トヨタ C-HR 2016年モデルレビュー・評価

> > > > > レビュー・評価
このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > C-HR 2016年モデル

C-HR 2016年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:C-HR 2016年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
G-T Mode-Bruno 2018年12月3日 特別仕様車 1人
G-T Mode-Nero 4WD 2018年12月3日 特別仕様車 1人
S-T 2018年5月7日 マイナーチェンジ 1人
S-T LED Package 2018年5月7日 マイナーチェンジ 1人
G-T LED Edition 2017年11月2日 特別仕様車 2人
S-T LED Edition 2017年11月2日 特別仕様車 3人
G-T 4WD 2017年8月2日 マイナーチェンジ 6人
S-T 4WD 2017年8月2日 マイナーチェンジ 3人
G-T 4WD 2016年12月14日 ニューモデル 49人
S-T 4WD 2016年12月14日 ニューモデル 11人
満足度:3.33
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:102人 (プロ:2人 試乗:56人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 3.81 4.34 95位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.50 3.93 47位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 3.05 4.13 138位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 3.66 4.21 90位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 3.91 4.05 64位
燃費 燃費の満足度 3.39 3.89 118位
価格 総合的な価格の妥当性 2.77 3.88 118位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

C-HR 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:90件
  • 累計支持数:2293人
  • ファン数:14人
満足度3
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能2
走行性能3
乗り心地3
燃費3
価格3

トヨタのC-HRは本田のヴェゼルと並んで国産SUVの売れ筋だが、何故こんなに評価が高い?
いや、参考ポイントが500点を超える様なレビューが、どう考えても多すぎる。
※レビューを投稿した人を指しているのではありません。

1.2Lターボの動力性能や燃費、ラゲッジ容量の少なさ、リアシートの圧迫感、死角や車両限界の掴みにくさ・・・ヴェゼルに負けている部分が多すぎる。

<VS.ヴェゼル>
2018年上半期の登録台数は、
C-HR   40,998台(対前年比51.7%)
ヴェゼル 32,737台(同85.5%)
台数的にはC-HRの勝ちだが、対前年比半減やトヨタと本田の販売力、つまりディーラーの店舗数等からすると、ヴェゼルの勝ち!と言っていいと思う。
ヴェゼルは2013年12月発売でC-HRは2016年12月発売とC-HRは3年も後発。
当然、C-HRはヴェゼルを研究尽くしたと考えるのが普通であるが、価格.COMのレビュー評価も圧倒的にヴェゼルが高い。

レビュー対象車
試乗

参考になった50

このレビューは参考になりましたか?参考になった

関東@豚ちゃんさん

  • レビュー投稿数:46件
  • 累計支持数:471人
  • ファン数:2人
満足度3
エクステリア4
インテリア2
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格3

最近、はやり?のカーシェアでCH-Rが配車されていたので、乗ってみました。

【エクステリア】最近のトヨタ車の特徴を受け継いだキーンルック(コウロギ? で割に好き嫌いが分かれる造形。ダメなひとはあれ、ダメでしょうね。個人的には好きじゃないですけど、トヨタにしてはえらく攻撃的なところを評価しました。なんか、ガンダムチック。

【インテリア】落ち着いたデザイン。外見の印象とは真逆のイメージ。嫌いじゃないです。それなりに作りにも気を使っていて貧相さはない。ただ、一点気になる点が。後部座席が狭い。ひざ前も狭いし、屋根もエクステリアデザインの煽りを食って傾斜してるので閉塞感があるんですよね。

【エンジン性能】1.2Lターボですが、特に可もなく不可もなくですかね。ちょっとトルクは薄かったかも。高速域で。

【走行性能】【乗り心地】現行プリウスの時にも書いたんですが、素直で乗りやすい車だと思いました。旋回時でもクセがなく、バタバタするところがなかった。しっかり足廻りとボディが働いてるという印象。18インチホイールでも硬さは感じなかった。

【燃費】平均して15km/Lくらいですかね。120kmの往復で街乗りと高速の比率が3:7くらい。なのであんまり良くはないかな。結構、アクセル大人しく使ったんだけど。もうちょっとのびてくれると。

【価格】無評価

【全体の感触】悪い車で無いと思う。ただ、積極的にこれを買うかと言うと微妙。ライバルのCX-3やヴェゼルの方が価格と装備に関してアピール力は強いかな。絶体にCH-Rでなければ!っていうものがあればね。

レビュー対象車
試乗

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

我那覇 響さん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:220人
  • ファン数:1人
満足度3
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費無評価
価格2

通勤をメインに、週末の友人との遊びや家族との買い物。そして、家族4人での旅行や里帰りが出来る車を探す中で、この車を試乗しました(友人の車を借りました)。

【エクステリア】
男性は好きそうなメカニカルな感じです。私も嫌いではありません。家族も特に嫌悪感もなく受け入れていました。
ただ、リヤドアは「小さい子供とか開けにくいかもね」とも言ってました。

【インテリア】
包まれるような運転席はスポーツ感が出て通勤は楽しくなりそうです。助手席にナビの操作を頼むときにはちょっと使いにくいかもしれません。後部座席は思ったよりは広く足元も余裕がありましたが、背もたれが立ち気味で疲れそうなことと、やはり景色を見ながら座りたいと言われ、この点で購入に至りませんでした。

【エンジン性能】
通常走行では問題ないです。フル乗車の高速の登りやワインディングなどはちょっと物足りないかもしれません。出来ればもう少し排気量の大きいホットモデルが欲しいです。


