『写真の楽しさを思い出させてくれた』 CANON EOS 80D ボディ pent2houseさんのレビュー・評価

EOS 80D ボディ

  • 約2420万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーや映像エンジン「DIGIC 6」を搭載した、ミドルクラス向けデジタル一眼レフカメラ。
  • 常用ISO感度最高16000(動画撮影時:ISO12800)を達成し、室内や夕暮れなどの暗いシーンでもノイズを抑えた撮影ができる。
  • 追従性の高い「デュアルピクセルCMOS AF」で動画撮影のスムーズなAF動作が可能なほか、フルハイビジョン60p動画記録に対応する。
EOS 80D ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):¥77,780 (前週比:-20円↓)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2016年 3月25日

店頭参考価格帯:¥77,780 〜 ¥112,140 (全国706店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ : 一眼レフ 画素数:2580万画素(総画素)/2420万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/22.3mm×14.9mm/CMOS 重量:650g EOS 80D ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • EOS 80D ボディの価格比較
  • EOS 80D ボディの中古価格比較
  • EOS 80D ボディの買取価格
  • EOS 80D ボディの店頭購入
  • EOS 80D ボディのスペック・仕様
  • EOS 80D ボディの純正オプション
  • EOS 80D ボディのレビュー
  • EOS 80D ボディのクチコミ
  • EOS 80D ボディの画像・動画
  • EOS 80D ボディのピックアップリスト
  • EOS 80D ボディのオークション

EOS 80D ボディCANON

最安価格(税込):¥77,780 (前週比:-20円↓) 発売日:2016年 3月25日

  • EOS 80D ボディの価格比較
  • EOS 80D ボディの中古価格比較
  • EOS 80D ボディの買取価格
  • EOS 80D ボディの店頭購入
  • EOS 80D ボディのスペック・仕様
  • EOS 80D ボディの純正オプション
  • EOS 80D ボディのレビュー
  • EOS 80D ボディのクチコミ
  • EOS 80D ボディの画像・動画
  • EOS 80D ボディのピックアップリスト
  • EOS 80D ボディのオークション

『写真の楽しさを思い出させてくれた』 pent2houseさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:504人
  • ファン数:12人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
175件
レンズ
8件
33件
ビデオカメラ
0件
3件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質3
操作性5
バッテリー5
携帯性3
機能性3
液晶4
ホールド感5
写真の楽しさを思い出させてくれた

【カメラに目覚めたきっかけと思い出】
思い出話からスタートしてしまうが、少年の頃、最初に手にしたカメラはNikon FM2だった。

当時世界初の1/4000秒のシャッタースピード。カタログの飛行機のプロペラが止まって写っている。「なんてすごいんだ」と心躍った。今はプロペラがブレて写ったほうが躍動感が伝わっていいらしい。当時とは逆である。

「カメラ小僧」という言葉は当時もあったが。いまでは女性を撮る人たちのこと(?)をいうようである。私が追いかけていたのは飛行機で、少年の頃の私にとって望遠レンズこそ男のロマンだった。

シグマの1000ミリのミラーレンズに2倍テレコンを付けて2000ミリ相当に改造(?)して上空高く飛ぶ飛行機を追いかけていた。

その後留学をきっかけに趣味とは無縁の生活になり、カメラのことを次第に忘れてしまう。

【眠っていたものが目覚める】
時は流れ、私も父親になった。当時コンデジしか持っていなか私は子供の運動会の写真係に募集してしまう。

妻に「(写真係は)一眼レフ持っている人がやるもんだよ」と言われたが「元カメラ小僧」の血が騒いだのだろう。結果は幸いにも(後述)落選。

運動会当日、写真係の奥さんがカメラマン用の黒いグローブを付けて、颯爽と長いレンズをつけた一眼レフを構えている。

Canonのボディに赤い「Rebel」ロゴが見えた。日本でいう「 Kiss」である(アメリカではCanonのKissはRebelの名で売られている)。

その時は「サマになってるなあ。」と思った。

もし写真係に当選していたら、一眼レフを構えている人に混じって一人だけコンデジという「コント状態」になっていた。本当に落選してよかった。

私の中に眠っている何かが次第に目覚め初めた。

急にカメラのことを調べだした。フィルム時代のまま知識は止まったままだったので、最初は浦島太郎のようだった。

ISOって何?(昔は感度はアーサー「ASA」と言っていた)センサーサイズって?(昔は全部35ミリフィルムだったのでサイズも何もなかった)と次第にのめり込んでいった。

