『先代から大きく進化!!!・・・ しかし画質は退化?』 SONY FDR-X3000R maria foriaさんのレビュー・評価

2016年 6月24日 発売

FDR-X3000R

  • 激しいブレも抑えて撮影できる「空間光学ブレ補正」機能を搭載し、ハイスピード撮影時のブレ補正にも対応する4Kアクションカメラ。
  • 解像力・コントラスト・色再現性にすぐれた「ZEISSテッサーレンズ」を搭載。画面周辺部の歪みを軽減した自然な映像を実現する。
  • 腕に装着できるベルトや、三脚ネジ穴対応のマウントアダプターを同梱。小型ライブビューリモコンでカメラを離れた位置から操作できる。
FDR-X3000R 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:アクションカメラ 画質:4K 撮影時間:50分 本体重量:89g 撮像素子:CMOS 1/2.5型 動画有効画素数:818万画素 FDR-X3000Rのスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • FDR-X3000Rの価格比較
  • FDR-X3000Rの店頭購入
  • FDR-X3000Rのスペック・仕様
  • FDR-X3000Rのレビュー
  • FDR-X3000Rのクチコミ
  • FDR-X3000Rの画像・動画
  • FDR-X3000Rのピックアップリスト
  • FDR-X3000Rのオークション

FDR-X3000RSONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年 6月24日

  • FDR-X3000Rの価格比較
  • FDR-X3000Rの店頭購入
  • FDR-X3000Rのスペック・仕様
  • FDR-X3000Rのレビュー
  • FDR-X3000Rのクチコミ
  • FDR-X3000Rの画像・動画
  • FDR-X3000Rのピックアップリスト
  • FDR-X3000Rのオークション

『先代から大きく進化!!!・・・ しかし画質は退化?』 maria foriaさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

FDR-X3000Rのレビューを書く

maria foriaさん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:310人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
68件
自動車(本体)
2件
62件
デジタルカメラ
2件
29件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性3
機能性5
バッテリー4
携帯性5
液晶3
音質4
先代から大きく進化!!!・・・ しかし画質は退化?
機種不明X3000 X1000V 画像結合a
機種不明X3000 X1000V 画像結合b
機種不明X3000 X1000V 画像結合c

X3000 X1000V 画像結合a

X3000 X1000V 画像結合b

X3000 X1000V 画像結合c

機種不明X3000 X1000V 画像結合d
機種不明X3000 X1000V 画像結合e
機種不明X3000 X1000V 画像結合f

X3000 X1000V 画像結合d

X3000 X1000V 画像結合e

X3000 X1000V 画像結合f

先代モデルのX1000Vも持っていたのですが、X3000が発表されて
「空間光学ブレ補正」と画面の歪みが大きく減った点、新型リモコン、
本体デザイン、面白そうなフィンガーグリップ等、
魅力が大幅アップした事で購入しました。
購入して2週間ですが、使ってみて進化の具合や気になった点等を
X1000Vと比較しながらレビュー致します。

今回モデルから空間光学ブレ補正を入れてきたと言う事で先代までの
電子式ブレ補正と比較してどの程度ブレ補正力が上がっているのかですが、
次元が違うレベルと言っていい位進化しています。
ジンバルに匹敵とまではいきませんが、これまでジンバルを使って
手ブレ対策をしていた人も、もうジンバルは必要無いと感じる人が
多いと思います。

恥ずかしながら先日X1000Vとの比較動画を撮影してきましたので
ブレの違いをご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=Zx9JSDQmZ-Q

4K撮影ではX1000Vは電子式ブレ補正も効かないのでX3000との比較は
誰の目にも明らかな位補正力の違いが出ます。
但し、フルHDでの比較の場合、X1000Vは電子式ブレ補正が働きますので
4K比較程の差は出ませんがやっぱり空間光学式ブレ補正の威力は絶大です。
それと新センサー、新レンズのおかげで画面端の歪みが
大幅に改善されています。

