『思ったよりもショボい』 フィアット アバルト 124 スパイダー 2016年モデル bigkenさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > フィアット > アバルト 124 スパイダー 2016年モデル

『思ったよりもショボい』 bigkenさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

アバルト 124 スパイダー 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:120人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
4件
カーナビ
1件
2件
掃除機
2件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費2
価格2
思ったよりもショボい
 

 

現車が展示車を含めてディーラーに無い為にペラッペラの詳細もわからぬポスターみたいなカタログだけ見て注文。
日本発表即日に発注を掛けて約半年待ってようやく納車。
ATのレザーナビパッケージ、LEDヘッド、ボディカラー(白黒一部赤)別途などオプションオプションで乗り出500万強。
値引きは「\0」
パーツも付けてくれない。
唯一、ミニカーを1台もらっただけ。
一応の競合車はマツダのロードスター。

「エクステリア」
マツダではない若干大きめの派手さを感じるこのボディが一番のお気に入り。
メタルトップ登場を期待したが、出ると仮定してもいつになるかわからないのでソフトトップで妥協。
ガレージ保管なので特に心配はないが、走行中の密閉感や安心感はやはりソフトトップでは心細い。

「インテリア」
ロードスターとの違いを探す方が大変なくらい一緒。
カラーリングの違いやステアリング中央の赤線、メーターの色などを除けば運転しいていてどちらかかわからなくなる。
ウインカーレバーも右にある。
丸っ切り日本車。
革シートもイタリア製の(正確には日本)車としてはお粗末な肌触りで残念。

「エンジン・ハンドリング」
アクセルを踏み込めばターボラグもなくグイグイ引っ張られる。
サスもビルシュタインを入れてあるのでフニャフニャした感じのロードスターに比べれば断然良い。
思う様に曲がるし止まるものの、大した偏平タイヤでもないのに地面からの突き上げや凸凹を素直にハンドルに伝えてくる。
悪く言えば安っぽさを感じてしまう。
BMWやアウディのようなハンドリングのスムーズ感は感じられない。
良く言えば操縦の楽しさを感じられる。

「燃費」
まだ納車されて間もないものの、かなり悪い感。
10kは出ないと思う。
ヨーロッパ車なのでハイオク指定だし燃料のランニングコストはそれなりの覚悟は必要かもしれない。

ロードスターはNAだが、こちらはターボ。
街中を走るならばロードスター、高速やコースを楽しむならば124…というのが正直な感想。
どちらも良い出来だし運転そのものは楽しめる。
ご自分のニーズに合った方を選択されることが一番良いが、124はやはりかなりの割高感を持ってしまうのが正直なところ。

追加
平均燃費が出ました。カタログ上では12k/Lほどですが、バンバン踏み込めばこの様な数値も出ます。ハイオクとレギュラー合わせていれようかなぁ…(⌒-⌒; )

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年5月
購入地域
千葉県

新車価格
416万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

アバルト 124 スパイダーの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった19人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費2
価格2
思ったよりもショボい

 

 

現車が展示車を含めてディーラーに無い為にペラッペラの詳細もわからぬポスターみたいなカタログだけ見て注文。
日本発表即日に発注を掛けて約半年待ってようやく納車。
ATのレザーナビパッケージ、LEDヘッド、ボディカラー(白黒一部赤)別途などオプションオプションで乗り出500万強。
値引きは「\0」
パーツも付けてくれない。
唯一、ミニカーを1台もらっただけ。
一応の競合車はマツダのロードスター。

「エクステリア」
マツダではない若干大きめの派手さを感じるこのボディが一番のお気に入り。
メタルトップ登場を期待したが、出ると仮定してもいつになるかわからないのでソフトトップで妥協。
ガレージ保管なので特に心配はないが、走行中の密閉感や安心感はやはりソフトトップでは心細い。

「インテリア」
ロードスターとの違いを探す方が大変なくらい一緒。
カラーリングの違いやステアリング中央の赤線、メーターの色などを除けば運転しいていてどちらかかわからなくなる。
ウインカーレバーも右にある。
丸っ切り日本車。
革シートもイタリア製の(正確には日本)車としてはお粗末な肌触りで残念。

「エンジン・ハンドリング」
アクセルを踏み込めばターボラグもなくグイグイ引っ張られる。
サスもビルシュタインを入れてあるのでフニャフニャした感じのロードスターに比べれば断然良い。
思う様に曲がるし止まるものの、大した偏平タイヤでもないのに地面からの突き上げや凸凹を素直にハンドルに伝えてくる。
悪く言えば安っぽさを感じてしまう。
BMWやアウディのようなハンドリングのスムーズ感は感じられない。
良く言えば操縦の楽しさを感じられる。

