『ペンタックスの一つの完成形』 ペンタックス PENTAX K-1 ボディ こまわり犬さんのレビュー・評価

2016年 4月28日 発売

PENTAX K-1 ボディ

  • ペンタックス初の35ミリフルサイズデジタル一眼レフカメラである上級機。約3640万画素CMOSイメージセンサーや画像処理エンジン「PRIME IV」を搭載している。
  • 独自の本体内5軸対応手ブレ補正機構「SR II」を搭載。角度ブレにくわえて、マクロ撮影時に発生しやすいシフトブレや回転ブレにも対応する。
  • フレキシブルチルト式液晶モニターを採用し、上下約44度、左右約35度まで可動。台座部からモニターを引き上げて真上からのウエストレベル撮影も行える。
PENTAX K-1 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

他の画像も見る
最安価格(税込):

¥135,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥137,296

ムラウチ

キャッシュレス最大5%還元対象

キャッシュレス・消費者還元事業について

クレジットカードなどキャッシュレス決済で購入した際、最大5%ポイント還元を受けられるキャッシュレス・消費者還元事業の加盟店に表示しています。

還元額の表記はあくまでも参考情報です。還元の有無や還元方法・還元率は、店舗決済方法や決済事業者により異なります。商品のご購入前に、店舗サイトに記載されている還元に関する情報を必ずご確認ください。また、還元の詳細については各店舗に対して直接お問い合わせください。

※キャッシュレス・消費者還元事業の詳細については、キャッシュレス・消費者還元事業 特集ページをご確認ください。

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥96,030 (9製品)


価格帯:¥135,800〜¥203,745 (5店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥135,800 〜 ¥135,800 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:一眼レフ 画素数:3677万画素(総画素)/3640万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:925g PENTAX K-1 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

PENTAX K-1 ボディ の後に発売された製品PENTAX K-1 ボディとPENTAX K-1 Mark II ボディを比較する

PENTAX K-1 Mark II ボディ

PENTAX K-1 Mark II ボディ

最安価格(税込): ¥185,999 発売日:2018年 4月20日

タイプ:一眼レフ 画素数:3677万画素(総画素)/3640万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:925g
 
  • PENTAX K-1 ボディの価格比較
  • PENTAX K-1 ボディの中古価格比較
  • PENTAX K-1 ボディの買取価格
  • PENTAX K-1 ボディの店頭購入
  • PENTAX K-1 ボディのスペック・仕様
  • PENTAX K-1 ボディの純正オプション
  • PENTAX K-1 ボディのレビュー
  • PENTAX K-1 ボディのクチコミ
  • PENTAX K-1 ボディの画像・動画
  • PENTAX K-1 ボディのピックアップリスト
  • PENTAX K-1 ボディのオークション

PENTAX K-1 ボディペンタックス

最安価格(税込):¥135,800 (前週比:±0 ) 発売日:2016年 4月28日

  • PENTAX K-1 ボディの価格比較
  • PENTAX K-1 ボディの中古価格比較
  • PENTAX K-1 ボディの買取価格
  • PENTAX K-1 ボディの店頭購入
  • PENTAX K-1 ボディのスペック・仕様
  • PENTAX K-1 ボディの純正オプション
  • PENTAX K-1 ボディのレビュー
  • PENTAX K-1 ボディのクチコミ
  • PENTAX K-1 ボディの画像・動画
  • PENTAX K-1 ボディのピックアップリスト
  • PENTAX K-1 ボディのオークション

『ペンタックスの一つの完成形』 こまわり犬さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

PENTAX K-1 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:41件
  • 累計支持数:483人
  • ファン数:33人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
9件
345件
レンズ
12件
27件
一眼レフカメラ(フィルム)
1件
12件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
ペンタックスの一つの完成形
当機種Nagasaki+A09
当機種Tokyo+DA*50-135
当機種Tokyo+DA*50-135

Nagasaki+A09

Tokyo+DA*50-135

Tokyo+DA*50-135

当機種Nagasaki+FA31
当機種Nagasaki(Ha-Shima)+FA43
別機種K-1 + MZ-S

Nagasaki+FA31

Nagasaki(Ha-Shima)+FA43

K-1 + MZ-S

購入から半年経過しての再レビューです.使うほどに馴染んできました.これまで購入したPENTAX機種の中で、買ってよかったと強く思わせる後悔の無い機種です.