X1000Vを1年間使いましたが、9割以上はフルHDを使っていたのですが4Kを
使いたくならなかった大きな理由が4点ありました。
@手振れが効かないので大画面TVだと映像に酔う。
A画面の歪みが激しいので映像にリアリティが無い。
B4K30PよりフルHD60Pの方が動きがスムーズで生々しい。
C4Kはファイルサイズが膨大で管理が大変。

BとCはカメラ本体の問題と言うより、現状どうしようもない問題なので仕方が
無いとして@とAが一気に解決出来たのでX1000Vでは「オマケ」的なイメージが
強かった4KがX3000ではようやく実用的に使えるレベルまで来た感じがします。

と、ここまでは映像面での喜ばしい進化ばかりなのですが
画質的に想定外な結果もありました。
比較動画から静止画を切り出し何パターンか静止画の観点から
比較してみたのですが
総合的に判断して先代X1000Vの方がクッキリハッキリ解像感があります。
X1000VとX3000との左右結合写真を添付致します。
X1000Vが左半分、X3000が右半分です。

2機の違いとしてはX1000Vの方がシャープネスが強めでコントラストも強め
のようで、コレはセンサーのチューニングの問題なのかX1000V等の
過去モデルでの画面の歪みを修正したが為の副作用なのか判りません。
映像に映る遠方の風景もX1000VはX3000よりハッキリ映りますが
X3000はボヤケぎみの事が多いようです。

ただ今回の比較ではX1000Vはオプションのレンズプロテクターは
していませんが、X3000の方はMCプロテクターを装着していますので
若干その差が出たかもしれません。

それと比較して感じた事はX3000の方が露出が多少アンダーぎみのようです。
検証動画を撮影した後、X3000の露出設定を+0.3EV上げてみたんですが、
以前よりも好印象に感じたのでX3000を使用の際は状況に応じて
露出を+0.3に変更した方が良いように思います。

画質面で細かく見ていくとX1000Vの方が解像感がありますが、
2機の解像感は本当に軽微なので動画、アクションカムとして見た場合は
当然X3000の見やすい映像の方が当然魅力的です。
しかしX3000は新型センサー、新型レンズって事で画質面でも進化してると
思っていたのでそこは正直残念ですね。

そしてX3000の新型センサーは画素ピッチが1.6倍拡大した事で1画素あたりの
受光面積が広がって暗所撮影に有利とか言う事も言われていますが
実感としては全くそんな事はありませんでした。
X1000Vが勝ってるとは言いませんが2機共同等って印象で暗所には弱いです。
この辺はセンサーサイズも小さいので裏面照射センサーにでもならなければ
改善は難しいでしょうね。

映像面でのレビューはこの位にして使い勝手等ですが、
明らかな不満点が一点あります。
ライブビューリモコンに映し出される映像が数秒周期で固まります。
止まってる時間はほんの1秒程度ですが、コレはX1000Vには
見られなかった現象です。
ファームアップ等での改善を強く希望します。

他は現在大きな不満は無く、多くの点は大満足です。
オプションのフィンガーグリップはライブビューリモコンと合体して文字通り
指だけで持って操作出来て、ミニハンディカムとして使えて
大変便利で面白いオプションです。
ライブビューリモコン付きを購入される方には超おススメのオプションです。
但し、フィンガーグリップを付けると三脚穴が塞がれてしまいます。
しかしフィンガーグリップ側に穴を開ければ三脚穴が使えそうなので、近いうちに
プラモ用ピンバイスで穴を開けようかと思っています。
実行される方は自己責任でお願いします。

現在多くのウェアラブルカメラが発売されていますが、自信を持って
現状お勧め出来る商品としてAS300、X3000を断トツにお勧め致します。



比較製品
SONY > FDR-X1000VR
撮影シーン
パーティ・イベント
スナップ撮影
その他

参考になった32人(再レビュー後:31人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質4
操作性3
機能性5
バッテリー4
携帯性5
液晶3
音質4
先代から大きく進化!!!・・・ しかし画質は退化?

