『水量確認がやり難いのが欠点』 タイガー魔法瓶 蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300 kotatsunekoさんのレビュー・評価

蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300

  • 蒸気を外に出さない「蒸気キャッチャー構造」を採用した、蒸気レスの電気ポット。
  • カラだきを検知して自動で切れる「カラだき防止」機能。しばらく給湯キーを押さないと自動でロックされる安全設計を採用。
  • プラグを抜いて3時間たっても約90度以上をキープできる、高真空2重瓶の容器を採用している。
蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥13,244 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2016年 8月21日

店頭参考価格帯:¥13,380 〜 ¥13,380 (全国731店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:電気ポット 容量:3L 出湯方式:電動式/エア式 重さ:3.7kg 蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • 蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300の価格比較
  • 蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300の店頭購入
  • 蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300のスペック・仕様
  • 蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300のレビュー
  • 蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300のクチコミ
  • 蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300の画像・動画
  • 蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300のピックアップリスト
  • 蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300のオークション

蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300タイガー魔法瓶

最安価格(税込):¥13,244 (前週比:±0 ) 発売日:2016年 8月21日

  • 蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300の価格比較
  • 蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300の店頭購入
  • 蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300のスペック・仕様
  • 蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300のレビュー
  • 蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300のクチコミ
  • 蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300の画像・動画
  • 蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300のピックアップリスト
  • 蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > 電気ポット・電気ケトル > タイガー魔法瓶 > 蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300

『水量確認がやり難いのが欠点』 kotatsunekoさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300

蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:55件
  • 累計支持数:203人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

扇風機・サーキュレーター
2件
7件
SDメモリーカード
5件
0件
SSD
1件
4件
もっと見る
満足度4
デザイン5
使いやすさ2
静寂性4
湯沸し力3
手入れのしやすさ3
サイズ3
水量確認がやり難いのが欠点

これまで、象印のCV-PS22(旧型)を7年ほど使った。
最近 沸騰停止する100℃になっても 停止しない現象が頻発し始めた。
沸騰後 停止する場合としない場合があり、原因が掴めず
センサーないし 回路の熱による劣化を疑い
この際、機器更新をすることにした。
CV-PS22では 一度パッキンの交換も行った。

【デザイン】
通常の白色系の色味と異なり こげ茶系の色のみ。
色の選択は出来ればしたかった。
これと言って、奇抜なデザインでは無いが、
やや角ばった形状で 思った以上に大きめかなと感じる。
半分は 断熱材による大きさかなと思う。

【使いやすさ】
象印のCV-PS22は 電池を入れる事で電源無しでの
給湯が出来たが、こちらも 電源無しでも手動給湯が可能。
通常の保温ポットと同様に 空気圧で出湯出来る(電池無しは良い)。

CV-PS22にあった照明感知センサが無いので
電気を点けると反応して自動沸騰する機能は無いが、
ただ単に「沸騰」ボタンを押せばいいので 特別困っては居ない。

出湯力も安定してポンプが働いてくれて良いのだが、
出湯力調整幅がほとんど差が無いのは やや困り物。
調整幅がもう一段階選べると 尚良いと思う。

キッチンタイマー機能は なくて良い機能と思う。
それよりも、照明感知センサで自動沸騰の方が手間が省けると思う。

【静寂性】
本機は 沸騰時の蒸気を外に出さない造りになっている。
室内に蒸気が出ないので 安全性は高く湿気が増えにくいのは良い。
意味ある機能だが、沸騰で「カルキ臭」を抜く効果もあるのではと思う。
数日前、沸騰直後蓋を開けた際 強めのカルキ臭を感じたことがあった。
完全密封ではないので どこかからか抜けていくとは思うが
少々、気になっている処ではある。

蒸気を外に出さない事、沸騰時の消費電力を抑えたことで
十分に静粛性が高く、逆に沸騰終了のブザー音もやや小さいので
気が付くと湧き終わっていることが多い。
沸騰終了ブザーは もう少し大きい方が判りやすいので、変更して欲しい。

【湯沸し力】
沸騰時の消費電力が小さく、蒸気発生も小さい 容量も大きいので
100℃に達するのに 少々時間が必要。
CV-PS22に比べ 体感でしかないが、2〜3分程余計に掛っているかと思う。
その分、年間消費電力量は小さく出来るのではと期待している。

本機には 「魔法瓶保温」と言う機能がある。
沸騰後、他の沸騰ポットより多めの断熱材と給水口のすぼまりで
温度を維持する機能で 消費電力ほぼゼロで、温度を維持する。
自動で再沸騰させることもしない(再沸騰は手動で)。
まだ寒い時期での温度低下を経験していないが、
この夏の暑さの中では、かなりの時間温度維持が出来ているようだ。

【手入れのしやすさ】
給水口が 通常の沸騰ポットに比べすぼまっているので
内部の掃除はやり難くなっている。
手の大きい人だと 入らない事が考えられる。
また、給水時 満水表示が見難く判断し難いのは 非常に困る。
満水表示のラインの色を変える事、前右左の各方向から満水表示ラインが
見えるように 改善をぜひして欲しい。

【サイズ】
魔法瓶保温機能が売りのポットなので、仕方ないとは思うが
もう少しサイズ(外周)が小さくなると 置き場で苦労が少ないと思う。

【総評】
急速に沸騰して温度維持/ゆっくり沸騰して蒸気を戻して温度維持、
CV-PS22から本機で やり方が大きく変わった。
消費電力を抑えて沸騰に時間が掛っても、バンバン蒸気を排出しない。

やや大きめの容量になったが、前機種よりも単位時間当たりの消費電力量は
少なく出来そうではある。
使い難そうな機能の部分はあるが、今後の改良がされれば
十分使い易そうな機種なので 是非後継機を続けて欲しい。