【走行性能】
街乗りでは不自由ない走行性能です。ワインディングでもきれいにノーズが入ります。ロールも穏やかで自然な感じです。
ただ、加速しながらのコーナーやブレーキング中のライン取りでは、やや思ったラインからずれてハンドルの切り足しをすることもあったのですがクーペとは違いますので、SUVとしては十分に楽しめる性能でした。

【乗り心地】
良いと思います。見た目のスポーツの感じとは違って良い意味で乗りやすいです。

【燃費】
オーナーの友人談ではSUVとしては平均〜やや上との事です。

【価格】
個人的にはもう少し安いと手が届きやすいかと思います。

【総評】
良い車だと思います。4人フル乗車では不満が出ますが、通勤や2人乗りではこの車を欲しいと思いました。デザインに割り切ったとてもスペシャリティな車で良いと思います。ただ、欲を言えばこのデザインと内装でエンジンやサスは迫力負けの気はします。燃費や乗り心地も思い切って割り切ったホットなモデルも一つ欲しい所です。

レビュー対象車
試乗

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

gtm106さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:684人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
5件
1件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度3
エクステリア1
インテリア4
エンジン性能無評価
走行性能無評価
乗り心地3
燃費無評価
価格無評価

友人が購入したので、ドライブついでに助手席に乗せてもらいました。
運転はしていないので、あくまで同乗者としてのレビューです。

【エクステリア】
街中でもよく見かけるようになったのでだいぶ見慣れてきましたが、残念ながら自分にはこのフロントのデザインは受け入れられません。
リアはノーマルの状態なら嫌いではないです。
カスタムパーツを付けてコテコテにしている車を見かけることもありますが、あれはやりすぎで逆にダサく感じます。


【インテリア】
ピアノブラックのパーツや造形でうまく演出できているからか、前に乗ったプリウスより高級感があるように思いました。
後部座席は座っていませんが、窮屈そうに見えました。


【エンジン性能】
運転してないので無評価です。


【走行性能】
ここも無評価とさせていただきます。


【乗り心地】
案外良かったように感じましたが、運転のせいか新車特有の匂いのせいなのか原因はわかりませんが、15分ほどで酔いました。


【燃費】
ここも無評価です。


【価格】
運転していないので無評価としていますが、自分はあのフロントデザインの時点でいくら安くても買いたいとは思いません。


【総評】
この車は好き嫌いが分かれそうですね。
トヨタなので売れているようですが、これが他のメーカーだったら果たして売れているかどうか疑問です。

乗車人数
2人
レビュー対象車
新車

参考になった65

このレビューは参考になりましたか?参考になった

pekepon7さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:123人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
102件
CDプレーヤー
0件
3件
冷蔵庫・冷凍庫
1件
0件
もっと見る
満足度3
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能1
走行性能2
乗り心地4
燃費5
価格2

先日レンタカー(ほぼ新車)を借りて、2日間ほどドライブして
きましたので、その時の感想です。借りたのはハイブリッド車です。

走った距離の3分の2以上は高速道路で、それも山間部
(場所によっては片側1車線)の坂道やトンネルの多い区間が
中心でした。

【エクステリア】
とにかく派手です。どこを走っていても目立ちます。パーキングに
停めておいても、すぐわかります。
まあ、田舎だったせいか、他車でCH-Rはほとんど見なかったこともありますが...。
個人的には、フロントマスクが少しダサく感じます。
(流れるウインカーは良いです)

【インテリア】
さすがトヨタですね。やはり他メーカーと比べると、高級感があります。
運転席もザ・コックピットっていう感じ。「内装のトヨタ」面目躍如だと思います。
ただ、ナビ(オーディオを含め)は慣れるのに少し時間がかかりました。

【エンジン性能】
高速道路が多かったからだと思いますが、とにかく非力のひとこと。
全然加速してくれない。高速の長めのランプウェイを目一杯使って、
ようやく時速100キロに届くか、届かないか。
登り坂では、前を走るタンクローリーを抜くのにも四苦八苦。
しかも、加速しないくせにエンジン音だけはやたらにうるさく、高速道路を
走る車では無いなと思います。
ただ、時速40キロくらいまでだったら、静かで実用的かと思います。

【走行性能】
足回りはかなりフワフワした感じで、ロールも大きく、ワインディングは
速度を落とさないと怖いです。(クイックには曲がりません)
「ニュルで鍛えた欧州向けの足回り」ということでしたが、おそらく
国内モデルとは全く違う別物の足回りなのではないでしょうか。
いろんなところで見る評論家のインプレッションでは、ボディ剛性や
サスペンションなどが良い評価になっていますが、「ウソ」っぽい提灯記事に
思えるほどでした。

【乗り心地】
サスペンションはフワフワなので、乗り心地(運転以外)は良いと思います。
いわゆる、観光バスのような乗り心地で、路面の継ぎ目や細かい凹凸も
ほとんど感じません。
旅行するための足としては、十分な乗り心地だと思います。

【燃費】
なんといってもハイブリッドですから。途中渋滞などありましたが、リッター
20キロ以上走りますので、全く文句はありません。

【価格】
値引きがほとんど無いので、ナビなどのオプションを付けると、諸経費含めた
乗り出し価格が350万を超えてしまいます。それだけの費用をかけるなら、
他の選択肢を選ぶ人の方が多いような気がします。
ただ、トヨタ車はリセールバリューが高いので、次の車の頭金にすることを
考えているなら、この車を選択するのも有りかな。