先代モデルのX1000Vも持っていたのですが、X3000が発表されて
「空間光学ブレ補正」と画面の歪みが大きく減った点、新型リモコン、
本体デザイン、面白そうなフィンガーグリップ等、
魅力が大幅アップした事で購入しました。
購入して2週間ですが、使ってみて進化の具合や気になった点等を
X1000Vと比較しながらレビュー致します。

今回モデルから空間光学ブレ補正を入れてきたと言う事で先代までの
電子式ブレ補正と比較してどの程度ブレ補正力が上がっているのかですが、
次元が違うレベルと言っていい位進化しています。
ジンバルに匹敵とまではいきませんが、これまでジンバルを使って
手ブレ対策をしていた人も、もうジンバルは必要無いと感じる人が
多いと思います。

恥ずかしながら先日X1000Vとの比較動画を撮影してきましたので
ブレの違いをご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=Zx9JSDQmZ-Q

4K撮影ではX1000Vは電子式ブレ補正も効かないのでX3000との比較は
誰の目にも明らかな位補正力の違いが出ます。
但し、フルHDでの比較の場合、X1000Vは電子式ブレ補正が働きますので
4K比較程の差は出ませんがやっぱり空間光学式ブレ補正の威力は絶大です。
それと新センサー、新レンズのおかげで画面端の歪みが
大幅に改善されています。

X1000Vを1年間使いましたが、9割以上はフルHDをつかっていたのですが4Kを
使いたくならなかった大きな理由が4点ありました。
@手振れが効かないので大画面TVだと映像に酔う。
A画面の歪みが激しいので映像にリアリティが無い。
B4K30PよりフルHD60Pの方が動きがスムーズで生々しい。
C4Kはファイルサイズが膨大で管理が大変。

BとCはカメラ本体の問題と言うより、現状どうしようもない問題なので仕方が
無いとして@とAが一気に解決出来たのでX1000Vでは「オマケ」的なイメージが
強かった4KがX3000ではようやく実用的に使えるレベルまで来た感じがします。

と、ここまでは映像面での喜ばしい進化ばかりなのですが
画質的に想定外な結果もありました。
比較動画から静止画を切り出し何パターンか静止画の観点から
比較してみたのですが
総合的に判断して先代X1000Vの方がクッキリハッキリ解像感があります。
X1000VとX3000との左右結合写真を添付致します。
X1000Vが左半分、X3000が右半分です。

2機の違いとしてはX1000Vの方がシャープネスが強めでコントラストも強め
のようで、コレはセンサーのチューニングの問題なのかX1000V等の
過去モデルでの画面の歪みを修正したが為の副作用なのか判りません。
映像に映る遠方の風景もX1000VはX3000よりハッキリ映りますが
X3000はボヤケぎみの事が多いようです。

ただ今回の比較ではX1000Vはオプションのレンズプロテクターは
していませんが、X3000の方はMCプロテクターを装着していますので
若干その差が出たかもしれません。

それと比較して感じた事はX3000の方が露出が多少アンダーぎみのようです。
検証動画を撮影した後、X3000の露出設定を+0.3EV上げてみたんですが、
以前よりも好印象に感じたのでX3000を使用の際は状況に応じて
露出を+0.3に変更した方が良いように思います。

画質面で細かく見ていくとX1000Vの方が解像感がありますが、
2機の解像感は本当に軽微なので動画、アクションカムとして見た場合は
当然X3000の見やすい映像の方が当然魅力的です。
しかしX3000は新型センサー、新型レンズって事で画質面でも進化してると
思っていたのでそこは正直残念ですね。

そしてX3000の新型センサーは画素ピッチが1.6倍拡大した事で1画素あたりの
受光面積が広がって暗所撮影に有利とか言う事も言われていますが
実感としては全くそんな事はありませんでした。
X1000Vが勝ってるとは言いませんが2機共同等って印象で暗所には弱いです。
この辺はセンサーサイズも小さいので裏面照射センサーにでもならなければ
改善は難しいでしょうね。

