ポルシェ パナメーラ 2017年モデル ターボ(2017年4月13日発売)レビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ポルシェ > パナメーラ 2017年モデル

パナメーラ 2017年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデルまたはグレードの指定がないレビューを見る場合、それぞれの絞り込みを解除してください。

選択中のモデル:パナメーラ 2017年モデル 絞り込みを解除する

選択中のグレード:ターボ 絞り込みを解除する

満足度:4.00
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:3人 (試乗:2人)
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.00 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.00 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.67 4.13 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.00 4.21 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.67 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 3.67 3.89 -位
価格 総合的な価格の妥当性 2.67 3.88 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

パナメーラ 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:88件
  • 累計支持数:2226人
  • ファン数:13人
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地4
燃費2
価格2

ポルシェって、そんなに凄いのか?
自分には凄いポルシェとそうでは無いポルシェが存在する。
SUVは別として4ドアサルーンのパナメーラは自分にとって後者であるが・・・

試したパナメーラターボは多くのドイツ車のハイパーサルーン同様4WD。
動き出した途端に感じるのは、その何とも言えない巨体感。
全幅1937mmと言う数値もあるが、人馬一体感は微塵も無い。
同じ事は2ヶ月前に乗ったM5でも感じた。重心の高さも感じる。
そして、これまた同様に感じたのがフロントのグリップの低さ。
それが原因でコーナリング中にフロントが逃げる。
タイヤがPゼロだから?
試乗車にはオプションの4WSがついているから?
BMWは通常の5や6シリーズには4WSが標準であるが、MモデルにはOPでも設定はない。
と言うことは、4WDだから?

蘊蓄はどうでもいいけど、つまり運転していて楽しくない。
帰宅して911に乗ると楽しい。
その理由は様々あるが、今時OP付けなければLEDのヘッドライトもステアリングに何のスイッチもついていない911は楽しい。
R35の方が速いし、スペック考えれば断然お得だが。

ネットの試乗記を読むと911に共通するものがあるとか!
流石ポルシェだとか!
ニュルが7分38秒は凄いとか!

だけど、結局は2トンオーバーの普通のセダン。
日本でこの車でサーキット走る人もいないし、そんな環境も用意されない。

そして思うのだが、何で普通のセダンに今時自動ブレーキがOPでも用意されない?
(\50万のトラフィックジャム付きのACCを付けた場合は、時代遅れの衝突軽減ブレーキが用意される)
セールス曰くポルシェたるもの、自動ブレーキなんぞと平気で言う。
そのポルシェたるものは911のことであって、パナメーラでもマカンでもカイエンでもないと自分は思っている。
ポルシェのブランドは911が築いたものだ。

現行のパナメーラは売れているとは言い難い。
リセールもポルシェにしては悪い。
特にパナメーラターボはオークションに出てくる玉が少なく根の付けようがない。

ポルシェたるものと言うのなら、操作系は0点に近い。
物理的なボタンを廃したのはいいが、使いづらいことこの上ない。
ポルシェのすることではない。
メルセデスが不格好な横長のモニターを採用したのと同様に単純にコストの問題。

それにしてもタイヤがPゼロか?
ミシュランのスーパースポーツが品薄になった時に他社のハイパーサルーンもPゼロがついてくることがあった。
でも、今はスーパースポーツより上の4Sになっている。
コンチのスポコン6とかの場合もある。
パナメーラはミシュランの場合も4Sでなく単なる4がついてくる。

ターボではないが4Sだとメルセデス同様にハンコックの場合もあるという。

結局、ポルシェは特別じゃなくメルセデスやBMWと同じ。
コスト重視。
メルセデスやBMWと違い、タイヤにポルシェマークが無いと入庫お断りが基本。
だからこそ最初についてくるタイヤは重要であり、Pゼロとミシュランの4Sで雲泥の差で体感にも差がつく筈で、ポルシェなら何でも許される筈もない。

この車で唯一感心したのは、PDKの出来。
911も同じだが、BMWのMモデルのDCTより相当頭が良い。
ただBMWもX1の3気筒1.5LガソリンのDCTは見違える出来になった。
中身はアウディのRS7と同等ながら、パナメーラはツインクラッチ。
そこだけにポルシェをみた。

M5と比べるなという声が聞こえてきそうだが、¥1,700万のM5と同等の装備にする場合は\400万のOPが必要で\2,800万なり。
やっぱり、4Sで十分?
いやGTSが出てくるまで待つべきだと思った。

レビュー対象車
試乗

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

パナメーラ 2017年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

パナメーラ
ポルシェ

パナメーラ

新車価格帯:2493万円

中古車価格帯:1540〜2150万円

パナメーラ 2017年モデルをお気に入り製品に追加する <21

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意