『新世代キャデラックの先駆けモデルは余裕の走りと豪華装備』 キャデラック CT6 2016年モデル 松下宏さんのレビュー・評価

このページの先頭へ

『新世代キャデラックの先駆けモデルは余裕の走りと豪華装備』 松下宏さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

新世代キャデラックの先駆けモデルは余裕の走りと豪華装備

キャデラックの新しいフラッグシップサルーンとしてCT6が導入された。今回のモデルはFR系(CT6はAWD)の新しいプラットホーム(オメガ・アーキテクチャー)を使って開発したモデルで、キャデラックが2020年に向けて投入する8車種の新車群の先駆けとなるモデルだ。

新プラットホームはアルミ合金を中心にさまざまな素材を採用したのが特徴で、これによる軽量化はめざましいものがある。ホワイトボディは、CT6よりも小さいBMW5シリーズやアウディA6よりも軽く作られているという。車両重量は1920kgで、SクラスやA8などラグジュアリーサルーンの大半が2tを超えるのに対し、フルサイズ、フル装備でありながらより軽く作られている。

堂々たるセダンボディは、3サイズが5190mm×1880mm×1495mm。Sクラスや7シリーズ、LSなどの標準ボディ車と並ぶサイズである。フルサイズのアメリカ車というと、相当に大きなクルマを思わせるが、今どきの高級車はこれくらいのサイズが当たり前になっている。

オーソドックスな4ドアセダンなので、全体的なデザインはちょっとコンサバなイメージもあるが、大きなフロントグリルを囲むようにヘッドランプやLEDランプなどが配置され、顔つきは相当にいかつい感じである。

インテリアはキャデラックらしいラグジュアリーな雰囲気にあふれたものだ。試乗車にはホワイトの本革シートが装備されていたほか、木目パネルなどが高い質感を表現していた。また後席には格納式のテレビも装備されていて、ショーファードリブンとして使われることを意識した仕様とされている。後席の足元の広さは余裕十分といった感じである。

搭載エンジンはV型6気筒3.6LのDOHCだ。直噴仕様で250kW/386N・mのパワー&トルクを発生するものの、ターボなどの過給器を装着しない自然吸気エンジンである。ちょっと古い感覚かも知れないが、キャデラックといえばかつてのノーススターエンジンに代表されるような大排気量のV型8気筒の印象が強い。それが今はダウンサイジングの時代であり、キャデラックのフラッグシップにしてV型6気筒の3.6Lなのだ。

軽量化を進めたとはいえ、大柄なボディに自然吸気の3.6Lで間に合うのかと思って走らせたが、走りには想像する以上の余裕があった。本国には2種類のターボ仕様エンジンを搭載したモデルがラインナップされているが、これだけ走るならあえてターボ仕様エンジンを搭載しなくても良いように思った。

組み合わされるトランスミッションが電子制御8速ATで、実に滑らかな変速フィールを実現していることも、余裕の走りを感じさせることにつながっている。クルージング中には何速で走っているのか分からないような滑らかさ、静かさを感じさせる。

特筆されるのはシャシー性能だ。CT6にはアクティブ・シャシーシステムが採用され、先進技術がテンコ盛りで搭載されている。アクティブ・オンデマンドAWDやアクティブ・リアステア、キャデラックが伝統的に得意とするマグネティック・ライドコントロールの最新版などがそれだ。これによって、走行条件に応じてどのホイールでも駆動し、どのホイールでもステアする、そんな走りが可能になる。

必要に応じて必要なトルクを前輪にも配分するAWDシステムは、それを全く感じさせない走りを実現するし、高速レーンチェンジなどでの安定性に優れるのは明らかにアクティブ・リヤステアの効果だろう。

タイやが20インチの40という巨大なサイズだったこともあり、マグネティック・ライドを装着する割には乗り心地は硬めの印象だったが、これもモードの切り換えによって変化させることが可能だ。

CUE(キャデラック・ユーザー・エクスペリエンス)に代表される快適装備のほか、歩行者にも対応する自動ブレーキやオートパーキングなど、最新の安全装備も満載したCT6の価格は998万円。試乗車は有償ペイント代12万9000円が追加されていたので1000万円超になっていたが、フルサイズ、フル装備のラグジュアリーサルーンが1000万円そこそこで買えるのは、相当にリーズナブルな印象である。

大柄なボディの左ハンドル車なので、一般のユーザーが選ぶクルマにはなりにくい面もあるが、ショーファードリブンとして使うなら、左ハンドル車であることは利便性にもつながる。

レビュー対象車
試乗

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「CT6 2016年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

CT6
キャデラック

CT6

新車価格帯:1026万円

中古車価格帯:618〜1026万円

お気に入り製品に登録すると、価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等が利用できます

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意