『使うほどに手に馴染む、愉しいカメラ。』 富士フイルム FUJIFILM X-T2 ボディ otamaGさんのレビュー・評価

2016年 9月 8日 発売

FUJIFILM X-T2 ボディ

  • 起動時間0.3秒などの高速レスポンス性能、最短0.06秒の高精度AF性能などを実現したミラーレス一眼カメラ。
  • 独自の「X-Trans CMOS III」センサーと80年以上蓄積した色再現技術で、シリーズ最高画質を実現(※発売時点)。
  • 小型軽量ボディと、防塵・防滴・耐低温-10度のタフネス性能により、厳しい環境下で快適な動体撮影が可能。
FUJIFILM X-T2 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥79,800

(前週価格なし) 価格推移グラフ

中古
最安価格(税込):
¥50,800 (58製品)


価格帯:¥79,800¥79,800 (1店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:ミラーレス 画素数:2430万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.6mm×15.6mm/CMOSIII 重量:457g FUJIFILM X-T2 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

FUJIFILM X-T2 ボディ の後に発売された製品FUJIFILM X-T2 ボディとFUJIFILM X-T3 ボディを比較する

FUJIFILM X-T3 ボディ
FUJIFILM X-T3 ボディFUJIFILM X-T3 ボディ

FUJIFILM X-T3 ボディ

最安価格(税込): ¥108,999 発売日:2018年 9月20日

タイプ:ミラーレス 画素数:2610万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.6mm/CMOS4 重量:489g
 
  • FUJIFILM X-T2 ボディの価格比較
  • FUJIFILM X-T2 ボディの中古価格比較
  • FUJIFILM X-T2 ボディの買取価格
  • FUJIFILM X-T2 ボディの店頭購入
  • FUJIFILM X-T2 ボディのスペック・仕様
  • FUJIFILM X-T2 ボディの純正オプション
  • FUJIFILM X-T2 ボディのレビュー
  • FUJIFILM X-T2 ボディのクチコミ
  • FUJIFILM X-T2 ボディの画像・動画
  • FUJIFILM X-T2 ボディのピックアップリスト
  • FUJIFILM X-T2 ボディのオークション

FUJIFILM X-T2 ボディ富士フイルム

最安価格(税込):¥79,800 (前週価格なし) 発売日:2016年 9月 8日

  • FUJIFILM X-T2 ボディの価格比較
  • FUJIFILM X-T2 ボディの中古価格比較
  • FUJIFILM X-T2 ボディの買取価格
  • FUJIFILM X-T2 ボディの店頭購入
  • FUJIFILM X-T2 ボディのスペック・仕様
  • FUJIFILM X-T2 ボディの純正オプション
  • FUJIFILM X-T2 ボディのレビュー
  • FUJIFILM X-T2 ボディのクチコミ
  • FUJIFILM X-T2 ボディの画像・動画
  • FUJIFILM X-T2 ボディのピックアップリスト
  • FUJIFILM X-T2 ボディのオークション

『使うほどに手に馴染む、愉しいカメラ。』 otamaGさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

FUJIFILM X-T2 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

otamaGさん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:202人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
9件
38件
デジタル一眼カメラ
7件
29件
カメラその他
0件
17件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー2
携帯性3
機能性5
液晶5
ホールド感2
使うほどに手に馴染む、愉しいカメラ。

ずっとEOSを使っていながら、X-E3の魅力にハマった私が、ハマったついでに買ったフォクトレンダー NOKTON classic 35mm F1.4にまたハマり、X-E3をVMマウント専用にしようと思い立って、X-E3に代わる主力機にするつもりで買ったのが、本機です。
既にX-T3が出ていましたが、私の要求仕様としては、X-T2でまったく不足なく、スペック的にはX-T20でも足りたのですが、アイカップの浅さゆえの窮屈な撮影ポジションがNG(ここはX-T30になっても改善されてませんでした…)で、購入にあたってはほぼX-T2一択でした。