【総合】
総合的にみると、外形の違うプリウスに乗っている感じと言えば、わかって
もらえると思います。プリウスも、他の車と比べると割高ですが、さらにもっと
割高の車のように感じます。このパワーで、この足回りで、この価格は払う気に
なりません。
今回はレンタカーでしたが、レンタル料金も「お高い」ので、今後は多分
借りることもないでしょう。

CH-Rを実際に購入している人は、自分の車について、なかなかシビアな
評価をすることができないと思いますが、評論家の提灯記事を鵜呑みにせず、
エンジンパワーのある車や、足回りの良くできた車に実際に乗ってみることを
お勧めします。

乗車人数
1人
レビュー対象車
新車

参考になった123

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sky_819さん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:302人
  • ファン数:1人
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能1
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格2

【エクステリア】
ごちゃごちゃしててあまり好きではないです。
【インテリア】
それなりの質感ですがよく見るとプラスチック感は否めない。
【エンジン性能】
これが問題。
この車重にはパワー不足。
かなりモッサリしてます。
エンジン音自体は静かなので踏み込めばなんとかなりますが余裕はないですね。
【走行性能】
安定してます。
【乗り心地】
思いの外いいです。
【燃費】
悪いですね。
過度なダウンサイジングな気がします。
【価格】
高い!!
価格程の価値は絶対にない!
【総評】
走行安定性はなかなかですがエンジンが追いついてません。せめて自然吸気の2000ccは用意してほしいです。

レビュー対象車
試乗

参考になった125

このレビューは参考になりましたか?参考になった

松下宏さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度3
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費1
価格3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

2017年1月に発売されたC-HRは、トヨタが プリウスに採用したのと同じTNGAと呼ぶ新世代プラットホームをベースに開発した比較的コンパクトなサイズのSUVだ。

コンパクトと言っても全幅が1750mmもある堂々たる3ナンバー車なのだが、全長は4360mmにとどめられている。ヴェゼルに対して+75mmと比較的短く抑えられているから、世界的に見ればいろいろなクルマがどんどん大きくなり続ける今の時代、コンパクトというか手頃なサイズのSUVということになる。

C-HRには地元のディーラーで試乗車を借り出し、時間をかけてじっくりと試乗した。C-HRにはハイブリッド車とダウンサイジング直噴ターボ仕様の2種類があるが、試乗車はターボエンジンを搭載した上級グレードのG-Tだ。

ちなみにC-HRのハイブリッド車はFFのみの設定で、直噴ターボ車は4WDのみの設定となる。プリウスハイブリッドには4WDの設定があるが、限定的な4WDシステムなのでSUVの4WDとしては通用しないためだろう。

外観デザインはトヨタとしてはかなり思い切った感じである。アニメの世界から飛び出して来たような近未来感覚のデザインだと思う。個人的にはこういうデザインは嫌いではなく、妙に丸くてのめっとしたデザインに比べたらずっと良いと思う。

ただ、前から見ても横から見ても後ろから見ても、何とも面の数が多すぎて煩わしいような印象を受けてしまう。メリハリが効きすぎてエッジも際立ち過ぎる印象なのだ。もう少しすっきりしたデザインにできないものか。

インテリアも斬新で先進感のあるデザインに仕上げられていて、これはこれで良いと思う。造形だけでなく見た目の質感も上々のレベルにあり、気分良く運転できると思う。

後席の居住空間はあまり広くない上に、後席用のドアは把手ピラー部分に隠されるようにして高い配置に配置されていて操作がしにくい。ドアの開口部も小さくて、乗降性はあまり良くない。窓も小さくて乗り込むと窮屈なところに押し込まれた感じになる。デザインを優先したことのしわ寄せがきた形である。前席優先で後席にはあまり人を乗せない人が選ぶクルマと割り切って考えるべきだろう。

搭載エンジンは8NR-FTS型で、直列4気筒1.2Lの直噴ターボ仕様だ。これは先にオーリスに搭載されたのと同じエンジンだが、オーリスでは欧州仕様のエンジンをそのまま搭載していたために無鉛プレミアムガソリンだったが、C-HRでは日本向けに無鉛レギュラーガソリン仕様とされている。

動力性能の数値は85kW/5200〜5600rpm、185N・m/1500〜4000rpmで、無鉛プレミアムガソリン仕様のオーリスと全く変わらないのだから、レギュラーで当然という感じだ。

C-HRのG-Tは駆動方式が4WDということもあって車両重量が1470kgとやや重く、また組み合わされるトランスミッションが無段変速のCVTということもあって、走りは特に元気が良いという感じではない。同じエンジンを搭載するオーリスは1300kgで格段に軽いから、けっこう良く走る印象だったが、C-HRでは重さが響いている印象がある。

ただトランスミッションには7速シーケンシャル機構を備えるほか、スポーツ/ノーマル/エコのドライブモードが選択可能だから、スポーツモードを選んで積極的にレバーを操作すればそれなりの元気の良さは得られる。そうなるとパドルシフトが欲しいという気持ちにもなるが、それは装備されていない。

コーナーの立ち上がりなどでは、電子制御式の4WDシステムが積極的に後輪側に駆動力を伝えるらしく、気持ち良く加速が伸びていった。

C-HRがデキの良さを感じさせるのは足回りだ。SUVボディの4WD車で最低地上高が155mmと心持ち高いので、操縦安定性の面で不利になるかと思ったら、想像していた以上に安定性に優れた走りを実現した。コーナーでの安定性の高さなど、引き締まった感じの乗り味はプリウスを上回る印象であり、良く煮詰められた足回りだと思う。

