『コスパは高いがまじめに使おうとすると困るところが多い。』 TP-Link TL-SG108E slimyさんのレビュー・評価

TL-SG108E 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥2,899

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥2,899

NTT-X Store

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥2,899¥4,460 (14店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥― (全国4店舗)最寄りのショップ一覧

転送速度:10BASE-T(10Mbps)/100BASE-TX(100Mbps)/1000BASE-T(1000Mbps) ポート数:8 TL-SG108Eのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • TL-SG108Eの価格比較
  • TL-SG108Eの店頭購入
  • TL-SG108Eのスペック・仕様
  • TL-SG108Eのレビュー
  • TL-SG108Eのクチコミ
  • TL-SG108Eの画像・動画
  • TL-SG108Eのピックアップリスト
  • TL-SG108Eのオークション

TL-SG108ETP-Link

最安価格(税込):¥2,899 (前週比:±0 ) 登録日:2016年 6月16日

  • TL-SG108Eの価格比較
  • TL-SG108Eの店頭購入
  • TL-SG108Eのスペック・仕様
  • TL-SG108Eのレビュー
  • TL-SG108Eのクチコミ
  • TL-SG108Eの画像・動画
  • TL-SG108Eのピックアップリスト
  • TL-SG108Eのオークション

『コスパは高いがまじめに使おうとすると困るところが多い。』 slimyさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

TL-SG108Eのレビューを書く

slimyさん

  • レビュー投稿数:70件
  • 累計支持数:531人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
15件
1件
スイッチングハブ(ネットワークハブ)
4件
1件
ハードディスク・HDD(3.5インチ)
3件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン4
機能性4
使いやすさ4
安定性5
コスパは高いがまじめに使おうとすると困るところが多い。

TL-SG105E持ちです。
TL-SG105EはVLANトランクポートが必要な区間に無理やりぶち込むために購入しましたが、今回はまじめに管理することも含めて購入。
VMWare ESXi+ストレージ+PC数台の環境にまじめに組み込みました。
追記:
必ずファームアップしましょう。
VLAN変更時に特定の条件を満たすとPVIDがVLAN1になる、ほぼバグな挙動があるのですが、最新ファームで暗黙のVLAN1は回避できるようになりました。
ただし、ファームアップも意味不明な癖があります。

【デザイン】
Netgearのパクリです。

【機能】
Static VLANとミラーポートは使える。LAGも大体使える。他は使いにくい。
以下、長いので無視してもいいです。

・VLAN
32VLANsまで登録可能です。スタティックでTAG-VLANを組む分には十分かと思いますが、全部GUIからゴリゴリ入力は大変でした。
追記:
untagポートはVLAN設定とPVIDを別々に設定する必要があり、一致しないと当然通信できません。
旧ファームではVLAN変更時にPVIDのVLANから所属を外すと、PVIDがVLAN1に変化してループを起こすことがありました。
ハードウェアV3の場合、TL-SG108E(UN)_V3_20171214にアップデートすると暗黙のVLAN1は回避できるようになりますので、可能な限りVLAN1からは排除しておいたほうがよいかと思います。
新ファームではPVIDが変化する挙動はなくなりました。ただし、全ポートがいずれかのVLANに所属する必要があるようで、所属VLANがなくなるとVLAN1に強制所属となり、さらにVLAN1から削除しようとすると"failed"とだけ出て削除させてくれません。(つまり、trunk allowed vlan noneにはできない)
あと、VLAN1の名前はDefault_VLANという名前でしたが、VLAN名の上限が10文字になったので、名前を変更しないとVLAN1を編集できません。(イミワカラン)

・LAG
Static LAGが2グループ組めます。 (ちなみにTL-SG105Eは1グループまで)
グループの上限は4ポートまで。(下限は2ポート;当たり前)
分散方式は不明。

・QoS
基本アーキテクチャはdiffservを踏襲だと思いますが、分類とマーキングはできません。
プライオリティキューは4段階あって、4が最高、1が最低。キューサイズ不明なうえ、キューあふれ時に低レベルキューがどう処理されるのかもわからないので設計したくてもできません。出力のスケジューリングポリシーも不明。キューごとに25%+ベストエフォートに見えますが、確信はありません。
Port Basedは特殊で、Untagでも処理できそうだけど、どう動くかは不明です。
このスイッチの特性上卓上とかを前提にしていると思うので、ポートベースで電話(最優先)とそれ以外、くらいの使い方にしたほうがよさそうです。

・Bandwidth Control
ポート単位でingress/egress設定が可能。上位でsFlowを取ってみた限りでは、ingressは割とうまく動いていますが、どういうアルゴリズムなのか不明。egressも同じアルゴリズムだと思いますが、ingressと組み合わせると意味不明な挙動(ドロップされるパケットの選択が意味不明)をするので、あんまりおすすめできない。
Ciscoのshapeを雑に実装した感じかな。(Ciscoも十分雑ですが)
QoSと同時設定はできるのですが、どういう動きになるかは不明です。
Storm controlと同時設定は不可能。

