『旧型GX7から買い替えです。』 パナソニック LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック] 野良人間さんのレビュー・評価

2016年 5月18日 発売

LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]

  • ローパスフィルターレスの「16M Live MOSセンサー」を搭載したミラーレス一眼カメラ。
  • 撮影後に好きなフォーカスポイントの写真を選べる「フォーカスセレクト」モードや秒間30コマ連写の連続撮影が可能な「4K PHOTO」モードを搭載。
  • 新開発の5軸ボディ内手ブレ補正と2軸レンズ内手ブレ補正の組み合わせによる手ブレ補正システム「Dual I.S.」を搭載し、ブレを強力に補正できる。
LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック] 製品画像

拡大

※レンズは別売です

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

中古
最安価格(税込):
¥39,800 (9製品)


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ : ミラーレス 画素数:1684万画素(総画素)/1600万画素(有効画素) 撮像素子:フォーサーズ/4/3型/LiveMOS 重量:383g LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック] の後に発売された製品LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]とLUMIX DC-GX7MK3 ボディを比較する

LUMIX DC-GX7MK3 ボディ
LUMIX DC-GX7MK3 ボディLUMIX DC-GX7MK3 ボディ

LUMIX DC-GX7MK3 ボディ

最安価格(税込): ¥80,980 発売日:2018年 3月15日

タイプ:ミラーレス 画素数:2177万画素(総画素)/2030万画素(有効画素) 撮像素子:フォーサーズ/4/3型/LiveMOS 重量:407g
 
  • LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]の価格比較
  • LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]の中古価格比較
  • LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]の買取価格
  • LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]の店頭購入
  • LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]のスペック・仕様
  • LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]のレビュー
  • LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]のクチコミ
  • LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]の画像・動画
  • LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]のピックアップリスト
  • LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]のオークション

LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]パナソニック

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年 5月18日

  • LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]の価格比較
  • LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]の中古価格比較
  • LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]の買取価格
  • LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]の店頭購入
  • LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]のスペック・仕様
  • LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]のレビュー
  • LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]のクチコミ
  • LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]の画像・動画
  • LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]のピックアップリスト
  • LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]のオークション

『旧型GX7から買い替えです。』 野良人間さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:55件
  • 累計支持数:124人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
12件
レンズ
10件
0件
SDメモリーカード
5件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶5
ホールド感4
旧型GX7から買い替えです。
当機種GX 14-42mm
当機種GX 45-175mm
 

GX 14-42mm

GX 45-175mm

 

私のYOUTUBEレビュー動画
▼GX7旧型との比較動画
https://youtu.be/gtku6R1hEVE

▼OM-D E-M10mk2との比較動画
https://youtu.be/R_IWJrQORus

以下旧型GX7のレビューです。

使用レンズはGX45-175、GX14-42、G14mmF2.5、mZUIKO45mmF1.8

★デザイン
GF6を使っていましたが、GF6よりデカイ、重い、自撮りができないと手軽さでは負けます。当然ですが。デカくて、重くて、自撮りができない分、可動ファインダー搭載、マグネシウム合金のボディと本格的なカメラであると言えると思います。グリップを握った瞬間に、「これはいつか買おう」と思ったほど、男の手に馴染むデカさと重さです。色は黒ですが、OLYMPUSのOM-Dのシルバーと区別するために黒一色にしました。

   →mk2ではおとなしい黒になりました。

★画質
NikonのAPS機からGF6に乗り換えた時は、「ちょっとコンデジっぽいかな」と思いましたが慣れてしまいました。センサーは大きい方がいいのですが、画角を稼ぎたい、動画も綺麗に撮りたいのでm4/3で。1インチ以下だとやっぱり画質が落ちるんじゃないかなと。使ったことないですが。LiveMOSというPanasonic独自のセンサーですが、NikonのCCDの色が好きだったのでカスタムでピクチャーコントロールとホワイトバランスを行い、Nikon機に近い発色に設定しています。
画質はよく画素数を重視する傾向があるようですが、これは出力を考えたほうがいいかもしれません。私のような子供の行事を中心に撮る者にとっては、
・テレビ(ビエラ)またはiPadで観る。
・スマホで子供の友達の父母に送る。
・祖父母用に2L判でプリントする。
以上の出力だとハイビジョンの画素数で足りてしまいます。そうなると高画素はトリミングで有利でしょうから将来的に検討したいと思っていますが、プロのように写真を売るわけではないので、個人利用では十分だと思います。
画質も映し出すテレビで決まるところがあるようで、さすがにVIERAではメチャクチャ綺麗に映りますが、2010年製のAQUOSではダメです。PanasonicですからVIERAで綺麗に映るように設計されているんだと思います。
ところが最近はiPad Air2でよく見るので2,048 x 1,536ピクセル解像度に合わせたJPEG設定にしています。間違いなく、私が持っている出力デバイスではiPad Airが一番綺麗に映し出してくれます。

