h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク] レビュー・評価

2016年 4月16日 発売

h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク]

  • ハイレゾ対応スピーカーとしては世界最小(※発売時)をうたう、コンパクトなワイヤレススピーカー。
  • ハイレゾ再生に理想的な素材を採用した独自開発の約35mm口径ハイレゾ対応フルレンジスピーカーユニットを搭載。
  • 重低音を重視したEXTRA BASS機能により、迫力ある低音域再生が楽しめる。
h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク] 製品画像

拡大

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク]の価格比較
  • h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク]の店頭購入
  • h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク]のスペック・仕様
  • h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク]のレビュー
  • h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク]のクチコミ
  • h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク]の画像・動画
  • h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク]のピックアップリスト
  • h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク]のオークション

h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク]SONY

最安価格(税込):¥28,080 (前週比:±0 ) 発売日:2016年 4月16日

  • h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク]の価格比較
  • h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク]の店頭購入
  • h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク]のスペック・仕様
  • h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク]のレビュー
  • h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク]のクチコミ
  • h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク]の画像・動画
  • h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク]のピックアップリスト
  • h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク]のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > Bluetoothスピーカー > SONY > h.ear go SRS-HG1 > h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク]

h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.35
(カテゴリ平均:4.29
レビュー投稿数:62人 (プロ:1人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.62 4.45 -位
品質 作りはよいか 4.34 4.37 -位
音質 音質のよさ 4.31 4.11 -位
通信の安定性 接続のしやすさ、通信の安定性 3.90 4.26 -位
操作性 操作・設定のしやすさ 3.79 4.01 -位
サイズ・携帯性 省スペース性・コンパクトさ 4.50 4.35 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示対象
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「使用目的:その他」で絞込んだ結果 (絞込み解除

だいすけ+さん

  • レビュー投稿数:43件
  • 累計支持数:338人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
11件
315件
タブレットPC
5件
60件
デジタル一眼カメラ
1件
34件
もっと見る
満足度4
デザイン5
品質5
音質4
通信の安定性4
操作性5
サイズ・携帯性4

お恥ずかしいというか無駄な話かもしれませんが、SRS-XB40に日数と時間をかけてようやく決めて手に入れたのに、こちらも中古の激安価格を見てちょっと無理して手に入れてしまいました。電器店店頭でわからなかった事も色々分かりましたので、初見レビューにはなりますが参考までに記載します。

【デザイン】
元々気に入ってました。SRS-XB40がパリピ心をくすぐられるのに対し、こちらはおしゃれ心をくすぐるデザインですね。少なくとも、こんなデザインやカラーの製品はないので、私のようにh.earシリーズカラーが好きならはまると思います。

【品質】
色々レビュー拝見していて、ショボいと感じる方が多いイメージがありました。私はまるっきり逆で、とても高級感を感じました。ハイエンドスマホのようなしっかりした作りな気がします。ただ、好みなのでしょうね。それも何となくわかります。

【音質】
なんといっても、スピーカーですから一番ここが気になりますよね。専門用語であーだこーだ語れるタイプでないし、詳しくないのでおかしなことを言っていたら申し訳ございませんが、詳しくない人間なりのレビューを書きます。そもそも、イヤホンから含め、過去は、ハイレゾなんて、そんなわかるものなの?という感じでしたが、こんな詳しくない人間でも分かる質はしてます。主に、音がクリアになること、また聞こえない音が聞こえるようになった、と感じたのが私でした。が、ぶっちゃけこのようなスピーカーだとわからないんじゃ、と思ってたら、このようなスピーカーでもそれは体験できるものでした。というか、ここまでは店頭で確認していた事項です。で、手に入れてやっと分かったことですが、主に、屋外、車の車内(移動中)、静かにする必要のある自室内という3つでそれぞれ利用環境が異なり面白かったので順に書きます。一つは車での差。個人感覚ですが、ナビは似たようなハイレゾ再生や補正アンプ内蔵のものを使用していますが、スピーカーは車購入時のままのものを使用してます。それもあり、あまり期待はしていなかったものの、A35(Bluetooth接続)等からの音楽再生はなかなかのものです。反面燃費がガクッと悪くなるので、モバイルスピーカーで代用できたら、と思ってました。こちらについては、予想以上に力が発揮されてました。電器店では、運転中の走行音などでのハウリング?で、スピーカーの良さに対する効果が発揮されない、と言われてましたが、されてるように感じました。次に屋外です。使用して問題ない場所でカバンに入れながら使用したのですが、SRS-XB40と比べて、カバンの中にあって、外気と接触しない、一枚壁があるような状況にも関わらず、とてもクリアに聞こえました。基本的にSRS-XB40は正面スピーカーとまっすぐ向き合うようにしないとこもって聞こえてしまうので、そこは差を感じました。そして一番驚いたのは自室内での試用結果でした。購入前の電器店での利用、車の走行中での利用、屋外利用、いずれもそれなりの音量を出してたというのが共通でした。が、室内で静かにする必要がある環境で再生したところ、なんとSRS-HG1はこもって聞こえるような感じになってしまいました。逆にSRS-XB40の方がクリアに聞こえる感じがしました。もしかして、ハイレゾ云々より、パワーの差が出てるのですかね。SRS-XB40は、64W(32W+32W)だから、音量を小さくしても音はしっかり出る、みたいなことでしょうか。おかしなことを言っていたら申し訳ございません。

