『じっくり物語を楽しみたく、テレビの前にあまりいられない人向け』 アクアプラス うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita] 酒缶さんのレビュー・評価

2016年 9月21日 発売

うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita]

  • 「うたわれるもの 偽りの仮面」の続編にあたり、「うたわれるもの」シリーズ三部作の最終章のストーリーが描かれるAVG+S・RPG。
  • 「シミュレーションパート」の特定のキャラクターの組み合わせで出す合体技「協撃必殺技」には専用カットインが用意されている。
  • 「アドベンチャーパート」では、途中、移動先を聞かれることがあり、移動先によってさまざまなイベントが発生する。
うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita] 製品画像

画像提供:Qoo10 EVENT

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥1,980

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥1,980〜¥7,480 (8店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥6,800

店頭参考価格帯:¥― (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

ジャンル:AVG+S・RPG プレイ人数:1 CERO:CERO「C」15歳以上対象 うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita]の価格比較
  • うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita]の店頭購入
  • うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita]のスペック・仕様
  • うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita]のレビュー
  • うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita]のクチコミ
  • うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita]の画像・動画
  • うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita]のピックアップリスト
  • うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita]のオークション

うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita]アクアプラス

最安価格(税込):¥1,980 (前週比:±0 ) 発売日:2016年 9月21日

  • うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita]の価格比較
  • うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita]の店頭購入
  • うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita]のスペック・仕様
  • うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita]のレビュー
  • うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita]のクチコミ
  • うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita]の画像・動画
  • うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita]のピックアップリスト
  • うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita]のオークション
ユーザーレビュー > ゲーム > PlayStation Vita ソフト > アクアプラス > うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita]

『じっくり物語を楽しみたく、テレビの前にあまりいられない人向け』 酒缶さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1996年より某玩具会社のゲーム部門に所属し、コンシューマゲームのディレクション、企画、シナリオ・クイズ・マップ・スクリプト作成などをこなすが、ゲーム関係の仕事を幅広くしたくなり、2007年に独立。

1万本以上のゲームソフトを所有す…続きを読む

満足度5
操作性4
グラフィック4
サウンド5
熱中度5
継続性5
ゲームバランス5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

じっくり物語を楽しみたく、テレビの前にあまりいられない人向け
 

パッケージ表

パッケージ中身

 

【概要】
・前作の終盤で亡くなったオシュトルの遺志を継ぎ、オシュトルの仮面をつけてオシュトルとして過ごすことになったハクが、仲間たちと共に戦いに身を投じるアドベンチャー+シミュレーションRPG。

・操作方法(アドベンチャーパート)
 方向キー・左スティック 項目の選択
 ○ボタン メッセージ送り
 ×ボタン メッセージウインドウ消去
 △ボタン オートモード
 Lボタン バックログボタン
 Rボタン メッセージスキップ
 STARTボタン システムメニュー

・操作方法(シミュレーションパート)
 方向キー・左スティック カーソル移動
 右スティック カメラの回転
 ○ボタン 決定・シミュレート機能
 ×ボタン キャンセル
 △ボタン 行動範囲の確認/切り替え
 □ボタン ユニット詳細の表示・全体マップの表示
 Lボタン 連撃効果範囲内の対象ユニットにカーソル移動
 Lボタン長押し+方向キー 行動ユニットにカーソル移動
 Rボタン 早送り
 STARTボタン システムメニュー
 SELECTボタン 行動順リストの切り替え/連撃の自動成功切替
 スクリーン左側をタップ カメラ位置の変更
 スクリーン右側をタップ 行動手順の巻き戻し

・タイトル画面から選べる項目は7種類。
「初めから」ゲームを最初から始める
「続きから」セーブデータからの再開
「中断データから再開」バトル中の中断セーブからの再開
「用語辞典」ゲーム中に登場した用語の確認
「特典」ゲームに登場したCGやBGMなどの閲覧
「設定」各種設定
「クロスセーブ」PSNを利用したPS3版、PS4版とのセーブデータのやり取り


【評価】
・基本的なゲーム内容については、PS3版と同じなので、PS3版のレビューも併せてご確認ください。
https://review.kakaku.com/review/K0000867723/ReviewCD=1184628/


・今回はPS3版でクリアしたセーブデータを、クロスセーブ機能を使って移行してみたが、タイトル画面の「クロスセーブ」からすぐにデータのやり取りができた。ゲームのタイプ的には携帯ゲーム機にある程度適したタイトルなので、外ではPS Vita版、家ではPS3やPS4でのプレイ、という遊び方に向いていると思う。特にアドベンチャーパートが結構長いため、移動時にアドベンチャーパートをひたすら進めるという遊び方は十分にアリだと思う。

・アドベンチャーパートはオートプレイやスキップ、バックログなど、アドベンチャー系のゲームでは定番の操作が一通りあるため、快適にプレイができる。セーブもそれなりにできるが、選択肢があるわけではないので、クイックセーブやクイックロードがなくても特に問題なし。

・PS3版と比較すると、PS Vita版ではボタンが足りないため、L1ボタンとR1ボタンの操作がタップに対応しているので、画面を触るのが嫌でなければ特に操作で困ることはない。

・シミュレーションバトル部分では、攻撃時にタイミングよくボタンを押す必要があるが、連撃の自動成功切替ができるため、移動時のプレイでは自動成功にするような遊び方をすると、移動時にもストレスなく遊べる。


【まとめ】
・じっくりと壮大な物語を楽しみたい人向けのゲーム。クリアまでプレイしようとすると、かなり膨大な時間が掛かる割には、シミュレーションバトル部分以外はあまりボタン操作の要らないゲームなので、テレビで遊んでも携帯ゲーム機で遊んでも、あまり差がないゲームと言えます。それゆえに、ご自身の遊びたい環境で遊べば問題なく、テレビの前にいる時間がない人はぜひPS Vita版をどうぞ。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita]
アクアプラス

うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita]

最安価格(税込):¥1,980発売日:2016年 9月21日 価格.comの安さの理由は?

うたわれるもの 二人の白皇 [通常版] [PS Vita]をお気に入り製品に追加する <10

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
ユーザー満足度ランキング

PlayStation Vita ソフト
(最近3年以内の発売・登録)


ランキングを詳しく見る


新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(PlayStation Vita ソフト)

ご注意