『帰ってきた背面給紙(汗』 CANON PIXUS TS5030 [ブラック] うたたね猫さんのレビュー・評価

2016年 9月24日 発売

PIXUS TS5030 [ブラック]

  • 写真に強い染料インクと文字に強い顔料ブラックインクを組み合わせた「5色ハイブリッド」を採用したインクジェットプリンター。
  • パソコンを使わずにSDメモリーカードを挿し込んでプリントできる「SDカードダイレクト」を搭載している。
  • 印刷コストを減らせる「大容量インクタンク」を採用。「独立インクタンク」を装備し、インクが切れた色だけを交換できる。
PIXUS TS5030 [ブラック] 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:インクジェット 最大用紙サイズ:A4 解像度:4800x1200dpi 機能:コピー/スキャナ PIXUS TS5030 [ブラック]のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • PIXUS TS5030 [ブラック]の価格比較
  • PIXUS TS5030 [ブラック]の店頭購入
  • PIXUS TS5030 [ブラック]のスペック・仕様
  • PIXUS TS5030 [ブラック]のレビュー
  • PIXUS TS5030 [ブラック]のクチコミ
  • PIXUS TS5030 [ブラック]の画像・動画
  • PIXUS TS5030 [ブラック]のピックアップリスト
  • PIXUS TS5030 [ブラック]のオークション

PIXUS TS5030 [ブラック]CANON

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年 9月24日

  • PIXUS TS5030 [ブラック]の価格比較
  • PIXUS TS5030 [ブラック]の店頭購入
  • PIXUS TS5030 [ブラック]のスペック・仕様
  • PIXUS TS5030 [ブラック]のレビュー
  • PIXUS TS5030 [ブラック]のクチコミ
  • PIXUS TS5030 [ブラック]の画像・動画
  • PIXUS TS5030 [ブラック]のピックアップリスト
  • PIXUS TS5030 [ブラック]のオークション

『帰ってきた背面給紙(汗』 うたたね猫さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

PIXUS TS5030 [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:75件
  • 累計支持数:421人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
8件
107件
マザーボード
14件
21件
CPU
14件
10件
もっと見る
満足度3
デザイン4
印刷速度4
解像度4
静音性2
ドライバ4
付属ソフト4
印刷コスト2
サイズ5
帰ってきた背面給紙(汗

祝・背面給紙復活

最初に残量表示画面を見た瞬間 エェェ(´д`;)ェェエ な感じでした(汗

3ヵ月使用後の残量ですが以前に比べて印刷枚数を抑えてでの残量です

良く言えば誤動作防止の為、悪く言うと…面倒&余計ですね

自動調整もいいですが手動ヘッド調整も必要と思います

TS5030用に購入したカバー、エレコム PRC-SZXSで丁度ピッタリです

新型機が登場するこの季節にあえてこれから旧型機になる
TS5030を購入しました。(何故選んだかは【総評】で説明)
今まで使っていたMG5630と比較しながらレビューいたします。

【デザイン】
今まで使っていた黒座布団 or 巨大黒はんぺんw的なMG5630の
デザインから一転、TS5030は実にシンプルな小型の黒箱です。
パネル操作スイッチも分かりやすく飽きのこないデザイン
ではないでしょうか。
特に排紙トレイに関しては今までの排紙トレイの概念を覆すほど
上手くデザインされて尚且つしっかり使えるので感心しました。

【印刷速度】
TS5030とMG5630の写真・普通紙印刷速度値に僅かな差はありますが
実際に使ってみて差は分かりませんし全く同じ感じです。
MG5630での主な使用用途はA4普通紙でWeb&文書印刷でしたが
TS5030でも引き続き同じです。
A4普通紙、モノクロ・カラー共に印刷品質を「標準」で選び
印刷した場合は十分に速いです。
ただし「きれい」にするとMG5630と同じく速度は低下します。

【解像度】
最高解像度4800×1200dpi、計4096ノズルはMG5630と変わらず。
公式発表はありませんが恐らくインク滴最小サイズも2plと
思われます。スキャナー性能も変わっていません。
TS5030の印刷物をMG5630のと比較しても差は分かりません。
キヤノンの写真印刷画質も昔に比べて赤茶色がかった感じは
抑えられてきていますがそれでもエプソン(染色4&6色機)の
写真画質と比べるとまだ違和感があるような気がします。

【静音性】
TS5030 約45.0dB(A)/ MG5630 約42.5dB(A)

数値でも悪化していますが実際にTS5030で印刷した時点で
「MG5630よりうるさいなぁ」と即、感じました(汗
サイレントモード設定もあるのですが印刷速度が低下するので
諦めるしかないですね。

【ドライバ】
基本的にドライバはキヤノン・PIXUSのサイトから最新の物を
DLしてインストールしています。
サイトを見て更新されていればその度にドライバを入れ替えてますし
更新した事で不具合が出た事は一度もありません。

【付属ソフト】
色々と十分にありますが個人的にはEesy Web Printしか使わないので
それ以外の使用感は分かりません(汗


【印刷コスト】
TS5030 写真L版フチ無し 約15.8円(大容量)/約21.1円(標準)
MG5630 写真L版フチ無し 約14.7円(大容量)/約18.6円(標準)