【通信の安定性】
通常のBluetooth接続でも、何度か遅延がありました。電器店の方では、LDACの音質優先にした時だけ起こっていたのですが。様子を見たいと思います。また、今のところ、Songpalアプリからの初期設定(Wi-Fiルーターへの接続設定)がうまく行きません。本体から直接WPSを使ったら接続は出来たし、接続試験もうまくいっているのですが、初期設定のみ出来ていません。なお、Songpalアプリからは、Bluetooth接続での認識はされたりされなかったりするので、されたときはWi-Fi機能を省いたメニューで設定を見たり変えたり他が出来ます。

【操作性】
シンプルで問題ないかと思います。Songpalアプリのイコライザー等で若干混乱しそうですが、SRS-XB40がライティングやDJ機能がある分多機能で操作上わかりにくいのがあるのに対し、それよりかは純粋な音設定と本体設定が多少あるくらいなので、前述の初期設定を除けば使いやすいと思います。JBLよりわかりやすいとは感じました。

【サイズ・携帯性】
私は十分小さい・軽いと思います。そもそも、SRS-XB40でも重さは許容範囲で、大きさも手持ちは十分許容範囲で鞄収納だけはぎりぎり許容範囲、といった感じなので、十分小さく感じます。一番わかりやすいのは400mlのステンレスボトルを想像していただければと。重さはプラスもう少しありますが、サイズとしてはあんな外寸を四角形にした感じなので、少なくとも私はその感覚で出し入れしてます。

【総評】
失敗したなと思ったのは、音を小さくしても、オーケストラ等の音楽がきれいにはっきり聞こえる、と思っていたところ、SRS-XB40の方が上手だった、というところでした。大体小さい音量の比較はなかなかされないかもしれないですから参考にならないかもしれませんが、店頭ではまず確認出来ない事のほうが多いかと思いますので書き記します。逆に、音量を上げた際、スピーカー正面に向き合えば、SRS-XB40といい勝負ですが、カバンに入れるなどスピーカーと向き合わない場合は、SRS-HG1の方がすごいです。ここまで差し当たりBluetooth接続の音再生の事しか書きませんでしたが、SRS-XB40とのハイレゾ関連以外の違いとして、Wi-Fi接続機能搭載による各種機能がプラスであるので、そちらはまた追々確認してみます。あと、パーティーチェーンが出来るようになってくれたら面白そうですね。SRS-XB40をサブウーファーのようにして音再生出来そうですし。アップデートで出来るなら期待したいと思います。

接続対象
スマートフォン
使用目的
ゲーム
音楽鑑賞
映像視聴
その他

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

アツ( ̄▽ ̄)さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:37人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

ホームシアター スピーカー
1件
15件
タブレットPC
0件
6件
Bluetoothスピーカー
1件
5件
もっと見る
満足度4
デザイン4
品質4
音質3
通信の安定性4
操作性3
サイズ・携帯性4

