

C-HR 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

C-HR
トヨタ

C-HR

新車価格:236〜286万円

中古車価格:139〜378万円

C-HR 2016年モデルをお気に入り製品に追加する <264

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

C-HRの中古車 (964物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ViiBee
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意