【最初で(おそらく)最後のデジタル一眼レフ】
そしてNikon FM2以来、30年振りの一眼レフとなるEOS 80Dを購入。

80Dにした理由は、Rebel(日本ではKiss)のその赤いロゴがいかにもエントリーレベルという雰囲気で嫌だった。その一つ上の機種が80Dだったこと。当時Canonと関わりの深い仕事をしていたことも理由の一つだった。

【万能カメラだったが、、】
80Dひと通りのことは全て出来る万能カメラだった。操作も簡単。その辺りは流石Canonといった感じだった。

しかし我慢出来ない不満がひとつあった。それはライブビュー撮影だった。メーカーのウェブサイトには「運動会はバリアングルモニターがあれば大丈夫」「ハイアングルでも撮影簡単」とある。

運動会といえば多くの人が動体撮影を思い浮かべるだろう。しかしライブビューでの動体撮影は実用的なレベルではなかった。

AF方式がファインダービューとライブビューでは異なる。自分の知識不足だったが、同じAF性能を期待する以上はミラーレスにするしかないと思った。

【どんなユーザーに向くか】
このカメラ、すでにモデル末期だが以下のようなユーザーには向いているだろう。

1. これから一眼レフを始める人
2. Kissからステップアップしたい人

一応Canon二桁機なのでKissのようにエントリー機ではないという満足感もある。

例えばAFも秒速7コマ(Kissは5コマ)ですべてがKissよりは少し上というCanonならではの製品ヒエラルキーに忠実な造りになっている。そして、その一つ上のモデルは7D Mark2というプロも使っているモデル。

80DはAPS-Cモデルの中ではトップの7D Mark 2よりひとつ下の万能機。Kissという名前は嫌だが、(Kissという名前を取り除いただけの)8000Dでは物足りないという人にはピッタリのモデルといえる。

Canonは実に巧みにユーザーの心理をついていると言える。

80Dはすでにモデル末期ではあるが、7D2ほどは古くはない。性能は依然としてKissよりは上。値段もだいぶ下がっているので、これから一眼レフをはじめようという人なら買って損はないといえる。

しかし個人的これからはミラーレスの時代。レフ機のレンズは間もなく時代遅れになる可能性があるので、その辺りをよく考えてから決めてほしい。

【ありがとう。そしてさよなら】
使い始めてからほどなくして「もっと暗い所で撮れるようになりたい」「もっとボカしたい」とフルサイズへ気持ちが傾き出した。

待望の6D Mark 2が登場したが、性能は80Dのフルサイズ版といったところだった。それとほぼ同じ価格でSonyからα7iii という遥か上の性能の持つ機種が登場した。私はSonyへ乗り換えることにした。

ありがとう80D。私にとって最初で最後のレフ機だと思うが、カメラと写真の楽しさを思い出させてくれた。

参考になった37人(再レビュー後:21人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン5
画質3
操作性5
バッテリー5
携帯性3
機能性3
液晶4
ホールド感5
写真の楽しさを思い出させてくれた

【カメラに目覚めたきっかけと思い出】
思い出話からスタートしてしまうが、少年の頃、最初に手にしたカメラはNikon FM2だった。

当時世界初の1/4000秒のシャッタースピード。カタログの飛行機のプロペラが止まって写っている。「なんてすごいんだ」と心躍った。今はプロペラがブレて写ったほうが躍動感が伝わっていいらしい。当時とは逆である。

「カメラ小僧」という言葉は当時もあったが。いまでは女性を撮る人たちのこと(?)をいうようである。私が追いかけていたのは飛行機で、少年の頃の私にとって望遠レンズこそ男のロマンだった。

シグマの1000ミリのミラーレンズに2倍テレコンを付けて2000ミリ相当に改造(?)して上空高く飛ぶ飛行機を追いかけていた。

その後留学をきっかけに趣味とは無縁の生活になり、カメラのことを次第に忘れてしまう。

【眠っていたものが目覚める】
時は流れ、私も父親になった。当時コンデジしか持っていなか私は子供の運動会の写真係に募集してしまう。

妻に「(写真係は)一眼レフ持っている人がやるもんだよ」と言われたが「元カメラ小僧」の血が騒いだのだろう。結果は幸いにも(後述)落選。

運動会当日、写真係の奥さんがカメラマン用の黒いグローブを付けて、颯爽と長いレンズをつけた一眼レフを構えている。

Canonのボディに赤い「Rebel」ロゴが見えた。日本でいう「 Kiss」である(アメリカではCanonのKissはRebelの名で売られている)。

その時は「サマになってるなあ。」と思った。

もし写真係に当選していたら、一眼レフを構えている人に混じって一人だけコンデジという「コント状態」になっていた。本当に落選してよかった。

私の中に眠っている何かが次第に目覚め初めた。

急にカメラのことを調べだした。フィルム時代のまま知識は止まったままだったので、最初は浦島太郎のようだった。

ISOって何?(昔は感度はアーサー「ASA」と言っていた)センサーサイズって?(昔は全部35ミリフィルムだったのでサイズも何もなかった)と次第にのめり込んでいった。