過去のレビューで 蓋の錆(ネジ由来の貰い錆び)の話があったが、
本機購入直後 元のネジを3本とも交換、SUS304のナベタッピングネジに変更した。
元ネジを見ると ニッケルメッキっぽい雰囲気がある。
交換後、ネジを元にした錆の発生は無く 今のところ問題なさそうではある。

重視項目
電気代

参考になった3人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン5
使いやすさ2
静寂性4
湯沸し力3
手入れのしやすさ3
サイズ3
水量確認がやり難いのが欠点

これまで、象印のCV-PS22を7年ほど使った。
最近 沸騰停止する100℃になっても 停止しない現象が頻発し始めた。
沸騰後 停止する場合としない場合があり、原因が掴めず
センサーないし 回路の熱による劣化を疑い
この際、機器更新をすることにした。
CV-PS22では 一度パッキンの交換も行った。

【デザイン】
通常の白色系の色味と異なり こげ茶系の色のみ。
色の選択は出来ればしたかった。
これと言って、奇抜なデザインでは無いが、
やや角ばった形状で 思った以上に大きめかなと感じる。
半分は 断熱材による大きさかなと思う。

【使いやすさ】
象印のCV-PS22は 電池を入れる事で電源無しでの
給湯が出来たが、こちらも 電源無しでも手動給湯が可能。
通常の保温ポットと同様に 空気圧で出湯出来る(電池無しは良い)。

CV-PS22にあった照明感知センサが無いので
電気を点けると反応して自動沸騰する機能は無いが、
ただ単に「沸騰」ボタンを押せばいいので 特別困っては居ない。

出湯力も安定してポンプが働いてくれて良いのだが、
出湯力調整幅がほとんど差が無いのは やや困り物。
調整幅がもう一段階選べると 尚良いと思う。

キッチンタイマー機能は なくて良い機能と思う。
それよりも、照明感知センサで自動沸騰の方が手間が省けると思う。

【静寂性】
本機は 沸騰時の蒸気を外に出さない造りになっている。
室内に蒸気が出ないので 安全性は高く湿気が増えにくいのは良い。
意味ある機能だが、沸騰で「カルキ臭」を抜く効果もあるのではと思う。
数日前、沸騰直後蓋を開けた際 強めのカルキ臭を感じたことがあった。
完全密封ではないので どこかからか抜けていくとは思うが
少々、気になっている処ではある。

蒸気を外に出さない事、沸騰時の消費電力を抑えたことで
十分に静粛性が高く、逆に沸騰終了のブザー音もやや小さいので
気が付くと湧き終わっていることが多い。
沸騰終了ブザーは もう少し大きい方が判りやすいので、変更して欲しい。

【湯沸し力】
沸騰時の消費電力が小さく、蒸気発生も小さい 容量も大きいので
100℃に達するのに 少々時間が必要。
CV-PS22に比べ 体感でしかないが、2〜3分程余計に掛っているかと思う。
その分、年間消費電力量は小さく出来るのではと期待している。

本機には 「魔法瓶保温」と言う機能がある。
沸騰後、他の沸騰ポットより多めの断熱材と給水口のすぼまりで
温度を維持する機能で 消費電力ほぼゼロで、温度を維持する。
自動で再沸騰させることもしない(再沸騰は手動で)。
まだ寒い時期での温度低下を経験していないが、
この夏の暑さの中では、かなりの時間温度維持が出来ているようだ。

【手入れのしやすさ】
給水口が 通常の沸騰ポットに比べすぼまっているので
内部の掃除はやり難くなっている。
手の大きい人だと 入らない事が考えられる。
また、給水時 満水表示が見難く判断し難いのは 非常に困る。
満水表示のラインの色を変える事、前右左の各方向から満水表示ラインが
見えるように 改善をぜひして欲しい。

【サイズ】
魔法瓶保温機能が売りのポットなので、仕方ないとは思うが
もう少しサイズ(外周)が小さくなると 置き場で苦労が少ないと思う。

【総評】
急速に沸騰して温度維持/ゆっくり沸騰して蒸気を戻して温度維持、
CV-PS22から本機で やり方が大きく変わった。
消費電力を抑えて沸騰に時間が掛っても、バンバン蒸気を排出しない。

やや大きめの容量になったが、前機種よりも単位時間当たりの消費電力量は
少なく出来そうではある。
使い難そうな機能の部分はあるが、今後の改良がされれば
十分使い易そうな機種なので 是非後継機を続けて欲しい。

重視項目
電気代

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
買って半年でゴミになった件  1 2019年5月16日 14:01
20年ぶりの買い替え  5 2019年3月28日 19:10
水量確認がやり難いのが欠点  4 2018年7月26日 22:16
沸騰が極めて遅い  1 2018年7月14日 11:43
ポット界のレクサス  4 2018年3月27日 05:14
安かった  5 2017年12月26日 18:27
グッドデザイン  5 2017年12月26日 16:57
朝夕しか使わないので  5 2017年11月3日 16:34
しばらく使用して  4 2017年10月12日 01:37
とく子さん PIG-S300  5 2017年9月10日 11:16

蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300のレビューを見る(レビュアー数:11人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300

蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300
タイガー魔法瓶

蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300

最安価格(税込):¥13,244発売日:2016年 8月21日 価格.comの安さの理由は?

蒸気レスVE電気まほうびん とく子さん PIG-S300をお気に入り製品に追加する <265

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[電気ポット・電気ケトル]

電気ポット・電気ケトルの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(電気ポット・電気ケトル)

ご注意