「燃費」
まだ納車されて間もないものの、かなり悪い感。
10kは出ないと思う。
ヨーロッパ車なのでハイオク指定だし燃料のランニングコストはそれなりの覚悟は必要かもしれない。

ロードスターはNAだが、こちらはターボ。
街中を走るならばロードスター、高速やコースを楽しむならば124…というのが正直な感想。
どちらも良い出来だし運転そのものは楽しめる。
ご自分のニーズに合った方を選択されることが一番良いが、124はやはりかなりの割高感を持ってしまうのが正直なところ。

追加
平均燃費が出ました。カタログ上では12k/Lほどですが、バンバン踏み込めばこの様な数値も出ます。ハイオクとレギュラー合わせていれようかなぁ…(⌒-⌒; )

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年5月
購入地域
千葉県

新車価格
416万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

アバルト 124 スパイダーの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった3

満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費2
価格2
思ったよりもショボい
 

 

現車が展示車を含めてディーラーに無い為にペラッペラの詳細もわからぬポスターみたいなカタログだけ見て注文。
日本発表即日に発注を掛けて約半年待ってようやく納車。
ATのレザーナビパッケージ、LEDヘッド、ボディカラー(白黒一部赤)別途などオプションオプションで乗り出500万強。
値引きは「\0」
パーツも付けてくれない。
唯一、ミニカーを1台もらっただけ。
一応の競合車はマツダのロードスター。

「エクステリア」
マツダではない若干大きめの派手さを感じるこのボディが一番のお気に入り。
メタルトップ登場を期待したが、出ると仮定してもいつになるかわからないのでソフトトップで妥協。
ガレージ保管なので特に心配はないが、走行中の密閉感や安心感はやはりソフトトップでは心細い。

「インテリア」
ロードスターとの違いを探す方が大変なくらい一緒。
カラーリングの違いやステアリング中央の赤線、メーターの色などを除けば運転しいていてどちらかかわからなくなる。
ウインカーレバーも右にある。
丸っ切り日本車。
革シートもイタリア製の(正確には日本)車としてはお粗末な肌触りで残念。

「エンジン・ハンドリング」
アクセルを踏み込めばターボラグもなくグイグイ引っ張られる。
サスもビルシュタインを入れてあるのでフニャフニャした感じのロードスターに比べれば断然良い。
思う様に曲がるし止まるものの、大した偏平タイヤでもないのに地面からの突き上げや凸凹を素直にハンドルに伝えてくる。
悪く言えば安っぽさを感じてしまう。
BMWやアウディのようなハンドリングのスムーズ感は感じられない。
良く言えば操縦の楽しさを感じられる。

「燃費」
まだ納車されて間もないものの、かなり悪い感。
10kは出ないと思う。
ヨーロッパ車なのでハイオク指定だし燃料のランニングコストはそれなりの覚悟は必要かもしれない。

ロードスターはNAだが、こちらはターボ。
街中を走るならばロードスター、高速やコースを楽しむならば124…というのが正直な感想。
どちらも良い出来だし運転そのものは楽しめる。
ご自分のニーズに合った方を選択されることが一番良いが、124はやはりかなりの割高感を持ってしまうのが正直なところ。

追加
平均燃費が出ました。カタログ上では12k/Lほどですが、バンバン踏み込めばこの様な数値も出ます。ハイオクとレギュラー合わせていれようかなぁ…(⌒-⌒; )

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年5月
購入地域
千葉県

新車価格
416万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

アバルト 124 スパイダーの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった0

満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費2
価格2
思ったよりもショボい

現車が展示車を含めてディーラーに無い為にペラッペラの詳細もわからぬポスターみたいなカタログだけ見て注文。
日本発表即日に発注を掛けて約半年待ってようやく納車。
ATのレザーナビパッケージ、LEDヘッド、ボディカラー(白黒一部赤)別途などオプションオプションで乗り出500万強。
値引きは「\0」
パーツも付けてくれない。
唯一、ミニカーを1台もらっただけ。
一応の競合車はマツダのロードスター。

「エクステリア」
マツダではない若干大きめの派手さを感じるこのボディが一番のお気に入り。
メタルトップ登場を期待したが、出ると仮定してもいつになるかわからないのでソフトトップで妥協。
ガレージ保管なので特に心配はないが、走行中の密閉感や安心感はやはりソフトトップでは心細い。

