『何て楽な音だろう。』 STAX SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S] いえからWON!さんのレビュー・評価

SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S] 製品画像

画像提供:Qoo10 EVENT

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥64,701

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥64,701

e逸品館

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥64,701〜¥71,890 (10店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥67,500

店頭参考価格帯:¥71,890 〜 ¥71,890 (全国39店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 駆動方式:コンデンサ型 再生周波数帯域:7Hz〜41kHz SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S]のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S]の価格比較
  • SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S]の店頭購入
  • SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S]のスペック・仕様
  • SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S]のレビュー
  • SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S]のクチコミ
  • SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S]の画像・動画
  • SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S]のピックアップリスト
  • SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S]のオークション

SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S]STAX

最安価格(税込):¥64,701 (前週比:±0 ) 発売日:2016年 4月中旬

  • SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S]の価格比較
  • SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S]の店頭購入
  • SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S]のスペック・仕様
  • SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S]のレビュー
  • SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S]のクチコミ
  • SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S]の画像・動画
  • SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S]のピックアップリスト
  • SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S]のオークション

『何て楽な音だろう。』 いえからWON!さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:46件
  • 累計支持数:395人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

プリメインアンプ
4件
2件
レコード針
0件
5件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン2
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性無評価
音漏れ防止無評価
携帯性無評価
何て楽な音だろう。

前から一度聴いてみたかったSTAXのヘッドホン、ベースモデルですが今聴いています。
・・シンバルの余韻がキレイ、ベースの輪郭が見えるよう、ピアノの弦が共振しているのが分かる、シュワルツコップが目の前に立っている。・・なんて言ってもしょうがないので止めます。だってそう聴こうと思えば高級機はどれもそういう表現が出来ちゃいますから。
これは特別変わった音を出すわけでもありませんし普通の音です。
魅力的な音色やすごい解像感を期待すると別に何てこと無い音です。
ですが、それがどれほど根本的で特異な事かを以下に書いてみようと思います。

私は昔から(「時計仕掛けのオレンジ」にSTAXとおぼしきスピーカーが出て来た頃から)、STAXの独特なプロダクツに憧れがありました。
これまで使った事はなかったのですが、買いやすい値段で出て来たのでコイツを買ってみましたが、ヘッドホンとは何ぞやと改めて考えさせられています。

どこかで何かの音が発生して耳に届く。これが聴こえるということです。
そしてどんなに優れた音響機器であっても耳にとっては異物です。
特にヘッドホンは耳の直近に置くものですから、それが音と鼓膜の間で異物となってしまうか否か。大げさですがそんな考えが浮かんで来ます。
このヘッドホンで聴いていると、エアコンの音も犬の鳴き声も冷蔵庫の音も聞こえますし同じように音楽が耳に入って来ます。
開放型なので当然だとしてもかなり極端です。
試しに何か曲を聴きながら、このヘッドホンの両側に手のひらを近付けて行きす。
音が変わって行きます。
今度はヘッドホンを外して両耳に手のひらを近付けてみます。
同様に音が変わります。
周囲の暗騒音の聞こえ方が手のひらによって変わることを体験できる訳ですが、更に耳を手のひらで塞いでしまうといわゆる貝の耳になります。自分の耳の雑音や心臓の音が聴こえ始めだんだん落ち着かなくなります。無響室に入った様な状態です。
ここでひとつ気付きます。STAXは、現実の音と鼓膜の間に薄い膜を張って振動させている、ただそれだけのものでした。
現実音と同様の平面波の音楽が現実音の一部として鼓膜に到達すると、現実音との境い目があいまいになります。脳がそう感じます。
一人デスクワークをしている時など、他の密閉型や耳に突っ込むタイプだとすぐに頭が痛くなるのにSTAXで聴いているとかなり長い時間聴いていられます。それが不思議でしたが、再生音が現実音に近く、特にその時疲れる曲も掛けていなかったので疲れないのは当然のことでした。

考えてみれば現実の音に「疲れる音」というものはありません。現実音は美しいもヘチマもなく、うるさい音だとか汚い音が聴こえた時はその音を発生させた現象が起きただけであって、例えば暗騒音に対して「好みの音色では無いなぁ」等と言うことは出来ません。
何だか、このSTAXも、好み云々の向こう側の世界に行ってしまっているような気がします。

この製品を褒めるのは難しいです。
ギターの輝き、ベースの圧力、空間の見事さ云々、分かりやすい表現が出来れば良いのですが、そういう表現をすればするほど録音内容を褒めていることにすり替わってしまいます。
もしかするとSTAXの凄さが分かって昔から愛用している方々も、これをどう褒めて良いのか分からないのではないでしょうか。と言うより、ただ長いこと使い続けている内に、とっくに機器が消えてしまっているのかも知れません。

音と鼓膜の間で、空中にただ置かれた薄膜であればほとんど異物感は感じません。虫かごのような箱を両耳に掛け、平べったくて重いコードをぶら下げている姿は異物感たっぷりですが、音はとても楽です。

主な用途
音楽
映画
ラジオ
接続対象
PC

参考になった27

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
STAX SR−Xmk3の後継を探して  4 2020年7月19日 00:00
価格に充分見合う内容です  4 2020年1月16日 00:09
演奏の雰囲気が感じられる素晴らしさ  5 2019年12月12日 16:04
何て楽な音だろう。  5 2016年10月1日 00:50
なかなかいいのでは?  4 2016年5月6日 01:39

SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S]のレビューを見る(レビュアー数:5人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S]
STAX

SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S]

最安価格(税込):¥64,701発売日:2016年 4月中旬 価格.comの安さの理由は?

SRS-3100 [SR-L300 + SRM-252S]をお気に入り製品に追加する <46

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意