『デザインはミニそのもので爽快なオープンエアが楽しめる』 ミニ MINI CONVERTIBLE (コンバーチブル) 2016年モデル 松下宏さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ミニ > MINI CONVERTIBLE (コンバーチブル) 2016年モデル

『デザインはミニそのもので爽快なオープンエアが楽しめる』 松下宏さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

MINI CONVERTIBLE (コンバーチブル) 2016年モデル

MINI CONVERTIBLE (コンバーチブル) 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格2

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

デザインはミニそのもので爽快なオープンエアが楽しめる

ミニは輸入車の中でも高い人気を集めるモデルだ。人気の理由に豊富なバリエーションを持つことがあげられる。現在はBMWミニの2代目から3代目への移行の途中だが、2代目ミニで見ると3ドア、5ドア、コンバーチブル、クーペ、ロードスター、クラブマン、クラブバン、ペースマン、クロスオーバーなど、いろいろなタイプが設定されていた。

売れ筋の中心は3ドアと5ドアだが、やや意外なことにオープンボディのコンバーチブルも高い比率で売れているという。実用性に欠けるオープンカーはあまり売れないのが普通だが、ミニではほかの車種に比べてコンバーチブルの人気が高い。そのため、3代目ミニのラインナップにも早い段階でコンバーチブルが設定されている。3ドア、5ドア、クラブマンに次いで発売されたのがコンバーチブルである。

ミニコンバーチブルには、BMWが横須賀市のレストランをベースに開催したメディア関係者向け試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。試乗グレードはクーパーとクーパーSの2モデルで、ほかの機会にジョンクーパーワークスにも試乗しているので、ミニコンバーチブルの全モデルに試乗したことになる。

3代目ミニは2代目ミニに比べてボディが拡大されているので、コンバーチブルも全長と全幅が大きくなっている。外観デザインは見るからにミニに仕上げられていて、ソフトトップを持つことを除けば、ベースとなった3ドアとほとんど変わらないようなデザインだ。

ソフトトップは完全電動式で、ルームランプの近くに設けられたスイッチを操作するだけで開閉できる。ソフトトップの開閉時にもロックを外したりする必要がない。これまでのBMWミニのコンバーチブルと同様にサンルーフ機能を備えるのも特徴である。

ソフトトップの開閉に要する時間は18秒だから、まずまず短いほうだ。時速30kmまでの低速走行時なら走行中に開閉することもできる。また駐車時にはリモコンキーの操作による開閉も可能だ。サンルーフ部分については時速100kmでの走行中にも開閉が可能だ。

今回のモデルにはオールウェイズ・オープン・タイマーという機能が備えられ、オープンにした積算時間をメーター上に表示するほか、15分ごとの経過時間も知らせてくれる。ルーフを開けて走ることを促す装備である。爽快なオープンエアを楽しみたい。

このほか、ソフトトップにヘリボーン柄でユニオンジャックを織り込むこともできるようになった。オプション価格は8万5000円で決して安くはないが・・・。

ソフトトップは従来と同様にボディの後部に折り畳まれる形になる。このため幌を開けたときの後方視界はすこぶる悪いものにならざるを得ない。後退時にはバックビューモニターによって安全確認ができるが、走行中に後方に注意を払いにくいのは何ともしがたい。

インテリア回りのデザインや雰囲気なども3ドアのミニと共通である。ボディが拡大されたこともあって、後席の足元空間は旧型モデルに比べて40mm拡大し、ショルダールームは30mm拡大している。後席の乗員もより快適に過ごせるようになった。

トランクの容量は幌の開閉によって変わり、クローズドの状態なら従来のモデルよりも大幅に拡大された215Lの容量を持つ。ただ、幌を開けたときには160Lの容量だから、ミニコンバーチブルで荷物を積んでなどとは考えないほうが良いだろう。

3ドアに比べたらAピラーの傾斜が強められているが、ほかのコンパクトクラスのオープンモデルに比べたら傾斜の度合いはさほどではなく、むしろ直立に近いと言っても良い。なので乗り降りはしやすいほうだ。Aピラーの先端に頭をぶつけたりすることは少ないと思う。

搭載されるパワートレーンは3ドアのミニと共通である。クーパーには直列3気筒1.5Lのターボ仕様エンジンが搭載され、100kW/220N・mの動力性能を発生する。クーパーSには直列4気筒2.0Lのターボ仕様エンジンが搭載され、141kW/280N・mを発生する。いずれも電子制御6速ATとの組み合わせだ。

ミニコンバーチブルの車両重量はクーパーが1320kgでクーパーSが136kg。これは3ドアに比べると100kg以上重い数値である。オープンカーはボディを補強するためにどうしても重くならざるを得ないのだ。

なので走りのフィールは3ドアに比べるとややかったるい感じになるのだが、実際に走らせて鈍重な印象を受けるようなことはない。クーパーでは高速道路での合流や追い越し加速時にもう少しパワーをと思わせられたが、クーパーSでは全く問題なく走れた。むしろミニらしいゴーカートフィールにあふれた走りである。

ちなみにミニコンバーチブルにも3種類の走行モードが設定されていて、効果的な走る喜びが得られるグリーンモード、際立つミニの走る喜びが得られるミッドモード、最高のゴーカートフィーリングが得られるスポーツモードを、シフトレバーの根元に設けられたスイッチによって選択できる。3種類のモードのメリハリはそれなりに効いているので、その日の気分や状況に合わせて選択したら良い。

オープンカーの割にボディの緩さを感じさせないのは、ボディの各部に効率的な補強がなされているからだろう。ワインディングなどでも安心感のある走りを示す。

なお、別の機会に試乗したジョンクーパーワークスは、内外装に専用のデザインが与えられるほか、専用のブレーキシステム、専用のエギゾーストシステムなどが与えられている。搭載エンジンにも専用のチューニングが施され、170kW/320N・mを発生する。走りのフィールは豪快そのものといった感じになる。

3代目になったミニコンバーチブルの価格は2代目に比べてかなり高くなり、クーパーで342万円、クーパーAは397万円、ジョンクーパーワークスは483万円の設定である。ミニではこれにたくさんのオプションを装着して乗るのが普通だから、クーパーでも400万円を軽く超えるような予算が必要である。


レビュー対象車
試乗

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「MINI CONVERTIBLE (コンバーチブル) 2016年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
文句なしの一台  4 2018年10月10日 13:25
初めてのオープンで1年半過ごして  5 2017年9月10日 10:22
唯一無二  5 2017年2月17日 15:10
デザインはミニそのもので爽快なオープンエアが楽しめる  4 2016年9月23日 03:05
初のオープンカー  4 2016年8月10日 16:57

MINI CONVERTIBLE (コンバーチブル) 2016年モデルのレビューを見る(レビュアー数:5人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

MINI CONVERTIBLE (コンバーチブル) 2016年モデル

MINI CONVERTIBLE (コンバーチブル) 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

MINI CONVERTIBLE (コンバーチブル)
ミニ

MINI CONVERTIBLE (コンバーチブル)

新車価格帯:373〜523万円

中古車価格帯:178〜560万円

MINI CONVERTIBLE (コンバーチブル) 2016年モデルをお気に入り製品に追加する <39

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意