SONYのNT5のシアターバーを所有しておりHG1をリアスピーカーにする目的と、HG1を2台接続してステレオ再生も試したい為に購入しました。
まず2台接続のステレオ再生は、本体がコンパクトでありながらも音に迫力ありextrabaseをONにすると低音がかなり増します! 重低音好きには良いと思います。 自分には低音がどうも過剰過ぎです。
extrabaseをオフでCLEARAUDIOに切り替えてみると少し低音は弱くなりますが、中音高音のバランスが良くなりフラットに鳴らしてくれてますが、低音が少し強過ぎです。
辛口評価すればHG1のサイズでは中音高音の伸びや音の透明感はシアターバーであるNT5には及びません。 また絨毯等に床置きすると音がかなりこもるので、台の上で聴くのベストです。
BOSEのサウンドリンクミニと比較すると
中音高音の音の出方や伸び、リアスピーカーにもなることも考えればトータルでは優秀な製品かと思います。BOSEは聴きやすい低音と中高音は刺さらない音で聴き疲れしないですね。 自宅メイン使用ならHG1を2台購入しステレオ再生するより更に上位機種購入するのがよいです。
ただsongpalのアプリは動作不安定なところがあるのがマイナスですね。

接続対象
その他
使用目的
音楽鑑賞
映像視聴
その他

参考になった6人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度5
デザイン4
品質4
音質5
通信の安定性4
操作性5
サイズ・携帯性4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

フロントグリル(網)は、取り外し可能。

背面に普段使わない設定関係のボタンを配置。

天面操作部。EXTRA BASSは常用しても良いかも。

メーカーからサンプル機(プレス用)をお借りしてのレビューです。

【デザイン】
直方体のシンプルな造型です。スッキリしていて洗練度が高く、カラーバリエーションは5色と豊富で、幅広いテイストのインテリアにマッチすると思います。

【品質】
コンパクトですが、質量は約790gとズッシリと重く、いろいろ詰まっているような物量感があります。

【音質】
Walkman「Aシリーズ」と組み合わせ、Bluetooth接続(LDAC/音質優先)で試聴すると、音質はBluetoothの枠を超える良さを感じましたが、低域の痩せ、高域のギラつきなど、気になる部分もあります。(「EXTRA BASS」機能をONにすると、バランス感は改善して良い感じに盛ることができますが・・・)
一方、LAN接続すると様相は一変。鳴りが良く、階調表現の向上で低域の質感や奥行き感がアップ。女性ヴォーカルの高域限界付近も、余裕と粘りがあって、柔らく耳障りの良い音に化けました。従来のコンパクトスピーカーとは格違いの魅力的な音質が楽しめます。
本機の実力を確認するには、WiFi接続での試聴をお勧めします。

【通信の安定性】
Walkman「Aシリーズ」とBluetooth(LDAC/音質優先)接続では、7m程度の距離で断続的に音切れが発生しました。LDAC/接続優先に設定を変更しても、10mは厳しそうです。1m以内でも、Walkmanを手に取って操作していると、音切れを生じるケースがありました。(人間がWalkmanに触れていなければ、5mくらい離れていてもOKで、実用上は問題無いと思いますが、ご参考まで)
WiFi接続はハイレゾ再生でも安定していました。ハイレゾを楽しむなら、WiFiの利用をお薦めします。
(規格上、BluetoothとWiFiでは、スループットが桁違いで、当然と言えば当然ですが・・・)

【操作性】
NFC対応で、Bluetooth接続や切断が簡単です。
WiF接続できる環境では、ソニーが無償で提供するアプリ「SongPal」が利用でき、ネットワーク上の音楽ファイルを選択したり、音量調整もできます。(WalkmanとBluetooth接続で再生している際も、アプリで音量調整できました。)

【サイズ・携帯性】
宅内での移動には全く問題ありませんが、約790gと重量級で、カバンに入れて日常的に携行するのは辛いと思います。

【総評】
機能としてWiFi/DLNAが利用でき、ハイレゾ再生音質も、この価格とサイズを考えると大変優秀です。
自宅で移動が簡単な、ハイファイオーディオとして活用できそうです。
自宅ではWiFi、出先ではBluetoothと使い分ければ、1台2約でコストパフォーマンスも高く感じます。
ほか、6月にソフトウェアアップデートを予定していて、ソニー製シアターシステム(ワイヤレス対応製品)のリアスピーカーとしても利用できるようになるとのことで、より多目的に使えるのも興味深いです。
今、このサイズのポータブルスピーカーを買うなら、第一候補にすべき1台だと思います。

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク]
SONY

h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク]

最安価格(税込):¥28,080発売日:2016年 4月16日 価格.comの安さの理由は?

h.ear go SRS-HG1 (P) [ボルドーピンク]をお気に入り製品に追加する <60

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[Bluetoothスピーカーの選び方]

Bluetoothスピーカーの選び方

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(Bluetoothスピーカー)

ご注意