【最初で(おそらく)最後のデジタル一眼レフ】
そしてNikon FM2以来、30年振りの一眼レフとなるEOS 80Dを購入。

80Dにした理由は、Rebel(日本ではKiss)のその赤いロゴがいかにもエントリーレベルという雰囲気で嫌だった。その一つ上の機種が80Dだったこと。当時Canonと関わりの深い仕事をしていたことも理由の一つだった。

【万能カメラだったが、、】
80Dひと通りのことは全て出来る万能カメラだった。操作も簡単。その辺りは流石Canonといった感じだった。

しかし我慢出来ない不満がひとつあった。それはライブビュー撮影だった。メーカーのウェブサイトには「運動会はバリアングルモニターがあれば大丈夫」「ハイアングルでも撮影簡単」とある。

運動会といえば多くの人が動体撮影を思い浮かべるだろう。しかしライブビューでの動体撮影は実用的なレベルではなかった。理由は「コントラストAF」にあった。

ライブビューではスマホと同じ「コントラストAF」しか使えないのだ。これで動き物を追うとピンボケの量産になる。結局ファインダーで撮影するしかなかった。

これは自分の知識が足りなかったともいえるが、メーカーのウェブサイトの「運動会はバリアングル。。」はどうかと思う。

因みにライブビューでファインダーと同じAF性能を可能にするものは現時点ではミラーレスしかない。

【どんなユーザーに向くか】
このカメラ、すでにモデル末期だが以下のようなユーザーには向いているだろう。

1. これから一眼レフを始める人
2. Kissからステップアップしたい人

一応Canon二桁機なのでKissのようにエントリー機ではないという満足感もある。

例えばAFも秒速7コマ(Kissは5コマ)ですべてがKissよりは少し上というCanonならではの製品ヒエラルキーに忠実な造りになっている。そして、その一つ上のモデルは7D Mark2というプロも使っているモデル。

80DはAPS-Cモデルの中ではトップの7D Mark 2よりひとつ下の万能機。Kissという名前は嫌だが、(Kissという名前を取り除いただけの)8000Dでは物足りないという人にはピッタリのモデルといえる。

Canonは実に巧みにユーザーの心理をついていると言える。

80Dはすでにモデル末期ではあるが、7D2ほどは古くはない。性能は依然としてKissよりは上。値段もだいぶ下がっているので、これから一眼レフをはじめようという人なら買って損はないといえる。

しかし個人的これからはミラーレスの時代。レフ機のレンズは間もなく時代遅れになる可能性があるので、その辺りをよく考えてから決めてほしい。

【ありがとう。そしてさよなら】
使い始めてからほどなくして「もっと暗い所で撮れるようになりたい」「もっとボカしたい」とフルサイズへ気持ちが傾き出した。

待望の6D Mark 2が登場したが、性能は80Dのフルサイズ版といったところだった。それとほぼ同じ価格でSonyからα7iii という遥か上の性能の持つ機種が登場した。私はSonyへ乗り換えることにした。

ありがとう80D。私にとって最初で最後のレフ機だと思うが、カメラと写真の楽しさを思い出させてくれた。

参考になった16

 
 
 
 
 
 

「EOS 80D ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
主にサーキット、風景、置き撮影  3 2019年7月17日 03:35
25年(四半世紀)ぶりにキヤノンに回帰  5 2019年7月7日 16:14
X4と比較しての使用感  5 2019年5月11日 00:48
バランスが良い  5 2019年3月24日 23:10
EOSKissX5からの乗り換えです  5 2019年1月6日 21:57
シャッターが寿命となりました  4 2018年12月10日 21:26
7Dの後継機に  5 2018年11月7日 20:18
EOS kiss X4からの買い替え  5 2018年10月21日 00:56
5代目のAPS一眼ですが  4 2018年10月14日 11:18
購入2年 再レビュー  4 2018年9月29日 15:26

EOS 80D ボディのレビューを見る(レビュアー数:61人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

EOS 80D ボディ
CANON

EOS 80D ボディ

最安価格(税込):¥77,780発売日:2016年 3月25日 価格.comの安さの理由は?

EOS 80D ボディをお気に入り製品に追加する <1474

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意