タイヤはSUV用のタイヤではなくポテンザRE050Aというスポーツタイヤで、それも225/50R18インチサイズが装着されていた。18インチの大径タイヤを履く割には妙な突き上げもなく、乗り心地の上々という印象だった。

安全装備は上級仕様のトヨタセーフティセンスPが装備されている。ミリ波レーダー+単眼カメラで人間も見分けるタイプだ。C-HRはこれで良いが、トヨタは早くほかの車種に搭載するセーフティセンスCを廃止してPに統一すべきである。

C-HRのG-Tにとって弱点となるのは燃費だろう。車両重量の重さもあってダウンサイジング直噴ターボの割には燃費があまり良くなくて15.4km/Lにとどまっている。ハイブリッド車の燃費が30.2km/Lであることを考えると、ほとんど半分しか走らない。C-HRの売れ行きでハイブリッド車が大半を占めているのは燃費によるところが大きいだろう。雪国のユーザーなど、本気で4WDを必要とするユーザーでないと選びにくいのがC-HRのガソリン車である。

レビュー対象車
試乗

参考になった421

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Jean Marcさん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:336人
  • ファン数:1人
満足度3
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地3
燃費2
価格無評価

セーフティセンスPに限ってレビューを書かせていただきます。
沖縄本島の一般道、高速を使って、セーフティセンスPのLDA、ACCを試しました。
(本当は自動車専用道路以外の一般道では使用してはいけません)

C-HRで行った場所は下記の区間です。
フジレンタカー那覇営業所→御菓子御殿 恩納店→万座毛→ラグナガーデンホテル
ラグナガーデンホテル→古宇利島→メインプレイス→宜野湾市民会館→あやぐ食堂→フジレンタカー那覇営業所

まず、ACC(全車速追従機能付クルーズコントロール)ですが、
基礎知識として、
設定可能速度は45〜115km/hまで、車間距離は3段階で設定可能です。

≪一般道での追従走行中≫
信号で先行車が停止すると、かなり滑らかに減速しますが、停止するときはカックンブレーキになります。
停止保持中、先行車が動き出すと、メーターに表示され、RESにレバーを操作すると、発進しますが、
発進時の加速が急で、ECOマークが消えてしまうほどです。自分でアクセル操作した方が燃費が良さそうです。
先行車が右折専用レーンへ離脱しても、自車線内をまだ走行していると誤認識してブレーキがかかったり、追従できなくなったりします。
※先行車から車間距離が十分あるのにブレーキがかかったときは、アクセルを踏めば、ACCが解除され、加速します。
下り坂では、先行車が減速すると、エンジンブレーキがかかることがあります。
S字カーブのように急なカーブだと、先行車を見失うことがあります。

≪高速道路で追従走行中≫
先行車との車間距離が十分あるのに、なぜかフロントのクリアランスソナーのマークが表示されました
不具合なのかそういう仕様なのかわかりませんが、一般ユーザーからしたら驚くのであまり良くないと思いました。
100km/hで走行中、対面通行で60km/hで走行している先行車がいたとき、ACCのブレーキではなく、プリクラッシュブレーキが働きました。
メーターに大きく「ブレーキ!」の文字が表示されたのです。ACCの減速度を超えてしまったのかもしれません。
そのときの車間距離設定は一番遠い設定でした。

一般道、高速道路に関係なく気になった点は、先行車がいなくなったときに設定速度まで加速する際、かなり慌てて加速しているようでした。
個人的にはもう少し滑らかに加速してほしいものです。加速の仕方も設定できればいいのですが。


次に、LDA(レーンディパーチャーアラート)ですが、
基礎知識として、C−HRのLDAは単眼カメラで車線を認識して、ステアリングを制御するタイプで、
50km/h以上で走行中に作動します。

≪一般道で走行中≫
一般道は直線道路が少ないので、あまり試すことはできないので、車線を認識できるかどうかについて記載します。
車線と道路の色が明らかに異なる場合は、車線認識できますが、反射などで境目がわかりづらくなっていると認識できません。

≪高速道路で走行中≫
C−HRは直進安定性が優れているので、直線道路でハンドルを2,3秒離したところ、ハンドルを持つよう促されました。
カーブでも、車線をまたぎそうになると、ステアリング制御がかなり介入して、車線内に戻りました。
これは想像以上でした。人によっては驚く人もいるかもしれませんが、私は感心しました。

最後に
私は初めてセーフティセンスPを搭載した車種に乗りましたが、操作に慣れて、ACCオン/オフを瞬時に切り替えられれば、一般道でも十分使えると思います。
4年前にボルボV40に乗って愛知県と東京を往復しましたが、やはり制御の味付けはボルボの方が上手いです。

レビュー対象車
試乗

参考になった232人(再レビュー後:230人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

10年寝たろうさん

  • レビュー投稿数:493件
  • 累計支持数:9634人
  • ファン数:23人
満足度3
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4

【エクステリア】
トヨタお得意のキーンルックで、なかなかカッコよいデザインですが、リヤビューは少しごちゃごちゃしていて改善の余地を感じます。

あとは話題のリヤドアノブを隠すというのは10年以上前にアルファ156で採用されていたアイディアなので、ヴェゼルも含めてすべて真似ですが、CH−Rのこの付け方は違和感ありますね。ヴェゼルのように素直に真似したほうがよかったのではとも感じますが、これはトヨタの意地ですね。

