『見た目とは裏腹に鮮烈な輝きを放つ本格派』 城下工業 SOUND WARRIOR SWD-HA10 白蛇紋章さんのレビュー・評価

SOUND WARRIOR SWD-HA10

  • パッシブスピーカーのほか、アクティブスピーカーやヘッドホンと接続して、さまざまな構成で楽しめる、真空管バッファー付ヘッドホンアンプ。
  • 「D級アンプ+真空管」というデジタルとアナログのハイブリッド構成により、デジタルアンプだけでは表現できない、真空管の持つ独特な温かい再生音を実現。
  • バランス(XLR)とアンバランス(Φ6.3mm)、2つのヘッドホン出力端子を搭載。さまざまなヘッドホンで音質の違いが楽しめる。
SOUND WARRIOR SWD-HA10 製品画像

画像提供:ビックカメラ.com

画像一覧を見る

最安価格(税込):¥39,026 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格(税別):¥50,000
  • 発売日:2016年 6月 4日

店頭参考価格帯:¥42,523 〜 ¥48,600 (全国32店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ヘッドホンアンプ ヘッドホン端子(標準プラグ):1系統 SOUND WARRIOR SWD-HA10のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • SOUND WARRIOR SWD-HA10の価格比較
  • SOUND WARRIOR SWD-HA10の店頭購入
  • SOUND WARRIOR SWD-HA10のスペック・仕様
  • SOUND WARRIOR SWD-HA10のレビュー
  • SOUND WARRIOR SWD-HA10のクチコミ
  • SOUND WARRIOR SWD-HA10の画像・動画
  • SOUND WARRIOR SWD-HA10のピックアップリスト
  • SOUND WARRIOR SWD-HA10のオークション

SOUND WARRIOR SWD-HA10城下工業

最安価格(税込):¥39,026 (前週比:±0 ) 発売日:2016年 6月 4日

  • SOUND WARRIOR SWD-HA10の価格比較
  • SOUND WARRIOR SWD-HA10の店頭購入
  • SOUND WARRIOR SWD-HA10のスペック・仕様
  • SOUND WARRIOR SWD-HA10のレビュー
  • SOUND WARRIOR SWD-HA10のクチコミ
  • SOUND WARRIOR SWD-HA10の画像・動画
  • SOUND WARRIOR SWD-HA10のピックアップリスト
  • SOUND WARRIOR SWD-HA10のオークション

『見た目とは裏腹に鮮烈な輝きを放つ本格派』 白蛇紋章さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
3件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
3件
0件
その他オーディオ機器
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性3
機能性5
見た目とは裏腹に鮮烈な輝きを放つ本格派

他のヘッドホンアンプと聴き比べをしている間に単なるシリーズものではないと気付きましたので再レビュー致します。
先ず、サウンドウォーリアシリーズを使用されている方は当然ですが、そうでない方も十分試す価値があります。

【接続機種】
●トランスポート:
城下工業 サウンドウォーリア SWD-CT10
●クロックジェネレーター:
城下工業 サウンドウォーリア SWD-CL10OCX
●USB DAC:
城下工業 サウンドウォーリア SWD-DA20
●ヘッドホン:
SHURE SRH-1540・SRH-440、beyerdynamic DT1770pro

【機能性】
バランス接続に対応しております。
このメーカーの良いところは、各モデルに無駄な機能を付加せず、重複する事なく棲み分けを明確にしてコストを最小限に抑えるところだと思います。
DA20にはヘッドホンアンプとしての機能はありますが、バランス出力は無く、ここを補完する役割が当機種ですので余分なものになりません。

【総評・音質】
当然、このサウンドウォーリアシリーズでヘッドホン環境の中、音楽を楽しまれている方には勿論お勧めしますが、そこで収まる能力値のヘッドホンアンプではない事を改めて気付きました。
一般的な真空管アンプは、アナログ感を狙う一方で、輪郭に曖昧さを露呈する事になるイメージがありましたが、D級アンプと真空管のハイブリッド構成のこの機種の奏でる音には、そのような印象はありません。
デジタルアンプ特有の硬質な輪郭ではなく、解像感の優れた音の集合体で輪郭を形成しているイメージです。また、低音域がしっかり出る割に抜けが良く、軽快な印象です。
これにより全音域に透明感を与え、楽器本来の響きを上手く表現しデジタル然とするものより明らかに生々しさを感じます。
ギターアンプに真空管アンプが用いられる事が多いと聞きますが、それは楽器本来の奏でる暖かさや空気感を表現するのに適正があるからこそでしょう。

