『DENONから買い替え』 マランツ NR1607 0yuta0さんのレビュー・評価

> > > > > レビュー・評価
2016年 7月中旬 発売

NR1607

  • Dolby Atmos、DTS:Xに対応した7.1ch AVサラウンドレシーバー。HDCP 2.2、HDR、BT.2020、Ultra HD Blu-rayによる4Kコンテンツを高画質で楽しめる。
  • ハイレゾ、DSD対応のネットワークオーディオ機能やAirPlay、インターネットラジオ、Wi-Fi、Bluetoothなどに対応。ワイドFM対応FM/AM チューナーを搭載。
  • フロントUSB入力は5.6MHz DSDファイルの再生も可能。操作はiOS/Android/Kindle Fire対応の「Marantz 2016 AVR Remote」で行える。
NR1607 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥85,000

サラウンドチャンネル:7.1ch HDMI端子入力:8系統 オーディオ入力:3系統 NR1607のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • NR1607の価格比較
  • NR1607の店頭購入
  • NR1607のスペック・仕様
  • NR1607のレビュー
  • NR1607のクチコミ
  • NR1607の画像・動画
  • NR1607のピックアップリスト
  • NR1607のオークション

NR1607マランツ

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年 7月中旬

  • NR1607の価格比較
  • NR1607の店頭購入
  • NR1607のスペック・仕様
  • NR1607のレビュー
  • NR1607のクチコミ
  • NR1607の画像・動画
  • NR1607のピックアップリスト
  • NR1607のオークション

『DENONから買い替え』 0yuta0さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

NR1607のレビューを書く

0yuta0さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:37人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
7件
16件
スピーカー
0件
9件
プラズマテレビ
0件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性2
音質5
パワー4
機能性5
入出力端子5
サイズ5
DENONから買い替え

5年前に購入したDENONのエントリー機AVR-1713から買い替えですので、主にはこちらとの比較になります。
今回の購入にあたっては2ch再生時の音質を最重要視しました。比較検討したのはヤマハのRX-V781です。
DENONを検討しなかったのは2ch再生時の音質と、AirplayやUSB接続の動作が不安定という理由です。
airplayと映画視聴時にセンターを使用したいのでプリメインではなくAVアンプです。(プリメインも所有してます)
構成はフロント3chです。

フロントスピーカー:ヤマハ NS-F500 (6Ω 88db)
回線:auひかり(無線接続)
BDプレーヤー:PS4 slim

【デザイン】
マランツっぽいデザインで好きです。各社言えることですが前面のシールは不要に思います。

【操作性】
D&Mなので、ユーザーインターフェースなど内部のソフトがDENONと同じです。5年前と変わりません。
これがチープで動作が安定せずレスポンスも良くないです。
スタンバイ時にiPhoneからAirPlayでAVアンプを起動したり、曲を選択してから再生されるまでの時間はむしろNR1607の方が長くなっています。
ただ、AVR-1713ではAirPlayで曲を再生中に音が途切れる、勝手に違う曲に飛ぶ、突然接続不能になり再起動が必要、USB接続でも同様のものがありましたが、NR1607ではこのような現象は今の所ないのでホッとしています。

-追記-
youtubeをiPhoneからAirPlayで再生中、プチプチと音が途切れました。やっぱりという感じですが、これが初めてのAVアンプだったらショックです。
ちなみにBluetoothは接続は安定していますが遅延がひどく、動画はダメです。音質的にも劣化があるらしいです。

【音質】
*AirPlay、2chステレオ再生、pure direct使用
ソフトに不安がありながらも、それを払拭する音質です。
AVR-1713との比較、NR1607の特徴
・高域が自然で伸びている(変な強調感がない)
・ボーカル帯域の密度が高く存在感がある
・低い周波数の音もしっかり鳴らし分ける
・音場が立体的で奥行きがある
・定位がはっきりしている
・クラシックが聴ける
・全体的に粒子の細かい音がする(線が細いわけではないです)
・音にコシがある
・小音量でも音像がしっかりしている(スピーカーからの音離れが良いです)
・大音量でもボーカルが潰れない
・各パートの定位が明瞭
・楽器がリアル
・中域〜高域にかけての音色に艶、密度感、温もりを感じる(周波数の特性がアンバランスとは感じません)

*フロント3ch、Blu-ray再生(上述の音の傾向は引き継ぎますので、サラウンドもかなり良くなりました)
・細かい音を拾う
・背景の環境音が聴こえ、映像に対して音がとても自然
・音の移動が映像とリンクする

