『「原石」ではない パッケージング完成度が極めて高い』 AKG N40 popnbeatさんのレビュー・評価

2016年 8月上旬 発売

N40

  • 「2WAYハイブリッドテクノロジー」により、クリアで繊細な中高音域から力強い低音域までのワイドレンジ再生を実現した、ハイレゾ音源対応の密閉型イヤホン。
  • ケーブルは着脱式で、接続コネクタにはMMCX端子を採用しているため、断線時やカスタマイズをしたいときは市販の製品を利用したリケーブルが可能。
  • 付属する3種類のフィルターを付け替えることで「高域をクリアに表現」「中庸なサウンドバランスを実現」「低音域を増強」といった好みの音質を調整できる。
N40 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥28,059

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥28,059〜¥44,595 (10店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:カナル型 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ハイブリッド型 再生周波数帯域:10Hz〜40kHz ハイレゾ:○ N40のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • N40の価格比較
  • N40の店頭購入
  • N40のスペック・仕様
  • N40のレビュー
  • N40のクチコミ
  • N40の画像・動画
  • N40のピックアップリスト
  • N40のオークション

N40AKG

最安価格(税込):¥28,059 (前週比:±0 ) 発売日:2016年 8月上旬

  • N40の価格比較
  • N40の店頭購入
  • N40のスペック・仕様
  • N40のレビュー
  • N40のクチコミ
  • N40の画像・動画
  • N40のピックアップリスト
  • N40のオークション

『「原石」ではない パッケージング完成度が極めて高い』 popnbeatさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

N40のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:119人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
5件
2件
腕時計
3件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質4
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性5
「原石」ではない パッケージング完成度が極めて高い

最高の音を奏でてくれます。
低音は質もいいが量も多く、それに負けずボーカルも近くで張出してくれる。
高音も低中音に比べたら主張はしてないが埋もれることなく
値段なりの解像度で心地よく出て聴ける。


純正のイヤピのサイズが全部合わない人以外はイヤピは弄らない事。
フィッティングが解らず音が抜けてしまいがちって人は多分
画像のほとんどがハウジングやAKGの文字が水平で真っ直ぐに写っているので
それが「正解でベストポジション」だと思ってそうなるようにヘタに本体を
そうなるようにしてしまっているのではないか?
常識的に考えて画像位置だとイヤピの耳穴の方向がおかしい事が解ると思う。
下手に画像などの印象にとらわれ過ぎてセッティングしようといるのだ。

当たり前だが、まず先にイヤピの方向を自分の耳穴の方向へキッチリ挿す事。
本体ハウジングの向きなんて二の次でまずここで気にしない事。
実際私はイヤピを自分の耳の穴の方向へきっちり刺さった場合
ハウジングは斜め上方向へ傾いてます。
本体ハウジングの下のポート塞がって音が抜けず篭るなんて事も無い。
ちなみに最初から付いてるMサイズのイヤピでそのまま問題なく装着でき、
普通にまったく音が抜けずポジションも1発で決まった私ですが
あえてスピンフィットCP-145(新型)に替えて付けてみたが
各音域の出方などまったく変わらず誤差の範囲な程度でした。
ですので標準イヤピで問題なく音が出た人はスピンフィットに替える理由はありません。
「激変した」と言う方は本当によっぽど純正イヤピ各サイズが合わなかった人だと言い切れます。
あと傘の軸を中心に考えると「(イヤピの)傘が360℃動く」ので耳穴へ向いてはまって収まる訳ですが
その後、耳穴に収まった傘を中心に考えると軸やそれに収まったステム&本体ハウジングが
動いてしまう、とも言えます。
実際挿してからハウジング後方を指で動かすと確かに収まった傘が抜ける事はありませんが
本体がグリグリ動きます。つまり本体が不安定になる訳です。
ですのでイヤホンをして動き回るとイヤピが抜ける事はありませんが
本体が動いてしまうので今度は耳掛けしてる辺りが収まりが悪くなる事がありますので
スピンフィットの使用はどうしても標準イヤピ各サイズで合わなかった人だけに
しておくべきかと思います。どちらでもしっかりはまれば出る音は誤差の範囲で一緒です。