映像面でのレビューはこの位にして使い勝手等ですが、
明らかな不満点が一点あります。
ライブビューリモコンに映し出される映像が数秒周期で固まります。
止まってる時間はほんの1秒程度ですが、コレはX1000Vには
見られなかった現象です。
ファームアップ等での改善を強く希望します。

他は現在大きな不満は無く、多くの点は大満足です。
オプションのフィンガーグリップはライブビューリモコンと合体して文字通り
指だけで持って操作出来て、ミニハンディカムとして使えて
大変便利で面白いオプションです。
ライブビューリモコン付きを購入される方には超おススメのオプションです。
但し、フィンガーグリップを付けると三脚穴が塞がれてしまいます。
しかしフィンガーグリップ側に穴を開ければ三脚穴が使えそうなので、近いうちに
プラモ用ピンバイスで穴を開けようかと思っています。
実行される方は自己責任でお願いします。

現在多くのウェアラブルカメラが発売されていますが、自信を持って
現状お勧め出来る商品としてAS300、X3000を断トツにお勧め致します。



比較製品
SONY > FDR-X1000VR
撮影シーン
パーティ・イベント
スナップ撮影
その他

参考になった0

満足度5
デザイン5
画質4
操作性3
機能性4
バッテリー4
携帯性5
液晶3
音質4
先代から大きく進化!!!・・・ しかし画質は退化?
機種不明X3000 vs X1000V 画像結合a
機種不明X3000 vs X1000V 画像結合b
機種不明X3000 vs X1000V 画像結合c

X3000 vs X1000V 画像結合a

X3000 vs X1000V 画像結合b

X3000 vs X1000V 画像結合c

機種不明X3000 vs X1000V 画像結合d
機種不明X3000 vs X1000V 画像結合e
機種不明X3000 vs X1000V 画像結合f

X3000 vs X1000V 画像結合d

X3000 vs X1000V 画像結合e

X3000 vs X1000V 画像結合f

先代モデルのX1000Vも持っていたのですが、X3000が発表されて
「空間光学ブレ補正」と画面の歪みが大きく減った点、新型リモコン、
本体デザイン、面白そうなフィンガーグリップ等、
魅力が大幅アップした事で購入しました。
購入して2週間ですが、使ってみて進化の具合や気になった点等を
X1000Vと比較しながらレビュー致します。

今回モデルから空間光学ブレ補正を入れてきたと言う事で先代までの
電子式ブレ補正と比較してどの程度ブレ補正力が上がっているのかですが、
次元が違うレベルと言っていい位進化しています。
ジンバルに匹敵とまではいきませんが、これまでジンバルを使って
手ブレ対策をしていた人も、もうジンバルは必要無いと感じる人が
多いと思います。

恥ずかしながら先日X1000Vとの比較動画を撮影してきましたので
ブレの違いをご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=Zx9JSDQmZ-Q

4K撮影ではX1000Vは電子式ブレ補正も効かないのでX3000との比較は
誰の目にも明らかな位補正力の違いが出ます。
但し、フルHDでの比較の場合、X1000Vは電子式ブレ補正が働きますので
4K比較程の差は出ませんがやっぱり空間光学式ブレ補正の威力は絶大です。
それと新センサー、新レンズのおかげで画面端の歪みが
大幅に改善されています。

X1000Vを1年間使いましたが、9割以上はフルHDをつかっていたのですが4Kを
使いたくならなかった大きな理由が4点ありました。
@手振れが効かないので大画面TVだと映像に酔う。
A画面の歪みが激しいので映像にリアリティが無い。
B4K30PよりフルHD60Pの方が動きがスムーズで生々しい。
C4Kはファイルサイズが膨大で管理が大変。

BとCはカメラ本体の問題と言うより、現状どうしようもない問題なので仕方が
無いとして@とAが一気に解決出来たのでX1000Vでは「オマケ」的なイメージが
強かった4KがX3000ではようやく実用的に使えるレベルまで来た感じがします。

