『最高に満足のC-HRです!』 トヨタ C-HR 2016年モデル MacToyさんのレビュー・評価

> > > > > レビュー・評価
このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > C-HR 2016年モデル

『最高に満足のC-HRです!』 MacToyさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

C-HR 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:764人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
2件
レンズ
0件
3件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格4
最高に満足のC-HRです!
   

   

納車後1週間のレビューです。

1. 運転していて気になった点
 ・良い点 前方の視界はとてもクリアです。プリウスαのときは三角窓のピラーが極太で運転席から右前方を見る時にまったく三角窓が役に立っていなかったのですが、C?HRでは三角窓のピラーが細くなったことで前方右の視界が開けました。ストレスを感じることなく安全確認ができます。
 ・気になる点 レーンチェンジや左折する時の左後方の安全確認が目視でできません。それというのもセカンドシート左側の窓とリアウィンドウの間の壁幅が広く、それが死角となるためです。そのための装備だと思うのですが、後方から近づく車をブラインドスポットモニター(ドアミラーに車が後方から近付いていることを表示し知らせてくれる機能)を信じることでなんとかこの不具合も回避できますが、交差点を左折する際に、歩行者や自転車が左から接近するのは検知できていないように思います。ですので、交差点での左折はかなり気を使うことになります。
といったことで、極力レーンチェンンジは行わず、また交差点では必ず一時停止といったより慎重な運転をするようになりました。

2.信号待ちをするときのブレーキから解放
 シフトレバーのすぐ近くに配置された「ブレーキホールド」のボタン(スイッチ)。
 オンにすることで、ブレーキホールドの機能が有効になります。
 信号が赤になりブレーキペダルを踏み停車、すると自動でブレーキがホールドされます。
 ブレーキペダルから足を離しても車は前後に微動だにせず、しっかりと止まったままです。
 信号が青になりアクセルを踏み込むだけで、そのホールドは解除されます。
 信号待ちのあいだ、常にブレーキペダルを踏み続けていることから解放され、とても楽になりました。
 ただ、エンジンを切り、再度始動した際にはこの機能は解除されていますので、ブレーキホールド機能が
 有効か否かを始動時に確認することが必須かと思います。
 とてもありがたい機能です。

3.シートまわり
 シートは前後、上下、リクライニング、ランバーサポートが機能としてありますが
 残念ながらランバーサポートを除き、すべて手動です。
 まぁ、それほど使うものでもありませんので気になるところではないですが、
 しかしこれだけ高い車なので、電動でもよかったのではと思うときもあります。
 
4.発進
 1200CCガソリン車の発進ですが、思ったよりもスムーズです。
 この重たい車に対し排気量が小さいので、もたつくのではと思っていたのですが、ターボの効果もあるのか
 ストレスを感じることはありません。
 エコモードでの発進はとてものんびりとした感じではありますが、スムーズに加速していきます。
 ノーマル、SPORTモードは力強い走りができます。加速する際にそれほどうなることもなく
 静かなもので、ハンドリングと相まってとてもキビキビとした身のこなしをします。
 
5.自動で前を走る車に追従
 レーダークルーズコントロールを使うことで、前方を走る車にくっついて走ることができます。
 速度を設定しその速度を上限として、車が車間距離をとりつつ時にはブレーキをかけながら
 追従することができます。前方の車が止まると、自動でブレーキがかかり同じく停車します。
 もちろん、発進する際にはアクセルを踏む必要がありますが、その後は追従走行を再開します。
 とても使える機能です。
 ただ、大きなカーブがあると、前方の車をレーダーが一時的に見失うことがありますので
 ちょっとした注意が必要です。

6.車線をはみ出した際の制御
 C?HRにはレーンディパーチャーアラートなる機能がついています。
 白線をはみ出すと、ぐいぐいと白線内に車を戻します。
 ウインカーをあげずに白線を跨ぐこと、つまりは居眠り運転や脇見運転による事故を未然に
 防ぐ機能のようで、とても頼りになります。

7.ナビ・オーディオ
 ディスプレイの位置がメーター類とほぼ同じ高さに位置しています。前方を見ながら、時にメーター、そしてナビを
 見るために目を移動しますが、目の移動が最小限ですみますのでとても運転が楽になりました。
 さらに、純正のT-Connectナビ 9インチモデルを実装していますが、ナビで表示される地図はとても精細に表示され、
 視認性がとても良いものです。操作についてはプリウスαで使っていたものと同じでしたので、操作で困るところは
 全くなし。インターフェースが変わらずに踏襲されることはユーザにとってありがたいことだと思いました。
 オーディオは結構音が良いと思います。イコライザーやヴァーチャルシアターで設定を変えることでみちがえるほど
 音が良くなり満足しています。ヴァーチャルシアターでBASSやTWEETERを設定しメリハリのある音に、
 さらにHARMONIZERで音の奥行き感を出したりと。
 低音はかなり迫力がありますので、純正で十分と思っています。

8.後席
 窓が小さいため閉塞感がありますが、これまでのレビューのとおりパーソナルスペースといった感じで
 後席にのった方の感想としてはとても落ち着くとのことでした。良く眠れるそうです(笑)
 シートの座りごごちも良いとのことですし、マイナス点はないものと思います。

以上、納車後1週間の感想でした。

やはりC?HR、買ってよかった・・満足度の高い車です!

