『おおお・・・』 AKG N40 アリナミンV2さんのレビュー・評価

N40

  • 「2WAYハイブリッドテクノロジー」により、クリアで繊細な中高音域から力強い低音域までのワイドレンジ再生を実現した、ハイレゾ音源対応の密閉型イヤホン。
  • ケーブルは着脱式で、接続コネクタにはMMCX端子を採用しているため、断線時やカスタマイズをしたいときは市販の製品を利用したリケーブルが可能。
  • 付属する3種類のフィルターを付け替えることで「高域をクリアに表現」「中庸なサウンドバランスを実現」「低音域を増強」といった好みの音質を調整できる。
N40 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥28,389 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2016年 8月上旬

店頭参考価格帯:¥30,326 〜 ¥30,328 (全国40店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ハイブリッド型 再生周波数帯域:10Hz〜40kHz ハイレゾ:○ N40のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • N40の価格比較
  • N40の店頭購入
  • N40のスペック・仕様
  • N40のレビュー
  • N40のクチコミ
  • N40の画像・動画
  • N40のピックアップリスト
  • N40のオークション

N40AKG

最安価格(税込):¥28,389 (前週比:±0 ) 発売日:2016年 8月上旬

  • N40の価格比較
  • N40の店頭購入
  • N40のスペック・仕様
  • N40のレビュー
  • N40のクチコミ
  • N40の画像・動画
  • N40のピックアップリスト
  • N40のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:55件
  • 累計支持数:500人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
41件
19件
Mac ノート(MacBook)
0件
5件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
3件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン3
高音の音質5
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性3
音漏れ防止無評価
携帯性3
おおお・・・

この製品、ノズルによる音の調整が可能とのことだが、ノーマルの状態でバランスが良いと直感しいまのところその点はレビューできません。また、やっぱりノズル交換とかは頻繁にやるような作業ではなく、一度決めたらある程度固定しないとめんどくさくてかなわないと思いますので、とりあえず工場出荷状態のノーマルのでいいや、という考えです。

で、音質ですが上位K3003は、自分は視聴したときに高音が綺麗だが低音に魅力が感じられなかったという経験がありました。周囲がうるさいとK3003の良さは全然わかりませんでした。N20については、けっこう音量を高めにしないとボリュームが小さくなってしまう感があって、インピーダンス値が高かったんだろうと思われます。
N20は低音は量感よりもダイナミックドライバー特有の深みがあって、締りもあり、重さもある低音でした。モワッと広がる量感は少なめの低音だと思います。
高温は刺さるところまで行かないが強めの高音だと思います。中音域のボーカルなどは、高めの女性ボーカルのほうが好ましく聞こえ、男性ボーカルだったらSHUREのSEシリーズのように中音域が得意なイヤホンのほうが聞き取りやすいかなーというのがN20の感想でした。
耳からポロッと取れてしまう気もしましたが、N20もマイクロダイナミックドライバーの良さを引き出していて好きな音でした。

N40はもっと暖かみのあるふわっと広がるような低音が多めになり、高音はBAドライバーが鼓膜のすぐ近くにきていて直接的に入ってくるので澄んでいますが、ややキツイか?と一瞬警戒しましたが瞬時に慣れました。
しかし、全体としてのバランスはやっぱり素晴らしく良くて、「音楽を聴く」という目的にうまく調整されていると思います。

当たり前ですがハイブリッド型ということで低音はふわっと量感豊かに、高音はBAドライバで高解像度で明瞭に出てきて、N20のまとまりの良い音も良かったなと思い出すと同時に、N40はハイブリッドなのに低音と高音の音色の違いなど違和感を感じさせないバランスがいいなと思いました。

