『我が家にDMR-BRG2020がやってきた』 パナソニック ブルーレイディーガ DMR-BRG2020 LsLoverさんのレビュー・評価

2016年 5月20日 発売

ブルーレイディーガ DMR-BRG2020

  • HDD容量は2TB、同時録画可能番組数は6番組。
  • 番組表を開くと新番組をポップアップで知らせてくれる「新番組おしらせ」機能により、新番組を毎日すぐにチェックできる。
  • 外出先からもテレビ番組が楽しめる「外からどこでもスマホで視聴」機能、4K撮影動画やハイレゾ音源の再生にも対応。
ブルーレイディーガ DMR-BRG2020 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:ブルーレイレコーダー 同時録画可能番組数:6番組 HDD容量:2TB ブルーレイディーガ DMR-BRG2020のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

ブルーレイディーガ DMR-BRG2020 の後に発売された製品ブルーレイディーガ DMR-BRG2020とブルーレイディーガ DMR-BRG2030を比較する

ブルーレイディーガ DMR-BRG2030

ブルーレイディーガ DMR-BRG2030

最安価格(税込): ¥- 発売日:2017年 5月19日

タイプ:ブルーレイレコーダー 同時録画可能番組数:6番組 HDD容量:2TB
 
  • ブルーレイディーガ DMR-BRG2020の価格比較
  • ブルーレイディーガ DMR-BRG2020の店頭購入
  • ブルーレイディーガ DMR-BRG2020のスペック・仕様
  • ブルーレイディーガ DMR-BRG2020のレビュー
  • ブルーレイディーガ DMR-BRG2020のクチコミ
  • ブルーレイディーガ DMR-BRG2020の画像・動画
  • ブルーレイディーガ DMR-BRG2020のピックアップリスト
  • ブルーレイディーガ DMR-BRG2020のオークション

ブルーレイディーガ DMR-BRG2020パナソニック

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年 5月20日

  • ブルーレイディーガ DMR-BRG2020の価格比較
  • ブルーレイディーガ DMR-BRG2020の店頭購入
  • ブルーレイディーガ DMR-BRG2020のスペック・仕様
  • ブルーレイディーガ DMR-BRG2020のレビュー
  • ブルーレイディーガ DMR-BRG2020のクチコミ
  • ブルーレイディーガ DMR-BRG2020の画像・動画
  • ブルーレイディーガ DMR-BRG2020のピックアップリスト
  • ブルーレイディーガ DMR-BRG2020のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > ブルーレイ・DVDレコーダー > パナソニック > ブルーレイディーガ DMR-BRG2020

『我が家にDMR-BRG2020がやってきた』 LsLoverさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ブルーレイディーガ DMR-BRG2020のレビューを書く

LsLoverさん

  • レビュー投稿数:78件
  • 累計支持数:209人
  • ファン数:12人

よく投稿するカテゴリ

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
6件
4908件
NAS(ネットワークHDD)
7件
4792件
外付けHDD・ハードディスク
5件
729件
もっと見る
満足度4
デザイン4
操作性4
録画画質4
音質4
録画機能3
編集機能4
入出力端子3
サイズ4
我が家にDMR-BRG2020がやってきた

DLNAダビングに関する評価

【概略仕様】
REGZA Z3には、DLNAサーバ(DTCP-IP対応)搭載
LSシリーズは、Twonky Media Server採用
LS400/LS500シリーズは、DiXiM Media Server採用
以下の評価でLS400シリーズとLS500シリーズは同等に動作

1. DMR-BRG2020のDTCP-IPダビング受信(DMR-BRG2020がダビング先の場合)
(1)VIERA=>DMR-BRG2020:対応(マニュアル確認)
VIERA(TV)(ダビング元)からDMR-BRG2020(ダビング先)へのLAN接続ダビング対応
(2)LS400=>DMR-BRG2020:対応
「DLNAサーバー」->「操作する番組を選択」で番組を選択し、「ムーブ」ボタンをクリックする。「ムーブ(移動先)の機器を選択」でDMR-BRG2020をダブルクリックすると確認ウィンドウが表示されるので[ムーブ]ボタンでムーブ(ダビング)を開始
(3)Z3=>DMR-BRG2020:非対応
Z3のレグザリンクでは、ダビング先にDMR-BRG2020が表示されず、ダビング不可
(4)Z3=>LS400=>DMR-BRG2020:対応
レグザリンクからダビング先でLS400を選択するとLAN接続ダビング可能。1(2)の手順でDMR-BRG2020へのダビング完了。
Z3で録画した番組は、DMR-BRG2020で削除可能
(5)nasne=>LS400=>DMR-BRG2020:対応
nasneには、DMR-BRG2020と同様にDTCP-IPダビング送信機能非対応。LS400から1(1)の手順でnasneで録画した番組をLS400シリーズにダビング可能。更に、1(2)の手順でLS400からDMR-BRG2020にダビング可能。DMR-BRG2020にダビングしたnasneで録画した番組は、DMR-BRG2020で削除可能。
(6)HTV-BCT300(I-O DATA)=>DMR-BRG2020:対応
HTV-BCT300のダビング先のDMR-BRG2020選択後、HTV-BCT300の録画番組をDMR-BRG2020にダビング可能

