『プロパイロットは発展途上だが室内の作りはハイレベル』 日産 セレナ 2016年モデル 森口将之さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > 日産 > セレナ 2016年モデル

『プロパイロットは発展途上だが室内の作りはハイレベル』 森口将之さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

セレナ 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:228件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールフリーランスジャーナリストの森口将之です。自動車を中心に、モビリティ全般を守備範囲としています。自動車については、ブランドやスペックにとらわれず、ユーザー目線でのレポートを心がけています。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員を務め、日本自動…続きを読む

満足度4
エクステリア3
インテリア5
エンジン性能2
走行性能3
乗り心地4
燃費無評価
価格4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

プロパイロットは発展途上だが室内の作りはハイレベル

ホイール/タイヤは最上級グレード以外は15インチ

丈が短くなったリアコンビネーションランプ

低く幅広くなったデジタル式メーターパネル

プレミアムインテリアはグラデーション仕立て

2段階で開くリアゲートは狭い場所などで便利

150ps/20.4kgmを発生する2Lエンジン

プロパイロットと呼ばれる運転支援システムが話題の5代目セレナに、横浜市で行われた試乗会で乗りました。従来どおり、標準車とハイウェイスターの2つのシリーズがあり、発売後1か月の受注状況ではハイウェイスターが約75%を占めますが、ここでは標準車の最上級グレードG 2WDの印象を書きます。

プラットフォームが旧型と共通であることに加え、このクラスのミニバンは5ナンバー枠にこだわることが特徴であり、新型のボディサイズは全長4690mm、全幅1695mm、全高1865mmと、先代とほぼ同じです。ちなみにハイウェイスターは全長、全幅ともに5ナンバー枠をわずかにオーバーします。

スタイリングは、新世代の日産デザインを象徴するVモーションを採用したフロントグリル、フロントドアのあたりで上下に分かれるボディサイドのキャラクターラインなどが、箱っぽさを薄め、動きのある形に見せています。標準車とハイウェイスターの差別化が薄れたようにも感じます。

インテリアはまず、試乗車が装備していたプレミアムインテリアのカラーコーディネートに感心しました。ハイウェイスターにも選べるこの仕立て、シックなブラウンを基調として、シートの背もたれにはグラデーションを施し、トリムはブラックとしてコントラストを強調することで、モダンでクオリティの高い空間を作り出しています。前席は1時間あまりの試乗時間内では、座り心地に不満は覚えませんでした。

床下に足先を入れることでスライドドアが自動的に開く仕組みは、荷物を抱えたときに便利そうですが、残念ながらハイウェイスターにしか設定はありません。2列目は新たにシートベルト内蔵となったことで、3列目への出入りが楽になりました。室内が広くなったことも新型の特徴で、2列目を最後方にセットしても、3列目には身長170cmの自分が座れ、シートのサイズも3列目としては余裕がありました。

荷室へのアクセスは、新たにリアゲートの上半分だけ独立して開閉できるようになったことがトピックです、輸入車のSUVでは以前からあった構造ですが、リアゲートの天地が長いミニバンに装備したことは価値があります。樹脂製なので開閉操作が軽いことも好感を持ちました。

パワートレインは旧型同様、大容量バッテリーとモーターによって加速アシスト、アイドリングストップ、減速時のエネルギー回生を行うマイルドハイブリッド方式を採用した2L直列4気筒エンジンと、CVTの組み合わせです。

速度計横の表示をタコメーターに切り替えて走り始めると、1名乗車では3000rpmぐらいまで回せば流れに乗れるものの、2500rpmあたりから上でエンジン音が大きくなります。多人数乗車時はさらにエンジンを回すことになるので、この面がより気になりそうです。

注目のプロパイロットは、まず操作のしやすさが好印象でした。ステアリングスポーク上のプロパイロットのボタンと、近くのセットのボタンを続けて押すだけで定速走行を始め、車間調節や速度の上下も周辺のボタンで簡単にできます。メーター内の表示も、セットされると車線や車間がグリーンに切り替わるなど、分かりやすいものでした。

ただしプロパイロットを作動させた際の加速はかなりおっとりしており、前車に引き離されることが何度かありました。減速の作動も、もう少し早くしてほしいと感じました。操舵のアシストは、高速道路で車線などをきちんと認識したときのみ働く、慎重なシステムでした。現状ではやはり自動運転技術ではなく、運転支援システムと称するほうが適切な技術です。

乗り心地とフットワークは、バランスが取れていた旧型の延長線上にあります。ホイール/タイヤがハイウェイスターより小径の15インチであることも手伝って、乗り心地はしっとりしていました。しかしコーナーでは腰高感を伝えず、自然に曲がっていくことができました。

プロパイロットはまだ発展途上だったものの、それ以外はまとまりが良く、インテリアデザインなど新しい試みもあって、このクラスのミニバンを求めるユーザーの期待に応える内容でした。

レビュー対象車
試乗

参考になった35

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「セレナ 2016年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
ステップワゴン、ヴォクシーと比較して  3 2020年5月5日 09:28
ヴォクシー・ノア・エスクワイアと比較された方へ  5 2020年5月4日 06:07
プロパイロットは使える場面を選びます  3 2020年4月6日 23:14
結構気に入っています。  4 2020年3月28日 16:42
レンタカーで乗りました。良い車です。  5 2020年3月26日 08:12
良い車ですよ  4 2020年3月21日 23:32
エンジン以外は満足度高いクルマです  4 2020年3月7日 01:27
CX-8から乗り換え  4 2020年3月6日 23:05
C25から乗り換え  5 2020年2月24日 20:54
概ね満足  4 2020年2月6日 11:28

セレナ 2016年モデルのレビューを見る(レビュアー数:186人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

セレナ 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

セレナ
日産

セレナ

新車価格:257〜359万円

中古車価格:75〜367万円

セレナ 2016年モデルをお気に入り製品に追加する <1388

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

セレナの中古車 (全5モデル/7,433物件)

qoo10
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意