と、ここまでは映像面での喜ばしい進化ばかりなのですが
画質的に想定外な結果もありました。
比較動画から静止画を切り出し何パターンか静止画の観点から
比較してみたのですが
総合的に判断して先代X1000Vの方がクッキリハッキリ解像感があります。
X1000VとX3000との左右結合写真を添付致します。
X1000Vが左半分、X3000が右半分です。

2機の違いとしてはX1000Vの方がハイライトがクッキリ出ていて映像に
メリハリがある印象でX3000は遠くの被写体ほどボケが
大きくなってる感じがします。
ただ今回の比較ではX1000Vはオプションのレンズプロテクターは
していませんが、X3000の方はMCプロテクターを装着していますので
若干その差が出たかもしれません。
それと比較して感じた事はX3000の方が1〜2段程露出が低いように感じます。

検証動画を撮影した後、X3000の露出設定を1段上げてみたんですが、
以前よりも好印象に感じたのでX3000を使用の際は露出を+0.3、
あるいは+0.7に変更する事を個人的にはお勧めします。

画質面で細かく見ていくとX1000Vの方が解像感がありますが、
2機の解像感は本当に軽微なので動画、アクションカムとして見た場合は
当然X3000の見やすい映像の方が当然魅力的です。
しかしX3000は新型センサー、新型レンズって事で画質面でも進化してると
思っていたのでそこは正直残念ですね。

そしてX3000の新型センサーは画素ピッチが1.6倍拡大したので暗所撮影に
有利とか言う事も言われていますが実感としては
全くそんな事はありませんでした。
X1000Vが勝ってるとは言いませんが2機共同等って印象で暗所には弱いです。
この辺はセンサーサイズも小さいので裏面照射センサーにでもならなければ
改善は難しいでしょうね。

映像面でのレビューはこの位にして使い勝手等ですが、
明らかな不満点が一点あります。
ライブビューリモコンに映し出される映像が数秒周期で固まります。
止まってる時間はほんの1秒程度ですが、コレはX1000Vには
見られなかった現象です。
ファームアップ等での改善を強く希望します。

他は現在大きな不満は無く、多くの点は大満足です。
オプションのフィンガーグリップはライブビューリモコンと合体して文字通り
指だけで持って操作出来て、ミニハンディカムとして使えて
大変便利で面白いオプションです。
ライブビューリモコン付きを購入される方には超おススメのオプションです。
但し、フィンガーグリップを付けると三脚穴が塞がれてしまいます。
しかしフィンガーグリップ側に穴を開ければ三脚穴が使えそうなので、近いうちに
プラモ用ピンバイスで穴を開けようかと思っています。
実行される方は自己責任でお願いします。

現在多くのウェアラブルカメラが発売されていますが、自信を持って
現状お勧め出来る商品としてAS300、X3000を断トツにお勧め致します。



比較製品
SONY > FDR-X1000VR
撮影シーン
パーティ・イベント
スナップ撮影
その他

参考になった1

 
 
 
 
 
 

「FDR-X3000R」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
生産完了・・・・(TT)  5 2021年2月1日 13:51
古さを感じない十分な機能性です。  4 2021年1月11日 02:32
レベルが高い製品  5 2021年1月5日 16:10
使い易いアクションカム  4 2020年4月25日 17:29
残念なとこが多い  2 2020年3月31日 10:43
スキー撮影で利用  4 2020年1月22日 08:28
家庭用ビデオとしても十分使える  4 2019年4月16日 11:47
形がおしい  4 2018年11月29日 20:53
プレビュー画面が思ったのと違うので  3 2018年4月19日 14:47
総合的にはいい。  4 2017年5月15日 14:59

FDR-X3000Rのレビューを見る(レビュアー数:18人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

FDR-X3000Rのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

FDR-X3000R
SONY

FDR-X3000R

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年 6月24日

FDR-X3000Rをお気に入り製品に追加する <605

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ビデオカメラ)

ご注意