(2016年11月3日 23:56)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【デザイン】精悍なスタイル.素晴らしい.デジ一は数年で陳腐化しますが、それさえ忘れ去るデザインです.ペンタックススペシャルサイトの「時代を超えて記憶に残る、新しい”アイコン”の創造」.まさにメッセージ通りの造形美だと思います.

【画質】K100D→K10D→K−7→K−5→K−3→K−1と使って来て、気に入っています.K-5以降は露出+方向で設定され、かつSony CMOS (APS-C) そのものが赤色飽和しやすい、K-3では発色が派手で違和感を感じていました.まぁ、K-5以降の露出+方向での画質設定は、f値3.5からなる標準ズームレンズを見据えた設定なのかとも考えています.
 一方でK-1になり、露出も発色も落ち着いたと思います.またフルサイズになりボケも良好で立体感のある写真がよく取れるようになりました.リアレゾも素晴らしいです.ただし個人的には頻繁に使うものではありません.高感度の画質はAPS-C機種に比較して格段に良くなりました.

【操作性】ペンタックスのシステムは使いやすいです.ニコンもD70→D600と使っていますがユーザーインターフェイスとしてはニコンより優れています.撮影後の画像をダイヤル操作で拡大縮小出来るペンタと、ボタン操作でプチプチさせて拡大縮小出来るニコンでは、それだけでも圧倒的にペンタ優位です.

【バッテリー】よく持ちます.ただしGPSとアストロレーサーを使っていませんので、その評価は出来ません.

【携帯性】 コンパクトですが重いです.D600+NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VRで1.3kg越えでしたが、K-1+FA 31mm Limitedで1.4kg越えです.撮影時に常時手持ち移動は辛く、肩掛けや首掛けで移動・撮影しないとキツいです.

【機能性】多機能で使い切れません.覚えきるまで数ヶ月かかると思います.また機能ダイヤルは重宝しています.デザイン性だけではなく露出、ISO、Crop、HDR等よく使います.ダイヤル操作で設定しているだけでも楽しいです.

【液晶】文句無しです.というかアウトドアーモニター機能を付けたのが驚きで、さすがユーザーの意向をしっかり聞いているPENTAXと感心しています. フレキシブルチルト式液晶モニターは個人としては使うことはありません.固定型でも構いません.でもここまでしないと後発フルサイズ機としてのセールスポイントとなり得なかったのでしょうね.

【ホールド感】ホールド感に関してはK-7→K-5→K-3とエルゴノミクスデザインで握った時にオッと声が出る程に快適です.ですが基本的にK-1重いです.これまでのAPS-C機種とは違います.がっちりホールド出来ますが重いです.

【総評】はじめに結論.端的に買ってよかった.今後数年間デジタル一眼を購入しなくても良いと思わせる機種.

2016年にK-1が販売に漕ぎ着けたのは感涙です.2000年のフォトキナで発表された600万画素の35mmフルサイズK-1プロトタイプから16年越しに販売された機種.途中に経営危機に陥り、PENTAXとういう会社そのものが日本から消滅し、それでもフルサイズK-1を世に送り出した.旧ペンタックスエンジニアのプライドを感じざるを得ません.というか端的に日本のエンジニアの凄さを感じました.この過程を思い起こしただけでも買わなければならないと思いました.