・ミラーポート
普通に使えますが、帯域オーバー時にどうなるかは不明。少しバッファリングされている気がする。
真面目に検証はしていませんが、untagポートのキャプチャ時にタグが乗ったり乗らなかったりした気がします。

・管理画面
どのVLANからでも(IP通信ができれば)入れるのはなんでだ。

【安定性】
結局VLANしか使っていませんが、かなり安定していますね。
結構熱くなりますが、今のところ高温とか高負荷でどうとかはないです。室温が少々高温も大丈夫みたいです。
ただ、VLAN編集後にsave画面のダイアログがでないままsave successfulになる挙動があり、これが出るとコンフィグ保存できなくなりました。リロード以外に復旧方法は不明ですが、リロードするとコンフィグが戻るしどうしたもんか。

【その他】
・ファームアップについて
ファームアップを選択すると、WEBインターフェイスがファームアップ専用モード?に移行します。
この画面からPC/スマホにダウンロードして展開したファーム(binファイル)を選択し、アップロードするとファームアップされる仕組みです。
困ったことにファームアップ専用モード?はtrunkポートからは通信不可だったので、untagポートからアクセスできるように環境を準備する必要があります。(旧ファームTL-SG108E(UN)_V3_160722の場合;マネジメントIPにVLAN-IDを指定できない弊害かと。)

参考になった6人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
機能性4
使いやすさ4
安定性5
コスパは高いがまじめに使おうとすると困るところが多い。

TL-SG105E持ちです。
TL-SG105EはVLANトランクポートが必要な区間に無理やりぶち込むために購入しましたが、今回はまじめに管理することも含めて購入。
VMWare ESXi+ストレージ+PC数台の環境にまじめに組み込みました。

【デザイン】
Netgearのパクリです。

【機能】
Static VLANとミラーポートは使える。LAGも大体使える。他は使いにくい。
以下、長いので無視してもいいです。
・VLAN
 32VLANsまで登録可能です。スタティックでTAG-VLANを組む分には十分かと思いますが、全部GUIからゴリゴリ入力は大変でした。
・LAG
 Static LAGが2グループ組めます。 (ちなみにTL-SG105Eは1グループまで)
 グループの上限は4ポートまで。(下限は2ポート;当たり前)
 分散方式が不明。受け側でどう設定すればいいのかよくわからないです。
 Ciscoでいうsrc-dst-macに見えるけど、合っているかは不明。間違ってたらどうなるんだっけ。
・QoS
 ゴミ。これでQoS対応とは、どの口で言っているのやら。
 基本アーキテクチャはdiffservを踏襲だと思いますが、分類とマーキングはできません。
 プライオリティキューは4段階あって、4が最高、1が最低。キューサイズ不明なうえ、キューあふれ時に低レベルキューがどう処理されるのかもわからないので設計したくてもできません。出力のスケジューリングポリシーも不明。キューごとに25%+ベストエフォートに見えますが。
 Port Based→CoS/DSCPは無視。Untagでも処理できそうだけど、どう動くかは不明です。
 802.1P Based→CoSを見て勝手にキューを割り当て。
 DSCP/802.1P Based→DSCP>CoS>port-priorityの優先度でキュー割り当てを実施。
・Bandwidth Control
 ポート単位でingress/egress設定が可能。上位でsFlowを取ってみた限りでは、ingressは割とうまく動いていますが、どういうアルゴリズムなのか不明。egressも同じアルゴリズムだと思いますが、ingressと組み合わせると意味不明な挙動(ドロップされるパケットの選択が意味不明)をするので、あんまりおすすめできない。
 Ciscoのshapeを雑に実装した感じかな。(Ciscoも十分雑ですが)
 QoSと同時設定はできるのですが、どういう動きになるかは不明です。
 Storm controlと同時設定は不可能。
・ミラーポート
 普通に使えますが、帯域オーバー時にどうなるかは不明。少しバッファリングされている気がする。
・管理画面
 どのVLANからでも(IP通信ができれば)入れるのはなんでだ。

【安定性】
結局VLANとミラーポートしか使っていませんが、今のところ高負荷でどうとかはないです。
室温が少々高温も大丈夫みたいです。

参考になった6

「TL-SG108E」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
熱も速度も問題なし  5 2021年9月24日 19:35
コスパは高いがまじめに使おうとすると困るところが多い。  4 2021年8月7日 01:23
昔に比べてずいんぶんと安くなったな。  4 2021年3月5日 12:46
コスパが他製品より高い!  4 2019年7月28日 01:05
日本語表記があれば完璧でした。  5 2017年7月5日 10:23
お買い得です  4 2016年11月20日 17:44

TL-SG108Eのレビューを見る(レビュアー数:6人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

TL-SG108Eのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

TL-SG108E
TP-Link

TL-SG108E

最安価格(税込):¥2,899登録日:2016年 6月16日 価格.comの安さの理由は?

TL-SG108Eをお気に入り製品に追加する <31

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[スイッチングハブ(ネットワークハブ)]

ネットワークハブの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(スイッチングハブ(ネットワークハブ))

ご注意