よほどの設計ミスなのにGOサインが出て世に出回ってしまってる商品ではない。
なのでとにかくなるべく変えずそのまま聴いて欲しい。
全てが絶妙のバランスで良い塩梅で出来てるのを感じて欲しい。
イヤピ交換はせっかくのバランスを崩す恐れアリ。
やれるとしたらバランス接続環境があれば「純正の」リケーブルに変え
S/N比や定位を良くしてやる位か。
リケーブルは、銀線は論外。銀メッキも出来れば避け
高純度の銅線を使用しているものを推奨します。
じゃないとバランスを崩して崩れた所を直す為何かをして
また何かを失う変なスパイラルに陥りますよ。

主な用途
音楽
接続対象
その他

参考になった5人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
高音の音質4
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性5
「原石」ではない パッケージング完成度が極めて高い

純正のイヤピのサイズが全部合わない人以外はイヤピは弄らない事。
フィッティングが解らず音が抜けてしまいがちって人は多分
画像のほとんどがハウジングやAKGの文字が水平で真っ直ぐに写っているので
それが「正解でベストポジション」だと思ってそうなるようにヘタに本体を
そうなるようにしてしまっているのではないか?
常識的に考えて画像位置だとイヤピの耳穴の方向がおかしい事が解ると思う。
下手に画像などの印象にとらわれ過ぎてセッティングしようといるのだ。

当たり前だが、まず先にイヤピの方向を自分の耳穴の方向へキッチリ挿す事。
本体ハウジングの向きなんて二の次でまずここで気にしない事。
実際私はイヤピを自分の耳の穴の方向へきっちり刺さった場合
ハウジングは斜め上方向へ傾いてます。
本体ハウジングの下のポート塞がって音が抜けず篭るなんて事も無い。
ちなみに最初から付いてるMサイズのイヤピでそのまま問題なく装着でき、
普通にまったく音が抜けずポジションも1発で決まった私ですが
あえてスピンフィットCP-145(新型)に替えて付けてみたが
各音域の出方などまったく変わらず誤差の範囲な程度でした。
ですので標準イヤピで問題なく音が出た人はスピンフィットに替える理由はありません。
「激変した」と言う方は本当によっぽど純正イヤピ各サイズが合わなかった人だと言い切れます。
あと傘の軸を中心に考えると「(イヤピの)傘が360℃動く」ので耳穴へ向いてはまって収まる訳ですが
その後、耳穴に収まった傘を中心に考えると軸やそれに収まったステム&本体ハウジングが
動いてしまう、とも言えます。
実際挿してからハウジング後方を指で動かすと確かに収まった傘が抜ける事はありませんが
本体がグリグリ動きます。つまり本体が不安定になる訳です。
ですのでイヤホンをして動き回るとイヤピが抜ける事はありませんが
本体が動いてしまうので今度は耳掛けしてる辺りが収まりが悪くなる事がありますので
スピンフィットの使用はどうしても標準イヤピ各サイズで合わなかった人だけに
しておくべきかと思います。どちらでもしっかりはまれば出る音は誤差の範囲で一緒です。

あとは音は表題の通り。
最高の音を奏でてくれます。
低音は質もいいが量も多く、それに負けずボーカルも近くで張出してくれる。
高音も低中音に比べたら主張はしてないが埋もれることなく
値段なりの解像度で心地よく出て聴ける。

よほどの設計ミスなのにGOサインが出て世に出回ってしまってる商品ではない。
なのでとにかくなるべく変えずそのまま聴いて欲しい。
全てが絶妙のバランスで良い塩梅で出来てるのを感じて欲しい。
イヤピ交換はせっかくのバランスを崩す恐れアリ。
やれるとしたらバランス接続環境があれば「純正の」リケーブルに変え
S/N比や定位を良くしてやる位か。
リケーブルは、銀線は論外。銀メッキも出来れば避け
高純度の銅線を使用しているものを推奨します。
じゃないとバランスを崩して崩れた所を直す為何かをして
また何かを失う変なスパイラルに陥りますよ。

主な用途
音楽
接続対象
その他

参考になった0

満足度4
デザイン4
高音の音質3
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止3
携帯性5
「原石」ではない パッケージング完成度が極めて高い

