『なんでも綺麗に聴かせてくれる、高クオリティーイヤホン』 AKG N40 板葉さんのレビュー・評価

N40

  • 「2WAYハイブリッドテクノロジー」により、クリアで繊細な中高音域から力強い低音域までのワイドレンジ再生を実現した、ハイレゾ音源対応の密閉型イヤホン。
  • ケーブルは着脱式で、接続コネクタにはMMCX端子を採用しているため、断線時やカスタマイズをしたいときは市販の製品を利用したリケーブルが可能。
  • 付属する3種類のフィルターを付け替えることで「高域をクリアに表現」「中庸なサウンドバランスを実現」「低音域を増強」といった好みの音質を調整できる。
N40 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥28,390 (前週比:-19円↓)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2016年 8月上旬

店頭参考価格帯:¥28,404 〜 ¥38,763 (全国33店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ハイブリッド型 再生周波数帯域:10Hz〜40kHz ハイレゾ:○ N40のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • N40の価格比較
  • N40の店頭購入
  • N40のスペック・仕様
  • N40のレビュー
  • N40のクチコミ
  • N40の画像・動画
  • N40のピックアップリスト
  • N40のオークション

N40AKG

最安価格(税込):¥28,390 (前週比:-19円↓) 発売日:2016年 8月上旬

  • N40の価格比較
  • N40の店頭購入
  • N40のスペック・仕様
  • N40のレビュー
  • N40のクチコミ
  • N40の画像・動画
  • N40のピックアップリスト
  • N40のオークション

『なんでも綺麗に聴かせてくれる、高クオリティーイヤホン』 板葉さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:28人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
4件
0件
イヤホン・ヘッドホン用リケーブル
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン3
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性3
音漏れ防止5
携帯性4
なんでも綺麗に聴かせてくれる、高クオリティーイヤホン

【デザイン】
小型の筐体にBAとダイナミックドライバーが上手く収まっています。しかし、ハウジングに施されたメッキは正直言ってチープで、表面のAKGロゴもなんだかのっぺりしています。デザイン買いするようなものではないですね。個人的にはN30のような黒カラーが欲しかったです。
地味な評価点ですが、耳に装着する際に、ケーブルを耳にかける角度を一目で把握できるように、ケーブルと本体それぞれにマーキングが施されています。shure掛け初心者としてはこれは非常にありがたいです。

【高音の音質】
全く刺さりのない、優しくて綺麗な高音です。さすがAKGと言ったところでしょうか。どんな音楽でもそれっぽく鳴らしてくれます。

【低音の音質】
若干量感多めですが、音楽を邪魔するようなブイブイとした低音は出ません。楽しさと綺麗さが非常に高いクオリティで両立されています。この低音がこの機種の一番の魅力だと思います。

【フィット感】
フィット感自体は非常に良好なのですが、耳の最適な位置に装着するになかなか苦労します。失敗するとせっかくの低音がスッカスカのものになってしまいます。N40を試聴した際にあまりにも低音が少なすぎると感じたのならば、イヤーピースや本体が耳に合ってない可能性が高いと思います。

【外音遮断性】
shure掛け機種にしては良くはないですね。外の音を気にされる方はちょっと耐えられないかもしれません。

【音漏れ防止】
こちらは多くのカナル型イヤホン同様、良好です。とは言っても爆音で聞くと普通に漏れますので、節度を持って。

【携帯性】
ケーブルは柔らかく、扱いやすいです。付属のケースは小さめなので、収納する際には結構ギュウギュウに詰め込むことになります。気になる方は大型のケースを購入するといいと思います。
また、shure掛け機の宿命か、本体付近のケーブルが絡まると、長時間ケーブルと格闘する羽目に遭います。

【総評】
音だけを見るのであれば、この価格帯で迷ったらとりあえずN40かSONYのN3にすれば後悔はしないだろう、と言えるほどの超優等生タイプのイヤホンです。明確な欠点は遮音性の低さぐらいでしょうか。
また、付属の3種類のフィルターで比較的手軽に音を変化させることが出来ますし、AKG公式の2.5mmバランスケーブルも出ていたりと、自分好みのイヤホンにしていく楽しみが味わえる機種です。