乗車人数
5人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年5月
購入地域
北海道

新車価格
277万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
5万円

C-HRの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった515人(再レビュー後:480人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格4
最高に満足のC-HRです!

題名を修正しました(^_^;)
「?」ではなくて「!」でした。。。


C−HR G−T 
購入前のことですが、ディーラーに行き運転席に座ってみると室内はほぼブラックで統一され暗いイメージ、そして狭いと感じ、このような車は自分好みではないと思ったのですが、一旦試乗してみると印象は180度変わっていました。
納車後2日ですが、その印象を以下に。

【エクステリア】
 ボリュームのある正面、張り出したタイヤまわりのフェンダー、まるで2ドアのようなスポーティさ。さらに大きめのタイヤ。圧倒的な迫力が感じられる車です。リアのデザインもそれほどうるさく感じることもなく、逆にスタイリッシュな好印象を実際の車からは受けています。

【インテリア】
 内装はブラックとブラウン、そしてピアノブラックのインパネまわり。とにかく落ち着いていて、高級感があります。
 収納は、助手席前部の少々小さめなグローブボックス。ライトが点きます。そして運転席と助手席の間にある深めのコンソールボックス。この中にアクセサリーソケットが一つあります。携帯の充電をする際にこのソケットに差し込むのですが、コードはコンソールボックスを閉めてもはさまることなく外に引き出すことができるようになっています(つまり隙間がある)。コンソールボックスの前部にはドリンクホルダーが2つ。そしてさらに小さめの棚(?)がダッシュボードとコンソールボックスの間に。サングラスを置けるくらいのスペースです。
デザイン優先だと割り切れば、とりあえず満足のいけるものかと思っています。 ちなみに、ピアノブラックのインパネ周りですが、静電気のせいかほこりが付着するので、その点の手入れが必要かなぁ・・と。
夜間のインパネ・コックピットはちょっと白っぽいブルーで統一されていて、夜のドライブが楽しくなるほどです。
スピードメーターとタコメータの間にあるマルチインフォメーションパネルもさらにアクセントになっています。

【エンジン性能】
 ガソリン1.2リッターですが、必要十分なパワーです。とても静かで加速も良いです。
 高速での合流や追い越しもターボが効いているせいかスムーズに加速するのでストレスはありませんでした。
 ちなみに、100kmあたりから前席ではロードノイズが気になり始めます。逆に後席は静かなようです。不思議ですね。
 以前乗っていたプリウスαと比べると、とても静かだと思います。

【走行性能】
 ECOモードですと、ちょっともっさりとした感じ。これぞECOといった加速感。普段はこれで良いかなって思えます。
 ノーマルは結構キビキビとした感じで、いざという時はこのモードでしょうか。
 そしてスポーツモードはストレス発散に走らせる際には重宝するモードです。気分よく走ってくれます。
 ハンドル操作はとても軽くて、これまで味わえなかったフィーリングです。

【乗り心地】
 高速道路の継ぎ目は以前は突き上げるような感じがあって不快だったのですが、この車ではそういったことはありません。
 とても心地よく運転できますし、同乗者も満足なようです。
 シートはホールド感に優れていて、前・後席ともに落ち着いて座ることができます。収まりがつかないような違和感は全くありません。
 また後席は窓が小さいため、ネット上では閉塞感があると評価されているとおりではありますが、逆に寝ていても顔の位置には窓がないため外からは見えませんし、日光も浴びませんし、まさに閉塞感がもたらすパーソナルスペースといったところでしょうか。結構落ち着きます。

【燃費】
 まだ2日目ですのでなんとも言えません。

【価格】
 車両本体280万、メーカーオプション20万、付属品55万、その他諸経費で400万を超えました。
 メーカーオプションはBi-Beam LEDヘッドライト、LEDシーケンシャルランプ + LEDシーケンシャルターンランプ・・。
 付属品はTCナビ9インチモデル・・・等。
 結構高いですが、エクステリア、インテリア、そして安全面での装備を考えると、それ相応の値段かと納得しています。

【総評】
 ひさしぶりに車を持つ喜びを感じています。格好良い、運転も楽しい。
 直近では、エスティマハイブリッド、プリウスαと乗り継いできましたが、この車は自分の中ではこれまでで最高だと思いますし、
 C-HRを購入して大満足です。
 ※ディーラーの方の懇切丁寧な説明等の対応、そして最後は背中を押され購入に至りました。
  ディーラーの方にも感謝です!

乗車人数
5人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年5月
購入地域
北海道

新車価格
277万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
5万円

C-HRの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった27

満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格4
最高に満足のC-HRです?