あまりにシンプルな見た目で尚且つシステムオーディオ的な見方をされているかもしれませんが、他のヘッドホンアンプとの比較をしても高音域の倍音成分が美しく、また低音域の力強さとドライブ感はそこらのものとは比較になりません。見た目とは裏腹に単品オーディオとしての価値が十分あります。
デザインに惑わされず、一度聴いてみる事をお勧めします。少なくともこの価格帯で、ここまでの表現力を持つヘッドホンアンプはなかなか無いと思いますよ。

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
音質5
操作性3
機能性5
このシリーズを使用するなら「買い」です。

他のヘッドホンアンプと聴き比べをしている間に単なるシリーズものではないと気付きましたので再レビュー致します。
先ず、サウンドウォーリアシリーズを使用されている方は当然ですが、そうでない方も十分試す価値があります。

【接続機種】
●トランスポート:
城下工業 サウンドウォーリア SWD-CT10
●クロックジェネレーター:
城下工業 サウンドウォーリア SWD-CL10OCX
●USB DAC:
城下工業 サウンドウォーリア SWD-DA20
●ヘッドホン:
SHURE SRH-1540・SRH-440、beyerdynamic DT1770pro

【機能性】
バランス接続に対応しております。
このメーカーの良いところは、各モデルに無駄な機能を付加せず、重複する事なく棲み分けを明確にしてコストを最小限に抑えるところだと思います。
DA20にはヘッドホンアンプとしての機能はありますが、バランス出力は無く、ここを補完する役割が当機種ですので余分なものになりません。

【総評・音質】
当然、このサウンドウォーリアシリーズでヘッドホン環境の中、音楽を楽しまれている方には勿論お勧めしますが、そこで収まる能力値のヘッドホンアンプではない事を改めて気付きました。
一般的な真空管アンプは、アナログ感を狙う一方で、輪郭に曖昧さを露呈する事になるイメージがありましたが、D級アンプと真空管のハイブリッド構成のこの機種の奏でる音には、そのような印象はありません。
デジタルアンプ特有の硬質な輪郭ではなく、解像感の優れた音の集合体で輪郭を形成しているイメージです。また、低音域がしっかり出る割に抜けが良く、軽快な印象です。
これにより全音域に透明感を与え、楽器本来の響きを上手く表現しデジタル然とするものより明らかに生々しさを感じます。
ギターアンプに真空管アンプが用いられる事が多いと聞きますが、それは楽器本来の奏でる暖かさや空気感を表現するのに適正があるからこそでしょう。

あまりにシンプルな見た目で尚且つシステムオーディオ的な見方をされているかもしれませんが、他のヘッドホンアンプとの比較をしても高音域の倍音成分が美しく、また低音域の力強さとドライブ感はそこらのものとは比較になりません。見た目とは裏腹に単品オーディオとしての価値が十分あります。
デザインに惑わされず、一度聴いてみる事をお勧めします。少なくともこの価格帯で、ここまでの表現力を持つヘッドホンアンプはなかなか無いと思いますよ。

参考になった0

満足度5
デザイン4
音質5
操作性3
機能性5
このシリーズを使用するなら「買い」です。
   

   

先ず、誤解があるといけないので言っておきますが、私は社員でもなければ販売関係者でもありません。
ふと触れたこのメーカーのこのデスクトップオーディオシリーズに魅了され、抜けられなくなってしまった単なるオーディオフリークです。(笑)
決して、知名度が高いとは言えないこのメーカーがここまでのモノを作る素晴らしさに感動し、下町ロケット的な技術力の高さで応援したくなりました。

【接続機種】
●トランスポート:
城下工業 サウンドウォーリア SWD-CT10
●クロックジェネレーター:
城下工業 サウンドウォーリア SWD-CL10OCX
●USB DAC:
城下工業 サウンドウォーリア SWD-DA20
●ヘッドホン:
SHURE SRH-1540・SRH-440、beyerdynamic DT1770pro

【デザイン】
同シリーズで統一した無駄の無いシンプルさが良いです。
【操作性】
リモコン機能が付加されれば何も言う事はありません。
【機能性】
バランス接続に対応し、これがこの機種を買う理由となりました。
このメーカーの良いところは、各モデルに無駄な機能を付加せず、重複する事なく棲み分けを明確にしてコストを最小限に抑えるところだと思います。
DA20にはヘッドホンアンプとしての機能はありますが、バランス出力は無く、ここを補完する役割が当機種ですので余分なものになりません。