【インテリア】
内装の質感は良くなりましたが、まだまだ欧州のライバルやマツダ車と比べるともう一歩ですね。

問題なのは、前回のタンクのように国内専用車だけなのかと思いきや、なんと世界戦略車CH-Rでも日本仕様ではカッコ悪いオーディオレスを貫き通すようです。

欧州仕様にはToyota Touch® 2 with Multimedia System & Bluetoothというセンターディスプレイが多くのグレードで標準装備されナビやオーディオ機能など、いろいろなことが出来るのに。

室内空間は見た目よりもとれていて、後席の空間も窓は小さいし閉所感はありますが大人の男性が長時間乗れる空間はとれています。

トランクも浅いので収納性はイマイチで、cx-5とくらべたら狭いですが、アウディQ3よりは多少マシな空間は確保しています。

【エンジン性能】
1.2Lのターボは控えめなパワーでドラマは無い地味なエンジンです。

1470kgの重いボディに対しては、もう少しパワーがほしいところでしたが、手頃なエンジンがなかったのでしょうか? プジョー308が搭載する三気筒ターボと比較するとボディの重さによる差もありますが、それ以前にスペック上も体感上もトルクが細いし、パワー感も少し足りません。

実用車なら十分でも、この見た目のスポーティさからすると、モアパワーとなってしまいます。
燃費は無視すれば1.5L程度のターボがあればよかったですね。

【走行性能】
ピシッと走ります。タイヤは17インチでしたが、たぶんこれがベストなのではと感じました。
パワーはそれほどではありませんが、運転の楽しめるクルマです。

ハリアーとは別物で、ハリアーよりコンパクトですが、CH-Rの方が比較する意味が無いほどに走りはずっと良いです。

【乗り心地】
バタつくこともなく、室内は静粛性も高いし、良いクルマに乗っている感じがします。安心して身体をあずけられる気になれます。後席はわかりませんが、前席は少なくとも良い乗り心地で快適です。

比較的このクラスではコンパクトなので、大きさが同じようななのでヴェゼルが同クラス車と間違いやすいですが、このCH-Rはひとクラス上のクルマであり、さらに大きい現行ハリアーやバンガードとは実は同クラスのクルマになります。

乗ればヴェゼルとの差が歴然としていることを、違いがわかる方は、100m走っただけで気づきます。
それくらい圧倒的に違います。

【燃費】
ボディが重いので、あまり期待できそうもないです。

【価格】
まずまずです。

【総評】
クルマとしての出来は基本的には良いのですが、残念な点は変速機がCVTであること。これはインプレッサ同様に違和感がありますが、違和感は少な目めです。出来ればレクサスのように6速以上のトルコンATにせめて2Lエンジンを組み合わせてほしいところでした。

それはともかく、ドアを開閉しただけで気づく、少し前までの誤魔化しだらけのトヨタを棄てた、走りや乗り心地にホンモノの出来の良さを感じます。

しかし、とても残念に感じるのはその販売の仕方です。

カッコよさを追求したクルマという割には国内仕様はオーディオレスとスマートさに欠ける、カッコ悪い仕様です。
ナビをほとんどのユーザーが選ぶかららしいですが、ほとんどのユーザが選ぶなら日本仕様も欧州で標準装備のセンターディスプレイToyota Touch® 2 with Multimedia System & Bluetoothを日本仕様にして標準装備すべきです。

まあ、いろいろと大人の事情もあるのでしょうね。

このクルマはとても良さそうですが、後席の居心地は微妙だし、インプレッサのようにオプションとはいえ専用に開発されたクルマと連携して機能する先進的なナビもありません。これから出るマツダCX-5やスバルXVの新型をよく見て価格も落ち着くまで待って良く検討して、じっくりと選んだとしたら、後悔のない買い物になるでしょう。 このCH−Rは本質的には良いクルマですから。

カッコにこだわった割には旧態依然のオーディオレス仕様はCH-Rの残念なところですね。

レビュー対象車
試乗

参考になった273人(再レビュー後:230人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

uettyoさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:361人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能3
乗り心地3
燃費無評価
価格1

ハイブリッドの試乗車がまだ来ていないとのことだったので1.2ターボに試乗してきました。
あくまでも個人的な感想です。

【エクステリア】
最近のトヨタは斬新なデザインの車を出してきますよね。この車もそうですが好き嫌いが分かれるかなと思います。
個人的にはすごくかっこいい車だと思います。特にリヤフェンダーからテールランプにかけてのデザインなんか素晴らしく
かっこいいと思いますし、フロントのデザインも斬新でウィンカーを出した時の流れるような光り方も高級感たっぷりでいいのでは
ないでしょうか。
ただ好みの問題ですので、嫌いな方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

【インテリア】
インテリアは思っていたよりもチープとまでは言いませんが、普通な感じでした。
ただナビ、メーター類がすべて見やすい位置に配置されていたので運転していて視線移動は少なくて済んだように思います。
あとステアリングの握り心地が良かったですねしっとりと手になじんで運転しやすかったです。
それと電動パーキングブレーキの採用は大正解だと思います。

個人的に不満に感じたのはリヤシートの居住性です。はっきり言ってかなり狭く感じました。デザインを優先したせいもあるでしょうが、窓も小さく閉塞感を感じましたし、リアセンターアームレストも付いてないのが気に入らなかったです。
ドリンクホルダーもドアノブ下にありました。購入を考えている方でリアシートに人を乗せることの多い方は一度確認してみたほうがいいかもしれません。