TS5030 A4普通紙(カラー文)約9.0円(大容量)/約12.0円(標準)
MG5630 A4普通紙(カラー文)約8.1円(大容量)/約10.3円(標準)

インクコストに関してはMG5630の時よりさらに悪い印象です。
加えて今までのインク残量表示と変わり、TSシリーズからはインク残量が
細かく表示されるようになりそれが仇となった感じです。
TS5030を箱から取り出しPCに接続をしましたが…

インク取り付け→(インクが吸引される)→自動ヘッド調整→
ノズルチェック→手動ヘッド調整→A4普通紙で数枚試し刷り

これらの印刷をしただけでアップしたインク残量表示画像の状態です。
今までのキヤノンのインク残量表示だとこれだけの作業ではインクが
減ってる表示は無かったですね(大汗
今までの残量表示に慣れていただけに「もう減ったのかよ!?」と
残量表示画面に突っ込みたくなりますw
個人的にはプリンタ本体購入と同時にインクパックを購入したほうが
安心できると思います。

【サイズ】
TS5030 (横幅)約372×(奥行き)315×(高さ)126(mm)
MG5630 (横幅)約455×(奥行き)369×(高さ)148(mm)

TS5030を置いた時点で「コンパクトになったなぁ」と実感できました。
TS5030は背面給紙仕様のみで後ろに用紙サポートが伸びる点を
差し引いても、本体のこのコンパクトさは十分長所になっています。

【総評】
まずTS5030を選んだ訳ですが理由は以下の3点になります。
@背面給紙が復活 A染料4色+顔料黒の5インクヘッド仕様
Bレーベル印刷や自動両面は必要無し

実は9月1日以降に出た2017・秋の新型機カタログを見て比較し決定しました。
後継機と思われたTS5130を見ると一体型インク仕様機なのでパス。
TS6130だと自動両面付きでパス。しかも両新型機はインクコストも少し悪化?
つまり僕の用途だとTS5030を選んだほうが無難と判断し購入しました。

ちなみに背面給紙復活は本当にめでたいのですが閉口したのは一々
用紙確認の対応をしなければならない事です。
MG5630のように給紙が前面カセットタイプならともかく、何故背面給紙でも
一々確認しなければならないのか。キヤノンさんにはもう少し柔軟になって
ほしかったと思います。

2017年10月以降、TS5030は旧型機になりますが僕のような用途の方で
価格が1万円を切る(特に年末&年始商戦の特価)ようになったら
このTS5030はお買い得なプリンタだと思います。


※2017/12/28 追記
前回のレビューで1万円を切ったらお買い得なプリンタと書きましたが、
今現在その通りになってますね(汗

ちなみに3ヶ月間使用(主にWeb印刷+文章)してのインク残量はアップした
残量画像状態です。パッと見、順当に減ってる風に見えますが、昔使っていた
MG5130に比べたらかなり印刷枚数を抑えた状態でのインク残量です。
MG5130でなら5ヶ月〜半年はインクが残っていましたがTS5030(標準インク)で
同じ使い方をしたらインクの持ちは4ヶ月前後位かな?という気がします。
解決するにはXLサイズのインクを使用すればいいのですがそうなると
インクの価格が他社6色機のインクと大して変わらないか下手したら(以下略
もう少しインクが安くならないでしょうかねぇ…。

印刷目的
文書

参考になった65人(再レビュー後:21人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度3
デザイン4
印刷速度4
解像度4
静音性2
ドライバ4
付属ソフト4
印刷コスト2
サイズ5
帰ってきた背面給紙(汗

祝・背面給紙復活

最初に残量表示画面を見た瞬間 エェェ(´д`;)ェェエ でした(汗

良く言えば誤動作防止の為、悪く言うと…面倒&余計ですね

自動もいいですが手動ヘッド調整も必要と思います

TS5030用に購入したカバー、エレコム PRC-SZXSで丁度ピッタリです

新型機が登場するこの季節にあえてこれから旧型機になる
TS5030を購入しました。(何故選んだかは【総評】で説明)
今まで使っていたMG5630と比較しながらレビューいたします。

【デザイン】
今まで使っていた黒座布団 or 巨大黒はんぺんw的なMG5630の
デザインから一転、TS5030は実にシンプルな小型の黒箱です。
パネル操作スイッチも分かりやすく飽きのこないデザイン
ではないでしょうか。
特に排紙トレイに関しては今までの排紙トレイの概念を覆すほど
上手くデザインされて尚且つしっかり使えるので感心しました。

【印刷速度】
TS5030とMG5630の写真・普通紙印刷速度値に僅かな差はありますが
実際に使ってみて差は分かりませんし全く同じ感じです。
MG5630での主な使用用途はA4普通紙でWeb&文書印刷でしたが
TS5030でも引き続き同じです。
A4普通紙、モノクロ・カラー共に印刷品質を「標準」で選び
印刷した場合は十分に速いです。
ただし「きれい」にするとMG5630と同じく速度は低下します。