「インテリア」
ロードスターとの違いを探す方が大変なくらい一緒。
カラーリングの違いやステアリング中央の赤線、メーターの色などを除けば運転しいていてどちらかかわからなくなる。
ウインカーレバーも右にある。
丸っ切り日本車。
革シートもイタリア製の(正確には日本)車としてはお粗末な肌触りで残念。

「エンジン・ハンドリング」
アクセルを踏み込めばターボラグもなくグイグイ引っ張られる。
サスもビルシュタインを入れてあるのでフニャフニャした感じのロードスターに比べれば断然良い。
思う様に曲がるし止まるものの、大した偏平タイヤでもないのに地面からの突き上げや凸凹を素直にハンドルに伝えてくる。
悪く言えば安っぽさを感じてしまう。
BMWやアウディのようなハンドリングのスムーズ感は感じられない。
良く言えば操縦の楽しさを感じられる。

「燃費」
まだ納車されて間もないものの、かなり悪い感。
10kは出ないと思う。
ヨーロッパ車なのでハイオク指定だし燃料のランニングコストはそれなりの覚悟は必要かもしれない。

ロードスターはNAだが、こちらはターボ。
街中を走るならばロードスター、高速やコースを楽しむならば124…というのが正直な感想。
どちらも良い出来だし運転そのものは楽しめる。
ご自分のニーズに合った方を選択されることが一番良いが、124はやはりかなりの割高感を持ってしまうのが正直なところ。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
千葉県

新車価格
416万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
100万円以上

アバルト 124 スパイダーの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった2

満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費2
価格2
思ったよりもショボい

現車が展示車を含めてディーラーに無い為にペラッペラの詳細もわからぬポスターみたいなカタログだけ見て注文。
日本発表即日に発注を掛けて約半年待ってようやく納車。
ATのレザーナビパッケージ、LEDヘッド、ボディカラー(白黒一部赤)別途などオプションオプションで乗り出500万強。
値引きは「\0」
パーツも付けてくれない。
唯一、ミニカーを1台もらっただけ。
一応の競合車はマツダのロードスター。

「エクステリア」
マツダではない若干大きめの派手さを感じるこのボディが一番のお気に入り。
メタルトップ登場を期待したが、出ると仮定してもいつになるかわからないのでソフトトップで妥協。
ガレージ保管なので特に心配はないが、走行中の密閉感や安心感はやはりソフトトップでは心細い。

「インテリア」
ロードスターとの違いを探す方が大変なくらい一緒。
カラーリングの違いやステアリング中央の赤線、メーターの色などを除けば運転しいていてどちらかかわからなくなる。
ウインカーレバーも右にある。
丸っ切り日本車。
革シートもイタリア製の(正確には日本)車としてはお粗末な肌触りで残念。

「エンジン・ハンドリング」
アクセルを踏み込めばターボラグもなくグイグイ引っ張られる。
サスもビルシュタインを入れてあるのでフニャフニャした感じのロードスターに比べれば断然良い。
思う様に曲がるし止まるものの、大した偏平タイヤでもないのに地面からの突き上げや凸凹を素直にハンドルに伝えてくる。
悪く言えば安っぽさを感じてしまう。
BMWやアウディのようなハンドリングのスムーズ感は感じられない。
良く言えば操縦の楽しさを感じられる。

「燃費」
まだ納車されて間もないものの、かなり悪い感。
10kは出ないと思う。
ヨーロッパ車なのでハイオク指定だし燃料のランニングコストはそれなりの覚悟は必要かもしれない。

ロードスターはNAだが、こちらはターボ。
街中を走るならばロードスター、高速やコースを楽しむならば124…というのが正直な感想。
どちらも良い出来だし運転そのものは楽しめる。
ご自分のニーズに合った方を選択されることが一番良いが、124はやはりかなりの割高感を持ってしまうのが正直なところ。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
千葉県

新車価格
416万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
100万円

アバルト 124 スパイダーの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった7

 
 
 
 
 
 

「アバルト 124 スパイダー 2016年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

アバルト 124 スパイダー 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

アバルト 124 スパイダー
フィアット

アバルト 124 スパイダー

新車価格帯:406〜437万円

中古車価格帯:288〜380万円

アバルト 124 スパイダー 2016年モデルをお気に入り製品に追加する <50

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意