PENTAX K-1 ボディ レビュー・評価

2016年 4月28日 発売

PENTAX K-1 ボディ

  • ペンタックス初の35ミリフルサイズデジタル一眼レフカメラである上級機。約3640万画素CMOSイメージセンサーや画像処理エンジン「PRIME IV」を搭載している。
  • 独自の本体内5軸対応手ブレ補正機構「SR II」を搭載。角度ブレにくわえて、マクロ撮影時に発生しやすいシフトブレや回転ブレにも対応する。
  • フレキシブルチルト式液晶モニターを採用し、上下約44度、左右約35度まで可動。台座部からモニターを引き上げて真上からのウエストレベル撮影も行える。
PENTAX K-1 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

他の画像も見る
最安価格(税込):

¥135,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥137,296

ムラウチ

キャッシュレス最大5%還元対象

キャッシュレス・消費者還元事業について

クレジットカードなどキャッシュレス決済で購入した際、最大5%ポイント還元を受けられるキャッシュレス・消費者還元事業の加盟店に表示しています。

還元額の表記はあくまでも参考情報です。還元の有無や還元方法・還元率は、店舗決済方法や決済事業者により異なります。商品のご購入前に、店舗サイトに記載されている還元に関する情報を必ずご確認ください。また、還元の詳細については各店舗に対して直接お問い合わせください。

※キャッシュレス・消費者還元事業の詳細については、キャッシュレス・消費者還元事業 特集ページをご確認ください。

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥111,800 (9製品)


価格帯:¥135,800¥203,745 (5店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥135,800 〜 ¥135,800 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:一眼レフ 画素数:3677万画素(総画素)/3640万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:925g PENTAX K-1 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

PENTAX K-1 ボディ の後に発売された製品PENTAX K-1 ボディとPENTAX K-1 Mark II ボディを比較する

PENTAX K-1 Mark II ボディ

PENTAX K-1 Mark II ボディ

最安価格(税込): ¥185,998 発売日:2018年 4月20日

タイプ:一眼レフ 画素数:3677万画素(総画素)/3640万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:925g
 
  • PENTAX K-1 ボディの価格比較
  • PENTAX K-1 ボディの中古価格比較
  • PENTAX K-1 ボディの買取価格
  • PENTAX K-1 ボディの店頭購入
  • PENTAX K-1 ボディのスペック・仕様
  • PENTAX K-1 ボディの純正オプション
  • PENTAX K-1 ボディのレビュー
  • PENTAX K-1 ボディのクチコミ
  • PENTAX K-1 ボディの画像・動画
  • PENTAX K-1 ボディのピックアップリスト
  • PENTAX K-1 ボディのオークション

PENTAX K-1 ボディペンタックス

最安価格(税込):¥135,800 (前週比:±0 ) 発売日:2016年 4月28日

  • PENTAX K-1 ボディの価格比較
  • PENTAX K-1 ボディの中古価格比較
  • PENTAX K-1 ボディの買取価格
  • PENTAX K-1 ボディの店頭購入
  • PENTAX K-1 ボディのスペック・仕様
  • PENTAX K-1 ボディの純正オプション
  • PENTAX K-1 ボディのレビュー
  • PENTAX K-1 ボディのクチコミ
  • PENTAX K-1 ボディの画像・動画
  • PENTAX K-1 ボディのピックアップリスト
  • PENTAX K-1 ボディのオークション

満足度:4.78
(カテゴリ平均:4.61
レビュー投稿数:114人 (プロ:1人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.72 4.52 -位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.92 4.54 -位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 4.59 4.29 -位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 4.40 4.15 -位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.03 4.26 -位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 4.64 4.41 -位
液晶 液晶画面は見やすいか 4.71 4.33 -位
ホールド感 しっかりホールドできるか 4.86 4.43 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

PENTAX K-1 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「主な被写体:報道」で絞込んだ結果 (絞込み解除

9日さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:52人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

業務用としてもK-1自体は素晴らしい出来だと思います。
(ペンタユーザーはストイックだから、D600系相当機もあれば尚良さそう)

ただDFAレンズのラインナップが残念です。
いっそズームは全て、軟調で相性の良いタムロンOEM(出来れば全てAW化)にして、ペンタらしい単焦点のリニューアルに注力したほうが合理的では。