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった50人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
ペンタックスの一つの完成形
別機種この2ショットが撮れるとは思わなかった
当機種
当機種

この2ショットが撮れるとは思わなかった

当機種
当機種ハードモノクロームがお気に入り
 

ハードモノクロームがお気に入り

 

写真を整理して再レビューです.買ってよかったと思わせる後悔しない機種.アンチも羨む機種だと思います.エアユーザーではない証に写真数枚投稿しますね.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【デザイン】精悍なスタイル.素晴らしい.デジ一は数年で陳腐化しますが、それさえ忘れ去るデザインです.ペンタックススペシャルサイトの「時代を超えて記憶に残る、新しい”アイコン”の創造」.まさにメッセージ通りの造形美だと思います.

【画質】K100D→K10D→K−7→K−5→K−3→K−1と使って来て、気に入っています.K-5以降は露出+方向で設定され、かつSony CMOS (APS-C) そのものが赤色飽和しやすい、K-3では発色が派手で違和感を感じていました.まぁ、K-5以降の露出+方向での画質設定は、f値3.5からなる標準ズームレンズを見据えた設定なのかとも考えています.
 一方でK-1になり、露出も発色も落ち着いたと思います.またフルサイズになりボケも良好で立体感のある写真がよく取れるようになりました.リアレゾも素晴らしいです.ただし個人的には頻繁に使うものではありません.高感度の画質はAPS-C機種に比較して格段に良くなりました.

【操作性】ペンタックスのシステムは使いやすいです.ニコンもD70→D600と使っていますがユーザーインターフェイスとしてはニコンより優れています.撮影後の画像をダイヤル操作で拡大縮小出来るペンタと、ボタン操作でプチプチさせて拡大縮小出来るニコンでは、それだけでも圧倒的にペンタ優位です.

【バッテリー】よく持ちます.ただしGPSとアストロレーサーを使っていませんので、その評価は出来ません.

【携帯性】 コンパクトですが重いです.D600+NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VRで1.3kg越えでしたが、K-1+FA 31mm Limitedで1.4kg越えです.撮影時に常時手持ち移動は辛く、肩掛けや首掛けで移動・撮影しないとキツいです.

【機能性】多機能で使い切れません.覚えきるまで数ヶ月かかると思います.また機能ダイヤルは重宝しています.デザイン性だけではなく露出、ISO、Crop、HDR等よく使います.ダイヤル操作で設定しているだけでも楽しいです.

【液晶】文句無しです.というかアウトドアーモニター機能を付けたのが驚きで、さすがユーザーの意向をしっかり聞いているPENTAXと感心しています. フレキシブルチルト式液晶モニターは個人としては使うことはありません.固定型でも構いません.でもここまでしないと後発フルサイズ機としてのセールスポイントとなり得なかったのでしょうね.

【ホールド感】ホールド感に関してはK-7→K-5→K-3とエルゴノミクスデザインで握った時にオッと声が出る程に快適です.ですが基本的にK-1重いです.これまでのAPS-C機種とは違います.がっちりホールド出来ますが重いです.

【総評】はじめに結論.端的に買ってよかった.今後数年間デジタル一眼を購入しなくても良いと思わせる機種.

2016年にK-1が販売に漕ぎ着けたのは感涙です.2000年のフォトキナで発表された600万画素の35mmフルサイズK-1プロトタイプから16年越しに販売された機種.途中に経営危機に陥り、PENTAXとういう会社そのものが日本から消滅し、それでもフルサイズK-1を世に送り出した.旧ペンタックスエンジニアのプライドを感じざるを得ません.というか端的に日本のエンジニアの凄さを感じました.この過程を思い起こしただけでも買わなければならないと思いました.

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった16

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性3
機能性5
液晶5
ホールド感5
ペンタックスの一つの完成形.使う程に楽しめる.
別機種この2ショットが撮れるとは思わなかった
当機種
当機種

この2ショットが撮れるとは思わなかった

当機種
当機種ハードモノクロームがお気に入り
当機種

ハードモノクロームがお気に入り

【デザイン】精悍・素晴らしい.デジ一は数年で陳腐化しますが、それさえ忘れ去るデザインです.