【デザイン】
軍艦部にダイヤル類が並び、「怒り肩」なスタイルです。EOSは「撫で肩」なので余計そう見えます。慣れもあってどちらかと言えばEOSのスタイルの方が好みですが、すっかり馴染みました。「X-T2」のロゴは、大好きな映画「ターミネーター2」を彷彿とさせ、たいへん気に入ってます。私は製造国はあまり気にしませんが、それでも「MADE IN JAPAN」の標記は誇らしく感じます。
【画質】
基本的にX-E3と同じで、たいへん気に入ってます。フィルムシミュレーションの魅力が大きく、画質面ではフルサイズの必要性を感じません。
【操作性】
ダイヤルを基調としたアナログ的な操作系で、視覚的なわかりやすさも含め、慣れるととても使いやすいです。フォーカスレバーの使いやすさも特筆ものです。ファンクション設定できる物理ボタンは結構多いですが、ボタンが少ないX-E3と併用するので、持ち替えても戸惑わないよう全部に割り当てるのは控えてます。
【バッテリー】
持ちは良くないですが、X-E3と共通で、2台一緒に持ち出すことはまずないので、予備バッテリー代わりに共用してます。
【携帯性】
APS-Cミラーレスとしては大きめで、メタルハンドグリップを付けると、フルサイズのα7IIと同等以上の大きさになります。EOS 80Dよりは小さく、機能を考えると許容すべき範囲ではあろうかと。XF18-135mmF3.5-5.6を付けて、think TANK Photoのデジタル ホルスター20に入れて持ち歩きます。ホルスタータイプのカメラバッグも欲しかったので、満を持しての購入ではありましたが、改めて見ると、このデジタル ホルスター20、ミラーレスに使うには結構デカいです。
【機能性】
防塵防滴機能は、WR仕様の純正レンズと組み合わせれば、急な雨でも慌てずに済む安心感があります。ミニジャックを備えているので、リモートレリーズに安価なキヤノンRS-60E3が使えるのが地味に嬉しいところ。
【液晶】
3方向チルト液晶は極めて使いやすく邪魔にならず、いつの間にかすっかりバリアングル嫌いになった私にとっては最高です。もちろん見え方も問題なし。
【ホールド感】
Xシステムのミラーレスは、X-H1以外はどれもボディ単体でのホールド感は良くないです。X-E3にメタルハンドグリップを付けて非常に気に入ったので、X-T2は初めからグリップありきで買いました。大きくはなりますが、XF18-135mmを付けたときのバランスは良好です。というわけで、グリップ付きなら評価は「5」ですが、ボディ単体ですと評価はこうなります。なお、私はクイックリリースをアルカスイス互換のものに統一しているので、 そのプレートとして使えるメタルハンドグリップはたいへん便利です。
【総評】
主力機にするつもりと言いながら、X-E3の使用頻度がさほど落ちず(コンパクトな純正単焦点はやっぱりX-E3で使いたい)、X-T2はXF18-135mmと組み合わせて使う撮り鉄がメインになってますが、使い勝手は実に快適です。アナログでシンプルな操作系は使うほどに手に馴染み、撮る愉しみを味合わせてくれます。


2019. 7.28追記

昨年末に購入して以来、気に入って使ってましたが、結局、XF18-135mmもろとも売却してしまいました。使い勝手はとても良く、写りも気に入っていましたが、グリップ付きボディ+レンズで1kgを超える機材を取り回すのがだんだんツラくなってきて、撮影地からの帰途、撮りたいと思っても、重くてバッグから取り出す気にもならないというのは、致命的だと思いました。で、α6400高倍率ズームキット(こちらは700g余り)に切り替えることに。X-T2自体は手元に残しておきたく、かなり躊躇しましたが、純正単焦点だけならX-E3で充分、と言うよりX-E3を使いたいので、カメラは使ってナンボと割り切ることに。残念ではありますが。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
その他

参考になった18人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー2
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感2
使うほどに手に馴染む、愉しいカメラ。