とくにDFA70-200mm F2.8は速くない(遅くもないけど)のに重すぎるから、好評のタムロン70-200mm F2.8 G2をベースにAW化してもらった方が有り難いです。
(またDFA150-450よりタムロン150-600、DFA28-105よりタムロン28-300のほうが需要ありそう)

ズームは本来タイトな条件下でやむなく使うもののはずです。
タムロンOEMズームは、AW化とレンズ内手振れ補正省略を相殺で、ニコン・キヤノン用タムロンズームと同価格じゃないと揃える気になれません。

反対にペンタックスの単焦点は、いまだ魅力的です。
http://digicame-info.com/2016/06/fa50mm-f14.html
モーターが強力なK-1は、ボディAFでも小型レンズなら快適です。
レンズ構成はそのままに、QSFや超音波モーター化されれば理想的ですが、意匠変更だけでも十分な気がします。
DFA50mm F1.4発売後も、FA50mm F1.4は今や貴重な小型標準レンズとして併売して頂きたいです。

ペンタックスレンズは、レンズ内手振れ補正不要な分、純粋に光学性能を追求し易いうえリーズナブルにできるはずなので、業務用としても普及する土台が整ってます。
いっそうの発展に期待します。

(数日前の他サイトへのコメントを再編集し、レビューとしてまとめさせて頂きました)



[再レビュー@]
70-200 G2は防塵防滴ですが、経験上タムロンの防塵性は低い為、OEMレンズもAW化されることに期待しました。
ペンタはキットレンズですら防塵性が高く信頼できます。
ペンタックスとタムロンの関係は相補的だと思います。

もしリコーとタムロンが合併すれば、ラインナップは一気に充実し、ニコン・キヤノンと同等に比較できるのですが。
さらに漸次AW化することで、業務用としての信頼度も増すはずです。
(最近のタムロンは洗練されてるから、ニコン・キヤノンより使い易いものの旧態然としたペンタの造形に、良い影響あるのでは)

今後カメラに求められるのはUIの整理や、耐候性・耐衝撃性の向上ではないでしょうか。
コマンドダイヤル等の長所は残しつつ、スマホのようにシンプルで、G-SHOCK並にタフな一眼レフがあったら、業務上たいへん助かります。

またシグマもFoveonとRRSなど志向に共通性があるようです。
豊富なレンズラインナップと、強力なボディ内手振れ補正・高感度耐性で補い合えそうなシグマとの協業や合併も、ユーザーとしては有り難いです。

[再レビューA]
最近あまりにもペンタに動きがないため話しが大きくなってしまいました。

あらためて、K-1自体は非の打ち所がないと思います。
しいて言えば、

・ファイルサイズが大きすぎて困る事もあるので、スモールRAWを選択可能に。

・正直に4.4コマ/秒[クロップ時6.5コマ/秒]としてないで、キリよく5コマ/秒[クロップ時7コマ/秒]へアップデート(というか表記変更)を。

・せっかく十字キーの機能を液晶表示してるんだから、マイナーチェンジでは十字キーへの刻印を廃し(それだけでもスッキリします)、自由に機能割当できるように。

・例えば100枚撮って50枚目をカメラ内現像した場合、現状では0101.JPGとなり流れが前後してしまう為、0050_1.JPG等となるよう改善を。
(撮影帰りの電車内等で編集しておきたい同業者達の切実な願いです)

K-1は20万円、KPは10万円を切った時が、ファン以外の方々を取り込む好機だと思います。
大胆かつペンタならではのきめ細かな施策に期待します。

参考になった52人(再レビュー後:32人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

三浦一紀さん

  • レビュー投稿数:213件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールデジタルガジェット系を中心にさまざまなジャンルで原稿・撮影を行っているフリーライター・カメラマンです。Webメディアでは、

ギズモード・ジャパン http://www.gizmodo.jp
ウレぴあ総研 http://ure.pi…続きを読む

満足度4
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー4
携帯性2
機能性4
液晶4
ホールド感5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

当機種広角レンズで接写。花の細部までしっかり写っている。
当機種枯れかけの菖蒲の質感がよく出ている。
当機種ISO3200での作例。生プリンというスイーツ。

広角レンズで接写。花の細部までしっかり写っている。

枯れかけの菖蒲の質感がよく出ている。

ISO3200での作例。生プリンというスイーツ。

当機種ISO3200。ほぼ低感度撮影と変わらない画質。
   

ISO3200。ほぼ低感度撮影と変わらない画質。

   