あと運転していて気になったのですがデザインを優先しすぎたのかリヤウィンドウが倒れすぎていて後方視界が結構悪かったです。ドアミラーが大きいのがせめてもの救いです。
前方視界はまったく問題ありません。見切りも良いです。

【エンジン性能】
116馬力、トルク18.9ですが車重1.5トン弱のボディの重さを感じることなく軽々と加速していき何のストレスも感じませんでした。むしろ楽しく気持ちいいエンジンでした。
たぶんハイブリッドよりもこちらのほうが楽しいのではないかと感じるほどで、燃費はハイブリッドの半分のリッター15Km程度ですが純粋にドライビングを楽しみたいのであれば1.2ターボのほうが面白いかもしれません。
圧倒的にハイブリッドのほうが売れてるみたいですが、プリウスと同じシステムでドライブフィールもプリウスと同じであれば私は1.2を選ぶと思います。
しかし、これも好みの問題ですので乗り比べてみたほうがいいでしょうね。私はハイブリッドがあまり好きではないのでこう思うのかもしれません。
(諸事情があって私はハイブリッドに乗っていますが・・・)

【走行性能】
店が混んでいたので短時間の試乗しかできず、しかも店の周りを1周しただけなのでハンドリング云々はあまりよくわかりませんでしたが、特に気なる点は見当たりませんでした。
今度時間があるときにもう一度ゆっくり乗ってみたいと思います。

【乗り心地】
ザックスのダンパーを採用し、スポーティーな走りをSUVでも出来るようにしたということだったので、若干乗り心地は硬めでした。
が、これは走行距離が伸びてダンパーが馴染んでくれば少しは改善されるのではないでしょうか。

【燃費】
試乗だったためわかりません。

【価格】
このクラスにしては高いと思います。私が試乗したのが1.2GTというグレードでした。営業の方の話によるとオプションなど諸々の
諸費用を入れると350〜360万になると言われました。ハイブリッドになるとそれ以上ということになります。そうなってくると車格は違いますがハリアー、CX-5、エクストレイルあるいはフォレスターなどにも手が届く値段になってきます。OPのLEDヘッドライトが15万、純正ナビ26万を付けるとそのくらいにはなるでしょうが、それで350超えてくるとなると違う車を選んだほうがいいような気がします。まあ見積もりを取ってみないと何とも言えませんが・・・。

【総評】
デザイン最高、居住空間は二人乗りメインならOK、1.2ターボエンジン最高、乗り心地普通。といったところでしょうか。
ただ値段が高すぎます。350万の予算なら僕ならほかの車を買うかな。このパッケージングならあと30万くらい安くてもいいかなと
個人的には思いました。

レビュー対象車
試乗

参考になった234人(再レビュー後:233人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あかビー・ケロさん

  • レビュー投稿数:42件
  • 累計支持数:1926人
  • ファン数:2人
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格3
   

   

リアドアの開け方が気になり、所用がてら近所のカローラ店に置いてあったので、鑑賞?後、試乗させて貰いました。
グレードはG-Tです。
※一部補足等の校正しました。【タイトル含む】

【エクステリア】
ガンメタの為か各所アクは溶け込んでプリウス、シエンタより違和感はないですね。
フロントはヴィツたオーリスの間の子ようでイマイチですが、
横、後ろからのビューは斬新で、カッコ良いと思います。リアランプは19の反対にして付けた感じだけど、

流行りのサッシ内蔵のリアドアノブは上に上げるタイプではなく横方向でした。
ただ高さは身長160cmくらいで肩の位置にあり、四十肩には辛いかも。
メーカーは身長1mで開けられるように検証したらしいけど、同じくらいにしゃがんで確かめたが、無理でしょうと感じました。

【インテリア】
デザインはヴェゼルみたいにパーソナル感を演出してタイト感があり。試乗車は黒で統一されており、ハンドル、インパネと高級感でてます。ただシフトノブのデザイン、質感は合ってないような気がしました。
カップホルダーはシフトノブの前と後ろに一個づつありました。

屋根が低いので乗り降り時は、ミニバンに慣れた方は頭上注意です!

運転席くらの前方視界ですが、高さ方向の視界は狭いがピラーも細く圧迫感はないので左右方向の視界は悪くないです。
車幅感覚も掴みやすそう。ただリアの視界は言わずもがな。。
シートもバケット風でサポートも小柄な自分には良かったですが大柄な人はキツイかも。キルティングの加工柄はイマイチかな。
小口径ハンドルでグリップの太さもちょうど良く、ポジション含め走りたくなる気分にさせます。
ただメーターは針のデザインは時計風で面白いが文字が小さく読みづらいです。
インフォメーションの文字もフリードと比べ小さく、老眼の始まった自分には瞬時に判別できなそう。

後席は低い車高の為、頭上空間は余裕有りませんが、ニースペースは自分の運転ポジションで拳が縦に2つ以上ありました。

ただ外観から判る通り、窓が小さく、リアドアノブが頭のサイドにあるので暗く穴ぐら気分ですが、寝るには良いかも。または個室として使用する場合とか、、
リクライニングするかはどうかは確認し忘れました。
トランクは趣味のスキーに行くとしての想定では3人分までかなという容量でした。

【エンジン性能】
1.2Lのターボで4WDとはいえ、何故か車重が三列シートのフリードHV並みにあるので悲観してましたが、ターボも低回転から効いてるためかエコモードでももっさり感少な目で、大人2人なら予想以上の加速性能でした。
フルスロットルしなくても幹線道路の流れについて行くのは問題ないと思いますが、フル乗車は厳しいかも、、