C-HR 1

C-HR 2

C-HR 3

C−HR G−T 
購入前のことですが、ディーラーに行き運転席に座ってみると室内はほぼブラックで統一され暗いイメージ、そして狭いと感じ、このような車は自分好みではないと思ったのですが、一旦試乗してみると印象は180度変わっていました。
納車後2日ですが、その印象を以下に。

【エクステリア】
 ボリュームのある正面、張り出したタイヤまわりのフェンダー、まるで2ドアのようなスポーティさ。さらに大きめのタイヤ。圧倒的な迫力が感じられる車です。リアのデザインもそれほどうるさく感じることもなく、逆にスタイリッシュな好印象を実際の車からは受けています。

【インテリア】
 内装はブラックとブラウン、そしてピアノブラックのインパネまわり。とにかく落ち着いていて、高級感があります。
 収納は、助手席前部の少々小さめなグローブボックス。ライトが点きます。そして運転席と助手席の間にある深めのコンソールボックス。この中にアクセサリーソケットが一つあります。携帯の充電をする際にこのソケットに差し込むのですが、コードはコンソールボックスを閉めてもはさまることなく外に引き出すことができるようになっています(つまり隙間がある)。コンソールボックスの前部にはドリンクホルダーが2つ。そしてさらに小さめの棚(?)がダッシュボードとコンソールボックスの間に。サングラスを置けるくらいのスペースです。
デザイン優先だと割り切れば、とりあえず満足のいけるものかと思っています。 ちなみに、ピアノブラックのインパネ周りですが、静電気のせいかほこりが付着するので、その点の手入れが必要かなぁ・・と。
夜間のインパネ・コックピットはちょっと白っぽいブルーで統一されていて、夜のドライブが楽しくなるほどです。
スピードメーターとタコメータの間にあるマルチインフォメーションパネルもさらにアクセントになっています。

【エンジン性能】
 ガソリン1.2リッターですが、必要十分なパワーです。とても静かで加速も良いです。
 高速での合流や追い越しもターボが効いているせいかスムーズに加速するのでストレスはありませんでした。
 ちなみに、100kmあたりから前席ではロードノイズが気になり始めます。逆に後席は静かなようです。不思議ですね。
 以前乗っていたプリウスαと比べると、とても静かだと思います。

【走行性能】
 ECOモードですと、ちょっともっさりとした感じ。これぞECOといった加速感。普段はこれで良いかなって思えます。
 ノーマルは結構キビキビとした感じで、いざという時はこのモードでしょうか。
 そしてスポーツモードはストレス発散に走らせる際には重宝するモードです。気分よく走ってくれます。
 ハンドル操作はとても軽くて、これまで味わえなかったフィーリングです。

【乗り心地】
 高速道路の継ぎ目は以前は突き上げるような感じがあって不快だったのですが、この車ではそういったことはありません。
 とても心地よく運転できますし、同乗者も満足なようです。
 シートはホールド感に優れていて、前・後席ともに落ち着いて座ることができます。収まりがつかないような違和感は全くありません。
 また後席は窓が小さいため、ネット上では閉塞感があると評価されているとおりではありますが、逆に寝ていても顔の位置には窓がないため外からは見えませんし、日光も浴びませんし、まさに閉塞感がもたらすパーソナルスペースといったところでしょうか。結構落ち着きます。

【燃費】
 まだ2日目ですのでなんとも言えません。

【価格】
 車両本体280万、メーカーオプション20万、付属品55万、その他諸経費で400万を超えました。
 メーカーオプションはBi-Beam LEDヘッドライト、LEDシーケンシャルランプ + LEDシーケンシャルターンランプ・・。
 付属品はTCナビ9インチモデル・・・等。
 結構高いですが、エクステリア、インテリア、そして安全面での装備を考えると、それ相応の値段かと納得しています。

【総評】
 ひさしぶりに車を持つ喜びを感じています。格好良い、運転も楽しい。
 直近では、エスティマハイブリッド、プリウスαと乗り継いできましたが、この車は自分の中ではこれまでで最高だと思いますし、
 C-HRを購入して大満足です。
 ※ディーラーの方の懇切丁寧な説明等の対応、そして最後は背中を押され購入に至りました。
  ディーラーの方にも感謝です!

乗車人数
5人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年5月
購入地域
北海道

新車価格
277万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
5万円

C-HRの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8

 
 
 
 
 
 

「C-HR 2016年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
C-HRのハンドリングと安定性 GOOD  4 2019年8月16日 09:15
3500km走行後の再レビューです  5 2019年7月21日 14:39
ラブ4に飲み込まれますね  1 2019年5月25日 13:02
やっぱり飽きた  1 2019年5月25日 11:32
全然悪くない。  4 2019年4月23日 23:51
びっくりしました。  5 2019年4月7日 22:30
一年半乗ってみて…  5 2019年2月28日 02:28
乗り心地に感動しました  4 2019年2月25日 07:23
納車後、1,000km走行レビュー  5 2019年2月21日 22:24
納車7ヶ月の感想...  5 2018年12月5日 02:20

C-HR 2016年モデルのレビューを見る(レビュアー数:102人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

C-HR 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

C-HR
トヨタ

C-HR

新車価格帯:236〜286万円

中古車価格帯:148〜378万円

C-HR 2016年モデルをお気に入り製品に追加する <264

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意