純正のイヤピのサイズが全部合わない人以外はイヤピは弄らない事。
フィッティングが解らず音が抜けてしまいがちって人は多分
画像のほとんどがハウジングやAKGの文字が水平で真っ直ぐに写っているので
それが「正解でベストポジション」だと思ってそうなるようにヘタに本体を
そうなるようにしてしまっているのではないか?
常識的に考えて画像位置だとイヤピの耳穴の方向がおかしい事が解ると思う。
下手に画像などの印象にとらわれ過ぎてセッティングしようといるのだ。

当たり前だが、まず先にイヤピの方向を自分の耳穴の方向へキッチリ挿す事。
本体ハウジングの向きなんて二の次でまずここで気にしない事。
実際私はイヤピを自分の耳の穴の方向へきっちり刺さった場合
ハウジングは斜め上方向へ傾いてます。
本体ハウジングの下のポート塞がって音が抜けず篭るなんて事も無い。
ちなみに最初から付いてるMサイズのイヤピでそのまま問題なく装着でき、
普通にまったく音が抜けずポジションも1発で決まった私ですが
あえてスピンフィットCP-145(新型)に替えて付けてみたが
各音域の出方などまったく変わらず誤差の範囲な程度でした。
ですので標準イヤピで問題なく音が出た人はスピンフィットに替える理由はありません。
「激変した」と言う方は本当によっぽど純正イヤピ各サイズが合わなかった人だと言い切れます。
あと傘の軸を中心に考えると「(イヤピの)傘が360℃動く」ので耳穴へ向いてはまって収まる訳ですが
その後、耳穴に収まった傘を中心に考えると軸やそれに収まったステム&本体ハウジングが
動いてしまう、とも言えます。
実際挿してからハウジング後方を指で動かすと確かに収まった傘が抜ける事はありませんが
本体がグリグリ動きます。つまり本体が不安定になる訳です。
ですのでイヤホンをして動き回るとイヤピが抜ける事はありませんが
本体が動いてしまうので今度は耳掛けしてる辺りが収まりが悪くなる事がありますので
スピンフィットの使用はどうしても標準イヤピ各サイズで合わなかった人だけに
しておくべきかと思います。どちらでもしっかりはまれば出る音は誤差の範囲で一緒です。

あとは音は表題の通り。
最高の音を奏でてくれます。
低音は質もいいが量も多く、それに負けずボーカルも近くで張出してくれる。
高音も低中音に比べたら主張はしてないが埋もれることなく
値段なりの解像度で心地よく出て聴ける。

よほどの設計ミスなのにGOサインが出て世に出回ってしまってる商品ではない。
なのでとにかくなるべく変えずそのまま聴いて欲しい。
全てが絶妙のバランスで良い塩梅で出来てるのを感じて欲しい。
イヤピ交換はせっかくのバランスを崩す恐れアリ。
やれるとしたらバランス接続環境があれば「純正の」リケーブルに変え
S/N比や定位を良くしてやる位か。
リケーブルは、銀線は論外。銀メッキも出来れば避け
高純度の銅線を使用しているものを推奨します。
じゃないとバランスを崩して崩れた所を直す為何かをして
また何かを失う変なスパイラルに陥りますよ。

主な用途
音楽
接続対象
その他

参考になった0

満足度4
デザイン4
高音の音質3
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止3
携帯性5
「原石」ではない パッケージング完成度が極めて高い

アラウンド・アンダー4万の中では最高の音です

純正のイヤピのサイズが全部合わない人以外はイヤピは弄らない事。
フィッティングが解らず音が抜けてしまいがちって人は多分
画像のほとんどがハウジングやAKGの文字が水平で真っ直ぐに写っているので
それが「正解でベストポジション」だと思ってそうなるようにヘタに本体を
そうなるようにしてしまっているのではないか?
常識的に考えて画像位置だとイヤピの耳穴の方向がおかしい事が解ると思う。
下手に印象にとらわれ過ぎてセッティングしようといるのだ。