【画質】K100D→K10D→K−7→K−5→K−3→K−1と使って来て、気に入っている部類です.部類って微妙な言葉ですが、端的にトップはK10Dであり、次はK−1です.個人的に正直なところCCDにCMOSは適わないと思っています.K-5以降は露出+方向で設定され、かつSony CMOS (APS-C) そのものが赤色飽和しやすい、K-3では発色が派手で違和感を感じていました.まぁ、K-5以降の露出+方向での画質設定は、f値3.5からなる標準ズームレンズを見据えた設定なのかとも考えています.
 一方でK-1になり、露出も発色も落ち着いたと思います.またフルサイズになりボケも良好で立体感のある写真がよく取れるようになりました.リアレゾも素晴らしいです.ただし個人的には頻繁に使うものではありません.高感度の画質はAPS-C機種に比較して格段に良くなりました.

【操作性】ペンタックスのシステムは使いやすいです.ニコンもD70→D600と使っていますがユーザーインターフェイスとしてはニコンより優れています.撮影後の画像をダイヤル操作で拡大縮小出来るペンタと、ボタン操作でプチプチさせて拡大縮小出来るニコンでは、それだけでも圧倒的にペンタ優位です.

【バッテリー】よく持ちます.ただしGPSとアストロレーサーを使っていませんので、その評価は出来ません.

【携帯性】 コンパクトですが重いです.D600+NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VRで1.3kg越えでしたが、K-1+FA 31mm Limitedで1.4kg越えです.撮影時に常時手持ち移動は辛く、肩掛けや首掛けで移動・撮影しないとキツいです.

【機能性】多機能で使い切れません.覚えきるまで数ヶ月かかると思います.また機能ダイヤルは重宝しています.デザイン性だけではなく露出、ISO、Crop、HDR等よく使います.ダイヤル操作で設定しているだけでも楽しいです.

【液晶】文句無しです.というかアウトドアーモニター機能を付けたのが驚きで、さすがユーザーの意向をしっかり聞いているPENTAXと感心しています. フレキシブルチルト式液晶モニターは個人としては使うことはありません.固定型でも構いません.でもここまでしないと後発フルサイズ機としてのセールスポイントとなり得なかったのでしょうね.

【ホールド感】ホールド感に関してはK-7→K-5→K-3とエルゴノミクスデザインで握った時にオッと声が出る程に快適です.ですが基本的にK-1重いです.これまでのAPS-C機種とは違います.がっちりホールド出来ますが重いです.

【総評】はじめに結論.端的に買ってよかった.今後数年間デジタル一眼を購入しなくても良いと思わせる機種.

2016年にK-1が販売に漕ぎ着けたのは感涙です.2000年のフォトキナで発表された600万画素の35mmフルサイズK-1プロトタイプから16年越しに販売された機種.途中に経営危機に陥り、PENTAXとうい会社そのものが日本から消滅し、それでもフルサイズK-1を世に送り出した.旧ペンタックスエンジニアのプライドを感じざるを得ません.というか端的に日本のエンジニアの凄さを感じました.この過程を思い起こしただけでも買わなければならないと思いました.

純正レンズの赤環→緑環への変更やK-3からK-3IIへの背面ロゴの変更など、ユーザーの意向をよく汲んでくれる会社だと思っています.リコーも理解しているのでしょう.個人的には、ある程度利益を得たら、再度、ペンタックスリコーイメージング株式会社もしくは旭光学工業株式会社を再度設立してリコーの子会社にして頂きたいと思っています.まぁ無理でしょうが...

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった12

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性3
機能性5
液晶5
ホールド感5
ペンタックスの一つの完成形.使う程に楽しめる.
別機種この2ショットが撮れるとは思わなかった
当機種
当機種

この2ショットが撮れるとは思わなかった

当機種
当機種ハードモノクロームがお気に入り
当機種

ハードモノクロームがお気に入り

【デザイン】精悍・素晴らしい.デジ一は数年で陳腐化しますが、それさえ忘れ去るデザインです.