【パワー】
ボリュームの表示もDENONと同じで(0〜98)、同じボリュームだと音量は明らかにNR1607の方が小さく、本体を薄くした影響を感じます。
ただ、ボリュームを上げていくと先にNS-F500のウーファーストロークが足りなくなるので不足はありません。
駆動力に関しても十分です。サブウーファーを所有していますが2chはもちろん、映画視聴時でも必要性を感じないので使っていません。
低能率なスピーカーや、ウーファー径20cm以上のスピーカー、逆に箱が小さめなブックシェルフを使用する場合だったり、ブーミーな低域の量感が好みの方は物足りなく感じる可能性はあります。量感に関してはパワーというより音質かもしれません。出せないのではなく出していない感じです。

【機能性】
十分です。新型(NR1608?)はDolby visionを搭載するみたいですが私は不要です。

【入出力端子】
PS4+スピーカー3chしか繋がない私には十分すぎます。スピーカーはあるので1度5.1chくらいは試そうかと思いますが、部屋が狭くデフォルトは3chで考えています。

【サイズ】
薄いのは助かります。クオリティが変わらないのであればもちろんコンパクトな方がいいです。ただ私はコンパクトさをAVアンプに求めていませんし、薄くしました音が悪くなりましたでは買いません。
実際にこのNRシリーズは薄くしたが為に電源部が弱く、フルサイズ同等の電源部なら買うのにという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
重さはAVR-1713(高さ15cm)と変わりませんのでこのサイズで詰められるだけ物量投資をしているんだと思います。

【画質】
ある意味1番驚いた部分です。
まさか変わると思わないので画質は無意識でしたが、ゲームでいつも見る起動画面で瞬時に感じましたので錯覚ではないと思います。画質を表現できるほどの語彙がないのですが、ピントが合った感じです。
TVはPanasonicのプラズマTH-P55GT5 [55インチ]です。

【総評】
RX-V781は所有しているスピーカーで視聴ができていたのでかなり悩みました。音もよく何も不満はなかったです。
しかしNS-F500が淡白な鳴り方をするので、アンプ側に多少の色が欲しかったのと、AVアンプでも自分が感じられるレベルで音が変わる事実をヤマハで確認できたので、最終的にはサウンドイメージでマランツにしました。(マランツはB&Wでの視聴だったのであまり参考にはできませんでした)
音に重きを置きながらリスクのある買い方をしたので音出しまで本当にドキドキしましたが、満足しています。
メーカーの方が基本構成はほとんど変わらないと言っていたので、前のNR1606も次の1608もきっと良い音なんだと思います。(マイナーチェンジという言い方をしていました。)
もし万人にAVアンプを勧めるなら安定しているヤマハ、上述のような音の好みが合えばマランツ、低音の迫力ならDENONです。

私のような基準で選ぶ方は少ないかもしれませんがご参考になれば幸いです。
最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました。

設置場所
寝室・自室

参考になった7人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
操作性2
音質5
パワー4
機能性5
入出力端子5
サイズ5
DENONからの買い替え

5年前に購入したDENONのエントリー機AVR-1713から買い替えですので、主にはこちらとの比較になります。
今回の購入にあたっては2ch再生時の音質を最重要視しました。比較検討したのはヤマハのRX-V781です。
DENONを検討しなかったのは2ch再生時の音質と、AirplayやUSB接続の動作が不安定という理由です。
AVアンプである理由はairplayと映画視聴時にセンターを使用したいからです。
サラウンド時の音質はあまり気にしません。構成はフロント3chです。

フロントスピーカー:ヤマハ NS-F500 (6Ω 88db)
回線:auひかり(無線接続)
BDプレーヤー:PS4 slim


【デザイン】
マランツっぽいデザインで好きです。各社言えることですが前面のシールは不要に思います。

【操作性】
D&Mなので、ユーザーインターフェースなど内部のソフトがDENONと同じです。4,5年前と変わりません。
これがチープで動作が安定せずレスポンスも良くないです。
スタンバイ時にiPhoneからairplayでAVアンプを起動したり、曲を選択してから再生されるまでの時間はむしろNR1607の方が長くなっています。
ただ、AVR-1713ではairplayで曲を再生中に音が途切れる、勝手に違う曲に飛ぶ、突然接続不能になり再起動が必要、USB接続でも同様のものがありましたが、NR1607ではこのような現象は今の所ないのでホッとしています。

【音質】*2chステレオ再生、pure direct使用
D&Mのソフトに不安がありながらも、それを払拭する音質です。
AVR-1713との比較、NR1607の特徴
・高域が自然で伸びている(変な強調感がない)
・ボーカル帯域の密度が高く存在感がある
・低い周波数の音もしっかり鳴らし分ける
・音場が立体的で奥行きがある
・定位がはっきりしている
・クラシックが聴ける
・全体的に粒子の細かい音がする(線が細いわけではないです)
・音にコシがある
・小音量でも音像がしっかりしている(スピーカーからの音離れが良いです)
・大音量でもボーカルが潰れない
・各パートの定位が明瞭
・楽器がリアル
・中域〜高域にかけての音色に艶、密度感、温もりを感じる(周波数の特性がアンバランスとは感じません)

