『揺るぎないラックストーン』 LUXMAN DA-150 白蛇紋章さんのレビュー・評価

DA-150

  • 32bit対応TI社製DACチップ「PCM1795」を採用した、ハイレゾ対応のD/Aコンバーター。
  • USB入力は最大192kHz/32bitのPCMデータとDSDデータ (2.82M、5.64MHz) に対応し、同軸1系統と光1系統のデジタル入力を用意。
  • ヘッドホン出力には、上位機種「DA-250」と同等のディスクリートバッファー回路や電子制御音量調節アッテネーター「LECUA」を採用。
DA-150 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥85,326 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格(税別):¥98,000
  • 発売日:2016年 6月下旬

タイプ:ヘッドホンアンプ ヘッドホン端子(標準プラグ):1系統 ハイレゾ:○ DA-150のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • DA-150の価格比較
  • DA-150の店頭購入
  • DA-150のスペック・仕様
  • DA-150のレビュー
  • DA-150のクチコミ
  • DA-150の画像・動画
  • DA-150のピックアップリスト
  • DA-150のオークション

DA-150LUXMAN

最安価格(税込):¥85,326 (前週比:±0 ) 発売日:2016年 6月下旬

  • DA-150の価格比較
  • DA-150の店頭購入
  • DA-150のスペック・仕様
  • DA-150のレビュー
  • DA-150のクチコミ
  • DA-150の画像・動画
  • DA-150のピックアップリスト
  • DA-150のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
3件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
3件
0件
その他オーディオ機器
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性4
機能性5
揺るぎないラックストーン

DA-200からの移行となります。
専らヘッドホンアンプとしての使用による評価となります。DA-200でLUXMANの音に魅了され数年間使用してきましたが、そろそろ最新機種へということでマランツのHD-DAC1を購入しましたが、これは何かしっくり来ませんでした。
LUXMANの音に慣れた耳で他メーカーの音に満足を得られない事を痛感し、再びDA-150を購入し、LUXMANに戻りました。

接続する機種は、以下のとおりです。
トランスポート:城下工業 SWD-CT10
クロックジェネレーター:城下工業 SWD-CL10
ヘッドホン:SHURE SRH-1540、SRH-440
(トランスポートとして、CT10は最高です。色々試しましたがデジタル出力の音に、ここまでの優位性を感じる機種はありません。)

暖色系の音とされるラックストーンですが、原音をストレートに出力するのではなく、まさに耳触りの良い音にイコライズするというのに相応しいかと思います。
音の表現力、響き、抜けの良さに磨きをかけ原音を潰すことなく一段アップさせる感じです。これは、DA-200にも言えますが、DA-150は更にヘッドホン出力性能を強化し特化した機種で、上位機種の250のプリ機能を削ぎ落とし、潔くヘッドホンアンプ然としています。
DSD対応により、DACがPCM1792Aから1795にランクダウンする事での不安がありましたが、全くの杞憂でした。さすが老舗オーディオメーカーのエンジニアさんの職人仕事といった感じです。

因みに、DA-150の電源ケーブルは安価なものが使用されており、そのままだと少々大味な音となります。
そこで、私はjpa-10000に換えて使用しております。
驚くほどに粒立ちが良くなり繊細で深みのある音に変化します。電源ケーブルの交換は必須です。

マランツのHD-DAC1ですが、原音ストレート系のパワーで押す感じの音でしたが、何か繊細さに欠ける感じがして合いませんでした。

参考になった5人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
音質5
操作性4
機能性5
揺るぎないラックストーン

DA-200からの移行となります。
専らヘッドホンアンプとしての使用による評価となります。DA-200でLUXMANの音に魅了され数年間使用してきましたが、そろそろ最新機種へということでマランツのHD-DAC1を購入しましたが、これは失敗でした。
LUXMANの音に慣れた耳で他メーカーの音に満足を得られない事を痛感し、再びDA-150を購入し、LUXMANに戻りました。

接続する機種は、以下のとおりです。
トランスポート:城下工業 SWD-CT10
クロックジェネレーター:城下工業 SWD-CL10
ヘッドホン:SHURE SRH-1540、SRH-440
(トランスポートとして、CT10は最高です。色々試しましたがデジタル出力の音に、ここまでの優位性を感じる機種はありません。)

暖色系の音とされるラックストーンですが、原音をストレートに出力するのではなく、まさに耳触りの良い音にイコライズするというのに相応しいかと思います。
音の表現力、響き、抜けの良さに磨きをかけ原音を潰すことなく一段アップさせる感じです。これは、DA-200にも言えますが、DA-150は更にヘッドホン出力性能を強化し特化した機種で、上位機種の250のプリ機能を削ぎ落とし、潔くヘッドホンアンプ然としています。
DSD対応により、DACがPCM1792Aから1795にランクダウンする事での不安がありましたが、全くの杞憂でした。さすが老舗オーディオメーカーのエンジニアさんの職人仕事といった感じです。

因みに、DA-150の電源ケーブルは安価なものが使用されており、そのままだと少々大味な音となります。
そこで、私はjpa-10000に換えて使用しております。
驚くほどに粒立ちが良くなり繊細で深みのある音に変化します。電源ケーブルの交換は必須です。