耳かけフックがフレキシブルな形状記憶ゴムみたいになっており、これはSHUREなどのような針金入りより楽に装着できていいです。
筐体のフィット感も良い。
針金入り耳かけフックのケーブルだと、耳を指で掴んで折り曲げてケーブルの中に通すような、耳をケーブルに合わせる感じですが、
N40の耳かけケーブルは、耳はそのままでケーブルを耳に合わせるように装着するので違和感がなく自然。そのほうがいい。

パッと見た筐体デザインは銀メッキがあんまり好みではないが、いい音はしていると思う。

N40で一番いいぞと思うところは、カナル型イヤホンの高遮音性タイプにありがちな、耳をガッツリ塞いでいるという閉塞感が少なく、耳栓によって耳の穴を塞ぐことの疲労感が少ない点が気に入りました。

音もやはりベンチレーションの穴が空いており、そこから適宜調整のために空気が逃げるので、それで最適な音が鼓膜に届くように設計せされていることは明らかで、やっぱり耳が楽で聞き疲れしにくくなっていていいなと思います。

遮音性は犠牲になるのは当然ですが、自分の場合は電車にのるときはBOSEのノイズキャンセラを使うか。SHUREのSEシリーズにすると決めているので、N40にはそもそも高い遮音性を望んでいなかったので、良い仕様だと思いました。

例えば、N40のあとにJH-AUDIOのロクサーヌなどを使うと、馬鹿でかい筐体とぐさっと刺さるような長いノズルで高い遮音性になりますが、耳を塞ぐ閉塞感が半端じゃなくて、まるで平衡感覚までおかしくなるような感じすらしてきます。
N40はそういうことがなく、すごく自然で、楽です。

BAドライバー機には無理なダイナミックドライバー特有の低音の表現で、空気感とかそういうものがうまく再現出来ています。
音楽を聞くとなぜかリズム感が良く感じました。

SONYのXBA-Z5を比較のため使ってみると、SONYのほうが低音強めで、AKGのほうが高音をシャキッと出す感じです。
XBAーZ5では筐体の中に音がこもる雰囲気があったりするところを、N40だとスッと音を出す感じでこもる感じが少ない。かといってダイレクトすぎる音の伝わり方かと言えばそういうところが最適な感じがして、N40のほうが高音が明瞭です。
耳を塞ぐ感じもN40のほうが少なく自然。

このN40を視聴した時は、あ、これ高級機の音がするぞと思いました。N20のときも独特の上品さを感じる高音質さを持っていまいた。
迫力か繊細かと言われたらやや繊細方向に振った音かと思います。

音のヌケの良さというか、空間の閉塞感のなさをチェックすべくゼンハイザーIE800を出してきて比較。
そうすると、普通はカナル型イヤホンはどれもこれも閉塞感が強くて疲れて終わるケースが多いですが、N40はIE800と比べても遜色ない抜けの良さで、すごく楽で疲れない感じです。

音量を上げていってもなかなかうるさくならず、破綻しにくい。
雰囲気感のある音もする。

ケチをつけるとすると、やっぱりクセの残るケーブルはちょっと・・・。
どうしてもうちょっとスッと伸びるクセのないケーブルにできないのか・・。

N40は上品で高級感のある音がする独特な音も感じられるのは良いです。AKGらしい音のようなものは伝わってくる。
自分がN40より良いかも?!とおもったのはT8iE MkIIでした。あちらのほが深い低音の表現に魅力を感じましたが、優等生的な音で特徴らしきものがあまり感じられない、違和感もないが特徴もないという感じがしました。
AKGのN40のほうが独特感があるけどバランスが良くて、メーカーの色を強く感じるイメージです。
とはいえ価格差がりますし、最新のイヤホンとして高性能だろうと思いました。

主な用途
音楽
接続対象
ポータブルプレーヤー

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「N40」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

N40
AKG

N40

最安価格(税込):¥28,389発売日:2016年 8月上旬 価格.comの安さの理由は?

N40をお気に入り製品に追加する <173

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホン・イヤホン]

ヘッドホン・イヤホンの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意