2. DMR-BRG2020のDTCP-IPダビング送信(DMR-BRG2020がダビング元の場合)
DMR-BRG2020には、DTCP-IPダビング送信機能非対応
(1)DMR-BRG2020=>LS400:対応
「DLNAサーバー」->「他の機器からムーブ」または「自動ムーブ設定」から[ムーブ元]からDMR-BRG2020のフォルダ(例:HDD->ビデオ->すべてなど)を選択し、ムーブ(ダビング)したい録画番組を選択し、[ムーブ]ボタンをクリックする。「ムーブ」ウィンドウで保存先(例:LS400シリーズのRecordedなど)を選択し、[次へ]ボタンをクリック
ムーブの日時から
◎今すぐムーブする
〇日時を指定して予約ムーブを行う
を選択し、[次へ]をクリックするとムーブ日時に従いムーブ(ダビング)を開始

(2)DMR-BRG2020=>LS400D=>LS400D:対応
DMR-BRG2020の録画番組を2(1)の手順でLS400DCダビングできる。このダビングした番組をLS410DCから「操作する番組を選択」からダビングした番組を選択し、LS410DXにダビングしたところ、TV、DMR-BRG2020、その他DLNAクライアント(DTCP-IP対応)で再生可能。
DMR-BRG2020の録画番組(DRモード)をLS410DXにダビングすれば、LS410DXのトランスコードにより、Adnorid端末のsMedio Media Playerで視聴可能。
DMR-BRG2020の録画番組(3倍録など)をLS410Dなどにダビングすれば、Adnorid端末のsMedio Media Playerで視聴可能。しかし、DMR-BRG2020の録画番組(DR)をLS410Dなどにダビングした場合、Adnorid端末のsMedio Media Playerで視聴不可。

ダビングした番組は、LS400のDLNAサーバ上でのみ削除可能。Z3からでは「保護されている番組」で削除できません。nasne上の録画番組は、視聴後Z3から削除可能。

(3)DMR-BRG2020=>LS400D=>LS:非対応
DMR-BRG2020の録画番組を2(1)の手順でLS400にダビングできる。このダビングした番組をLS400から「操作する番組を選択」からダビングした番組を選択し、LSにダビング(Recorded-Contens内に)可能。
しかし、DLNAクライアント(TV、PoweDVDなど)から番組を選択したが再生不可。
DMR-BRG2020のお部屋ジャンプリンク(DLNA)サーバ一覧からLS-XHLを選択し、「ビデオ」->「フォルダ」->「recorded-contents」を選択し、番組を選択したがやはり再生不可。
この再生できない番組は、Z3のレグザリンクからLS-XHLのDLNAサーバを選択し、フォルダ->Recorded-Contensを選択して、表示された番組を削除可能。

(4)DMR-BRG2020=>LS:非対応

http://ls-xhlのIPアドレス:9050/nmc/web/

「ムーブ(移動)する番組を選択」には、DLNAフォルダ内の録画番組は、表示されなかった。
コピーワンス(他の録画機器からダビングした)番組は、表示されないと思われる。==>テスト未実施

(5)DMR-BRG2020=>LS400=>nasne:非対応
DMR-BRG2020からLS400へのダビングは、2(1)の手順で可能だが、LS400からnasneへのダビングは、nasneがDTCP-IPダビング受信非対応のため不可。

(6)DMR-BRG2020=>LS400=>HTV-BCT300:対応
2(1)と1(2)の手順で可能、

接続テレビ
液晶テレビ

参考になった7人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
操作性4
録画画質4
音質4
録画機能3
編集機能4
入出力端子3
サイズ4
我が家にDMR-BRG2020がやってきた

DLNAダビングに関する評価

【概略仕様】
REGZA Z3には、DLNAサーバ(DTCP-IP対応)を搭載
LSシリーズは、Twonky Media Serverが採用
LS400シリーズは、DiXiM Media Serverが採用

1. DMR-BRG2020のDTCP-IPダビング受信(DMR-BRG2020がダビング先の場合)
DMR-BRG2020から他のDLNAサーバ(DTCP-IP対応)へのLAN接続ダビングには、非対応。
(1)VIARA=>DMR-BRG2020:対応(マニュアル確認)
VIARA(TV)(ダビング元)からDMR-BRG2020(ダビング先)へのLAN接続ダビングに対応。
(2)LS400シリーズ=>DMR-BRG2020:対応
ダビング先にDMR-BRG2020が表示され、DTCP-IPダビング受信が可能。
(3)Z3=>DMR-BRG2020:非対応
Z3のレグザリンクでは、ダビング先にDMR-BRG2020が表示されないため、ダビングは不可。
(4)Z3=>LS400シリーズ=>DMR-BRG2020:対応
レグザリンクからダビング先でLS400シリーズを選択するとLAN接続ダビング可能。2.1(2)の手順でDMR-BRG2020へのダビングが完了。
Z3で録画した番組は、DMR-BRG2020で削除可能。
(5)nasne=>LS400シリーズ=>DMR-BRG2020:対応
nasneには、DMR-BRG2020と同様にDTCP-IPダビング送信機能を非対応。LS400シリーズから2.2(1)の手順でnasneで録画した番組をLS400シリーズにダビング可能。更に、2.1(2)の手順でLS400シリーズからDMR-BRG2020にダビング可能。DMR-BRG2020にダビングしたnasneで録画した番組は、DMR-BRG2020で削除可能。
(5)HTV-BCT300(I-O DATA)=>DMR-BRG2020:対応
HTV-BCT300のダビング先のDMR-BRG2020選択後、HTV-BCT300の録画番組をDMR-BRG2020にダビング可能。