某Webメディアでのレビュー用に借用。

仕事でデジカメレビューなどを多数行っている関係上、ペンタックスのデジタル一眼も数機種使ったことがある。これまでの印象は「独特な発色をするメーカーだな」ということ。特に緑の発色が独特だというイメージがあった。

このK-1は、ペンタックス初となる35mmフルサイズ機。いざ使ってみると、液晶画面ごしからでも伝わってくる高精細な画質に驚いた。

35mmフルサイズ機は普段から使っているし、各メーカーの機種も使ってきた。基本的にはフルサイズは好きだが、劇的に画質がすごい! と思っているわけではない。ボケ味とか、画質の余裕などがアドバンテージだと感じている。

しかし、K-1は違った。明らかに画質がすごい。使ったことはないのだが、中判デジタルだとこんな感じなのかなと想像してしまった。細部までしっかり写っているだけではなく、色に破綻がない。以前気になっていた緑色の発色も、素直になっており非常に好感が持てる。

画質だけでいったら、35mmフルサイズ機でナンバーワンなのではないだろうか。

3つのダイヤルを装備した独特な操作は、慣れてしまうと快適。ボディが1kg超えと大柄だが、バランスがよいのか、画質がよくて気分がいいのか、あまり重さは気にならなかった。

ボディ内手ブレ補正も強力で、あまり手ブレは気にならなかった。

もうひとつ特筆すべきが、高感度撮影でのノイズの少なさ。ISO12800まではノイズも少なく、カラーバランスも崩れない。常用感度として普通に使えるのではと感じた。

スポーツ撮影などにはあまり向いていないと思うが、風景やマクロ撮影などに適している。三脚を使ってじっくり撮影すると、さらにK-1の魅力が引き出せるのではないだろうか。

参考になった97人(再レビュー後:95人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

いつものアレさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:62人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
0件
49件
マザーボード
1件
24件
デスクトップパソコン
0件
24件
もっと見る
満足度4
デザイン2
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性4
液晶4
ホールド感5

このデザインどうにも好きになれないしレイアウトを微妙に変えてきたのでボタンを間違える。それでも握り心地は十分ですし画質は流石と言える仕上がりで、色のでかたといい髪の毛一本一本の質感にはフルサイズならではでしょうか?レンズのキャラクターをよく表現してくれますし高感度性能の向上によりk-3よりも断然気軽にISO設定をオートに任せられます。操作性は変わらず安心設計です。バッテリーは枚数撮ってないので結果がどうなるか、でも悪くないきはします。サイズは大分コンパクトで貫禄不足。重量は鉄アレイで鍛練する程度の重さですのでやはりフルサイズだなと。補正もよく効きますしAFも流石フルサイズという精度に仕上がってますが、範囲が狭いので気軽に画角を作れないのは相も変わらずです。
フレキシブルチルト液晶は正直使いにくい。

それでも待望のフルサイズに満足しています。
ありがとうペンタックス。

でももう少しユーザー寄りでお願いします。


再レビュー
AF精度が甘い場面はやはりありますがファインダーが広くなったのでMF対応がしやすいです。フルサイズだからですが・・・
今までISO800以上使えないと思ってた自分がISO12500を常用していることに改めてびっくりです。ただ本当の意味での暗部ではノイズはやはりお馴染みですがそれでもK-3よりも気になりません。
手ぶれ補正は前より効きますがきつい体勢ではやはりぶれます(苦笑)
バッテリーのもちはk-3とほぼ変わらずの印象です。
フレキシブルはやはり微妙ですがないよりはまし。ライブビューのAF自体うまく扱えないので自分の問題かなと。
あてにしてなかったSIGMAのレンズが凄い綺麗に写るのが一番感動です。こんなに違うの?ってくらいです。ポトレでの使用なので作例出せないのが残念です。
ペンタックスの本気を見た。

レベル
初心者
主な被写体
人物
風景
報道

参考になった24人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

PENTAX K-1 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

PENTAX K-1 ボディ
ペンタックス

PENTAX K-1 ボディ

最安価格(税込):¥135,800発売日:2016年 4月28日 価格.comの安さの理由は?

PENTAX K-1 ボディをお気に入り製品に追加する <1013

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
-PR-
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意