またエコボタンオフに試したかったのですが、どこにあるか判らなかったので、出来ませんでした。

【走行性能】
全体的に車重があるのでドッシリとしてますが、固めの味付けで重心が低く、車幅が1800ミリでトレッド幅があるのでコーナーは得意そうです。
トヨタにしてはハンドルを通しタイヤからのインフォメーションが多く好感が持てました。

【乗り心地】
上記の理由か、フリードより固めですが、歩道の切り下げ乗り上げ時のショックも殆んど感じなかったので重たい18インチタイヤを履きこなせるサスで乗り心地は全般に良かったと感じました。
遮音性も高く、走行中、アイドル復帰でも室内は静かです。

【燃費】試乗の為で割愛しますが営業さんの話しでは8〜9キロ位では言ってました。ちなみにHVは15から16キロとか…

【価格】車体は280万位ですがオプション、諸経費で350万くらいで、納期は3月とか。またハリアーの店舗は気持ち安い設定にしてそうです。(営業談)
あとセーフティPは全車に標準だと言ってたような。

【総評】
後席の空間、後方視界、トランク容量等犠牲にしてまでデザイン重視するのはどうかと思いましたが、
バブル時代のスペシャルティーだと思えば、有りなのかな〜。
それよりトヨタの車の中で運転が楽しめそうだと思える味付けにビックリでした。(小林可夢偉レーサーが試乗して同様なコメントしてる動画がありました。)
良きライバル(実用性以外)という事で認めざる得ない試乗でした

注:タイトル通りサスペンションは良いので意のままに走れるかもと思いましたが、いかんせん車重に対しパワー不足は明白なので加速までは状況により望めないの可能性はありますのでご了承ください。
次回ヴェゼルRSを試乗したいと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった374人(再レビュー後:231人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

キングはるかさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:284人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア5
インテリア2
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費無評価
価格1

プリウスに乗り9カ月。当然、乗り換える予定はないが、実車を見たいのと、試乗してみたかったのでディーラーへ。
買うつもりのない客にもディーラーの対応はよく、楽しく乗れました(笑)

【エクステリア】気に入った人に乗ってもらえれば。プリウスやシエンタ同様、そんな外観のクルマ。流行りのコンパクトSUVでライバル車との競合ができるので比較、競合しやすくなりそう。営業も『ヴェゼルやジュークのパクリと言われても否定はしません(笑)』とハッキリ言っていた。バックカメラが必須だという人もいるが、カメラに頼る程度の運転技術なだけで、どうってことはない。そんなにデカいクルマでもないし。

【インテリア】プリウスよりも若干マシになってる程度。高級感はないし、収納も少ない。スイッチ類やナビは運転席側に向いていて、使いやすい分、少し邪魔にも感じる。

【エンジン性能】試乗はG-T。アクセルを踏めば車体の割に加速はスムーズ。燃費は悪そう。ハイブリッドにも乗ってみたくなった。

【走行性能】トヨタゴリ推しのTNGA。操作性、レスポンスは良く運転は楽しかった。

【乗り心地】フラつき、突き上げ、操作性など、プリウスよりは若干悪いが、車高を考えればこんなもんかと。みんなが言うように、後部座席は狭いし、リヤガラス、バックガラスも小さい。しかし、そう思っていざ実車を見たら、そこまで酷くなかった。

【燃費】試乗車なので。

【価格】値引きは5万。下取り車があればまた違ってくるみたいだが、ライバル車と比べると高い。しかし、営業曰く、
『CX-3はデミオの、ジュークはノートの、ヴェゼルはフィットのSUVなんです。しかし、C-HRはアクアではなく、プリウスのSUVなんです。そう思っていただくと、価格の差はご納得いただけるかと。』と言っていた。

【総評】下位グレードS、上位グレードGの価格の差は約40万。自分なら装備や見栄でGを選ぶかな。
後部座席やラゲッジスペースは広くないので、ファミリー向きではない。カローラ店の営業も、『ウチはターゲットはファミリー層であり、このクルマの外観やターゲットで言うならネッツ仕様なんです。』と言っていた(笑)

今、契約すると3月か4月には納車できるらしい。

レビュー対象車
試乗

参考になった30

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あびしんさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:334人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格2

【エクステリア】
初めて動画を見たときはなかなか格好良いと思ったが、実物を見ると個性的ではあるが思った程の感動はなかった。
前と後ろでアンバランスさを感じる。前はファミリーor女性にウケそうな顔立ちで後ろは若い世代の男性にウケそうな感じだ。

【インテリア】
内装はシンプルで個人的に良い。
しかしプラスチッキーでちゃっちい。上のクラスを見ていないので分からないが、高級感はない。
まだマツダのCX-5のほうがシンプルな上に高級感があった。
また運転席がややドア側に寄ってて窮屈に感じる。
後席は確かに狭いが否定するほどでもない。この全長なら仕方ないだろう。
ただ窓が小さいので閉塞感かある。
また後席はプラスチッキーでもっとで安っぽい。
内装のトヨタは今は昔なのか…

【エンジン性能】
1.2Lターボは若干非力だが燃費のためには仕方ないのだろう。
加速力はないが日常使う分には何の問題もない。
運転する楽しさはないが。

【走行性能】
これはよく頑張ってると思う。
曲がった時のロール感やアクセルワークの前後の沈み込みはとても少ない。足回りはよく出来てると思う。

【乗り心地】
これもよく頑張ってると思う。
硬くも柔らかくもなく乗ってて辛くなかった。
段差も上手くいなしてる感じがする。

【燃費】
試乗のため無評価

【価格】
高い。
G-Tでナビやちょこちょこオプション付けたら370万くらいになった。ハイブリッドなら400万近く。
G-Tの内装を見ていないのでなんとも言えないが、これならもう少し無理をして上のクラスを狙いたい。