【パワー】
ボリュームの表示もDENONと同じで(0〜99)、同じボリュームだと音量は明らかにNR1607の方が小さく、本体を薄くした影響を感じます。
ただ、ボリュームを上げていくと先にNS-F500のウーファーストロークが足りなくなるので不足はありません。
駆動力に関しても十分です。サブウーファーを所有していますが2chはもちろん、映画視聴時でも必要性を感じないので使っていません。
低能率なスピーカーや、ウーファー径20cm以上のスピーカー、逆に箱が小さめなブックシェルフを使用する場合だったり、ブーミーな低域の量感が好みの方は物足りなく感じる可能性はあります。量感に関してはパワーというより音質かもしれません。出せないのではなく出していない感じです。

余談ですが、アンプの出力を自動車の排気量に例えて、大きい排気量のエンジンを積んだ車のほうが同じスピードでも乗り心地が良いこととアンプも同じという記述を見かけますが、あれは少し飛躍かと思います。
排気量の大きな車は基本骨格、シャーシ、足回り、シート、吸音材、ボディーの素材などクルマを構成する1つ1つのパーツが違います。むしろ乗り心地や走りの基本を決めるのはエンジンではなくシャーシや足回りといった基本骨格で、例えばメルセデスのC180は1.6Lターボですが、2.5LのマークXと同じスピードで走りがしっかりしているのはどちらですか?という話です。
アンプの出力も結局は最大音量や駆動力は違えど、スピーカーとの相性をクリアした前提で、常識の範疇の音量であれば、スペックなんかより出てくる音で判断した方が良いと思います。

【機能性】
十分です。新型(NR1608?)はDolby visionを搭載するみたいですが私は不要です。

【入出力端子】
PS4+スピーカー3chしか繋がない私には十分すぎます。スピーカーはあるので1度5.1chくらいは試そうかと思いますが、部屋が狭くデフォルトは3chで考えています。

【サイズ】
薄いのは助かります。クオリティが変わらないのであればもちろんコンパクトな方がいいです。ただ私はコンパクトさをAVアンプに求めていませんし、薄くしました音が悪くなりましたでは買いません。
実際にこのNRシリーズは薄くしたが為に電源部が弱く、私は問題ないですが、フルサイズ同等の電源部なら買うのにという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
重さはAVR-1713(高さ15cm)と変わりませんのでこのサイズで詰められるだけ物量投資をしているんだと思います。

【画質】
ある意味1番驚いた部分です。
まさか変わると思わないので画質は無意識でしたが、ゲームでいつも見る起動画面で瞬時に感じましたので錯覚ではないと思います。画質を表現できるほどの語彙がないのですが、ピントが合った感じです。
TVはPanasonicのプラズマTH-P55GT5 [55インチ]です。

【総評】
RX-V781は所有しているスピーカーで視聴ができていたのでかなり悩みました。音もよく何も不満はなかったです。
しかしNS-F500が淡白な鳴り方をするので、アンプ側に多少の色が欲しかったのと、AVアンプでも自分が感じられるレベルで音が変わる事実をヤマハで確認できたので、最終的にはサウンドイメージでマランツにしました。(マランツはB&Wでの視聴だったのであまり参考にはできませんでした)
音に重きを置きながらリスクのある買い方をしたので音出しまで本当にドキドキしましたが、満足しています。
メーカーの方が基本構成はほとんど変わらないと言っていたので、前のNR1606も次の1608もきっと良い音なんだと思います。(マイナーチェンジという言い方をしていました。)
もし万人にAVアンプを勧めるならヤマハ、上述のような音の好みが合えばマランツ、低音の迫力ならDENONです。

私のような基準で選ぶ方は少ないかもしれませんがご参考になれば幸いです。
最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました。

設置場所
寝室・自室

参考になった3

 
 
 
 
 
 

「NR1607」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
サイズがコンパクトで多機能なAVアンプ  5 2020年1月26日 14:19
DENONから買い替え  5 2017年5月14日 14:50
AVアンプ4台目  4 2017年5月4日 19:40
初めての本格的なアンプ導入ですが、満足しています  4 2017年2月9日 22:14
音楽鑑賞の楽しさを再発見  5 2016年12月17日 23:30
スマホリモコンが残念な出来  4 2016年8月23日 14:40
初めてのAVアンプ  5 2016年8月4日 19:15

NR1607のレビューを見る(レビュアー数:7人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

NR1607のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

NR1607
マランツ

NR1607

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年 7月中旬

NR1607をお気に入り製品に追加する <106

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(AVアンプ)

ご注意