【解像度】
最高解像度4800×1200dpi、計4096ノズルはMG5630と変わらず。
公式発表はありませんが恐らくインク滴最小サイズも2plと
思われます。スキャナー性能も変わっていません。
TS5030の印刷物をMG5630のと比較しても差は分かりません。
キヤノンの写真印刷画質も昔に比べて赤茶色がかった感じは
抑えられてきていますがそれでもエプソン(染色4&6色機)の
写真画質と比べるとまだ違和感があるような気がします。

【静音性】
TS5030 約45.0dB(A)/ MG5630 約42.5dB(A)

数値でも悪化していますが実際にTS5030で印刷した時点で
「MG5630よりうるさいなぁ」と即、感じました(汗
サイレントモード設定もあるのですが印刷速度が低下するので
諦めるしかないですね。

【ドライバ】
基本的にドライバはキヤノン・PIXUSのサイトから最新の物を
DLしてインストールしています。
サイトを見て更新されていればその度にドライバを入れ替えてますし
更新した事で不具合が出た事は一度もありません。

【付属ソフト】
色々と十分にありますが個人的にはEesy Web Printしか使わないので
それ以外の使用感は分かりません(汗


【印刷コスト】
TS5030 写真L版フチ無し 約15.8円(大容量)/約21.1円(標準)
MG5630 写真L版フチ無し 約14.7円(大容量)/約18.6円(標準)

TS5030 A4普通紙(カラー文)約9.0円(大容量)/約12.0円(標準)
MG5630 A4普通紙(カラー文)約8.1円(大容量)/約10.3円(標準)

インクコストに関してはMG5630の時よりさらに悪い印象です。
加えて今までのインク残量表示と変わり、TSシリーズからはインク残量が
細かく表示されるようになりそれが仇となった感じです。
TS5030を箱から取り出しPCに接続をしましたが…

インク取り付け→(インクが吸引される)→自動ヘッド調整→
ノズルチェック→手動ヘッド調整→A4普通紙で数枚試し刷り

これらの印刷をしただけでアップしたインク残量表示画像の状態です。
今までのキヤノンのインク残量表示だとこれだけの作業ではインクが
減ってる表示は無かったですね(大汗
以前、エプソンのプリンタ(染料6色機)を購入した時も同じでしたので
インクジェット機は仕方がないとは思いますが、それでも今までの
キヤノンのインク残量表示に慣れていると「もう減ったのかよ!?」と
残量表示画面に突っ込みたくなりますw
個人的にはプリンタ本体購入と同時にインクパックを購入したほうが
安心できると思います。

【サイズ】
TS5030 (横幅)約372×(奥行き)315×(高さ)126(mm)
MG5630 (横幅)約455×(奥行き)369×(高さ)148(mm)

TS5030を置いた時点で「コンパクトになったなぁ」と実感できました。
TS5030は背面給紙仕様のみで後ろに用紙サポートが伸びる点を
差し引いても、本体のこのコンパクトさは十分長所になっています。

【総評】
まずTS5030を選んだ訳ですが理由は以下の3点になります。
@背面給紙が復活 A染料4色+顔料黒の5インクヘッド仕様
Bレーベル印刷や自動両面は必要無し

実は9月1日以降に出た2017・秋の新型機カタログを見て比較し決定しました。
後継機と思われたTS5130を見ると…4色機!? 一体型インク機なのでパス。
TS6130だと自動両面付きでパス。しかも両新型機はインクコストも少し悪化?
つまり僕の用途だとTS5030を選んだほうが無難と判断し購入しました。

ちなみに背面給紙復活は本当にめでたいのですが閉口したのは一々
用紙確認の対応をしなければならない事です。
MG5630のように給紙が前面カセットタイプならともかく、何故背面給紙でも
一々確認しなければならないのか。キヤノンさんにはもう少し柔軟になって
ほしかったと思います。

2017年10月以降、TS5030は旧型機になりますが僕のような用途の方で
価格が1万円を切る(特に年末&年始商戦の特価)ようになったら
このTS5030はお買い得なプリンタだと思います。

印刷目的
文書

参考になった44

 
 
 
 
 
 

「PIXUS TS5030 [ブラック]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
はがき印刷  1 2020年12月14日 12:37
初プリンター  4 2019年4月28日 16:52
年賀状やクラブチームのスケジュール作成に大活躍  5 2019年4月19日 09:37
めちゃくちゃ詰まる  3 2019年3月30日 00:07
ほんと疲れる。  1 2019年2月22日 15:23
二代目です。  5 2019年2月14日 20:24
無難です  4 2019年2月10日 17:43
高精彩を求めなければおk( ゚∀゚)  4 2019年1月25日 19:36
必要に充分な機能!  5 2019年1月24日 11:46
キャノンプリンター買い替え  4 2019年1月7日 08:12

PIXUS TS5030 [ブラック]のレビューを見る(レビュアー数:46人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

PIXUS TS5030 [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

PIXUS TS5030 [ブラック]
CANON

PIXUS TS5030 [ブラック]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年 9月24日

PIXUS TS5030 [ブラック]をお気に入り製品に追加する <599

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

monoka
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[プリンタ]

プリンタの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プリンタ)

ご注意