【総評】
現CX-5かレガシィアウトバックを購入予定だったが諸処の事情でタイミングを失い来年購入することになって、トヨタがコンパクトSUV発売するということで発売を待って試乗がてら見積もりに行ってきました。
走りや乗り心地、上手くまとめたコンソール部分は今までのトヨタと違って自分好みによく出来ていると思うが、肝である外見が何かオモチャぽくて50代の自分には合わない感じがしました。
来年発売するCX-5を見てみてナビが進化しているのならCX-5になってしまうのかなと思います。
トヨタもう少し頑張って!!


レビュー対象車
試乗

参考になった122

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kings001さん

  • レビュー投稿数:504件
  • 累計支持数:1245人
  • ファン数:7人
満足度3
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格2

【エクステリア】
EUでの販売を考えたデザインです。シトロエンやルノーなど。
日本だとJUKEやベゼルのライバル車でしょう
好みは分かれるデザインです。
【インテリア】
運転席に座ると視界はよくシートとの一体感がすごくよいです。
インパネ周りもシンプルで手が届きやすく空調などの操作もしやすいです。
【エンジン性能】
試乗した1.2Lのターボ車ですが2000回転くらいからターボの性能が発揮できます。
エンジン音が静かで快適です
【走行性能】
足回りがしっかりしていてハンドルのレスポンスが非常によくキビキビとした走りが味わえます。
ふらつきがなく運転がしやすいです。
【乗り心地】
シートに座っていざエンジンをかけるとすごく一体感があり乗り心地は抜群です。
ただ2列目のシートは狭いです。足元もそうですが天井も低く子供ならよい。と言う印象でした。
【燃費】
試乗なので未評価です
【価格】
価格帯は高めの設定かと思います。同じ値段体ならプリウス、VOXY、ノア、ウィッシュが買えます
【総評】
見た目のデザインは好みが分かれるでしょう。実際にシートに座ってしまえば案外乗り心地がよく
運転が楽しいと感じます。どこまでも走れてしまう感じがしました。
ただ「日常的に乗り降りを頻繁にするような買い物や通勤には不向きかと感じました、天井が低くて
乗り降りは面倒です。
走りはハンドルのレスポンス、アクセルの軽さ、踏んだ分だけきちんと反応してくれる。
またキビキビとした走りと安定感は素晴らしいと思います。
トータルで考えたら二人でのドライブなどにはよいでしょう。ただ人数がたくさん乗るには厳しく
値段帯も高めな点はマイナスです。

レビュー対象車
試乗

参考になった230

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Mrだんぷさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:253人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格3

【エクステリア】
フロントからの顔はネットで見るより普通でした。リアは以外にゴテゴテ感はなく良かったです。
【インテリア】
可もなく不可もなく普通です。シートは乗り込んだ瞬間、かなりしっくりしたので以外でした。年明けに向けての登録したばかりだったので、操作パネルは触ってませんがあまりシンプルではなさそうです。ナビの取り付け位置は目線にあるためいいと思います。後部座席は身長170センチですが狭くとは感じませんでしたが、車のデザインで視界がかなり遮られてしまうとはいえ、走りながら景色を見ることも大事だと思うので残念です。荷室も狭いですが、四人の小旅行ぐらいなら問題ないです。
【エンジン性能】
ガソリン車ですがターボを付けた理由が出足のパワー不足を補うためにしか思えないです。意のままの走りを唱うなら、重量からして2リッタクラスのターボを付けてもいいかなと個人的には思います。エンジン重視ならもっとコンパクトな作り、FF仕様も設定も欲しいところです。実際、仕様状況でFFが欲しかったので残念です。
【走行性能】
みなさんが書かれてるように凄く滑らかでスーっと走り出しす感じです。つきあげの収まりも良く乗り心地は良いです。ターボがついてる感覚がないので走りを期待してる方は残念かもしれません。
【乗り心地】
現在、ヴェゼルを所有してますが、それまでトヨタを乗り続けてました。いままでのトヨタはかなりフワフワでぐらつく感じでしたが、遮音も驚くほど静かで良かったです。
【燃費】
試乗でしたので無評価にしましたが、ハイブリッドとの購入価格が減税で7万弱しか差がないので走行を乗らない方でもガソリン代は安く感じるのでいいかもしれません。元が取れるかどうかは別問題になりますが。
【価格】
車体価格はこんなものかなと思います。
【総評】
2人乗車なら購入はお薦めしますが、総支払額が300万を超えるので余裕がある方はいいかもしれません。オールラウンドで使用するならヴェゼルでじゅうぶんです。
快適性は良かっただけに残念ですが、購入までには至らないと思います。乗り心地、遮音性が良かっただけに残念です。コンパクトに作りコスパを追求するか、ワンランク上の質を極めてほしかったです。年明けにハイブリッド試乗予定ですが、購入は見送ります。見た目で購入される方が多いですがこの車に関しては試乗を何回もされて検討された方がいいですね。発売間もないですが、モデルチェンジまで待ちたいと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった253

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

C-HR 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

C-HR
トヨタ

C-HR

新車価格帯:236〜286万円

中古車価格帯:148〜378万円

C-HR 2016年モデルをお気に入り製品に追加する <264

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意