マランツのHD-DAC1ですが、原音ストレート系のパワーで押す感じの音でしたが、何か細部の見晴らしが良くなく、私の好みに合いませんでした。
------------------------------------------------------------------
【追記】
その後、城下工業さんのサウンドウォーリアのデスクトップシリーズでシステム統一した際に、音の輪郭の明確さと空間表現の優位性でSWD-DA20に乗り換えてしまいました。

参考になった0

満足度5
デザイン5
音質5
操作性4
機能性5
揺るぎないラックストーン

DA-200からの移行となります。
専らヘッドホンアンプとしての使用による評価となります。DA-200でLUXMANの音に魅了され数年間使用してきましたが、そろそろ最新機種へということでマランツのHD-DAC1を購入しましたが、これは失敗でした。
LUXMANの音に慣れた耳では他機種で満足を得られない事を痛感し、再びDA-150を購入し、LUXMANに戻りました。

接続する機種は、以下のとおりです。
トランスポート:城下工業 SWD-CT10
クロックジェネレーター:城下工業 SWD-CL10
ヘッドホン:SHURE SRH-1540、SRH-440
(トランスポートとして、CT10は最高です。色々試しましたがデジタル出力の音に、ここまでの優位性を感じる機種はありません。)

暖色系の音とされるラックストーンですが、原音をストレートに出力するのではなく、まさに耳触りの良い音にイコライズするというのに相応しいかと思います。
音の表現力、響き、抜けの良さに磨きをかけ原音を潰すことなく一段アップさせる感じです。これは、DA-200にも言えますが、DA-150は更にヘッドホン出力性能を強化し特化した機種で、上位機種の250のプリ機能を削ぎ落とし、潔くヘッドホンアンプ然としています。
DSD対応により、DACがPCM1792Aから1795にランクダウンする事での不安がありましたが、全くの杞憂でした。さすが老舗オーディオメーカーのエンジニアさんの職人仕事といった感じです。
実は、城下工業のデスクトップオーディオのヘッドホンアンプSWD-DA20も所持しており、こちらにも繋げて聴いておりますがこちらはクリアな原音忠実再生で細部の再生能力は秀でていますが、音楽としての表現力でDA-150に負ける感じです。
因みに、DA-150の電源ケーブルは安価なものが使用されており、そのままだと少々大味な音となります。
そこで、私はjpa-10000に換えて使用しております。
驚くほどに粒立ちが良くなり繊細で深みのある音に変化します。電源ケーブルの交換は必須です。

因みに、マランツのHD-DAC1ですが、原音ストレート系のパワーで押す感じの音でしたが、何か細部の見晴らしが良くなく、私の好みに合いませんでした。

参考になった3

満足度5
デザイン5
音質5
操作性4
機能性5
揺るぎないラックストーン

DA-200からの移行となります。
専らヘッドホンアンプとしての使用による評価となります。DA-200でLUXMANの音に魅了され数年間使用してきましたが、そろそろ最新機種へということでマランツのHD-DA1を購入しましたが、これは失敗でした。
LUXMANの音に慣れた耳では他機種で満足を得られない事を痛感し、再びDA-150を購入し、LUXMANに戻りました。

接続する機種は、以下のとおりです。
トランスポート:城下工業 SWD-CT10
クロックジェネレーター:城下工業 SWD-CL10
ヘッドホン:SHURE SRH-1540、SRH-440
(トランスポートとして、CT10は最高です。色々試しましたがデジタル出力の音に、ここまでの優位性を感じる機種はありません。)

暖色系の音とされるラックストーンですが、原音をストレートに出力するのではなく、まさに耳触りの良い音にイコライズするというのに相応しいかと思います。
音の表現力、響き、抜けの良さに磨きをかけ原音を潰すことなく一段アップさせる感じです。これは、DA-200にも言えますが、DA-150は更にヘッドホン出力性能を強化し特化した機種で、上位機種の250のプリ機能を削ぎ落とし、潔くヘッドホンアンプ然としています。
DSD対応により、DACがPCM1792Aから1795にランクダウンする事での不安がありましたが、全くの杞憂でした。さすが老舗オーディオメーカーのエンジニアさんの職人仕事といった感じです。
実は、城下工業のデスクトップオーディオのヘッドホンアンプSWD-DA20も所持しており、こちらにも繋げて聴いておりますがこちらはクリアな原音忠実再生で細部の再生能力は秀でていますが、音楽としての表現力でDA-150に負ける感じです。
因みに、DA-150の電源ケーブルは安価なものが使用されており、そのままだと少々大味な音となります。
そこで、私はjpa-10000に換えて使用しております。
驚くほどに粒立ちが良くなり繊細で深みのある音に変化します。電源ケーブルの交換は必須です。

因みに、マランツのHD-DA1ですが、原音ストレート系のパワーで押す感じの音でしたが、何か細部の見晴らしが良くなく、私の好みに合いませんでした。

参考になった1

「DA-150」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
揺るぎないラックストーン  5 2019年2月12日 00:26
「音楽を聴く楽しさ」を味わえます  5 2016年8月30日 13:27
カチカチ山  2 2016年8月29日 08:36

DA-150のレビューを見る(レビュアー数:3人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

DA-150
LUXMAN

DA-150

最安価格(税込):¥85,326発売日:2016年 6月下旬 価格.comの安さの理由は?

DA-150をお気に入り製品に追加する <60

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホンアンプ・DAC]

ヘッドホンアンプ・DACの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意