   →mk2では良くなった気がします。

★操作性
家電メーカーが後発的に作ったカメラだけあって、フィルム時代からのユーザーを気にしなくていいようで、以前使っていたNikon機より格段にいいです。すぐに慣れました。レンズの画角リングの方向や、モード切り替えダイアルなどはNikonと同じで完璧です。
GF6と比較すると、ファンクションボタンに電子シャッターのON、OFFを設定できたり、ファンクションボタンの設定で電動ズームを割り当てれば、電動レンズを片手で操作できます。ファンクションボタンが多く、カスタムセッティングも合計5モード設定できるので、カスタムセッティングは撮影場面によって分けています。
程よく重く、シャッター音も重厚さあり気に入っています。このシャッター音がうるさいということでMARK2では静かになったそうです。ちょっと気になります。
OLYMPUSのOM-Dと比較すれば、タッチパネルの操作が断然いいです。OLYMPUSはおそらく、昔からのユーザーがタッチパネルで誤操作しないように、わざとタッチパネルで操作できる範囲を狭めてるのではと思います。

→mk2では確かにシャッター音が静かになりました。
 あと、空間認識AFは早くなったし、正確になった気がします。特に動画撮影中は。

★バッテリー
ライブビュー+動画の撮影が多いとこんなものだと思います。予備2本買い足しました。

★携帯性
コンデジ+コンパクトビデオカメラを1台で済ませたいという私の意図をほぼ満たしてくれております。画質はダントツこちらの方が上です。動画の撮影機会が一気に増え、SDカードも書き込み速度の速いものに買い替えました。

★機能性
挙げればキリがありません。
◯バウンス可能な内蔵フラッシュ
◯AVCHD動画撮影(できるのはソニーとPanasonicだけ)
△動画撮影中の静止画撮影。静止画優先:動画は0.2秒程度止まりますが機械シャッター8コマまで。動画優先:動画が止まらない電子シャッター、スピード1/60のみですが40コマまで(◎OLYMPUSのOM-Dは枚数無制限で、シャッタースピードが設定できます。ここはOM-Dの方が良いです。決定的ですが。)子供の行事にデジカメとビデカメを2台持っていくようなナンセンスなことをしなくて済みます。
◯画面のどこにでもAE、AFを合わせられるタッチシャッター
◯暗いところでも一眼レフ上位機種並みにAFが効く。
◯オリンパスのレンズが使える。
◯非正規ですがマウントアダプターでNikonのレンズも使える。
◯ソニーNEXのように熱暴走しない。
◯チルト液晶
◯WIFIでタブレット接続(iPadの純正リーダーはサムネイルしか出ないのでどのコマを保存するか決めることができないのに対し、Panasonicのアプリは1枚ずつ確認できるので必要なコマだけをiPadに保存ができる。更に、大画面の操作パネルにもなる)
◯EXズームで単焦点レンズがF値通しのズームレンズになる。

→mk2は4Kフォト、4K動画が使えます。フォーカスセレクトはママさんでもピントを外すことはなさそうです。

★液晶
これでダメなら、倍率の高いペンタプリズムの一眼レフファインダーを使うしかありません。

★ホールド感
グリップのホールド感がいいので、ハンドストラップをつけています。

→mk2ではグリップが少し小さくなって、ホールド感は落ちた気がします。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
子供・動物
室内

参考になった14人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶5
ホールド感4
旧型GX7から買い替えです。
当機種レンズGX 45-175mm
当機種4Kフォーカスセレクトの一コマ
 

レンズGX 45-175mm

4Kフォーカスセレクトの一コマ

 

私のYOUTUBEレビュー動画
https://youtu.be/gtku6R1hEVE

以下旧型GX7のレビューです。

使用レンズはGX45-175、GX14-42、G14mmF2.5、mZUIKO45mmF1.8

★デザイン
GF6を使っていましたが、GF6よりデカイ、重い、自撮りができないと手軽さでは負けます。当然ですが。デカくて、重くて、自撮りができない分、可動ファインダー搭載、マグネシウム合金のボディと本格的なカメラであると言えると思います。グリップを握った瞬間に、「これはいつか買おう」と思ったほど、男の手に馴染むデカさと重さです。色は黒ですが、OLYMPUSのOM-Dのシルバーと区別するために黒一色にしました。