当たり前だが、まず先にイヤピの方向を自分の耳穴の方向へキッチリ挿す事。
本体ハウジングの向きなんて二の次でまずここで気にしない事。
実際私はイヤピを自分の耳の穴の方向へきっちり刺さった場合
ハウジングは斜め上方向へ傾いてます。
本体ハウジングの下のポート塞がって音が抜けず篭るなんて事も無い。
ちなみに最初から付いてるMサイズのイヤピでそのまま問題なく装着でき、
普通にまったく音が抜けずポジションも1発で決まった私ですが
あえてスピンフィットCP-145(新型)に替えて付けてみたが
各音域の出方などまったく変わらず誤差の範囲な程度でした。
ですので標準イヤピで問題なく音が出た人はスピンフィットに替える理由はありません。
「激変した」と言う方は本当によっぽど純正イヤピ各サイズが合わなかった人だと言い切れます。

あとは音は表題の通り。
下手に画像の様なポジションに捕われベストポジションを見失わない限り
最高の音を奏でてくれます。
低音は質もいいが量も多く、それに負けずボーカルも近くで張出してくれる。
高音も低中音に比べたら主張はしてないが埋もれることなく
値段なりの解像度で心地よく出て聴ける。

よほどの設計ミスなのにGOサインが出て世に出回ってしまってる商品ではない。
なのでとにかくなるべく変えずそのまま聴いて欲しい。
全てが絶妙のバランスで良い塩梅で出来てるのを感じて欲しい。
イヤピ交換はせっかくのバランスを崩す恐れアリ。
やれるとしたらバランス接続環境があれば「純正の」リケーブルに変え
S/N比や定位を良くしてやる位か。
リケーブルは、銀線は論外。銀メッキも出来れば避け
高純度の銅線を使用しているものを推奨します。
じゃないとバランスを崩して崩れた所を直す為何かをして
また何かを失う変なスパイラルに陥りますよ。

主な用途
音楽
接続対象
その他

参考になった0

満足度4
デザイン4
高音の音質3
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止3
携帯性5
「原石」ではない パッケージング完成度が極めて高い

アラウンド・アンダー4万の中では最高の音です

純正のイヤピのサイズが全部合わない人以外はイヤピは弄らない事。
フィッティングが解らず音が抜けてしまいがちって人は多分
画像のほとんどがハウジングやAKGの文字が水平で真っ直ぐに写っているので
それが「正解でベストポジション」だと思ってそうなるようにヘタに本体を
そうなるようにしてしまっているのではないか?
常識的に考えて画像位置だとイヤピの耳穴の方向がおかしい事が解ると思う。
下手に印象にとらわれ過ぎてセッティングしようといるのだ。

当たり前だが、まず先にイヤピの方向を自分の耳穴の方向へキッチリ挿す事。
本体ハウジングの向きなんて二の次でまずここで気にしない事。
実際私はイヤピを自分の耳の穴の方向へきっちり刺さった場合
ハウジングは斜め上方向へ傾いてます。
本体ハウジングの下のポート塞がって音が抜けず篭るなんて事も無い。

あとは音は表題の通り。
下手に画像の様なポジションに捕われベストポジションを見失わない限り
最高の音を奏でてくれます。
低音は質もいいが量も多く、それに負けずボーカルも近くで張出してくれる。
高音も低中音に比べたら主張はしてないが埋もれることなく
値段なりの解像度で心地よく出て聴ける。

よほどの設計ミスなのにGOサインが出て世に出回ってしまってる商品ではない。
なのでとにかくなるべく変えずそのまま聴いて欲しい。
全てが絶妙のバランスで良い塩梅で出来てるのを感じて欲しい。
イヤピ交換はせっかくのバランスを崩す恐れアリ。
やれるとしたらバランス接続環境があれば「純正の」リケーブルに変え
S/N比や定位を良くしてやる位か。
リケーブルは、銀線は論外。銀メッキも出来れば避け
高純度の銅線を使用しているものを推奨します。
じゃないとバランスを崩して崩れた所を直す為何かをして
また何かを失う変なスパイラルに陥りますよ。

主な用途
音楽
接続対象
その他

参考になった1

 
 
 
 
 
 

「N40」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

N40のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

N40
AKG

N40

最安価格(税込):¥28,059発売日:2016年 8月上旬 価格.comの安さの理由は?

N40をお気に入り製品に追加する <174

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意