【画質】K100D→K10D→K−7→K−5→K−3→K−1と使って来て、気に入っている部類です.部類って微妙な言葉ですが、端的にトップはK10Dであり、次はK−1です.個人的に正直なところCCDにCMOSは適わないと思っています.K-5以降は露出+方向で設定され、かつSony CMOSそのものが赤色飽和しやすい、K-3では発色が派手で違和感を感じていました.K-1になり、露出も発色も落ち着いたと思います.またフルサイズになりボケも良好で立体感のある写真がよく取れるようになりました.リアレゾも素晴らしいです.ただし個人的には頻繁に使うものではありません.高感度の画質はAPS-C機種に比較して格段に良くなりました.

【操作性】ペンタックスのシステムは使いやすいです.ニコンもD70→D600と使っていますがユーザーインターフェイスとしてはニコンより優れています.撮影後の画像をダイヤル操作で拡大縮小出来るペンタと、ボタン操作でプチプチさせて拡大縮小出来るニコンでは、それだけでも圧倒的にペンタ優位です.

【バッテリー】よく持ちます.ただしGPSとアストロレーサーを使っていませんので、その評価は出来ません.

【携帯性】 コンパクトですが重いです.D600+NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VRで1.3g越えでしたが、K-1+FA 31mm Limitedで1.4g越えです.撮影時に常時手持ち移動は辛く、肩掛けや首掛けで移動・撮影しないとキツいです.

【機能性】多機能で使い切れません.また機能ダイヤルは重宝しています.デザイン性だけではなく露出、ISO、Crop、HDR等よく使います.ダイヤル操作で設定しているだけでも楽しいです.

【液晶】文句無しです.というかアウトドアーモニター機能を付けたのが驚きで、さすがユーザーの意向をしっかり聞いているPENTAXと感心しています.

【ホールド感】ホールド感に関してはK-7→K-5→K-3とエルゴノミクスデザインで握った時にオッと声が出る程に快適です.ですが基本的にK-1重いです.これまでのAPS-C機種とは違います.がっちりホールド出来ますが重いです.

【総評】はじめに結論.端的に買ってよかった.今後数年間デジタル一眼を購入しなくても良いと思わせる機種.

2016年にK-1が販売に漕ぎ着けたのは感涙です.2000年のフォトキナで発表された600万画素の35mmフルサイズK-1プロトタイプから16年越しに販売された機種.途中に経営危機に陥り、PENTAXとうい会社そのものが日本から消滅し、それでもフルサイズK-1を世に送り出した.旧ペンタックスエンジニアのプライドを感じざるを得ません.というか端的に日本のエンジニアの凄さを感じました.この過程を思い起こしただけでも買わなければならないと思いました.

ユーザーの意向をよく汲んでくれる会社だと思っています.リコーも理解しているのでしょう.個人的には、ある程度利益を得たら、再度、ペンタックスリコーイメージング株式会社もしくは旭光学株式会社を再度設立してリコーの子会社にして頂きたいと思っています.まぁ無理でしょうが..

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった5

 
 
 
 
 
 

「PENTAX K-1 ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
1年の使用を経て。  5 2019年11月6日 02:30
理想のカメラに出会いました!  5 2019年2月19日 23:58
今年一年使ってみて  4 2018年12月23日 19:46
初めての一眼レフ購入から1年が経ちました  5 2018年9月23日 20:03
手ブレ補正機能不良  5 2018年6月15日 19:11
バージョンアップ前の再レビュー  5 2018年6月12日 12:20
mark2も出ますが、  5 2018年5月14日 22:22
AFがダメでもこれでしか撮れない(?)ものがあるんです。  4 2018年4月6日 22:08
ちょっと重い...  5 2018年2月19日 11:02
いいね!  5 2018年1月15日 19:24

PENTAX K-1 ボディのレビューを見る(レビュアー数:114人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

PENTAX K-1 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

PENTAX K-1 ボディ
ペンタックス

PENTAX K-1 ボディ

最安価格(税込):¥135,800発売日:2016年 4月28日 価格.comの安さの理由は?

PENTAX K-1 ボディをお気に入り製品に追加する <1012

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
-PR-
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意