   →mk2ではおとなしい黒になりました。

★画質
NikonのAPS機からGF6に乗り換えた時は、「ちょっとコンデジっぽいかな」と思いましたが慣れてしまいました。センサーは大きい方がいいのですが、画角を稼ぎたい、動画も綺麗に撮りたいのでm4/3で。1インチ以下だとやっぱり画質が落ちるんじゃないかなと。使ったことないですが。LiveMOSというPanasonic独自のセンサーですが、NikonのCCDの色が好きだったのでカスタムでピクチャーコントロールとホワイトバランスを行い、Nikon機に近い発色に設定しています。
画質はよく画素数を重視する傾向があるようですが、これは出力を考えたほうがいいかもしれません。私のような子供の行事を中心に撮る者にとっては、
・テレビ(ビエラ)またはiPadで観る。
・スマホで子供の友達の父母に送る。
・祖父母用に2L判でプリントする。
以上の出力だとハイビジョンの画素数で足りてしまいます。そうなると高画素はトリミングで有利でしょうから将来的に検討したいと思っていますが、プロのように写真を売るわけではないので、個人利用では十分だと思います。
画質も映し出すテレビで決まるところがあるようで、さすがにVIERAではメチャクチャ綺麗に映りますが、2010年製のAQUOSではダメです。PanasonicですからVIERAで綺麗に映るように設計されているんだと思います。
ところが最近はiPad Air2でよく見るので2,048 x 1,536ピクセル解像度に合わせたJPEG設定にしています。間違いなく、私が持っている出力デバイスではiPad Airが一番綺麗に映し出してくれます。

   →mk2では良くなった気がします。

★操作性
家電メーカーが後発的に作ったカメラだけあって、フィルム時代からのユーザーを気にしなくていいようで、以前使っていたNikon機より格段にいいです。すぐに慣れました。レンズの画角リングの方向や、モード切り替えダイアルなどはNikonと同じで完璧です。
GF6と比較すると、ファンクションボタンに電子シャッターのON、OFFを設定できたり、ファンクションボタンの設定で電動ズームを割り当てれば、電動レンズを片手で操作できます。ファンクションボタンが多く、カスタムセッティングも合計5モード設定できるので、カスタムセッティングは撮影場面によって分けています。
程よく重く、シャッター音も重厚さあり気に入っています。このシャッター音がうるさいということでMARK2では静かになったそうです。ちょっと気になります。
OLYMPUSのOM-Dと比較すれば、タッチパネルの操作が断然いいです。OLYMPUSはおそらく、昔からのユーザーがタッチパネルで誤操作しないように、わざとタッチパネルで操作できる範囲を狭めてるのではと思います。

→mk2では確かにシャッター音が静かになりました。
 あと、空間認識AFは早くなったし、正確になった気がします。特に動画撮影中は。

★バッテリー
ライブビュー+動画の撮影が多いとこんなものだと思います。予備2本買い足しました。

★携帯性
コンデジ+コンパクトビデオカメラを1台で済ませたいという私の意図をほぼ満たしてくれております。画質はダントツこちらの方が上です。動画の撮影機会が一気に増え、SDカードも書き込み速度の速いものに買い替えました。

★機能性
挙げればキリがありません。
◯バウンス可能な内蔵フラッシュ
◯AVCHD動画撮影(できるのはソニーとPanasonicだけ)
△動画撮影中の静止画撮影。静止画優先:動画は0.2秒程度止まりますが機械シャッター8コマまで。動画優先:動画が止まらない電子シャッター、スピード1/60のみですが40コマまで(◎OLYMPUSのOM-Dは枚数無制限で、シャッタースピードが設定できます。ここはOM-Dの方が良いです。決定的ですが。)子供の行事にデジカメとビデカメを2台持っていくようなナンセンスなことをしなくて済みます。
◯画面のどこにでもAE、AFを合わせられるタッチシャッター
◯暗いところでも一眼レフ上位機種並みにAFが効く。
◯オリンパスのレンズが使える。
◯非正規ですがマウントアダプターでNikonのレンズも使える。
◯ソニーNEXのように熱暴走しない。
◯チルト液晶
◯WIFIでタブレット接続(iPadの純正リーダーはサムネイルしか出ないのでどのコマを保存するか決めることができないのに対し、Panasonicのアプリは1枚ずつ確認できるので必要なコマだけをiPadに保存ができる。更に、大画面の操作パネルにもなる)
◯EXズームで単焦点レンズがF値通しのズームレンズになる。

→mk2は4Kフォト、4K動画が使えます。フォーカスセレクトはママさんでもピントを外すことはなさそうです。

★液晶
これでダメなら、倍率の高いペンタプリズムの一眼レフファインダーを使うしかありません。

★ホールド感
グリップのホールド感がいいので、ハンドストラップをつけています。

→mk2ではグリップが少し小さくなって、ホールド感は落ちた気がします。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
子供・動物
室内

参考になった2

 
 
 
 
 
 

「LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]
パナソニック

LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年 5月18日

LUMIX DMC-GX7MK2-K ボディ [ブラック]をお気に入り製品に追加する <486

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意