(2018/1/20追記)
イヤーピースを茶楽音人のSpinfitの01に交換したところ、上記の装着位置の問題が解決いたしました。スポッといい感じに耳穴にはまります。
この問題に悩まされている方はイヤーピースの交換を試してみるのも一興かと。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった7人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン3
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性3
音漏れ防止5
携帯性4
なんでも綺麗に聴かせてくれる、高クオリティーイヤホン

【デザイン】
小型の筐体にBAとダイナミックドライバーが上手く収まっています。しかし、ハウジングに施されたメッキは正直言ってチープで、表面のAKGロゴもなんだかのっぺりしています。デザイン買いするようなものではないですね。個人的にはN30のような黒カラーが欲しかったです。
地味な評価点ですが、耳に装着する際に、ケーブルを耳にかける角度を一目で把握できるように、ケーブルと本体それぞれにマーキングが施されています。shure掛け初心者としてはこれは非常にありがたいです。

【高音の音質】
全く刺さりのない、優しくて綺麗な高音です。さすがAKGと言ったところでしょうか。どんな音楽でもそれっぽく鳴らしてくれます。

【低音の音質】
若干量感多めですが、音楽を邪魔するようなブイブイとした低音は出ません。楽しさと綺麗さが非常に高いクオリティで両立されています。この低音がこの機種の一番の魅力だと思います。

【フィット感】
フィット感自体は非常に良好なのですが、耳の最適な位置に装着するになかなか苦労します。失敗するとせっかくの低音がスッカスカのものになってしまいます。N40を試聴した際に低音が少なすぎると感じたのならば、筐体が耳に合ってない可能性が高いと思います。

【外音遮断性】
shure掛け機種にしては良くはないですね。外の音を気にされる方はちょっと耐えられないかもしれません。

【音漏れ防止】
こちらは多くのカナル型イヤホン同様、良好です。とは言っても爆音で聞くと普通に漏れますので、節度を持って。

【携帯性】
ケーブルは柔らかく、扱いやすいです。付属のケースは小さめなので、収納する際には結構ギュウギュウに詰め込むことになります。気になる方は大型のケースを購入するといいと思います。
また、shure掛け機の宿命か、本体付近のケーブルが絡まると、長時間ケーブルと格闘する羽目に遭います。

【総評】
音だけを見るのであれば、この価格帯で迷ったらとりあえずN40かSONYのN3にすれば後悔はしないだろう、と言えるほどの超優等生タイプのイヤホンです。明確な欠点は遮音性の低さぐらいでしょうか。
また、付属の3種類のフィルターで比較的手軽に音を変化させることが出来ますし、AKG公式の2.5mmバランスケーブルも出ていたりと、自分好みのイヤホンにしていく楽しみが味わえる機種です。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった3

 
 
 
 
 
 

「N40」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
ハイブリッド型の良い例。  5 2019年5月1日 08:29
期待以上の音!!  5 2019年2月25日 23:49
これ以上のイヤホンは恐ろしい。  5 2019年1月9日 00:17
自然な音で聴かせる万能機  5 2018年9月4日 19:40
純正バランスでさらにレベルアップ  5 2018年4月5日 20:38
「原石」ではない パッケージング完成度が極めて高い  5 2018年3月30日 09:22
N40の可能性は無限大!  5 2018年3月21日 18:06
なんでも綺麗に聴かせてくれる、高クオリティーイヤホン  5 2018年1月20日 16:07
絶妙なバランスのハイブリッド型  5 2017年12月26日 03:13
及第点  4 2017年12月1日 13:49

N40のレビューを見る(レビュアー数:26人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

N40
AKG

N40

最安価格(税込):¥28,390発売日:2016年 8月上旬 価格.comの安さの理由は?

N40をお気に入り製品に追加する <172

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホン・イヤホン]

ヘッドホン・イヤホンの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意