ずっとEOSを使っていながら、X-E3の魅力にハマった私が、ハマったついでに買ったフォクトレンダー NOKTON classic 35mm F1.4にまたハマり、X-E3をVMマウント専用にしようと思い立って、X-E3に代わる主力機にするつもりで買ったのが、本機です。
既にX-T3が出ていましたが、私の要求仕様としては、X-T2でまったく不足なく、スペック的にはX-T20でも足りたのですが、アイカップの浅さゆえの窮屈な撮影ポジションがNG(ここはX-T30になっても改善されてませんでした…)で、購入にあたってはほぼX-T2一択でした。

【デザイン】
軍艦部にダイヤル類が並び、「怒り肩」なスタイルです。EOSは「撫で肩」なので余計そう見えます。慣れもあってどちらかと言えばEOSのスタイルの方が好みですが、すっかり馴染みました(最近α7IIを買いましたが、こちらはどうも馴染めない…)。「X-T2」のロゴは、大好きな映画「ターミネーター2」を彷彿とさせ、たいへん気に入ってます。私は製造国はあまり気にしませんが、それでも「MADE IN JAPAN」の標記は誇らしく感じます。
【画質】
基本的にX-E3と同じで、たいへん気に入ってます。フィルムシミュレーションの魅力が大きく、画質面ではフルサイズの必要性を感じません。
【操作性】
ダイヤルを基調としたアナログ的な操作系で、視覚的なわかりやすさも含め、慣れるととても使いやすいです。フォーカスレバーの使いやすさも特筆ものです。ファンクション設定できる物理ボタンは結構多いですが、ボタンが少ないX-E3と併用するので、持ち替えても戸惑わないよう全部に割り当てるのは控えてます。
【バッテリー】
持ちは良くないですが、X-E3と共通で、2台一緒に持ち出すことはまずないので、予備バッテリー代わりに共用してます。
【携帯性】
APS-Cミラーレスとしては大きめで、メタルハンドグリップを付けると、フルサイズのα7IIと同等以上の大きさになります。EOS 80Dよりは小さく、機能を考えると充分許容範囲です。XF18-135mmF3.5-5.6を付けて、think TANK Photoのデジタル ホルスター20に入れて持ち歩きます。実は、ホルスタータイプのカメラバッグもずっと欲しいと思っていて、ホルスタータイプにふさわしいカメラ+レンズにようやく巡り会えたと、妙な感慨にひたってます。
【機能性】
防塵防滴機能は、WR仕様の純正レンズと組み合わせれば、急な雨でも慌てずに済む安心感があります。ミニジャックを備えているので、リモートレリーズに安価なキヤノンRS-60E3が使えるのが地味に嬉しいところ。
【液晶】
3方向チルト液晶は極めて使いやすく邪魔にならず、いつの間にかすっかりバリアングル嫌いになった私にとっては最高です。もちろん見え方も問題なし。
【ホールド感】
Xシステムのミラーレスは、X-H1以外はどれもボディ単体でのホールド感は良くないです。X-E3にメタルハンドグリップを付けて非常に気に入ったので、X-T2は初めからグリップありきで買いました。少々大きくはなりますが、XF18-135mmを付けたときのバランスは極めて良好です。というわけで、グリップ付きなら評価は「5」ですが、ボディ単体ですと評価はこうなります。なお、私はクイックリリースをアルカスイス互換のものに統一しているので、 そのプレートとして使えるメタルハンドグリップはたいへん便利です。
【総評】
主力機にするつもりと言いながら、X-E3の使用頻度がさほど落ちず(コンパクトな純正単焦点はやっぱりX-E3で使いたい)、X-T2はXF18-135mmと組み合わせて使う撮り鉄がメインになってますが、使い勝手は実に快適です。アナログでシンプルな操作系は使うほどに手に馴染み、撮る愉しみを味合わせてくれます。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
その他

参考になった7

 
 
 
 
 
 

「FUJIFILM X-T2 ボディ」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

FUJIFILM X-T2 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

FUJIFILM X-T2 ボディ
富士フイルム

FUJIFILM X-T2 ボディ

最安価格(税込):¥79,800発売日:2016年 9月 8日 価格.comの安さの理由は?

FUJIFILM X-T2 ボディをお気に入り製品に追加する <831

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
monoka
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意