2. DMR-BRG2020のDTCP-IPダビング送信(DMR-BRG2020がダビング元の場合)
DMR-BRG2020には、DTCP-IPダビング送信機能には、対応していない。
(1)DMR-BRG2020=>LS400シリーズ:対応
「DLNAサーバー」->「他の機器からムーブ」または「自動ムーブ設定」から[ムーブ元]からDMR-BRG2020のフォルダ(例:HDD->ビデオ->すべてなど)を選択し、ムーブ(ダビング)したい録画番組を選択し、[ムーブ]ボタンをクリックする。「ムーブ」ウィンドウで保存先(例:LS400シリーズのRecordedなど)を選択し、[次へ]ボタンをクリックする。
ムーブの日時から
◎今すぐムーブする
〇日時を指定して予約ムーブを行う
を選択し、[次へ]をクリックするとムーブ日時に従いムーブ(ダビング)が開始する。

(2)DMR-BRG2020=>LS400Dシリーズ=>LS400Dシリーズ:対応
LS410DCシリーズからDMR-BRG2020の録画番組をLS400Dシリーズにダビングできる[2.2(1)]。このダビングした番組をLS410DCシリーズから「操作する番組を選択」からダビングした番組を選択し、LS410DXにダビングしたところ、TV、DMR-BRG2020、その他DLNAクライアント(DTCP-IP対応)で再生可能。
DMR-BRG2020の録画番組(DRモード)をLS411DXシリーズにダビングすれば、LS411DXシリーズのトランスコードにより、Adnorid端末のsMedio Media Playerで視聴可能。
DMR-BRG2020の録画番組(3倍録など)をLS410Dシリーズなどにダビングすれば、Adnorid端末のsMedio Media Playerで視聴可能。しかし、DMR-BRG2020の録画番組(DR)をLS410Dシリーズなどにダビングした場合、Adnorid端末のsMedio Media Playerで視聴不可。

ダビングした番組は、LS400シリーズのDLNAサーバ上でのみ削除可能。Z3からでは「保護されている番組」で削除できません。nasne上の録画番組は、視聴後Z3から削除可能。

(3)DMR-BRG2020=>LS400Dシリーズ=>LSシリーズ:非対応
LS400シリーズからDMR-BRG2020の録画番組をLS400Dシリーズにダビングできる[2.2。このダビングした番組をLS400シリーズから「操作する番組を選択」からダビングした番組を選択し、LSシリーズにダビング(Recorded-Contens内に)可能。
しかし、DLNAクライアント(TV、PoweDVDなど)から番組を選択したが再生不可。
DMR-BRG2020のお部屋ジャンプリンク(DLNA)サーバ一覧からLS-XHLを選択し、「ビデオ」->「フォルダ」->「recorded-contents」を選択し、番組を選択したがやはり再生不可。
この再生できない番組は、REGZA Z3のレグザリンクからLS-XHLのDLNAサーバを選択し、フォルダ->Recorded-Contensを選択して、表示された番組を削除可能。

(3)DMR-BRG2020=>LSシリーズ:非対応

http://ls-xhlのIPアドレス:9050/nmc/web/

「ムーブ(移動)する番組を選択」には、DLNAフォルダ内の録画番組は、表示されなかった。
コピーワンス(他の録画機器からダビングした)番組は、表示されないと思われる。==>テストできなかった。

(4)DMR-BRG2020=>LS400シリーズ=>nasne:非対応
DMR-BRG2020からLS400シリーズへのダビングは、2.2(1)の手順で可能だが、LS400シリーズからnasneへのダビングは、LS400シリーズがDTCP-IPダビング送信(アップロードダビング)非対応のため、対応不可。

(5)DMR-BRG2020=>LS400シリーズ=>HTV-BCT300:対応
DMR-BRG2020(DRモード)からLS400シリーズへのダビングは、2.2(1)の手順で可能、LS400シリーズからHTV-BCT300のダビングは、2.1(2)と同様にダビング先にHTV-BCT300が表示されるので、これを選択してダビング可能。

接続テレビ
液晶テレビ

参考になった6

 
 
 
 
 
 

「ブルーレイディーガ DMR-BRG2020」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

ブルーレイディーガ DMR-BRG2020のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

ブルーレイディーガ DMR-BRG2020
パナソニック

ブルーレイディーガ DMR-BRG2020

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年 5月20日

ブルーレイディーガ DMR-BRG2020をお気に入り製品に追加する <1492

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ブルーレイ・DVDレコーダー)

ご注意