【総評・音質】
初めてトランスポートのCT10を購入した際は、予想もしませんでしたが、結局4モデル揃えてしまいました。(笑)
他の方同様にレビューが少なく、購入するまで多少の時間が掛かりましたが結果としては大満足です。
未だバランス接続は行っておりませんが、アンバランス接続でのDA20直刺しとの比較で確実に音の向上が見られました。
一般的な真空管バッファアンプは、昔のレコードのような音の広がりが出、アナログ感を狙う一方で、輪郭に曖昧さを露呈する事になるイメージを持っていましたが、今回聴いてみてそんな感想は一切持ちませんでした。
傾向としては、デジタル特有のモニターライクなカッチリした輪郭ではなく、音に雰囲気を持たせ倍音を含む楽器本来の響きを上手く表現しながらも、決して輪郭の甘さはありません。よって、デジタル然とするものより明らかに生々しさを感じます。
ギターアンプに真空管アンプが用いられる事が多いと聞きますが、それは楽器本来の奏でる暖かさや空気感を表現するのに適正があるからこそでしょう。
なるほど、ハードロックなどを聴くとレスポールで刻まれるギターリフは以前にも増して迫力を増した気がします。
少なくとも、このサウンドウォーリアシリーズでヘッドホン環境の中、音楽を楽しんでいる方には是非ともお勧めしたいです。
DA20直刺しでも充分満足できる音質ですが、いかんせんパワーが不足する場面があります。また、より質の高い生で聴く音に近いものを追求するのであれば買って損は無いでしょう。
今から、バランス接続が楽しみです。

参考になった0

満足度5
デザイン4
音質5
操作性3
機能性5
このシリーズを使用するなら買うべきです。
   

4機種揃えると格好いいです。

   

先ず、誤解があるといけないので言っておきますが、私は社員でもなければ販売関係者でもありません。
ふと触れたこのメーカーのこのデスクトップオーディオシリーズに魅了され、抜けられなくなってしまった単なるオーディオフリークです。(笑)
決して、知名度が高いとは言えないこのメーカーがここまでのモノを作る素晴らしさに感動し、下町ロケット的な技術力の高さで応援したくなりました。

【接続機種】
●トランスポート:
城下工業 サウンドウォーリア SWD-CT10
●クロックジェネレーター:
城下工業 サウンドウォーリア SWD-CL10OCX
●USB DAC:
城下工業 サウンドウォーリア SWD-DA20
●ヘッドホン:
SHURE SRH-1540・SRH-440、beyerdynamic DT1770pro

【デザイン】
同シリーズで統一した無駄の無いシンプルさが良いです。
【操作性】
リモコン機能が付加されれば何も言う事はありません。
【機能性】
バランス接続に対応し、これがこの機種を買う理由となりました。
このメーカーの良いところは、各モデルに無駄な機能を付加せず、重複する事なく棲み分けを明確にしてコストを最小限に抑えるところだと思います。
DA20にはヘッドホンアンプとしての機能はありますが、バランス出力は無く、ここを補完する役割が当機種ですので余分なものになりません。

【総評・音質】
初めてトランスポートのCT10を購入した際は、予想もしませんでしたが、結局4モデル揃えてしまいました。(笑)
他の方同様にレビューが少なく、購入するまで多少の時間が掛かりましたが結果としては大満足です。
未だバランス接続は行っておりませんが、アンバランス接続でのDA20直刺しとの比較で確実に音の向上が見られました。
一般的な真空管バッファアンプは、昔のレコードのような音の広がりが出、アナログ感を狙う一方で、輪郭に曖昧さを露呈する事になるイメージを持っていましたが、今回聴いてみてそんな感想は一切持ちませんでした。
傾向としては、デジタル特有のモニターライクなカッチリした輪郭ではなく、音に雰囲気を持たせ倍音を含む楽器本来の響きを上手く表現しながらも、決して輪郭の甘さはありません。よって、デジタル然とするものより明らかに生々しさを感じます。
ギターアンプに真空管アンプが用いられる事が多いと聞きますが、それは楽器本来の奏でる暖かさや空気感を表現するのに適正があるからこそでしょう。
なるほど、ハードロックなどを聴くとレスポールで刻まれるギターリフは以前にも増して迫力を増した気がします。
少なくとも、このサウンドウォーリアシリーズでヘッドホン環境の中、音楽を楽しんでいる方には是非ともお勧めしたいです。
DA20直刺しでも充分満足できる音質ですが、いかんせんパワーが不足する場面があります。また、より質の高い生で聴く音に近いものを追求するのであれば買って損は無いでしょう。
今から、バランス接続が楽しみです。

参考になった0

「SOUND WARRIOR SWD-HA10」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

SOUND WARRIOR SWD-HA10
城下工業

SOUND WARRIOR SWD-HA10

最安価格(税込):¥39,026発売日:2016年 6月 4日 価格.comの安さの理由は?

SOUND WARRIOR SWD-HA10をお気に入り製品に追加する <30

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホンアンプ・DAC]

ヘッドホンアンプ・DACの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意